(その1)より。。。


燃料補給が終わったところで

懸垂下降をして次のルートへ向かいます。


イメージ 2


下部は足がつかない空中懸垂。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


岩壁下部まで降りてしまうと

下部岩壁が混んでいるので

途中のバンドから楽しいルートに移動することにします。


次のルートは 権兵衛チムニー 約30mでⅤ-。


イメージ 6


このルートは残置ハーケンが少なくてランナウトになるし

あったとしても古いハーケンがほとんどなので

リードするのはなかなか緊張感があります。(笑)


このチムニーの奥が濡れていて嫌らしいし

ザックを背負っているので

引っかかってしまって登りずらいです。(笑)


イメージ 7


フォローのお二人も

チムニーで苦戦していましたが

なんとか抜けて登ってきました。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


最後のホールドは

ファイト一発!!


イメージ 13


お二人とも

アドレナリン大噴出で

登り切った後は茫然としていましたが

しばらくすると

安心感と達成感が出てきたようで

満面の笑顔に変わってきました。(^^)


イメージ 15


もう一度、懸垂下降でバンドまで降りて

最後のルートを登ります。


イメージ 14


最後の〆は簡単なルートで

NO.19クラック~NO.20クラックを登ります。


イメージ 18


ここではピースサインを出す余裕も。。。(笑)


イメージ 19


天狗の踊り場まで登って

今日のマルチピッチクライミング講習会は終了です。

いつもの広沢寺の岩場とは違った雰囲気の岩場を

めいっぱい楽しんでいただけたようです。


イメージ 17


イメージ 16


クライミングギアを片付けてから

ここを登って行くと

三ツ峠山山頂に出ます。


イメージ 1


山頂には外人登山者がたくさんいて

圧倒されてしまいました。(笑)


今日もお疲れ様でした。(^^)


イメージ 20


イメージ 21


帰りに四季楽園のテラスから見た

三ツ峠の岩場です。


イメージ 22


山岳ガイド・クライミング講習会、MTBガイド・技術講習会、サイクリングガイドをご希望の方は
下記をクリックして詳細をご覧ください。

イメージ 23