2006年08月

夕練

2006年8月10日(木)雨~晴れ

 今日も朝から雨が降っていて朝練ができなかった。

 でも台風が足早に抜けてくれたおかげで夕方から晴れ間がでてきていい天気!! (^o^)

 さっそく夕練に出発。

 涼しくていいや~~。(^o^)(^o^)(^o^)

 毎日同じコースでは飽きてくるので今日はコースを変えて40kmコースにした。

 まずは厚木の手前まで下り基調の道をアウターの重いギアで飛ばして行く。そして国道412号に平行して走っている緩い登るの裏道を走って半原へ向かう。

 半原からは半原越を峠まで重いギアでダッシュ!!

 といってもギアが重いからダッシュにはならないかな?!(笑)

 一度下って国道412号に戻り半原市街地から宮ヶ瀬へ向かう登り坂を登ってから土山峠を下り帰宅。

 もう少し遠回りしたかったがランプ類を忘れて来たので暗くなる前に家にたどり着いた。

 最近は重いギアを回して走り、登りに強い筋力をつけるのを目的にしている。

 今日も重いギアで平地と緩い上りはアウターでケイデンス70以下。峠道はケイデンス50以下で登ったのでいい筋トレになったかな。

 さて、明日は天気がよさそうだから朝練ができるかな??(笑)

(コース) 清川村~厚木~半原越(裏)~半原~宮ヶ瀬~土山峠~清川村
(自転車) スコット/CR-1

「トータル記録」
(練習時間)1時間30分41秒(ストップ時間含む)
(走行時間)1時間30分34秒
(走行距離)40.1km/h
(最高速度)59.0km/h
(平均速度)26.6km/h

(平均ケイデンス) 69
(最高ケイデンス)109

(最大心拍数)  157
(平均心拍数)  130
(消費カロリー) 812Kcal

雨の中の峠トレーニング

2006年8月8日(火)雨

 今日からしばらく仕事が夏休みに入るので周回コースではなく自宅周辺の峠で毎日朝練をするつもりでいた。

 5時に出発予定で朝目が覚めると雲行きが怪しいがまだ雨は降っていない。さて久しぶりに峠ツアーに行こうと自転車を出そうとしたとたん。。。

 土砂降りの雨。。。

 おまけに雷まで鳴り出してすごい状態!!

 多少の雨なら走りに行くつもりでいたがこの天気の中を走っていてカーボンフレームに落雷でも食らったらしゃれにもならないので初日から朝練中止!!

 まったくね~。

 台風が太平洋側をウロウロしているのでしばらく雨が続きそうだ。

 しかたなく早朝からローラー台に乗ったがオーバーヒート気味で30分が限界。。。

 朝から汗だくだ。。。

 夕方になって路面は濡れているが雨が上がったのでさっそく峠に走りに行くことに。。。

 裏の土山峠で最初のタイムトライアル。

 スコットくんの練習仕様で5kmを10分17秒とまずまずのタイム。ここでの俺の最高タイムはレース仕様で10分10秒だったかな~。

 そのまま宮ヶ瀬を抜けて牧馬峠へ向かう。

 ポラールのボタンを押し忘れたのでタイム測定はなしだったが峠までいい感じで走った。

 今回はかなりいいペースで走っているのに心拍数が全然上がってこないし呼吸もほとんど乱れることがなかった。

 ギアもいつもより1枚重いのを使っていたし。。。

 ん~?!

 枝折峠のレースで相当追い込んだから超回復して更にパワーアップしてきたかな。(笑)

 峠を反対側に下った頃にまた土砂降りになってきた。。。

 峠道をあちこち大回りして帰ろうと思っていたがこのまま引き返すことにした。。。

 プチアザミライン(アザミラインと同じぐらいの傾斜)の牧馬峠の反対側を24Tで登ってみた。

 結構きついが27Tのときより早いスピードで登りきった。

 以前より確実にパワーアップしている。(^o^)(^o^)(^o^)

 平地と緩傾斜の登りは全てアウターにして全力走行でケイデンス70程度になるようにして重いギアを回すトレーニングをやった。

 今日はアップダウンがあるので周回コースのように1時間40分間連続で重いギアを回せないのでちょっと物足りないトレーニングだった。

 牧馬峠からそのまま来た道を引き返し、最後に土山峠をもう一度登り返して雨天の峠トレーニング終了。

 やっぱり峠は楽しいな~~。

(コース) 中里バス停~土山峠~宮ヶ瀬~牧馬峠(往復)
(測定距離)4.2km
(自転車) スコット/CR-1

「タイムトライアル記録」 中里バス停~土山峠

    (所要時間)  (最大心拍数)(平均心拍数)(平均回転数)(平均速度)
1回目 10分17秒08  167      154      86    23.3km/h

「トータル記録」
(練習時間)1時間45分12秒(ストップ時間含む)
(走行時間)1時間44分56秒
(走行距離)46.9km/h
(最高速度)63.9km/h
(平均速度)26.8km/h

(平均ケイデンス) 75
(最高ケイデンス)110

(最大心拍数)  167
(平均心拍数)  136
(消費カロリー) 1031Kcal

第5回枝折峠ヒルクライム(その2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

「写真」※ 上から順番に。。。

 ―弦臂貊
◆.好拭璽帆阿
 給水所付近で先行クラスの選手を抜いていく
ぁ.粥璽觚紂▲悒蹈悒躱?屐幣弌
ァ.粥璽訝賄世吠造鵑声転車たち
Α|鷦崗譴離好ラムくんと
А”従桓亜■屋未凌佑間に合わなかったので歯抜け状態。。。
─.ジサンにインタビューされた
 今回の戦利品(トロフィ、魚沼産コシヒカリ、置き時計)
 トロフィ

第5回枝折峠ヒルクライム(その1)

2006年8月6日(日)晴れ

 先週末の鳥海ヒルクライムに続いて今週もまたヒルクライムレースだ。

 今回は新潟県の大湯温泉で開催される枝折峠ヒルクライム。

 このレースは去年も参加して6位に入賞したが今年はどこまで順位が上がるだろうか??

 前夜発で関越道のPAで仮眠し6時半頃に会場に到着!!

 今回は1人で参加だが鳥海よりもずいぶんと近いのでドライブも楽だった。(笑)

 受付を済ませてさっそくローラ台でウォーミングアップをする。

 とにかく今日は気温が高くてこの時間でも25℃ぐらいはある。。。(汗)

 ローラ台を15分もやったらもう汗だくで汗が滝の様に出てくる。。。

 15分もやればカラダがなじんだのでコースを少し試走に行くことにした。

 実際に走れば風を切るのでローラ台よりもずいぶんと涼しい。(笑)

 最初の急な登りの所まで約5kmほどを軽く流しにいった。

 どんどん汗が出てくるのでレース前に水分補給を十分にしておかなければレース中にオーバーヒートしそうだ。

 8時半から選手集合。

 ヒルクライムレース常連の見慣れた顔ぶれがそろっている。

 スタートの最前列にはレース入賞常連の選手が勢揃い!!

 今日も熱い戦いになりそうだ。。。

 俺はいつもの定位置の最前列のど真ん中。今日も美ヶ原のチャンピオンジャージを着てきた。

 これを着るとみんなにマークされるのでドンドンと自分を追い込むことができる。

 しかし。。。

 今日はライバルの牛丸さんの姿が見えない。。。

 エントリーはしていて名簿に名前は載っているのだが来ていないようだ。

 バトルができると思っていたので残念無念。次の乗鞍までバトルはお預けだな~。

 しかし今日の選手の中に去年の乗鞍EクラスチャンピオンのI氏がいる。。。

 I氏とはまだバトルをしたことがない。

 乗鞍で一緒に走ることになるかもしれないし、今日はI氏の走りが見れるので楽しみだ。

 気温が高いせいかスタート時間が少し早くなった。

 気温はもう25℃を越えていてスタート地点で並んでいるだけで汗が噴き出してきた。俺はドリンクボトルを持っていないのでチョット辛い気象条件だ。。。

 今日のコースは14kmでいつものヒルクライムレースより10kmほど短い。

 しかし距離が短いと言うことはそれだけスピードアップするので死ぬほど辛いレースになる。

 去年参加したときがそうだった。。。(笑)

 予定より10分ほど前倒しでスタート!!

 一番に飛び出してアウターで一気に42.9km/hまで加速して温泉街を突っ走っていく。。。

 温泉街を抜けると緩い登りになるのでアウターのまま駆け上る。

 ここから3kmほどは緩い登りと下りが出てくるのでアウターのままハイスピードで先頭を引いて突っ走る。。。

 まずは最初の核心のつづら折りの急傾斜が始まった。

 1人の選手がハイスピードで飛び出して登って行った。しかし、ここでいきなり飛ばすと後半戦に響いて来るのであくまでマイペースを貫く。。。

 ヒルクライムレースはこれが肝心!!

 急傾斜を登りきった所でさっきの選手がバテテペースダウン。追い越して先頭に立った。

 ここから少しの間、傾斜が緩くなっているのでスピードアップ!!

 このあたりから「ゼッケン415だったかな??」の選手が絡んできて前に出ようとする。

 入賞常連者ではないので俺の知らない選手だった。

 前に出ようとしたら俺が更にスピードアップをしてまた前にでる。。。しばらくバトルをしていたが、オーバーペースになったのだろう。

 その選手はそのうち落ちて行って見えなくなった。

 今度は2005乗鞍チャンピオンのI氏が迫ってきた。。。

 なかなか速い!!

 抜かれないように俺もスピードアップをする。。。

 みるみるうちに心拍数が180を軽く越えた。

 足を休める暇もない。。。

 俺は今まで186までしか心拍数を上げたことがなかったが190まで上昇した。。。

 く・く・く・・・苦しい。。。(泣)

 I氏とのバトルが始まった。。。

 時折部分的に傾斜が緩い所が出てくるが傾斜が落ちるとダッシュをかけるのが俺の戦略なので呼吸を整えることもできない。。。
 
 I氏もずっと着いてくる。完璧に2人でバトルだ。。。

 俺もオーバーペース気味で足に乳酸がたまり始めた。

 給水ポイントが何カ所があったが水をもらう余裕など全くないので給水ポイントのたびに「水をかけてくださ~~~~~い!!」と叫ぶ!!

 オーバーヒート気味のカラダに冷たい水は気持ちいい。

 うっしゃ~!!

 気合いが入る!!

 ゴールまで2km手間の所に短いがかなりの急傾斜がある。

 ここでとうとう足に乳酸がたまってしまい足が回らなくなりI氏に先行されてしまった。

 とりあえず足の乳酸を除去しなければならないのでかなりペースダウンして何度も大きく深呼吸!!

 カラダに大量の酸素を一気に取り込む。。。

 その間にI氏に50mほど先行されてしまった。

 足の乳酸が除去できた時には後ゴールまで1km!!

 まだゴールまで1kmはある。

 絶対に追いついてやると自分に言い聞かせて追撃開始!!

 ゴールの手前500mほどは俺の得意の緩傾斜になっている。

 一気に加速してスピードアップ!!

 I氏は俺をかなり引き離したので安心しているのだろうか??

 俺は全力疾走!!

 I氏がどんどん近づいてきた。

 これなら行ける!!

 ゴールの手前20~30mの所でI氏を横目に見ながら追い越して全力でゴールに飛び込んだ。。。

 富士HCで牛丸さんを追い越してゴールしたときと同じパターンだ。

 やった~~~!!

 優勝だ~~!  !(^^)!

 死にそうになるぐらい辛いゴールだった。。。

 フラフラしながらスイカをもらって座り込んだ。

 I氏が「速いですね~。」と一言。。。

 しかし。。。ゴール直前で抜いたために後でチョットしたトラブルが発生することになる。。。

 続いてゴールしてきた上位の選手とスイカを食べながら笑談。レースの時にしか会わない人達だがこういうつながりもいいもんだな~。(^o^)

 とにかく炎天下のレースだったので脱水症状寸前。。。

 スイカを何個食べたか分からないくらいだ。こんな日のレースは冷たい水と麦茶、よく冷えたスイカがでてくるのは嬉しい。

 たっぷりと水分補給をした。。。

 ゴール地点はかなり狭いので選手と自転車であふれかえってきた。自転車はひっくり返して整然と並べられている。
 
 俺は一番最初のグループで下山開始!!

 コースは途中、路肩が崩壊している所もあるので慎重に下山していく。

 下山後は会場にある温泉で汗を流してオニギリとキュウリの漬け物をもらって表彰式を待つ。

 リザルトが張り出されたので見に行くと。。。

 俺の順位が2位になっているではないか~~。(@_@)

 さっそく役員に抗議したら、「心当たりがありますから」とのこと。。。

 枝折峠のレースは計測チップではなくて役員が手動でタイムを測り、目でゼッケンを確認して順位を決めているのでたまにミスが起こるらしい。。。

 俺がゴール直前でI氏を抜いたのでゼッケンを書き間違えたみたいだ。。。

 これだけの規模の大会なら計測チップを使ってもらいたいものだ。

 まったく。。。

 今回のレース結果は。。。

 男子Cクラス(41~50才)1位/108人中、(総合)4位/439人中

 でタイム以外の目標は達成できた。

 レースデータは下記のとおり。。。

(自転車) スコット/CR-1
(走行時間)39分55秒
(走行距離)14.0km
(最高速度)42.9km/h
(平均速度)19.8km/h

(平均ケイデンス) 83
(最高ケイデンス)116

(最大心拍数)  190
(平均心拍数)  181
(消費カロリー) 690Kcal
 
 目標タイムは37分台を目指していたが今日は気温が高いせいか全体的にタイムが落ちていて目標タイムには届かなかった。

 俺が39分台で総合4位なので去年のタイムと比べるとみんなかなりタイムが落ちているようだ。。。

 平均心拍数が181になるなんて今までのレースで初めてだし最大心拍数も190まで上がっている。

 いかにこのレースが辛かったか。。。

 今まで数あるレースに色々と参加してきたが、気温が高くてハイペースでレースが進行した今回のレースが一番辛かったな~~。

 それでもやめられないのはやっぱり「M」だな~。(笑)(笑)(笑)

 表彰式ではトロフィと置き時計、そして箱入りの「魚沼産コシヒカリ」を10kgもらった。

 「魚沼産コシヒカリ」は超有名ブランドでおいしい米なので嬉しい賞品だ。(^o^)(^o^)(^o^)

 乗鞍ヒルクライムの前哨戦の枝折峠ヒルクライムで優勝することができたし後は本番の乗鞍に向かって突っ走るのみだ!!

 次の乗鞍での目標は1時間5分以内でゴールして優勝、総合では10位以内。

 そして表彰式では一番高い場所で美ヶ原チャンピオンジャージの上に乗鞍チャンピオンジャージを着ること!!

 夢は大きく持とう!!

 努力すれば絶対に報われると信じて明日から更に厳しいトレーニングに励もう。 

枝折峠ヒルクライム( 速報)

2006年8月6日(日)晴れ

優勝しました~。>^_^<

暑くて死にそうになりましたがなんとか目標達成です。

総合は4位です。(^.^)
ギャラリー
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ