(その1)より。。。
 
湖畔の平地が終わってまた登りが始まる。
 
この頃にはすっかりと天候も回復していて
 
日差しが強く暑いくらいだ。
 
 
走っていると腕が日焼けして赤くなってきた。(笑)
 
 
しばらくすると1人の選手が追いついてきた
 
ゼッケンを見ると100kmクラス。
 
とにかく他の選手は気にしないで淡々と走っていると
 
その選手はピッタリ俺の後にくっついて走っている。
 
まぁ気にしない気にしない。(笑)
 
 
走っていると木曽御嶽山が綺麗に見えてきた。
 
今日は奥さん達が登りに行っているので
 
ちょうど登山口に着いた頃だろうか?
 
 
しばらくすると
 
同じ120kmクラスのレース仲間の
 
田○さんが止まっていた。
 
 
前半で飛ばしすぎて疲れてしまったとのこと、
 
しばらく話をしながら走ってから
 
先に行ってもらった。
 
 
そして、63kmぐらいのところにある
 
第2チェックポイントも無事に通過。
 
 
後を振り返ると
 
もう一人100kmクラスの選手が走っている。
 
 
3人ともスピードが同じぐらいなので
 
一定の距離を保って走っていく。
 
 
120kmクラスの選手は全く見えない。
 
 
そして100kmも終盤になってきたところで
 
2人の選手がバトルを始めて前に出て行った。
 
俺は120kmクラスで関係無いのでマイペース。
 
 
最後の第3チェックポイントを過ぎたら
 
最後のループを入れてあと残り35kmぐらいかな。
 
 
しばらく1人で淡々と走っていると
 
100kmクラスの選手が追いついてきたので
 
「ちょっと前に100kmの選手がいますから、頑張れば追いつきますよ」
 
と声をかけてコースを譲った。
 
 
42kmクラスの選手でハイクを押している選手や辛そうな選手がいたら
 
「頑張ってくださ~い」
 
を声をかけながら俺も頑張る。(笑)
 
 
120kmのループの出口を通過!!
 
この先はもう一回走るんだよな~。
 
 
そして長い下りが終わって
 
100kmと120kmの分岐がやってきた
 
さっき先に行った田○さんが最初の登りを登っているのが見える。
 
分岐にいた役員に
 
「何人目ですか?」
 
と聞くと12番目ぐらいらしい。。。
 
 
登り始めてすぐに1人の選手に抜かれた。
 
どうやら途中でパンクしていたらしい。
 
元気に登っていったが
 
俺はもう追いかける脚が残っていない。(泣)
 
 
2009年の時には
 
ここまで脚を残して置いて最後のスパートをかけたんだけどね~。(笑)
 
 
ここからの登りは約10kmぐらいある。
 
100kmを越えてからのこの登りは勘弁してほしい。(笑)
 
 
そして水が全て無くなってしまった。
 
まぁ残り20kmぐらいなのでなんとかなるだろう。
 
天然エイドステーションが何カ所かあったが
 
沢に降りていって水を汲まなければならないので
 
タイムロスが大きいのでガマンすることにした。(泣)
 
 
しかし日差しが強くて暑い。。。
 
ただでさえ水が無くて辛いのにね~。
 
 
やっと10kmを登り終えて100kmコースに合流。
 
100kmクラスの選手を抜きながら走っていく。
 
 
少しだけある登りが辛い。。。(笑)
 
 
そして最後の長いダウンヒルが始まった。
 
ここまで来たらブレーキを握る握力も無くなってきて
 
思い切ったつっこみが出来ない。
 
練習不足はこんなところにも出てきた。。。(泣)
 
 
しかし落車とパンクだけはしないように慎重に下っていく。
 
走っていると
 
とにかくパンクしている選手が多い。
 
10人以上はいたかな?
 
確かに路面は良くないので無理に走るとパンクしやすい。
 
 
100kmと120kmの分岐では
 
役員にもう一回ループに誘導されるところだった。(笑)
 
 
ここからゴールまでもう少しだ。
 
まだパンクしている選手がいる。。。
 
 
そしてやっとゴールにたどり着いた。
 
 
※ 下記の写真はcarvocaballoさんに撮影していただきました。いつもありがとうございます。m(_ _)m
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
  
 
終わった~~。
 
 
タイムは7時間20分ぐらいだった。
 
2009年は6時間40分だったので約40分落ち。。。
 
今回はパンク、落車、メカトラもなく完走できたので十分だ。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
(その3)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓