2006年09月

2006サイクルフェスティバルinいわき(その3)

https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/9/3/935d002a.jpg
スタート前にローラー台でアップ中

https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/7/f/7f2ed6f2.jpg
リザルト

https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/8/e/8e8fffca.jpg
レースコースの脇にひっそりと咲いていたコスモス

https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/4/1/41b9b9c7.jpg
表彰状

https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/0/a/0a9bd33b.jpg
カップ

2006サイクルフェスティバルinいわき(その2)

(その1)より続く。。。

 これで9月のロードレース強化月間は終了した。

 9月の戦績はというと

 JCRC第6戦/修善寺(B) 14位と惨敗
 ツールド北海道(60km)   3位入賞
 いわきクリテ(アッパーⅣ)   2位入賞

 となった。

 各レースとも大いに反省する点があったし悪い箇所を直しながら次のレースに臨んで行ったので順位も少しずつ上がってきた。

 ロードレースの面白さも走るたびに分かるようになってきたし微妙な駆け引きや相手の心理の読み方もほんの少しだが分かるようになってきた。

 俺のスタイルとしてガンガンと先頭を引いて行くのは基本中の基本だが、、、

 レース展開を見ながら引けるところではガンガンと引いて独走で突っ走る。

 しかしバトルする相手によっては休むところはしっかり休んで無駄の無い走りを心がけるようにしていこう。

 来週は那須塩原のタイムトライアルとヒルクライムに参戦します。参加される方がいらっしゃいましたらよろしくお願いしま~~す。m(_ _)m

 ではでは。

2006サイクルフェスティバルinいわき(その1)

2006年9月24日(日)晴れ


 さて9月はロードレース強化月間でJCRC、ツールド北海道に続き今回の「いわきクリテ」で3回目のロードレースとなる。

 2回のレースでずいぶんとロードレースの走り方を勉強することができたし今回はもう少しいい成績を残したいと思うがさてどうなることか。。。

 レース会場は福島県いわき市。いわき市には毎年、スパリゾートハワイアンズに遊びに行っているし、クライミングでも青葉の岩場にも行ったこともあるのでしたしみのある街だ。

 でも自転車のレースでは初めて。。。

 都内の渋滞を避けるためと高速道路のETC割引を使うためにに2時半に自宅を出発。

 途中で1時間ほど仮眠をして7時前には会場の21世紀の森公園に到着。

 さっそく受付をすませる。

 俺のレース出走は12:20なのでまだまだ時間がありあまっている。

 実業団レースがスタートする前にコースの試走に行く。

 コースの概要は、

 スタートしてメインストレートからすぐに短い登りになり直線から下りの緩やかなS字コーナーで野球場の回りを回る。

 この周辺はブロックで路面を作ってあるのでガタガタでへたな軽量タイヤだとリム打ちパンクする恐れがある。

 緩い登りを登ったらすぐに下りになり急角度の右コーナーを抜けて一番傾斜のある登りを100mほどを登ってスタート場所で通ったメインストレートに抜ける。

 1周は1.23kmで15周の18.45kmのクリテリュームレースだ。

 実業団のBR-3のレースを見ていたらスタート直後に接触して2名が落車!!

 1名が担架で運ばれていった。スタートで落車とは悲しすぎる。。。

 俺も気をつけなければ。。。

 他のレースを観戦しながら時間をつぶしてやっと俺の出番が回ってきた。

 参加クラスは「アッパーⅣ」の40~45才クラス。出走は22名。

 ホイルとタイヤは軽量のZipp303&ベロフレックスのレコードにしようと持ってきていたが、ブロック路面のガタガタの場所があるし。。。

 パンクのリスクを減らすために丈夫な練習用タイヤが付いているキシリュームESにすることにした。

 いつもの最前列に陣取ってスタートを待つ。

 競技説明では実業団では周回遅れはDNFだが一般レースなので先頭がゴールするまでは走れるがゴールしたら競技終了と言うことだった。

 このルールのおかげでとんでもない結果に。。。

 12:20にいざスタート!!

 あれっ!!

いつもなら一発で入るクリートがすんなり入ってくれない。(笑)
 
 焦っているうちに15名ほどに先行されてしまった。(笑)

 スタートからなんてこったい!!

 最初の坂を全力ダンシングで登って直線で更にダッシュをかけて追い越し、更にS字の下りで追い越してスタートしたメインストレートまでに5番手ぐらいにつけた。

 メインストリートでは1周目からゴールスプリント的な走りで先頭に出て一番にスタート地点を通過。

 ふぅ~~。

 最初から無駄な体力を使ってしまった。。。

 反省!!

 さてこれから勝負開始だ。

 2周目に先頭を引いてガンガン走って後続を引き離そうとしていたが。。。

 後をチラッと見てみると。。。

 おっ!!

1人が追いかけてきた。結構早いぞ!!ゼッケンは708番

 しばらく後につかせて様子を見ていたが、脚力は俺と同じぐらいみたいでガンガン突っ走っても引き離すことができない。

 このまま先頭を引き続けても俺がつぶれるだけなので2人でローテーションして更に後続集団を引き離すことにした。

 しばらく1周に1回の交代のローテーションで調子よく走っていたが。。。

 ん!!

 この選手が先頭にでるのはメインストレートの坂を登ってからの直線とS字の下りの向かい風の場所ばかりではないか。。。

 俺が先頭に出るのは野球場の裏のクランクと上り坂、それに一番向かい風の強いメインストリートばっっかり。。。

 708番の選手は自分の一番走りやすい場所にきたらスピードダウンするので抜かない訳にはいかない。

 気が付いたらこのパターンで3~4周ぐらいは走らされてしまって俺の足も段々と疲れが溜まってきた。

 全くうまくはめられてしまった。 

 まぁこれも相手の作戦のうちなんだから怒ってもいられない。。。

 相手がそういうつもりなら俺にも考えがある。

 いつも相手の選手が先頭に出る場所で俺が更にダッシュを掛けた。

 そして相手を先頭に出させないようにする。

 そのまま俺がローテーションで先頭に出ていた場所までまるまる1周走ってから手で合図をして相手に先頭をゆずってやった。

 これで立場が逆になったぞ。。。(笑)(笑)(笑)

 そんなことをしているうちにもう1人の選手が後についているのをメインストレートでの競技解説のアナウンスで気が付いた。

 ゼッケンは704番。

 俺達2人がローテーションしているのを後について見ていたらしい。。。
 
 俺達3人で後続をかなり引き離して逃げの体勢に入っているようだ。

 この選手にもローテーションに加わってもらおう。。。

 みんな向かい風が一番強い場所で先頭には出たくないのでローテーションの駆け引きが始まった。

 3人とも脚力が同じぐらいだし足が疲れてきたら引き離されてしまうだろう。

 後からローテーションに加わった選手に向かい風の一番強い場所が当たるようにローテーションをしていく。

 このパターンで何周かしたらこの選手も足が疲れてきたらしく先頭には出るがすぐにローテーションを代わるようになってきた。

 ここからは先は流れにまかせてローテーションをしながら淡々と走っていく。

 パラパラと落ちてくる後続選手を何人か抜いてしばらく走っていく。

 残り後2周と言うところで後続の背中が段々と大きくなってきた。

 20人近い集団なのに俺達3人とはスピードが全く違う。

 ゼッケン708番の選手が俺の横に並んで「あの集団どうしましょうか??」と聞いてきた。

 俺は当然。。。

「抜きましょう!!」 
 
 と即答して最終周回で抜くことになった。

 「カンカン」と鐘がなって最終回には俺が先頭で突入!!

 メインストレートを登った後の直線からダッシュをかけて後続集団を抜き始めた。

 長く延びているので一気に抜いて行く訳にはいかない。

 先導のバイクが後続集団を左端によせようとウロウロしている。

 そうこうしているうちにS字の下り坂に入って更にスピードが上がった。

 バイクが2台になって後続集団をさばいているが。。。

 下りなのでバイクにぶつかりそうな距離まで詰まってしまった。

 危ない!!危ない!!

 まだ道幅がかなり広いので何とか後続集団をドンドン抜いて走っていく。

 この先で俺が大ボケをかましてしまった。。。(笑)(笑)(笑) 

 笑い事では済まない大ボケだ。。。

 S字の下りが終わった野球場の裏の登りきったところはずっとローテーションの交代をしていた場所だったのだが。。。

 先頭を走っていた俺は後続集団を抜くことに気を取られていて。。。

 最終回だと言うことをすっかりと忘れていて。。。

 ゴールまであと約400mしかないと言うのに。。。

 後の2人に合図をしてローテーションをしてしまい自ら3番手に回ってしまった。 

 なんてこったい!!

 もう後の祭り。。。

 この後は下りから右クランクに突入するのだが後続集団をまだ全部抜いていないのでクランクで詰まってしまって2人に20mほど離されてしまった。

 やばい!!  

 クランクの後は一番きつい約100mほどの登り坂。
 
 これを抜けたらメインストレートでゴールスプリント。。。

 最後の登り坂をダンシングダッシュで追いかけて距離を縮めてメインストリートに突入!!

 ゴールスプリント!! 

 メインストリートにもまだ後続集団が走っている。

 その集団を横目に見ながら3人でゴールスプリント!!

 なんか変な感じがするけど。。。

 そんなことを考えている時ではない。(笑)(笑)(笑)

 ゼッケン704番の選手を抜いた~~!!

 あと1人!!

 更に

 ダッシュ!!ダッシュ!! 

 ゴール直前の坂で708番の選手真後ろまで追いついたが追い越すには距離が足りなかった。。。

 2位でゴール!! 

 1秒差だった。

 残念無念!!

 最終周回の肝心なところで大ボケをかましてしまい優勝を逃がしてしまった。

 ゴールスプリントをする脚力が余裕で残っていたので余計に悔しい。

 あのクランクで後続集団が詰まってさえいなければ先頭と離されることは無かったのだが。。。

 まぁ大ボケをかました俺が悪いので自業自得だ。。。(泣) 

 しかしロードレースではなかなか優勝することができないな~。

 今年は伊豆スカイラインのロードレースで優勝したが、あのコースは坂が無茶苦茶多いのでヒルクライム要素が強くて独走態勢だったし今日みたいな駆け引きも全くできなかった。

 今回のレースでも色々と駆け引きの勉強をさせてもらった。

 脚力に差があればガンガン先頭を走っていってもそのまま逃げ切ることができるが、

 今回のレースの様に脚力がそろっている選手を一緒に逃げる場合にはいかに相手に足を使わせるかを考えて走らないと自分1人でバテテしまうことになる。

 まぁ当然と言えば当然だが。。。

 クリテリュームの様に周回コースをクルクル回るコースでは、、、

 ローテーションをするにしてもむやみにするのではなくて場所とタイミングを旨く考えていかないとただ体力を消耗するだけになってしまうと言うのが身をもってよ~~く分かった。(笑)

 ん~。

 ロードレースも結構奥が深いな~。

 レースが終わってリザルトを見てみると。。。

 なんなんだこれは???

 1位~3位以外は「-LAP」になっていてタイムが出ていないではないか!!

 出走選手は22名なのだが。。。

 俺達3人で19人を全部抜いてしまったらしい。

 2周抜いた選手も3人もいる。

 先頭がゴールした時点でレースが打ち切られるので15周を完走したのは3人だけ。

 残りの選手は14周でレースが打ち切られたので俺達3人以外はゴールスプリントすらできずにレースが終わってしまった。

 4位~6位入賞の選手は訳も分からずただ流れにまかせてゴールラインを越えた順番で決まってしまった。

 なんかすごいレース展開になってしまって他の選手に申し訳ない気もするが。。。

 でもこれもレースなのでしょうがない。

 表彰式ではカップ、表彰状、ジャージをもらった。
 
 (その2)へ続く。。。

いわきクリテ

2006年9月24日(日)晴れ

最初から3人で抜け出してローテーション。最終回で周回遅れを20人近く抜いて3人でゴールスプリント。残念ながら2位でゴールでした~~。

でもガンガン引きました。(^^)

 後でリザルトを見たら1~3位の3人で残りの選手を全部抜いてしまって参加選手22名のうち19名が周回遅れになっていました~。

 びっくりです。(笑)

峠トレーニング

2006年9月23日(土)晴れ


 腰の調子もずいぶんとよくなってきたので裏山の半原越にヒルクライムトレーニングに行くことにした。

 と言っても日曜日は「いわきクリテ」があるし腰の調子も本調子ではないのでほどほどにしなければならない。

 スコットくんとキシリュームESのトレーニング仕様でアタック!!
 
 峠まで4.7kmでタイムは15分07秒

 ベストタイムは14分58秒なので9秒遅かった。。。

 最後の坂でダンシングでロングアタックを入れてみて最後に失速したのが響いたみたいだ。(笑)

 そのまま半原方面へ国道412号線まで下って今度は反対側から重いギアで峠まで登り返してそのまま
帰宅した。

 明日はレースだし疲れが溜まらないようにこれで終了!!

 25kmで44分ぐらいかな。

 今日は少し肌寒くて下りではウィンドブレーカーがほしいぐらいだった。

 さて腰の調子もまずまずだし明日のレースは力の限りガンガンいくぞ~~~。(笑)

 ではでは。
ギャラリー
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
  • 2022年8月17日(水)丹沢/モミソ沢ガイド
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ