2007年06月

禁断症状!!

2007年6月27日(水)


 美ヶ原が終わってから完全休養することにした。

 今日で自転車に乗らなくなって3日目を迎えた。

 今までほとんど自転車に乗らなかった日は無かったので、、、

 いい加減ストレスが溜まってきた。

 完全休養なので筋トレ、クライミングも禁止!!

 う~辛い!!

 でも、週末のひたちなかのレースを考えれば

 ここで我慢しておかなければいけない。

 じっと、、、

 我慢!!

 我慢!!

 ではでは~。(^^)/

タイヤの選択

2007年6月26日(火)


 私はヒルクライムレースではいつも超軽量タイヤを使っていました。

 確かに登りは快適です。

 しかし、常につきまとうのはパンクの恐怖!!

 万全の体調でレースに臨んでもパンクしてしまえばそれで終わりです。
 
 ん~。

 難しい選択ですね。

 今年の美ヶ原では、、、

 チャンピオンクラスでは優勝候補の選手がパンクで戦線離脱していました。

 あと、レース仲間で同じ年代の人で今年のDクラス優勝候補だった選手も序盤でのパンクで戦線離脱していました。

 パンクがなければ確実に優勝していたでしょう。

 普通のタイヤを使っていてもパンクはしますが

 超軽量タイヤだと更にパンクする確率が高くなります。

 みなさんはタイヤの選択はどうしていますか?

 私は今回の美ヶ原から軽量タイヤはやめて丈夫さを選択しました。

 定価で1本12000円程度と高いですが

 耐パンク性は抜群のコンチネンタル/コンペティションです。

 サイズを19にしたのでそれほど重さは感じられません。

 22はたくさん撃っているのですが19の在庫がなくて入荷するのに2ヶ月ぐらいかかりました。

 タイヤが間に合わず、栂池の予選でも仕方なく軽量タイヤを使っていてゴール手前でパンクしました。

 しかし、スローパンクだったので何とか走り切れました。。。

 しかし自転車のタイヤは車のタイヤよりも高価ですよね~。

 私の車のタイヤなんて4本で工賃込みで19800円なのに。。。。(笑)

 ではでは~。(^^)/

ツール・ド・美ヶ原2007(その2)

(その1)より。。。

 こんな道でドリフト走行をやるもんじゃない。

 Andy選手を追い越して前に出る。

 ○茂さんとの距離は300~400mぐらい。

 なかなか距離が縮まらない。

 最初の急な下りの手前でAndy選手が前にでて先に下って行ったがまた詰まってしまう。

 下りでブレーキなんてかけたくないのだが。。。

 登りに入ったところでAndy選手を抜いてそのまま前を突っ走る。

 ここからゴールまではアップダウンが続いている。

 ○茂さんとの距離が少しずつ縮まってきた。

 ○茂さんは登りになると一気にペースが落ちてくる。

 俺は最後の4kmのためにパワーを温存してきた。

 登りでも元気いっぱいだ。(笑)

 「ゴールまで1km」の看板が見えた。

 更に追い込む。

 ○茂さんがどんどん近づいてきた。

 さぁ、

 「ゴールまで500m」の看板が過ぎて最後の登りに入った。

 最後の登りでのゴールスプリントだ。

 ダンシングで一気に距離を詰めていく。

 Andy選手はついてこない。

 あとは○茂さんをゴール前で刺すだけだ。

 ○茂さんの背中が目の前だ。

 しかしゴールのパイロンが見えてきた。

 抜けるか!!

 力の限りダンシング!!

 ゴール!!

 くそ~!!

 残念ながら抜けなかった~。

 結果的に○茂さんとのタイム差は3秒。

 Andy選手には10秒差をつけてゴールした。

 お疲れ様でした~。

 ○茂、Andy選手と握手を交わす。

 牛○さんは6位になったらしい。

 入賞おめでとうございます。(^o^)(^o^)(^o^)

 いや~。

 今回は完敗でした~~。

 これで牛○さんとは1勝1敗。

 ○茂さんとは4勝2敗となりました~。(^o^)(^o^)(^o^)

 続いてチームメイトやブログ仲間の選手が続々とゴールしてきた。

 いつものことだがレースでブログ仲間と話しをするのは楽しいものだ。

 ヨッシーさんは俺のタイムより速かったらしい。さすがだな~。

 「Team ARI」」主催のツール・ド・富士で優勝した鈴木さんもかなり速いタイムでゴール。

 2人とも入賞は確実だろう。

 俺のタイムは、「1:09:23」

 去年のタイムが「1:09:05」

 去年より18秒も遅くなっているではないか。。。

 今年の全てのヒルクライムレースで去年のタイムより5分近くまたはそれ以上タイムを短縮していた。

 なので、

 今年の美ヶ原は1時間5分台を目標にしていた。

 今日はそれほど調子が悪いと感じていた訳では無かったが。。。

 タイムを短縮するどころか18秒も遅くなってしまうとは。。。

 原因は???

 最初にペースを落としすぎたのか?

 しかしそんなに力を抜いて走った訳ではないし。。。

 それとも知らず知らずのうちにレース連戦の疲れが溜まってきたのだろうか???

 最後の追い込みは完璧にできたのでやはりレース前半の走りが遅かったのか???

 レース前の調整不足なのか???

 次のレースに備えて色々と原因を分析してみなければいけない。

 とにかくまずは完全休養だ。

 来週の「ひたちなか」ではJCRCカテゴリレース、チームTT、4時間エンデューロの3レースに1日で参戦する。

 美ヶ原の疲れを少しでも残したらいい結果を出すことができないだろう。

 2日間は完全休養だな。(笑)

 下山する頃になって雨がパラパラ降り出してきた。

 駐車場に着いた頃には本降りに。。。

 でもレース中に雨が降らなくてよかった。

 リザルトを見てみると。。。

 俺はチャンピオンクラスで12位。

 残念ながら入賞はできなかった。

 ○茂さんは11位。

 牛○さんは6位入賞。

 チームメイトのヨッシーさんは美ヶ原は初参戦でCクラス3位入賞!!

 ○茂さんのチームメイトのテツさんの奥様は女子MTBで優勝!!

 ブログ仲間の風さんはEクラス2位入賞!!

 鈴木さんはCクラスで2位入賞!!

 入賞したみなさんおめでとうございます!!

 知り合いや仲間が入賞するのは本当に嬉しいものだ。(^o^)(^o^)(^o^)

 チームメイトの高橋さん、松川さんはDクラスで順位は忘れたが比較的上位、渓さんは苦手なヒルクライムレースなのにEクラスで47位と1/3の順位に入る立派な成績となった。

 さて、、、

 次の牛○さんとの対決はいつになるか。。。

 牛○さんと話しをしていたら枝折峠ヒルクライムは年代別で出るとのこと。

 俺はチャンピオンクラスでエントリーするつもりでいたが。。。

 やっぱり牛○さんとバトルがしたい。

 去年の枝折峠は牛○さんとバトルする予定だったのだが牛○さんがDNSとなったため枝折峠ではまだ未対決となっている。

 と言うことで。。。

 今年の枝折峠は年代別に出て牛○さんとバトルをします!!

 牛○さん、よろしくお願いします。m(_ _)m

 ツール・ド・美ヶ原2007に参戦のみなさん、お疲れ様でした~。(^o^)(^o^)(^o^)

 写真は後でアップします。

 お楽しみに~。

 ではでは~。(^^)/ 

ツール・ド・美ヶ原2007(その1)

2007年6月24日(日)曇り~雨


 さぁツール・ド・美ヶ原の当日がやってきた。

 今回のレースで今年のレースは22戦目!!

 去年の全レースは1年で27戦だったので、

 今年は半年で去年の約1年分のレース数に迫る勢いで走って来たことになる。(笑)

 我ながらよく続いてきたもんだ。

 これで何連戦になるだろうか??

 しかし毎週レースとなると体調管理とトレーニングが難しい。

 追い込み練習を続けているとレースに響いて来るし、かといって休養を入れてトレーニングをしないと不安になるしね。(笑)

 今週は金曜に1日完全休養を入れたのでそれほど疲れは溜まっていないと思う。

 1人基地練をしている限り調子はそんなに悪くはない。

 さて、今年のレースはどうなるかな。(^o^)(^o^)(^o^)

 ところで、、、

 昨日もらったレース案内を見ていると。。。

 「クラス別歴代最高タイム」と言うのが載っていて、

 去年、俺が出した「1:09:05」のタイムが一般男子D(41~50歳)歴代1位になっていたのでビックリした。

 しかし、

 今年はチャンピオンクラスなのでどうなることやら。。。(笑)

 昨日は寝酒を飲んだので熟睡して4時に起床。

 空はどんよりと曇っている。

 俺は暑いのは苦手なのでカンカン照りで暑いよりは寒いぐらいの方がまだいい。

 パン、おにぎり、コーヒーで朝食を済ませて早速、ローラー台でアップを開始!!

 約20分で終了。

 後はトイレに行って整列時間が来るまで待つだけだ。

 チャンピオンクラスはスタート位置の道路に直接整列なので去年のように早い時間から場所取りをしなくてもいいので気が楽だ。(笑)

 整列前にもう一度、軽くローラを回すことにする。

 スタート位置に行くと牛○さんと再会。

 一緒に最前列のいい場所に並んだ。

 ○茂さんの姿がまだ見えない。

 チャンピオンクラスのエントリー数は72名。

 普通のレースなら10名そこそこいる程度なのだが、さすが美ヶ原ともなるとかなりの数の選手がエントリーしている。

 速い選手もかなりエントリーしているので上位にどこまで食い込めるか頑張ろう!!

 年齢的には最高齢が50歳で俺は3番目だ。

 50歳でチャンピオンクラスエントリーするなんて凄い!!

 スタート位置には応援の人々が大勢いる。

 07:30にスタート!!

 2人が飛び出していきなりダッシュをしていったが他の選手達は控えめなスピードで温泉街を抜けて行く。

 さぁ、まずは核心部の激坂が始まった。

 ここで一気に心拍数を上げてしまうと後半に響いて来るのでいつものようにペースを落として登っていく。

 先頭集団は一気に激坂を登って行った。

 正確に数えていないが俺は16番手ぐらいの位置。

 牛○さんも先頭集団に混じっている。○茂さんはまだ来ない。
 
 牛○さんのレース展開は最初から全力走行でいけるところまで突っ走ると言う感じ。

 ○茂さんは最初から最後まで高回転のペダリングで淡々と走る。

 俺は最初はスピードを控えて力をためておき、後半で一気に追い上げてゴールスプリントで勝負をかける。

 とこんなふうに3人とも走りのタイプが全く違う。

 牛○さんの今日のペースはかなり速いので後半で追いつけるかどうか心配な所だが。。。

 激坂を半分登ったところで○茂が抜いていった。

 相変わらず高回転のペダリングだ。

 俺はまだカラダが暖まり切っていないので○茂さんの姿が見える程度の距離を置いて登って行く。

 その間に何人かを抜いた。

 先頭集団はかなりハイスピードで全く姿が見えない。

 牛○さんが気になるところだが。。。

 約3kmで激坂を登り切って平地になった。

 みんなスピードを落として激坂で使った足を休めている。

 さぁ俺はここでスピードアップだ。

 何人かを抜いて、○茂さんも一気に追い越す。

 ふと後ろを見ると、、、

 みんなくっついてきた。

 俺は先頭で鬼引きだ。(笑)

 美鈴湖を過ぎてまた登りが始まる。

 後ろにいた選手たちは勢いで俺を抜いて前に出て行った。

 ○茂さんも前にいる。

 まだ追い込みをかけるには早いのでマイペースで淡々と登っていく。

 ○茂さんとの距離は50mぐらいだろうか。視界から消えない距離を保って走る。

 俺の目の前には○茂さんの他に3人ほどが走っている。

 スタートから11km過ぎたしここら辺りでそろそろペースアップをしなければ。

 ギアをインナーローに落とし傾斜はきつくなるがコーナーのインからインの最短距離を走って前の選手との距離を一気に詰めていく。
 
 3人を一気に抜いた。

 引き離そうと思いペースアップしたがゼッケン31番のAndy Wood選手がついてきた。

 ここからAndy選手と抜きつ抜かれつのレースが始まる。

 気配を察知したのか○茂さんもペースアップしたらしくなかなか距離が縮まらない。

 途中でコムレイドの宮崎選手がバイクを押していた。。。

 どうやらパンクをしたらしい。

 優勝候補の選手なのに悔しいだろうな~。

 標高が上がってくると結構寒くなってきた。

 まぁ俺は暑いのが嫌いなのでこれぐらいが丁度いいかも。(笑)

 濃いオレンジ色のツツジが綺麗に咲いている。

 さっきから背中がチラチラ見えていたダイハツの川村さんに追いついてきた。

 スタートから先頭集団に加わっていたのだが途中で切れてしまったらしい。

 川村さんを追い越して武石峠への分岐まで来た。

 ○茂さんとの距離は変わらない。

 「思い出の丘」辺りから下りと平地が始まる。

 一気にスピードアップだ。

 ゴールまで残り約4km。

 ○茂さんは先に下りに入って行ったため俺が下りに入った時には距離は300mは開いただろうか。

 牛○さんは全く見えない。
 
 ここで見えないとなるとよほどのことが無い限りもう追いつくのは無理だ。

 あとは○茂さんを追い抜くのみ!!

 平地もあるのでAndy選手が「一緒に行きましょう」と声をかけてくれて前に出て行った。

 俺はもっとスピードを出したいのだが、、、

 道も狭いので道が広くなってから抜こうと思い後ろにピッタリついて走っていたらい。。。

 いきなり急な左コーナーが出てきた。

 後ろを走っているので気がつかなかった。

 危うくガードレールに張り付く所だ。

 危ない、危ない。

(その2)へ続く。。。

ツール・ド・美ヶ原( 速報)

残念ながらチャンピオンクラスで12位で入賞は逃がしました。

牛○さんは6位入賞!

おめでとうございます!

○茂さんは11位で俺とは3秒差でした~。

後半にかなり追い上げたのですが後、数メートル足りませんでした。(泣)

でも全力を尽したので楽しかったです!(*^^*)

レポートはしばらくお待ち下さい。
ギャラリー
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2020.01.21 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ