イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

2006年1月14日(日)晴れ

 土曜日は大雨になったのでストマジで軽く登って、今日はアイストレーニングに行く事にした。

 垂直か垂直以上のアイスをたっぷり登れれるエリアとなると湯川か角木場あたりしかないので、先週は湯川に行ったことだし今週は角木場の氷柱に行くことにした。

 メンバーは例のごとくいつもの有持、藤川、小林の3人。

 6時半に相模湖で小林を拾って出発。

 小林は車に乗ったとたん後部座席で俺のバックを枕にして寝ている。

 ん~~いい根性の新人だ!! たっぷり鍛えてやらなければ。(笑)(笑)(笑)

 中央道を走りながら山を観察すると、土曜日の雨で山の麓の雪はほとんど融けてしまっているようだ。

 富士山は5合目以上が真っ白になっている。今日登ったらFREE TREKでパウダースノーを楽しめたんだろうな~。

 小淵沢を降りて美濃戸に向かう道路は雪は無いが昨日の雨が凍結して完璧なアイスバーンになっていて何度がタイヤが滑ったので慎重に走る。

 美濃戸に車を停めて出発。

 林道もカチカチに凍結している。

 角木場の氷柱はいい感じに氷結している。さっそくトップロープをセットしてトレーニング開始。

 まずは左側の氷柱のツララの不安定な部分を落としてオーバーハングを作り真下から越えていく。叉蕁椶阿蕕いな。

 フィギア4をするほどでもないので、旨い具合バランスを取って前腕に乳酸が溜まらないように登らなければならない。

 なかなか楽しい。

 小林はバイル、アイゼンワークが雑なので横のV級の氷でたっぷりと練習をさせた。

 午後からは真ん中の氷柱にトップロープをかけて氷柱の裏側のハング部分から表に出てくるルートを何本か登った。

 最後に小林にV級の氷でリード練習をさせる。

 先週の湯川ではボロボロだったが、今日は傾斜も緩いし氷も柔らかいのでなんとか完登。

 少しは進歩したか??

 帰る前に左の氷柱を登ってトレーニング終了。

 今日の角木場は他のパーティは誰も来なかったので貸し切り状態で登り放題だった。

 1人あたり13本ぐらいは登ったかな。

 前腕もいい感じに張っている。

 2時半ぐらいに撤収して鹿の湯に向かう。

 帰りの中央道もガラガラで7時頃には帰宅できた。

 さて来週はどこでトレーニングするかな~~~。

 ではでは。