2006年02月

湯川の氷柱(左ルート)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2006年2月11日(土)晴れ

 写真が多いのでページを分けました。

 こっちは左側のツララです。

湯川の氷柱(右ルート)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

2006年2月11日(土)晴れ

 今週も飽きもせずにまたまた湯川の氷柱に行って来た。

 来週は、赤岳鉱泉のアイスキャンディカップがあるので今日がアイスでの最終トレーニングだ。

 今日は気温が高くなりそうなので微妙な氷柱が崩壊しないかというのが一番心配なんだが。。。。。

 いつものメンバー小林、加茂谷の二人を拾っていつもの道を湯川に向かう。

 9時半だと言うのに今日は珍しくまだ2本しかザイルがかかっていない。先週に登った過激な氷柱にザイルをセット。

 先週より少し氷柱が成長している。おまけに出だしのツララが更に折れていて、取付からいきなりキャンパシングかフィギア4でないと登れなくなっている。

 まずは限定ホールドにするフッキング用の穴を空けてルートを設定。

 かなりエキサイティングなルートに仕上がった。

 スタートは壁から離れている折れた氷柱に奥の壁から取り付く。エビ反りになってツララの末端のホールドにフッキング。

 次は足ブラのキャンパシング3回でカラダを上げてヒールフック。微妙なバランスで更に上のホールドを取ってやっとレストができる。

 今度は右側にあるツララに右手バイルをフッキングしてフィギア4。ここからが核心だ。

 一度右手をバイルから離して足ブラになってキャンパシング2回。そして両足を上げて両足でヒールフックしてコウモリ状態。ここで2回目のレスト。

 ヒールフックを更に上に刺しなおしてカラダをずり上げ右上にある穴にフッキングしてひと息。

 あとは少し前傾した箇所を越えたら垂壁になるので適度に腕をシェイクして乳酸をとりながら直上して終了。過激なムーブばかりの後なので垂壁でも結構きつい。

 自宅のバイルボルダートレーニングのおかげでパワーがついたのか1本目からスムーズに完登。

 小林、加茂谷の二人もチャレンジ。しかしフィギア4のムーブまで登った後は力尽きて結局完登できなかった。

 このルートを5回ほど登っていい加減疲れてきたので他のパーティにも登ってもらったがスタートから大苦戦していた。

 今度は壁の一番上から垂れ下がっている細くて薄いツララにチャレンジすることにした。見た目はぶら下がったら崩壊しそうで到底登れそうにない感じだ。バイルで叩いたら崩壊するのでフッキングの穴を空けてチャレンジ。

 右側のツララはキャンパシング4連発ぐらいで何とかなった。

 左側のツララは今にも折れそうだがチャレンジ。真ん中辺りから乗り移れば何とか登れた。

 今度はツララの末端からアタック!!

 バイルをフッキングしたら両足を上まで上げてヒールフック。そのまま更に足を上に上げながら逆さま状態で登ってやっと頭が上になる。

 しかし、夕方までに変態ムーブルートを10本は登り込んだのでさすがに腕がパンプアップしてしまって完登はならず。。。。残念無念。

 気がついたら結局16時ぐらいまで3人で交代しながら延々と登り続けていた。上半身がだるい~~。

 さて来週のアイスキャンディカップはどんなムーブのルートがでてくるのだろうか??

 湯川での練習の成果が出ればいいのだが。。。。。。

 とにかくコンペは上位入賞できるように頑張らねば。

 ではでは。

バイルボルダー

2005年2月9日(木)晴れ

 アイスクライミングの筋トレとして自宅のマイボルダーでフュージョンを使ってボルダーをやっている。

 マイボードは高さ3m、幅2mほどで傾斜は135°だ。

 大きめのホールドをつなげて約50手を連続してゆっくりと壁を上り下りする。時間にすると約4~5分程度だろうか。フィギア4はやらない。

 50手が終わると6分間休憩。休憩の間に腹筋、背筋を50回ずつ。

 これで1セット。

 これを4セットやってから最後にバイル懸垂を30回やってトレーニング終了。

 バイルボルダーを初めてから徐々に前腕の持久力、回復力がついてきたと思う。

 パンプしそうになっても手をシェイクするとすぐにまた復活する。

 湯川のアイスで筋トレをやっているときにも厳しいムーブでも耐えられるようになってきた。

 来週はいよいよコンペだし、しっかりと筋トレをやらねば。。。。。

 今週末は土曜日にまた湯川かな。今年4回目だ。

 ではでは。 

湯川の氷柱(その2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2006年2月5日(日)晴れ

 軽井沢の朝の気温は-15℃とかなり冷え込んでいる。

 7時過ぎに出発して湯川に向かう。湯川までは約1時間ぐらいかな。

 今日は合流した仲間もいるので総勢7名だ。

 今日の課題は昨日の午後に登ったペンシル状の氷柱だ。

 1本アップで簡単なところを登ってから練習開始。

 昨日は細い氷柱が下まで届いていてアイゼンをわずかに引っかける事ができたが、今日はペンシル氷柱を下から150cmぐらいのところまで氷柱を落として足が使えないように限定ムーブにした。

 他のパーティも加わってこの限定ルートで色々なムーブでチャレンジ。

 出だしを上手くパワーセーブして登らないと上部の足ブラのハングを越える事ができない。

 みんなこの出だしで苦戦している。ペンシル氷柱に取り付けても手がパンプしてハング手前で力つきていた。

 俺はなんとかノーテンションで完登。

「写真」
 ー萇奸Bがないので一気に足を上げてフッキング。奥の氷壁は使用禁止でツララのみに限定
◆”甲譴鮓圓任かえるようにしてヒールをフッキング
 オーバーハングへ移る。ここも奥の氷壁は使用禁止で足ブラでハングのみに限定
ぁ[沼のヒールフックで高度を稼ぐ
ァ ̄βのツゥーフックで体勢を整える
Α.ラダを振り子にしてキャンパシング
Аヾ暗

 2日連続のハードルートだったのでみんな疲れ気味だし12時半には切り上げて帰路についた。

 これだけ変化のあるアイスクライミングを手軽に楽しめるアイスエリアは他にないのですっかり湯川にはまってしまった。

 2月18日~19日は赤岳鉱泉のアイスキャンディカップがあるので来週も湯川で筋トレかも。

湯川の氷柱(その1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

2006年2月4日(土)晴れ

 今週も先週に引き続いて湯川の氷柱で筋トレだ。

 今週は土日で練習。

 金曜日から相当強い寒気が入ってきていて清里から先は道路も凍結しているところが多い。

 湯川の林道も車を停めるところが無いぐらい車が一杯だ。微妙な隙間に車を停めて出発。

 まずは先週と同じ壁から離れていて下まで届いていない氷柱にトップロープをかける。

 今日は、先週とは反対側の右側を登ることにした。

「写真」最初の5枚
 ー萇
◆∥ブラで氷柱へ取り付く
 ツララの末端へヒールフック
ぁ.侫ギアエイト
ァヾ暗

 次に下流側にある難しそうな氷柱にトップロープをかけた。

 ここは末端がペンシル状に細くて蹴飛ばしたら折れてしまうような氷柱から取り付いて右側のオーバーハングへ移り直上する。バイルで叩いたら崩壊してしまいそうな氷柱なのであらかじめフッキングできるように穴を空けておいた。

 オーバーハングでは足を壁に付くのは禁止にしたので足ブラの状態で氷柱の上部まで登らなければならない。

 腫れ物をさわるように細い氷柱を登りフィギアフォーでハングに移って足がハング上に届くまでキャンパシング4連発。

「写真」後半の5枚
 ー萇
◆〆戮ど甲譴魏?気覆い茲Δ謀个
 オーバーハングへ移る
ぁ.魯鵐阿遼?爾妊侫ギアフォー
ァ.ャンパシングで直上

 とにかく今日はクライマーが多くて乱菊エリアだけで30人以上はいたかもしれない。

 夕方までみっちりと登って灯明の湯で暖まった。

 夜は軽井沢在住の仲間の自宅へおじゃましておいしい料理をごちそうになって夜遅くまで飲んだ。
ギャラリー
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ