(チームTT編)より続く。。。


チームTTが終わってすぐに2時間耐久レースが始まる。


去年は時間が足りなくてスタートに出遅れたメンバーがいたので

今年は素早く準備をしなければ。。。


TTスーツからジャージに着替えて

チップをTTバイクからロードレーサーに付け替えて

TTヘルメットを交換してキャップをつけて。。。

と慌ただしい。(笑)


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/b/c/bc96465f.jpg


チームTTの表彰式には間に合わないので

メンバーに頼んでスタート位置へ向かう。


今日の2時間耐久のメンバーは

有持、各務、今田、時田、紺野、横山、津野、太田、8人。


そして油谷さんが2時間が定員オーバーでエントリーできなかったので

4時間でエントリーして9人で一緒に走る事になった。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/1/5/15c2fb29.jpg


「ひたちなか」のコースはフラットなオーバルコースなので

淡々と集団で走って最後にゴールスプリントをするだけでは面白くない。


なので今ちゃんを監督にして

楽しめるチーム作戦を考えて

チームプレイの楽しさをみんなに味わってもらうことにした。


作戦の概要は

ピンクジャージを来ている紺ちゃんをエースにして勝ちを狙いにいく。


前半は集団の後方で待機し、

1時間を過ぎた辺りからメンバーで集団前方に出て行き

何度かアタックをかけて集団を活性化させる。


最後の周にメンバーで1列棒状になって集団を牽引。

ゴール手前で全員が紺ちゃんの発射台となって紺ちゃんを送り出す。


と言った感じ。


メンバー9人のうち8人全てが紺ちゃんのアシストとなって

自分の順位を狙うことなく働くことになる。


最終的に結果がどうあれ

「Team ARI」メンバーに

チームプレイの楽しさをたっぷりと味わってもらうのが目的だ。


今までロードレースを色々と走ってきたが

同じジャージの選手がたくさん走っているチームでも

チームプレイで走っているチームを見た事がない。


やはり最終的に自分の順位を狙いにいってしまう。

エースを勝たせるために

自分を犠牲にする気持ちがなければチームプレイは出来ない。


そして


メンバー全員の意思統一が必要だ。


400人近くいるあれだけの人数の大集団で

チームメンバーで列車を組んで走っていると

それだけで気持ちが高ぶってくる。


これを一度味わうとやみつきになる。(笑)


自分のためではなくチームのために走る。

「Team ARI」は

こんなメンバーがたくさん揃っているチームになってくれて

本当に嬉しい。(^o^)(^o^)(^o^)


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/e/f/efe6c443.jpg


さて、

今年の「Team ARI」のお祭りレースが始まった。

みんなで楽しんで走ろう!!


(2時間耐久後編)へ続く。。。

(レース参戦記録) 
2008年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2008.race.html
2007年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2007.race.html
2004~2006年 http://www.big.or.jp/~arimochi/race.kiroku.html