2005年11月

ヒルクライムトレーニング

2005年11月24日(木)

 今週は色々と忙しくて龍勢ヒルクライム以来自転車に乗れなかったのでどうも気分がすぐれないし体調もいまいちだ。

 いつも運動しているので3日間も間をあけてしまうと駄目みたいだな~。

 今日は午後から休みだったので近場の峠を巡ってヒルクライムトレーニングをしてきた。

 コースは清川村~土山峠~宮ヶ瀬~牧馬峠~牧野まで行って同じコースを往復。

(走行距離)50.6km
(総合時間)2時間4分52秒
(走行時間)1時間59分

(最大速度)61.2km/h
(平均速度)25.4km/h

(最大ケイデンス)120
(平均ケイデンス) 88

(最大心拍数)178
(平均心拍数)152

(消費カロリー)1387kcal

 今日はこんな感じかな。

 スプロケが25Tなので急坂は回転数が上がらないのでちょっとスピードが上がらなかったがいいトレーニングになった。

 今日のコースの90%以上が坂道なので約24kmぐらは坂を登ったことになる。

 さすがに日が陰ると寒くなって下りでカラダが冷え切ってしまう。特に膝が冷えると次の登りで膝に違和感が出てくる。

 一応ウィンドブレーカーは持っていったが、最後の長い下り以外は着なかった。

 週末はクライミングクラブの救助訓練なのでまたヒルクライムトレーニングができないが、夜にローラー台でもやるかな~。

 ではでは。

龍勢ヒルクライム2005

イメージ 1

イメージ 2

2005年11月20日(日)晴れ

 今日は、今シーズン最後のヒルクライムレースに秩父の吉田町まで行って来た。

 本当なら12月4日の筑波のヒルクライムレースが最後の予定だったが、開催地が市町村合併したため町の方針が変わったらしくレースの許可がでなくなって中止になったようだ。

 筑波のヒルクライムは去年、ロードレーサーを買ってから初めて参加したヒルクライムレースで思い出深いレースだっただけに残念だった。

 龍勢ヒルクライムは吉田町から城峰山まで走行距離14km、標高差750mの林道を走るれーすだ。

 朝5時に家を出発。

 青梅から名栗を越えて秩父に着いたのが7時を過ぎた頃だった。峠を越えて秩父に入ったら気温が一気に下がってかなり寒い。霜が降りて一面真っ白になっている。

 多分、気温は氷点下になっているだろう。

 送ってきた地図を頼りに受け付けを捜すが分かりづらい。2回も道を聞いてやっと受け付けに到着。

 もっと鮮明に写ったわかりやすい地図がほしいものだ。

 このレースは、受付と駐車場、スタート位置がバラバラになっているので結構めんどくさい。受付をすませて駐車場に移動してアップがてらスタート位置まで走りに行く。約3kmぐらいだったかな。

 かなり寒いので結構着込んで走らないと下りでカラダが冷え切ってしまう。

 チョット早めにスタート位置まで行って例のごとく最前列をキープした。スタートまで40分ぐらい待ち時間があったが、今日は晴れていて太陽が当たるのでなんとか我慢できたが、曇っていたらかなり辛買っただろうな~。半袖、半タイツで並んでいる人もいたし。。。。。。

 Cクラスは10時26分にスタート。

 出だしは平地なのでロードレース並にドリフト走行をしながらカラダを暖めていく。心拍数も安定してきた頃に緩い坂がでてきて3kmぐらい走った頃には5名ほどでバトルが始まった。現在3位!!

 4kmほどの所から急に短い激坂になり本格的に登りがはじまった。

 今日は足が軽くてペダルもクルクルとよく回ってくれる。最初の激坂を越えると前半は比較的緩やかな坂が多い。

 心拍数は175ぐらいをキープしている。5km地点で俺ともう1人と2人でバトルになる。心拍数もだんだんと上昇してきて181までいった。

 このままだと最大心拍数まで達してしまう。最後までハイペースを保つためには175~180程度で押さえておかなければならない。

 少しペースダウンしたらトップとの差が少しずつ開いてきたがしかたない。現在2位!!

 後ろを振り返るとシマウマ模様の3位の選手が50mほど後を走っている。今のペースがキープできれば追いつかれることはないだろう。

 この林道は道幅が狭くて先行選手を抜くのにチョット気を使う。接触しないように何度も声を掛けて抜いていく。

 心拍数も178ぐらいで落ち着いてきたので追い上げ開始!!しかしトップとは結構距離が開いてしまった。

 10kmを過ぎた頃に下り坂が出てきた。林道には落葉や砂利もあるし転倒しないようにスピードを抑えて下っていく。下りは1kmぐらいはあっただろうか。

 再び登りが始まる。トップは見えなくなってしまったのでマイペースを崩さない様にする。足に乳酸をためないようにギアはできるだけ軽くしてケイデンスを100ぐらいで走る。

 最後までこれと言ったきつい激坂もなくハイペースでゴールを駆け抜けた。

 やった~~~~!! 2位入賞だ~~~!! 

 Cクラス出走者は109名だが、これぐらいの人数だといつもは6位前後がいいところなのに2位入賞できたのはかなり嬉しい。トップとは38秒差だった。

 死ぬ気で追いかけたら追いついたかも。。。。。。

 とにかく今日は調子がよくてゴールしてもまだまだ走れる感じだ。14kmでは物足りない感じがする。

 先月末のMTB王滝100kmや富士チャレンジ200、先週末の110km峠ツアーなどのハードな長距離を走ってきたおかげでカラダがなじんできたのだろう。

 これだけカラダができあがったのにヒルクライムレースのシーズンが終わってしまったというのは悲しいな~~。せっかく作ったカラダを来シーズンまで維持して行かなければ。。。。。。

 来シーズンは絶対に一度は優勝するぞ~~~~~!!!

 レース結果は、

 Cクラス  2位(109人中)
 総合   23位(372人中)
 タイム  39分51秒750
 平均速度 21.07km/h
 最大速度 47.90km/h
 走行距離 14km

 となった。

 レース前にサイクルメータのポラールCS200を買ったので早速使ってみた。

 最大心拍数    181
 平均心拍数    176
 消費カロリー   569Kcal
 最大ケイデンス数 118
 平均ケイデンス数  96

 結果を見てみると結構安定して走れていたのが分かるな~。
 
 ヒルクライムレースでこれだけケイデンス数が上がれば乳酸も溜まりにくいしスピードアップにもなる。日頃の高回転トレーニングの成果がでているみたいだ。

 まだ色々な機能がついているのでこれから少しずつ使いこなしていかないとね。せっかく高い買い物をしたんだから。。。。。。。

 表彰は3位まで。これだけ人数がいるんだから6位ぐらいまででもいいような気もするが。。。。。

 入賞者には賞状とレース名、順位を書いたガラスプレートをくれた。

 やっぱり高い表彰台は気分がいい。

 いままでの辛いトレーニングが報われた瞬間だ。

 ロードレーサーを買って自転車を始めてから1年と1ヶ月になる。

 まさかこんな短期間で2位の表彰台に立てるようになるとは夢にも思っていなかった。

 これから地道にカラダを作っていって来シーズンは絶対に1位で表彰台に立てるようになりたい!!

 ヒルクライムレースシーズンも終了したので、しばらくはMTBのエンデューロレースで体力を維持しつつ、アイスクライミングを楽しみに山にも行きたいと思っている。

 次のレースは12月11日のアミノバイタルカップ。MTBの2時間エンデューロだ!!

 また表彰台に立てるように頑張ろう!!

 ではでは。

龍勢ヒルクライム2005

イメージ 1

イメージ 2

2005年11月20日(日)晴れ

 今日は、今シーズン最後のヒルクライムレースに秩父の吉田町まで行って来た。

 本当なら12月4日の筑波のヒルクライムレースが最後の予定だったが、開催地が市町村合併したため町の方針が変わったらしくレースの許可がでなくなって中止になったようだ。

 筑波のヒルクライムは去年、ロードレーサーを買ってから初めて参加したヒルクライムレースで思い出深いレースだっただけに残念だった。

 龍勢ヒルクライムは吉田町から城峰山まで走行距離14km、標高差750mの林道を走るれーすだ。

 朝5時に家を出発。

 青梅から名栗を越えて秩父に着いたのが7時を過ぎた頃だった。峠を越えて秩父に入ったら気温が一気に下がってかなり寒い。霜が降りて一面真っ白になっている。

 多分、気温は氷点下になっているだろう。

 送ってきた地図を頼りに受け付けを捜すが分かりづらい。2回も道を聞いてやっと受け付けに到着。

 もっと鮮明に写ったわかりやすい地図がほしいものだ。

 このレースは、受付と駐車場、スタート位置がバラバラになっているので結構めんどくさい。受付をすませて駐車場に移動してアップがてらスタート位置まで走りに行く。約3kmぐらいだったかな。

 かなり寒いので結構着込んで走らないと下りでカラダが冷え切ってしまう。

 チョット早めにスタート位置まで行って例のごとく最前列をキープした。スタートまで40分ぐらい待ち時間があったが、今日は晴れていて太陽が当たるのでなんとか我慢できたが、曇っていたらかなり辛買っただろうな~。半袖、半タイツで並んでいる人もいたし。。。。。。

 Cクラスは10時26分にスタート。

 出だしは平地なのでロードレース並にドリフト走行をしながらカラダを暖めていく。心拍数も安定してきた頃に緩い坂がでてきて3kmぐらい走った頃には5名ほどでバトルが始まった。現在3位!!

 4kmほどの所から急に短い激坂になり本格的に登りがはじまった。

 今日は足が軽くてペダルもクルクルとよく回ってくれる。最初の激坂を越えると前半は比較的緩やかな坂が多い。

 心拍数は175ぐらいをキープしている。5km地点で俺ともう1人と2人でバトルになる。心拍数もだんだんと上昇してきて181までいった。

 このままだと最大心拍数まで達してしまう。最後までハイペースを保つためには175~180程度で押さえておかなければならない。

 少しペースダウンしたらトップとの差が少しずつ開いてきたがしかたない。現在2位!!

 後ろを振り返るとシマウマ模様の3位の選手が50mほど後を走っている。今のペースがキープできれば追いつかれることはないだろう。

 この林道は道幅が狭くて先行選手を抜くのにチョット気を使う。接触しないように何度も声を掛けて抜いていく。

 心拍数も178ぐらいで落ち着いてきたので追い上げ開始!!しかしトップとは結構距離が開いてしまった。

 10kmを過ぎた頃に下り坂が出てきた。林道には落葉や砂利もあるし転倒しないようにスピードを抑えて下っていく。下りは1kmぐらいはあっただろうか。

 再び登りが始まる。トップは見えなくなってしまったのでマイペースを崩さない様にする。足に乳酸をためないようにギアはできるだけ軽くしてケイデンスを100ぐらいで走る。

 最後までこれと言ったきつい激坂もなくハイペースでゴールを駆け抜けた。

 やった~~~~!! 2位入賞だ~~~!! 

 Cクラス出走者は109名だが、これぐらいの人数だといつもは6位前後がいいところなのに2位入賞できたのはかなり嬉しい。トップとは38秒差だった。

 死ぬ気で追いかけたら追いついたかも。。。。。。

 とにかく今日は調子がよくてゴールしてもまだまだ走れる感じだ。14kmでは物足りない感じがする。

 先月末のMTB王滝100kmや富士チャレンジ200、先週末の110km峠ツアーなどのハードな長距離を走ってきたおかげでカラダがなじんできたのだろう。

 これだけカラダができあがったのにヒルクライムレースのシーズンが終わってしまったというのは悲しいな~~。せっかく作ったカラダを来シーズンまで維持して行かなければ。。。。。。

 来シーズンは絶対に一度は優勝するぞ~~~~~!!!

 レース結果は、

 Cクラス  2位(109人中)
 総合   23位(372人中)
 タイム  39分51秒750
 平均速度 21.07km/h
 最大速度 47.90km/h
 走行距離 14km

 となった。

 レース前にサイクルメータのポラールCS200を買ったので早速使ってみた。

 最大心拍数    181
 平均心拍数    176
 消費カロリー   569Kcal
 最大ケイデンス数 118
 平均ケイデンス数  96

 結果を見てみると結構安定して走れていたのが分かるな~。
 
 ヒルクライムレースでこれだけケイデンス数が上がれば乳酸も溜まりにくいしスピードアップにもなる。日頃の高回転トレーニングの成果がでているみたいだ。

 まだ色々な機能がついているのでこれから少しずつ使いこなしていかないとね。せっかく高い買い物をしたんだから。。。。。。。

 表彰は3位まで。これだけ人数がいるんだから6位ぐらいまででもいいような気もするが。。。。。

 入賞者には賞状とレース名、順位を書いたガラスプレートをくれた。

 やっぱり高い表彰台は気分がいい。

 いままでの辛いトレーニングが報われた瞬間だ。

 ロードレーサーを買って自転車を始めてから1年と1ヶ月になる。

 まさかこんな短期間で2位の表彰台に立てるようになるとは夢にも思っていなかった。

 これから地道にカラダを作っていって来シーズンは絶対に1位で表彰台に立てるようになりたい!!

 ヒルクライムレースシーズンも終了したので、しばらくはMTBのエンデューロレースで体力を維持しつつ、アイスクライミングを楽しみに山にも行きたいと思っている。

 次のレースは12月11日のアミノバイタルカップ。MTBの2時間エンデューロだ!!

 また表彰台に立てるように頑張ろう!!

 ではでは。

買い物

2005年11月18日(金)

 今日は、ポラールのCS200が入荷したと言うので購入してきた。

 注文してから入荷まで1ヶ月ぐらいは待たされた。

 結構人気があって品薄らしい。

 CS200はスピード、走行距離、心拍数、ケイデンスの全てが一画面表示されるのでサイクルメータを何個も付ける必要はない。

 いままではキャッツアイのサイクルメーター(心拍計)を使っていたがケイデンスがないのでだいたいの感覚でペダルを踏んでいた。

 これでちゃんとした走り方ができるので、明日は早速ためしてみよう。

 後、フルサスのMTBがほしくて見に行ってきたが、お気に入りのMTBは30万円以上するのでどうするか検討中。

 先月の王滝はハードティルのロックホッパーくんで走ったが荒れた道の急な下りではフルサスについて行けなかったし是非フルサス買いたいのだが。。。。。。。。。。悩みどころ。

 今の所、スペシャライズドのS-WORKSを考えている。

 今週の日曜日は秩父の龍勢ヒルクライムだ。

 筑波のヒルクライムが開催中止になったらしく、今年最後のヒルクライムレースなので上位入賞できるように頑張らねば!!

 ではでは。

買い物

2005年11月18日(金)

 今日は、ポラールのCS200が入荷したと言うので購入してきた。

 注文してから入荷まで1ヶ月ぐらいは待たされた。

 結構人気があって品薄らしい。

 CS200はスピード、走行距離、心拍数、ケイデンスの全てが一画面表示されるのでサイクルメータを何個も付ける必要はない。

 いままではキャッツアイのサイクルメーター(心拍計)を使っていたがケイデンスがないのでだいたいの感覚でペダルを踏んでいた。

 これでちゃんとした走り方ができるので、明日は早速ためしてみよう。

 後、フルサスのMTBがほしくて見に行ってきたが、お気に入りのMTBは30万円以上するのでどうするか検討中。

 先月の王滝はハードティルのロックホッパーくんで走ったが荒れた道の急な下りではフルサスについて行けなかったし是非フルサス買いたいのだが。。。。。。。。。。悩みどころ。

 今の所、スペシャライズドのS-WORKSを考えている。

 今週の日曜日は秩父の龍勢ヒルクライムだ。

 筑波のヒルクライムが開催中止になったらしく、今年最後のヒルクライムレースなので上位入賞できるように頑張らねば!!

 ではでは。
ギャラリー
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ