2024年6月3日(月)【クライマー虎の穴】クライミング基礎講習会

今日はお一人参加で【クライマー虎の穴】でクライミング基礎講習会を開催です。

まずは各種ギアの説明から。

これだけギアがあっても軽量カラビナを使っているので意外と軽いです。

 RIMG6791

セルフビレーの取り方。

これは悪い例。

ボルトが抜けてすっぽ抜ける場所にはセットしてはいけません。

RIMG6792

鎖の場合でも同じです。

これは駄目。

RIMG6793

デイジーチェーンでのセルフビレーの取り方。

RIMG6794

ビレーデバイスの落とさない持ち方。

RIMG6796

このパターンでビレーデバイスを落とすクライマーが多いですね。

RIMG6798

ビレーループへのセット。

RIMG6800

ビレーデバイスを落とさないロープのセット方法。

RIMG6804

RIMG6805

RIMG6806

次はロープの結び方。

エイトノットから。

RIMG6811

RIMG6813

RIMG6818

次はインクノット。

RIMG6822

RIMG6824

RIMG6827

RIMG6828

インクノットでのセルフビレーの取り方。

RIMG6819

カラビナのゲートの開け方。

RIMG6830

最期にリードのビレー、トップロープのビレー、ロワーダウンを出来るまで反復練習。

RIMG6831

絡んだロープのほぐし方。

RIMG6833

ロワーダウンの降ろし方の練習。

RIMG6835

クライミング練習と下降練習。

RIMG6837

RIMG6838

RIMG6839

RIMG6842

しっかりと体重をかけて降ります。

RIMG6843

今日はマンツーマンでじっくりと学んでいただきました。

次回はトップロープクライミング講習会へご参加いただく予定です。

今日はお疲れ様でした。

RIMG6845

バナー1

バナー3

2024年6月1日(土)【クライマー虎の穴】クライミング基礎講習会

今日は3人にご参加いただいて【クライマー虎の穴】でクライミング基礎講習会です。

お一人は宮城県からご参加いただきました。

最初に各種ギアの説明から。

 batch_RIMG6708

デイジーチェーンでのセルフビレーの取り方。

batch_RIMG6712

ここでセルフビレーを取るのは厳禁です。

batch_RIMG6713

ビレーデバイスの落とさない持ち方とセット方法。

batch_RIMG6715


batch_RIMG6716

ロープのセット方法。

batch_RIMG6720

batch_RIMG6721

ロープの結び方はエイトノットから。

batch_RIMG6731

batch_RIMG6734

batch_RIMG6729

次はインクノット。

batch_RIMG6737

batch_RIMG6739

インクノットでのセルフビレーの取り方。

batch_RIMG6742

両手で作るインクノット。

batch_RIMG6744

batch_RIMG6745

午後からはリードのビレー、トップロープのビレー、ロワーダウンの反復練習。

batch_RIMG6748

ロープが絡んだ時のほぐし方。

batch_RIMG6749

登る前にはお互いに安全確認。

batch_RIMG6752

登りとビレーをお互いに練習します。

batch_RIMG6753

batch_RIMG6755

batch_RIMG6757

batch_RIMG6760

体重差があるときはしっかりと踏ん張ってビレー。

batch_RIMG6761

batch_RIMG6763

交代しながら練習。

batch_RIMG6764

batch_RIMG6769

batch_RIMG6771

batch_RIMG6774

batch_RIMG6777

batch_RIMG6778

batch_RIMG6780

batch_RIMG6784

batch_RIMG6786

batch_RIMG6787

batch_RIMG6788

今日は来週の広沢寺トップロープクライミング講習会に備えてクライミングの基礎をしっかりと学んでいただきました。

今日はお疲れ様でした。

batch_RIMG6789

バナー1

バナー3

2024年5月29日(水)姫路/小赤壁(四国クライミングツアー4日目)

四国クライミングツアー4日目。

昨日は1日土砂降りの雨が降り続いていたので晴れても普通の岩では絶対に乾きません。

なので四国の岩場は諦めて兵庫県姫路市の瀬戸内海沿いにある小赤壁に変更となりました。

この岩場は岩質も乾きやすく風の通る南面にあるので雨が降っても乾きがかなり早い岩場です。

昨日の雨が嘘の様に晴れ上がって青空がいいですね。

海は川から流れ込んだ土砂で濁っていました。

batch_RIMG6642

今日は引き潮の様でかなり潮が引いていました。

batch_RIMG6646

batch_RIMG6647

一番近いこの岩を登ります。

batch_RIMG6648

予想どおり、岩は完全に乾いていますね。(^^)

batch_RIMG6650

海を見ながら登るのは気持ちいいです。

batch_RIMG6654

batch_RIMG6655

トップロープをセットして早速、練習開始。

batch_RIMG6659

最初は簡単なラインでウォーミングアップ。

batch_RIMG6660

batch_RIMG6662

batch_RIMG6664

この辺りは少し脆いので要注意。

batch_RIMG6667

batch_RIMG6668

次はカチホールドのルートへ。

batch_RIMG6670
batch_RIMG6672

そして上部はクラックをレイバックで。

batch_RIMG6674

batch_RIMG6675

batch_RIMG6677

batch_RIMG6680

最期はかなり細かいカチホールドの連続。

batch_RIMG6683

batch_RIMG6685

batch_RIMG6687

batch_RIMG6689

かなりテンション混じりでしたがなんとか完登。

batch_RIMG6693

K岡さんは今夜は夜勤なのでちょっと早めに切り上げました。

batch_RIMG6694

いい岩場です。

batch_RIMG6697

この奥にはたくさんのルートがあります。

batch_RIMG6699

batch_RIMG6700

以前はこんな遊歩道があったのですが台風でほとんどが崩壊してしまいました。

再建はされないみたいですね。

batch_RIMG6701

対岸に昨日までいた四国が見えています。

batch_RIMG6703

5月2日に納車したプロボックスは走行距離が4000kmを越えました。(笑)

今月は滋賀県、富山県、愛媛県とロングドライブが続いたのであっという間ですね。

batch_RIMG6704

愛媛駅で解散となりました。

K岡さんは新幹線で、私はこれから6時間半のロングドライブで帰ります。

batch_RIMG6706

今回は1日雨に降られましたがなんとか3カ所の岩場を回ることが出来ました。

天気が良ければ高知方面に行きたかったのですが仕方無いですね。

また次回に企画したいと思います。

四国クライミングツアーお疲れ様でした。(^^)

バナー1

バナー3

ギャラリー
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2024年6月19日(水)【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ