江田島)より。。。
 
さて
 
今日の資料館研修の最後は
 
本物の潜水艦をそのまま展示してある 鉄の鯨館
 
 
場所は大和ミュージアムのすぐとなりなので
 
江田島からフェリーで呉まで渡る事にした。
 
 
イメージ 1
 
 
江田島に沈みゆく太陽。
 
 
イメージ 2
 
 
昔なら空母と思えるぐらい大きいヘリコプター搭載の護衛艦。
 
 
イメージ 13
 
 
呉の海上自衛隊の基地には護衛艦がずらりと並んでいた。
 
 
イメージ 16
 
 
そしてやってきました鉄のクジラ館
 
 
イメージ 15
 
 
しかし何度見ても本物の潜水艦は大きい!!
 
 
イメージ 17
 
 
潜水艦に入る前に
 
掃海艇の資料をたくさん展示してあった。
 
掃海艇と言うのは
 
海峡などに敷設された機雷を処理する船のこと。。。
 
 
各種機雷も展示してある。
 
 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
これは機雷処理に使うフロート。
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
さて、ここから先は本物の潜水艦の内部に入っていく。
 
まずはトイレから。(笑)
 
 
イメージ 5
 
 
そして寝室。
 
この狭い空間で3段ベットと言うのがすごい。。。
 
 
イメージ 6
 
 
そして艦橋周辺には各種装置がズラリと並んでいる。
 
 
イメージ 7
 
 
ここが潜水艦の操舵室。
 
まるで飛行機のコックピットのようだ。
 
船と違って三次元の動きをするので
 
飛行機と同じような操縦桿がついている。
 
 
潜水艦は潜航中には外を見る事が出来ないので
 
真ん中のモニターで潜水艦の体勢を判断するらしい。。。
 
 
イメージ 8
 
 
そして潜望鏡。
 
実際に外を見る事ができる。
 
倍率もかなりあるので遠くの船でも相当大きく見える。
 
 
イメージ 9
 
 
潜行中に船や潜水艦の音波を探知するためのソナー。
 
 
イメージ 10
 
 
そしてレーダー。
 
レーダーは浮上しないと使えない。
 
 
イメージ 11
 
 
呉の港の夕日。
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 14
 
 
潜水艦の内部は全て見る事はできなかった。
 
艦橋周辺の一部のみ展示している。
 
魚雷発射管やエンジンルームなども見たかったが
 
潜水艦は秘密の区画が多いのでしょうがないのだろう。
 
 
さて次は広島のグルメだ。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
(広島焼編)へつづく。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓