(その1)より。。。

2016年4月10日(日)晴れ


ホテルで朝食をたっぷりと食べて会場へ。

エリートクラスのスタートは14:00なので

朝はゆっくりできるのがうれしい。(笑)


アドバンスとマスターのレースを観戦してからアップ開始。

あんまり走りすぎても疲れてしまうので

舗装路の坂を2回と少し登って終了。


さぁ、今年の初戦はどんなレースになるのか??


イメージ 1


招集開始。

今日は16番目にコール。


イメージ 2


前にはいつもの顔ぶれの選手がたくさん。


イメージ 3


俺はちょうど真ん中ぐらいに並んだ。


イメージ 4


そしてスタート!!

クリートが一発で入らずに

もたもたしているうちにどんどん抜かれていく。


今シーズンに備えてシューズを新調したので

クリートを入れる感覚がまだ慣れていなかった。。。

スタートから大失敗。


舗装路からコンクリートの登りが終わってシングルトラックへ。

少し出遅れたので詰まってしまっている。

前の選手が降りてしまったので

仕方なく押す羽目になってしまった。


1周目は乳酸が溜まるし呼吸も乱れるのでので

それほどスピードは上げずに少しずつね。

ここのコースは相変わらずテクニカルで面白い。

ミスをしないように気を付けて前の選手を追いかけていく。


最初のシングルトラックを抜けて

2番目のシングルトラックに入ると

この稜線からの新設された激下り。


ここはブレーキングをしっかりしないと

コースアウトしてしまうので要注意。


イメージ 5


でもこの下りは気持ちいい。


イメージ 6


長い舗装路を抜けたら3回目のシングルトラックの激登りが始まる。

相変わらずここはきついが

トレーニングで激坂インターバルをやっていたので

例年よりも楽に感じる。


今年は奥のダメ押し登りがカットされていた。

タイトコーナーや木の根っこの連続を越えて

登り切ったらテクニカルな激下りが始まる。


滑りやすいのでコースアウトしないように

慎重に、慎重に。。。


下り切ってゴール位置を通過。

23番手らしい。


カラダも暖まってきたので

ここからスピードアップ。

前の選手の隙をついてドンドン抜いていく。


最初のシングルトラックを抜けるところにある

溝でパンクしないように要注意。

軽くジャンプして越える。


2周目からは

フィードでいつものファンタをもらう。

これで一息。(笑)


イメージ 7


ここで17番手と教えてくれた。

エリートクラスは6周のレースだが

80%ルールで足切りがあるので

4周か良くて5周で終わりかな??


また1人抜いて16位まで順位を上げる。


ゴール地点を通過した時に

「最高齢エリートライダーの有持選手!!」

と紹介してくれたのが照れ臭かった。(笑)


前の選手と抜きつ抜かれつを繰り返す。

後続選手が1人後ろにいるが

距離は詰まってこない。


とにかくミスだけはしないように慎重に走っていたが

結局、4周回で足切りになってレース終了。

順位は16位!!


スタートリストが16番手だったので

予定どおりの結果だった。


エリートクラスで真中ぐらいの順位なので上出来だ。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


最近はMTBトレーニングよりも

クライミングの比率の方が高いけれど

トレーニング内容はかなrい濃いので

調子としては去年と変わらないぐらいだ。


クライミングをやっていると

全身の筋力アップになるし

体幹強化にもなるので

相乗効果もあるかも。


マスター優勝した酒居さんと。

優勝おめでとうございます。(^^)


酒居さんは俺より2歳下の52歳。

若手のマスター選手を蹴散らしての優勝は凄いです。

俺もまだまだ頑張らないとね。(^^)


イメージ 11


今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様、お疲れ様でした。


さて、明日からはお楽しみの関西クライミングツアー。

その前に、今夜の打ち上げが楽しみだね。(^^)


ではでは~~!!\(^o^)/


山岳ガイド・クライミング講習会、MTBガイド・技術講習会、サイクリングガイドをご希望の方は
下記をクリックして詳細をご覧ください。

イメージ 12