(その1)より。。。


これがさっきの問題。

地元の人じゃないと絶対に分からないよね~。(笑)


イメージ 1


次のポイントは

この川を渡った先にある。

一応、ゴムボートが用意されていたので使うことに。。。


イメージ 2


水深が浅いので岩に引っかかってうまく進まない。(笑)


イメージ 3


そして藪漕ぎ。


イメージ 4


このチェックポイントはスタッフにチェックしてもらうだけ。


イメージ 5


もう一度ゴムボートに乗って川を渡る。

結局、岸に上がるときに川に入ったので

最初から歩いて川を渡った方が速かったね。(笑)


イメージ 6


地図を見ながら次のポイントへ。


イメージ 7


ここにもクイズが。

長谷川恒夫が登ったことがない山はどれか?

これはクライマーならだれでも知っているので

簡単、簡単。(笑)


イメージ 8


スタート地点に戻ってチェックを受ける。

これで半原市街地の第1ステージが終了。


イメージ 9


第2ステージは仏果山方面の山岳エリアへ。

この時点で約40チーム中、25位ぐらい。


CP8を過ぎたら登りが始まる。


イメージ 10


道標は立っているが

ほとんど登られておらず廃道になったような登山道で

分かりずらい。


イメージ 11


イメージ 12


少し迷ったがコースを発見。


イメージ 13


あまりに道がいいので調子に乗って登って行ったら

登りすぎてしまい、引き返す羽目になってしまった。(笑)

これでまたタイムロス~。


続くCP9のあるらしいエリアに着いたが

まったく見当たらない。

沢を登ったり下りたりして次の沢に行ったり。。。


イメージ 14


結局、最初の場所に戻ってきて

枝沢の上の方に行ってみると

こんなところに隠されていた。

これじゃー分からないよな~。(笑)


イメージ 15


ここで1時間半ぐらいはタイムロスをしてしまった。

すぐに見つからない場合はパスして次のポイントに行った方がいいらしい。

なんせアドベンチャーレースは初めてなので

1つのポイントに執着しすぎてしまった。(笑)


次のポイントは簡単に見つかった。


イメージ 16


次は林道のランニングで山への入り口を探す。


イメージ 17


枝道を登りすぎてしまったが

すぐに引き返してコースへ戻った。

仕事道を進んだら林道へ出た。


イメージ 18


ここから林道ランニング。

ちょっとわかりずらい仕事道を見つけて

延々登って行くとまた林道に出る。


この林道の上がチェックポイント。

崖にかかっていたロープを使って尾根に上がる。


イメージ 30


イメージ 31

しばらくしてCP11を発見!!(^^)


イメージ 19


こんなにわかりやすい所ばかりだったらいいんだけどね~。(笑)


イメージ 20


ぶら下げてあるスタンプを押して次へ。


イメージ 21


登山道ではない仕事道を延々と登って行くと


イメージ 22


やっと仏果山へ続く稜線に到着~。


イメージ 23


仏果山とは反対側の尾根道を少し歩いたらCP12があった。


イメージ 24


ここにも問題があったが

答えはこの看板の中にあるのですぐに発見。(笑)


イメージ 25


次は仏果山山頂を目指す。


イメージ 26


宮ヶ瀬湖も見えてきた。


イメージ 27


関東平野もよく見える。(^^)


イメージ 28


(その3)へ続く。。。


山岳ガイド・MTBガイド・サイクリングガイドをご希望の方は下記をクリックしてください。

イメージ 29