昨日の谷川岳のクライミングガイド中の事です。

 南稜を登り始めて1P目を登っていると

一ノ倉沢に響き渡る「キャー!!」と言う悲鳴。


 何事かと見てみると

中央稜~南稜へのトラバース地点で1人が滑落して

烏帽子沢を落ちていくではありませんか。。。


 運よく前転して転がるのではなく

お尻と背中で滑り落ちる感じで滑落したので

抵抗が大きかったおかげか

約30mほど落ちた所で停まりました。


 打撲と擦り傷はかなりできていると思いますが

命には別条がないようでした。


 転がっていれば

下まで滑落したのは間違いないので

不幸中の幸いだったと思います。


イメージ 2


イメージ 3


 黄色の直線が滑落ラインで〇が滑落したクライマーです。

すぐに仲間のクライマーが懸垂下降して降りて行きました。

ヘリも飛んでこなかったので自力下山できたのだと思います。


ここのトラバースは

足元をよく見て注意していればザイルを使わなくても歩けますが、

今日は岩が濡れている所が多く、

私もちょっと危なそうなところは

何度も注意喚起しながら歩いていきました。


とにかく滑落した方が無事でよかったです。


 今回の南稜は濡れている場所が多く、

滑りやすいのでいつもより1グレードは高かく

リードするのは嫌らしい状態でしたが、

ゲストのお二人には楽しんで登っていただけたようです。


山岳ガイド・クライミング講習会、MTBガイド・技術講習会、サイクリングガイドをご希望の方は
下記をクリックして詳細をご覧ください。

イメージ 1