2019年4月13日(土)晴れ

明日はCJ-1くまもと吉無田のレース前日ですが
熊本まで来たらやっぱり地酒を飲まずにはいられません。(笑)
探してみると日本酒バーがたくさんありましたが目に止まったのがこのお店。
無濾過生原酒専門なんて言うお店は初めてです。
通常は出来上がったお酒に、火入れ(低温殺菌)、炭で濾過、味の調整で加水、アルコール添加などをしますが
無濾過生原酒と言うのは出荷するときにお酒には一切手を加えずにそのまま瓶詰したものです。

DSC_1712

なかなかいい雰囲気のお店ですね。

DSC_1713

一応予約をして行きましたが私が1番乗りでした。(笑)
レースの試走で汗をかいたのでとりあえずビールを少しだけ飲んでから熊本の地酒へ。

熊本市 純米吟醸生原酒の すうくん。
店主の一番押しのお酒です。酒米も地元の米で自然農法栽培をしたもの。

DSC_1716

生なのでアルコールは17度と少し高め。

DSC_1717

DSC_1718

お通しはタコの煮つけ。

DSC_1714

2杯目の熊本県の地酒は

山鹿市 泰斗(たいと) 純米吟醸無濾過生原酒。

DSC_1719

DSC_1720

おつまみに鯖の味噌煮。
料理は全て酒の肴になるものばかり。
量は少ないですが地酒をチビチビ飲みながら食べるのには丁度いいです。

DSC_1715

熊本県の地酒でおすすめできるのは すうくん、泰斗 の2種類だけだそうです。
3杯目からはマスターのおススメをいただきます。

滋賀県東近江市 大治郎 純米直汲み生原酒。

DSC_1721

30BYと言うのは2018年7月1日~2019年6月31日までの間に作られたという意味です。

DSC_1722

オイスターのオリーブオイル漬け。
これを白髪ねぎと一緒に少し食べながら飲むとお酒がすすみます。(笑)

DSC_1723

4杯目は京都の地酒。今日との地酒はまだあまり飲んだことがありませんでした。
京都市伏見区 豊翁 純米吟醸無濾過生原酒。

DSC_1724

DSC_1725

DSC_1726

5杯目は熱燗を頼みました。生原酒を熱燗にしてくれるお店は他には無いです。
福井県大野市 花垣 山廃純米無濾過生原酒。

DSC_1727

DSC_1728

DSC_1729

わが家にも同じものがありますよ。これは一回り小さいです。
表面が泡立ったら飲み頃です。
生原酒の熱燗は初めて飲みましたが美味しいですよ。
これからは自宅でもたまには熱燗にします。

DSC_1730

おつまみの高野豆腐も上品な味で熱燗に合います。

DSC_1731

DSC_1732

最後の6杯目は
鳥取市 日置桜 鍛造にごり純米。28BYなので2年物ですね。
これも熱燗にしてもらいました。にごり酒の熱燗も初体験です。
熱燗も色々と試してみるのもいいですね。

DSC_1733

DSC_1734

マスターと色々と日本酒談義に花が咲いて4時間近くいました。(笑)
明日のレースは大丈夫か??(笑)
いつものように日本酒パワーで頑張りますよ。
私がいた間に来店したお客は常連客が3組ほどでした。
最後の〆はやっぱり熊本ラーメン。

DSC_1737

私は細麺が苦手なのですが熊本に来たら食べておかないと。。。

DSC_1735

今夜は6種類飲みましたが5勺づつなのでそれほど量は飲んでいません。
明日のレースは12:00スタートなので朝はゆっくり寝られます。(笑)

バナー1

バナー3