(その5)より。。。
 
※ 写真は私が写っていない物も参考で掲載してあります。
 
バイクスタートは
 
計測地点までバイクを押してダッシュ!!
 
スイムの後なのでカラダが重い。。。(笑)
 
 
イメージ 1
 
 
スタート直後はゴルフ場の中の舗装路を走って行く。
 
最初から全力疾走で
 
前を走っている選手を抜いて行く。
 
 
イメージ 3
 
 
トンネルを抜けて
 
ランのコースと合流してシングルトラックの登りが始まる。
 
 
イメージ 4
 
 
俺はスイムがかなり遅かったので
 
先にバイクスタートした選手が連なって登っている。
 
 
しかし
 
シングルトラックだが幅がかなり広いので
 
ガンガン抜いて行けるのが嬉しい。(笑)
 
 
基本的に日本と逆の左から抜いて行く。
 
「レフト」
 
と後ろから声をかけると避けてくれる。
 
 
 
イメージ 2
 
 
路面は完全なドライで埃がすごい。
 
 
イメージ 5
 
 
俺はランが遅いので
 
バイクで抜けるだけ抜いておかないと。。。
 
130人ぐらい抜いたところまでは数えていたが
 
それ以上は面倒なのでやめてしまった。(笑)
 
 
イメージ 11
 
 
とにかく暑い。。。
 
スタートまでに水分をかなり補給してあったので
 
まだ大丈夫だが。。。
 
どこまでもつか??
 
 
途中で
 
一度、雲が出てきて少しだけ涼しくなったが
 
しばらくすると
 
再び炎天下に。。。
 
暑くてたまらん。。。(笑)
 
 
最初のエイドでボトルをもらって水をかぶった。
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
試走の時に景色はたっぷりと楽しんだので
 
レース中は走りに集中。(笑)
 
 
イメージ 14
 
 
奥の最高高度の手前で
 
同じ50歳代の速い選手とバトルになった。
 
後からリザルトを見てみると
 
この選手は3位入賞していたのだが
 
この時は
 
そんなことは分からない。
 
 
俺が抜いたら抜き返してきて
 
ペースはほとんど変わらないぐらい。
 
 
しかし
 
無風の炎天下の急斜面で
 
暑さにやられてきてパワーダウン。。。
 
 
この時に
 
この選手に先行されてしまった。
 
 
しばらくして下りが始まったので
 
追いかけて行く。
 
 
しかし
 
路面がドライで砂埃がすごい。
 
 
俺の前に2人の選手が走っていたので
 
その選手が舞い上げた砂埃で前が見えなくなってしまう。
 
 
路面がかなり荒れている所もあるので
 
スピードを落とさないと吹っ飛んでしまう。
 
 
何人か落車している選手もいたので
 
慎重に。。。
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
 
 
下り切ったら
 
平坦な広い道路を走って行くと
 
2か所目のエイドがあった。
 
 
ここでまた水をかぶってクールダウン。
 
 
さて
 
次は後半の登りだ。
 
ここからは短いが急な登りが何か所も出てくる。
 
 
 
イメージ 9
 
 
何度もアップダウンが続く。
 
一度、急斜面をバイクを担いで登り
 
また登りが続く。
 
 
この急な登りで見覚えのあるジャージが見えてきた。
 
小野さんだ。
 
小野さんが、急斜面でバイクを押して登ってる所で追いついた。
 
 
ここからどこまで引き離せるか??
 
小野さんはランもムチャ速いので
 
力の限り走って行く。
 
 
イメージ 7
 
 
ダブトラの登りが終わると
 
次はシングルトラックのアップダウンが続く。
 
 
イメージ 8
 
 
後半はクロスカントリーコースの様な
 
コーナーやアップダウンがあって
 
かなり楽しい。
 
 
そして
 
トランジットエリアに戻ってきた。
 
 
イメージ 17
 
 
ひたすら自分の場所まで走る。。。
 
 
イメージ 18
 
 
暑さで頭がボートしていたのか
 
自分の場所を間違えてしまい
 
しばらくウロウロしてしまった。。。
 
これでかなりのタイムロス。
 
まったくね~。
 
 
途中で数えるのをやめたが
 
結局、バイクでは200人ぐらいは抜いたと思う。
 
抜かれたのは
 
先行された50歳代の選手1人だけ。
 
 
さぁ
 
次は最後のトレランだ。
 
 
(その6)へ続く。。。