(その1)より。。。


剱岳山頂も段々と大きく見えてきました。


イメージ 1


次はこの急な雪壁を登ります。


イメージ 2


ちょっと傾斜も急で雪も固かったため

しっかりとステップを作りながら登りました。


イメージ 3


本当に素晴らしい景色が広がっています。


イメージ 4


遠くに室堂も見えていました。


イメージ 5


山頂目指して前進。


イメージ 6


イメージ 7


約2800m付近まで登りましたが

タイムリミットの13:00になってしまいました。

山頂まで標高差で残り約200m、約40分ほどしかありません。

行けないことはありませんが

安全確実に下山するためには

タイムリミットは厳守する必要があります。


残念でしたが

一休みしてから下山開始。

さっきの急雪壁は懸垂下降。


イメージ 8


雪もかなりやわらかくなってきて

アイゼンが雪がついてダンゴになり

滑落の危険もあるので慎重に。


イメージ 9


イメージ 10


ゲストの方もアイゼンの雪ダンゴで

何度かスリップしましたが

確実に止めました。(^^)


イメージ 11


イメージ 12


雪が柔らかく踏み抜きも何度もあって

体力を吸い取られます。(笑)

それでも登るよりははるかに速いですね。


イメージ 13


イメージ 14


下界も段々と近くなってきました。


イメージ 15


松尾平でザイル、アイゼンを外します。


イメージ 16


予定通りの時間で下山できて

日没直前です。

松尾平はかなり広い雪原になっていて

雪も締まっているのでトレースはほとんど付いていません。

ここで日没になってしまうと

迷ってしまう可能性が高いので要注意です。


タイムリミットを越えて剱岳山頂を目指していると

確実に日没になっていました。


イメージ 17


振り返ると大窓が見えていました。


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


花の名前は詳しくないので分かりませんが。。。(笑)


イメージ 21


イメージ 22


残雪の上に桜の花びらが散っていました。


イメージ 23


登山口まで下山した時に

ちょうど日没となりました。


イメージ 24


イメージ 25


登山口到着が18:30。

今日は13時間行動で

かなりタフな登山となりました。


本当に試練ですね。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


下山はほとんど下りなので快適です。


イメージ 29


夕日で赤くなった剱岳が見送ってくれましたよ。


イメージ 30


イメージ 31


今日は日帰りアタックで

剱岳山頂を踏めなかったのが残念でしたが

無風快晴の登山で

素晴らしい景色を堪能していただくことができました。


またいつかリベンジしましょう。

本当にお疲れ様でした。(^^)


伊折で解散となり私は富山へ。

駅前のホテルを探して宿を確保。


いつものお店が休みだったのが残念でしたが

立山ガイドの方が経営している居酒屋へ。


イメージ 32


下山後のビールは最高ですね。(笑)


イメージ 33


今日もホタルイカ。


イメージ 34


イメージ 35


富山の地酒もいただきました。


イメージ 36


閉店まで30分しかありませんでしたが

疲れもあってこれで十分酔っぱらいました。(笑)


富山ブラックラーメンのお店も

時間が遅いので閉店。

たまたまみかけたこのラーメン屋へ。


イメージ 37


イメージ 38


デザートはこれで。

モナカも中のチョコもパリパリで美味しいです。


イメージ 39


翌日の昼前に富山を出発。

平湯経由で松本に抜けて

松本の王将でランチタイム。(笑)


イメージ 40


イメージ 41


ガラガラの中央道を走って帰宅しました。


イメージ 42


イメージ 43