2015年4月11日(土)晴れ


さぁ、

いよいよCJシリーズが本格的に始まった。

2月にCJ-2糸満があったけれど

本当の開幕戦は菖蒲谷からだ。


ここのコースはテクニカルでパワーとテクニックが必要。

行くにはちょっと遠いが

それだけの価値のあるコースだ。


今回は

今年からエリートを走ることになった牧野さんと一緒。

約600kmのロングドライブ。


イメージ 1


約7時間ちょっとで たつの市 に到着。

ここから会場まではすぐなので

まずは王将でランチタイム。


イメージ 2


牧野さんは

大好物の餃子を3人前平らげでご満悦~。(*^_^*)


イメージ 3


会場入りして受付を済ませ

さっそく試走へ。


イメージ 4


牧野さんは菖蒲谷は初めてなので

緊張気味??(笑)

そんなことないか。。。(笑)


イメージ 5


コースはほとんど去年と一緒だが

新しく2段ドロップオフができていた。


最初は大きな岩越え。


イメージ 23


その後は垂直の泥壁を下る。


イメージ 6


最初は

かなり高さがあるし

フルリジットなので

少しビビったが。


イメージ 7


気合を入れて走ってみると

思ったよりも簡単に下ることができた。


その後は少しラインが変わった所があったが

去年と同じなので問題なし。


試走の時はマッドコンディションだったので

アスペンでは登りは厳しい所があった。


しかし

日曜日は天気も回復するので

多分大丈夫だろう。(*^_^*)


試走の後に

込山さんにコーヒーをごちそうになった。

ありがとうございました~。(*^_^*)


イメージ 8


そして10kmほど先にある

相生駅近くのホテルへチェックイン。


イメージ 9


菖蒲谷に来た時には

いつも姫路駅前のホテルに入るのだが

丁度、姫路城の改修が終わって

公開が始まったばかりだったので

どこも満室で高いホテルしか空いていなかった。。。


姫路でグルメを楽しみにしていたのに残念。


しかたないので

ホテル横にあったレストランへ。


牧野さんは相生産のカキフライ定食を注文。


イメージ 10


まいう~~。(*^_^*)


イメージ 11


牧野さんは

ご飯を食べている時が一番幸せそうだ。(笑)

ホテルへ帰って

明日のレースに備えて早めに就寝。


2015年4月12日(日)晴れ


朝起きると

山には霧がかかっていた。

昨日のマッドコンディションが

どれだけ乾くのか心配だが

エリートはスタートが14:00だし

天気予報では晴れると言っているので大丈夫だろう。


牧野さんは

カーボローディングと称して

朝食を3回もお代わりしに行っていた。

さすがだ。(笑)


マスタークラスのスタート前に会場入り。

今年は新たにマスタークラスが新設された。


今年のエリートは

4.3km を 5周回。

頑張って完走しないとね。(*^_^*)

俺はエリートクラスで

菖蒲谷で一度も完走したことがない。。。


イメージ 12


スタートリストでは26番目の召集。

エリートクラスは約40人ほどなので

真ん中より少し後ろ。


イメージ 13


目標順位はスタートリストよりも

少ない順位でゴールすること。

そして完走!!


今年のレースは

全てフルリジットで走っているので

今回の菖蒲谷もこれで走ることにした。


イメージ 14


このコースは

激登りがあるので

体重の重い俺としては

バイクを少しでも軽くしたいと言うのもある。


コースはこんな感じ。。。


イメージ 15


準備万端で

いざ出陣!!


イメージ 16


今日は気温も上昇すると言うので

ウェアーは

夏用のレジェフィットを着こんだ。


そして召集開始。

いつもの顔ぶれがそろっている。

今年は牧野さんも一緒だ。


イメージ 24


今回は

牧野さんと一緒に走ったので

レース中の写真が無いのが残念。。。


14:00にスタート!!


舗装路からスタート。

加速しようとしたが

コースがだんだん狭まってくるので

前が詰まっていて抜け出すことができず

そのまま後ろへ後退。。。


焦ると接触して落車のもとなので

慎重に慎重に。


結局、後ろに並んでいた選手にも抜かれて

最後尾近くになってしまった。


しかし

コンクリートの登りになって追い上げ開始。

何人か抜いてシングルトラックへ。

狭い入口では案の定渋滞してスピードダウン。

ここには早い段階で入りたかった。。。


次のダブルトラックまではひたすらガマン、ガマン。

3段の下りを下って

ダブルトラックの登りが始まった。


ここは一番の抜きどころなので

一気にスピードアップ。

かなりの選手を抜いて

次のシングルトラックの登りへ入って行く。


ここの登りはスリッピーなので

丁寧なペダリングで登って行かないとね。


一段あがったら少し広くなるので

ここでまた何人か抜いて前に出て行く。


続いてシングルトラックの緩いアップダウンの連続。

しばらくは抜きどころがないので

前の選手をひたすら追いかけて行く。


そして例の大きな2段ドロップオフ。

ここで失敗したら一気に抜かれてしまうので

落車しないように慎重に下る。


最初の駐車場までは

テクニカルなアップダウンなので

ミスをしないように。


パンクポイントの側溝は

軽くジャンプして越えていく。

ここでは必ずパンクする選手がいる。


駐車場の端っこを走って行くと

なぜか丸太を置いてあった。(笑)


次のシングルトラックまでのつなぎのダブトラで

また何人か抜いて順位を上げた。


中間のシングルトラックも

テクニカルなアップダウンや

大きなドロップオフがあるが

なんとかクリアー。


しかし

道路に出る手前の濡れた岩越えで

チェーンが外れてしまった。。。

食い込んではいなかったので

すぐに直して走り出したが

4~5人に抜かれてしまい

かなりのタイムロスになってしまったのが悔やまれる。


しかし

舗装路の緩い登りで

また抜き返して行って

後半の山の激登りに入った時には

佐野さんが18位と教えてくれた。


意外といい順位まで上がっていたので

自分でもビックリだ。


激坂を登り切って

一度傾斜が落ちるが

また急な登りがある。


ここを越えて少し行ったら折り返し地点。

タイトコーナーの連続で

木の根っこ地帯などの

テクニカルエリアが続く。


フルリジットにはチョット辛いエリアだが

しっかり練習をしてきたので

なんとか処理しながら走って行く。


かなりタイトなクランクコーナーを新調に抜けると

最後のダウンヒルが始まる。


キャンバーの下りになっている所も多いので

滑って落ちないように慎重に。


少しアップダウンをしながら

最後の激下りを抜けるとスタート地点へ戻って

約4.3kmで1周終了。


その後は前後の選手とバトルを繰り返して

抜いたり抜かれたり。

一時、20位まで落ちたが

また抜き返して順位を上げて行く。


そして4周目の終わりで。。。

いつもなら足切りされるのだが

最終周回に入ることができた。

やった~。

これで完走できる!!


後は最後までミスをしないように走るだけだ。


そして

更に1人抜いて最後の激坂へ。

フィードエリアでは

たくさんの声援を送ってもらいパワーをもらった。(*^_^*)

ありがとうございます。


後ろを振り返ると

さっき抜いた選手を結構引き離しているので

後は前の選手を追いかけるだけ。


だんだん距離が詰まってきたが

ゴールまでには抜けそうにない。

あまり焦ってミスをしたら台無しになるので

ゴールまでは落車に気をつけて

慎重に走りきった。

今までやってきたトレーニングが報われた瞬間だった。(*^_^*)


菖蒲谷で初完走だ!!

順位は17位。

出走39人で17位なら上出来だ。


エリートクラスで走り始めてから

一番いい走りができた。


やっぱり地道にやってきた練習は裏切らなかった。


イメージ 20


今回の結果に満足せずに

更に上を目指していかなければ。


イメージ 17


イメージ 18


牧野さんは

初エリートクラスを走って

31位で-1LAPで完走はできなかったが

頑張って走っていた。


悔しくてタイヤを食べようと。。。(笑)


イメージ 19


レースの後は牧野さんの希望で

また王将に行って餃子を食べることに。。。

本当に嬉しそうな笑顔だね~。(笑)


イメージ 21


帰路は渋滞にはまったりして

自宅に着いたのは月曜日の02:00頃だった。


やっとビールにありついて

1人で乾杯!!


イメージ 22


レース参加の皆様、お疲れ様でした。

今日も本当にたくさんの応援ありがとうございました。

また次回も頑張ります!!


ではでは~!(^_^)/