2009年10月

J2 XCO 修善寺(その3)

(その2)より。。。


相変わらず向かい風が強いホームストレートを

ひたすら走っていくがスピードは全くでない。


まだ空気は微妙に残っている。

シングルトラックに入るときに振り返って確認したが

影○さんはまだ見えてこない。


このまま逃げ切れるのか??


最後の1周なので

逃げ切ろうとがむしゃらに走っていく。


しかし


長い登りの後半で

とうとう影○選手が追いついてきた。


「一緒に表彰台に行きましょう!!」


と声をかけてくれたが

この状態ではどうなる事やら。


しかし現在の順位は3位!!

まだ表彰台圏内だ。


とにかく

シングルトラックの下りで頑張っておかなければ

ゴール前のBMXコースで

後続に追いつかれたのではどうしようもない。


だが、

登りが終わって下りに入る頃には

もうタイヤの空気圧は全くなくなっていた。


こうなったらリムからタイヤが外れないことを祈って

走っていくしかない。


タイヤが外れたらスーパーフライを担いで走るだけだ。


影○選手はもうかなり前を走っているのが見える。


そして

BMXコースを半分ぐらい走った頃に

後続選手が1人追いついてきた。


もうこの時には空気がなくなって

リムをゴリゴリ鳴らしながら走っていたので

どうしようもない。


抜かれてもそのまま見送るしかなかった。

これで入賞が消えてしまったのが悔しい。。。


現在4位。


後半の登りにさしかかった時に

また後続選手が見えてきた。


もうこれ以上抜かれる訳にはいかない。

リムが壊れるのを覚悟で登っていく。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/6/9/699bcb3b.jpg
 チームメイトの吉田さん。。。


ホームストレート近くまで登る舗装路で

今度はチェーンが噛んでしまい動かなくなってしまった。

あれだけ泥が詰まっていたらしかたがないが。。。


ゴールはすぐそこだし停まるわけにはいかない。

スーパーフライを押して舗装路を登って

下りになってから飛び乗った。


下りきったらゴールまで押して登るだけだ。

と思っていたら

下りの衝撃で噛んだチェーンが外れてくれていた。


ラッキー!!


そのままリムをゴリゴリ言わせながら

最後の登りを登って


ゴール!!


3位までの入賞は逃がしてしまったが

入賞なんとか4位をキープすることができた。


やっぱり何事もあきらめないで

最後までやり遂げることが大切だ。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/8/e/8ec7fb58.jpg


パンクさえなければ優勝もあっただけに

悔しいレース展開ととなってしまったが

パンクしないように

確実に整備しておかなかった自分が悪いのでしょうがない。



先にゴールしていた影○選手と握手を交わす。


「お疲れ様でした」


来年は一緒にエリートクラスに昇格して

またバトルができるので今から楽しみだ。


レース後の泥はこんな感じ。。。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/1/5/15661631.jpg


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/9/0/90440598.jpg


粘っこい泥でかなりまとわりついてくるので

一度、リアタイヤとフレームに泥が詰まってしまい

タイヤが回らなくなってしまった。


リザルトを見てみると


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/4/f/4fdb96ac.jpg


47才の俺が最高齢だった。(笑)

俺もあと2ヶ月で48才だが

まだまだ若い選手と対等に走れるのが嬉しい。(^o^)(^o^)(^o^)

※ 詳細リザルトはこちら。。。 http://sunday-sunday.net/race/2009/2009MTB/XC_Res1.htm


来年はエリートクラスだが

昇格するときには48才になっているので

多分、俺が最高齢かもしれない。


来年はエリートクラスでどこまでやれるか

チャレンジの年になる。

しっかりと鍛えておかなきゃね。


修善寺参加のみなさま、応援していただいたたくさんの方々

ありがとうございました&お疲れ様でした。

来年のJシリーズもよろしくお願いいたします。


ではでは~。(^^)/


(レース参戦記録) 
2008年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2008.race.html
2007年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2007.race.html
2004~2006年 http://www.big.or.jp/~arimochi/race.kiroku.html



J2 XCO 修善寺(その2)

(その1)より。。。


2周目のシングルトラックに単独で入っていく。

シングルトラックだと

前に他の選手がいると

なかなかスピードアップができないが

俺がトップなのでガンガン攻めていけるのが気持ちいい。


後を何度か振り返ってみるが

2位の選手はまったく見えない。

完璧に振り切ったみたいだ。


最初の舗装路の登りになってみると

なぜか1周目のようなスピードが出ない。


「なんで??」


激坂を登って柵沿いの長い登りになると

あきらかにスピードが乗っていないのが分かる。

脚は絶好調なのに。。。


もしかしてパンク。。。???


不安が頭をよぎった。


恐る恐るタイヤを見てみると

もう半分ぐらいタイヤがつぶれているではないか!!

空気圧にしたら1を切っているかも?


低速でしか登れないシングルトラックならまだいいが

舗装路や固い路面の登りでは

路面抵抗が大きすぎてスピードが出ない。


2位をあれだけ引き離していたのに

柵沿いの登りの後半で抜かれてしまった。


登り切ったら下りになるので

ドンドン追いかける。

トップの選手はマッドのシングルトラックが苦手らしく。

アッという間に追いついて

ピッタリと後についていく。


途中のタイトコーナーのところで

コースに張ってあったテープが

風にあおられて俺のハンドルに絡んでしまった。

テープを外そうとしていたら

テープを止めてある杭にぶつかって止まってしまった。


「こんな所にテープなんかいらいよ~」


少しテープと格闘して外したが2位の選手は行ってしまった。


しかし追い上げていき

トップの選手の後に張り付いた。


その後何度か舗装路の登りを登るのだが

ここではパンクのおかげで

路面抵抗が大きくてスピードが乗らず

離されてしまう。


そしてまたシングルトラックで追いつくという繰り返し。


さぁシングルトラックが終わってBMXコースに入ってきた。

どうやらコースの最初のギャップで1周目に落車があったらしく

「左によって下さい」

と役員が叫んでいる。


BMXコースのウォッシュボードに入っていくと。

トップの選手のスピードが一気に落ちた。

どうやら苦手らしい。


すぐに追い越して俺がトップに立った。

しかし

BMXコース出口の短いちょっと急坂でまた抜き返される。


BMXコースの外周道路の下りまでは

ピッタリくっついて後に張り付いていたが

登りになると離されてしまう。


段々タイヤの空気圧が減ってきているのが分かる。

どこまで持ってくれるのか??


路面抵抗はかなり大きいが

まだリム打ちするほどではないので

がむしゃらに追いかけて登っていく。


一部、対面通行の場所があるのだが

ここで3位を走っている影○さんとすれ違った。

タイム差にしたら2~3分ぐらいはあるかも。


そしてホームストレートに出た。

3周目に突入!!


エキスパートクラスは

1周約5kmを4周なので

残り2周だ。


トップの選手の背中が小さく見えている。

相変わらず向かい風が強い!!


タイムにしたら15~20秒差ぐらいだろうか?


シングルトラックに入って

すぐにトップ選手に追いついた。


マッドな路面で俺が乗っていけるところでも

バイクを押して登っている。

マッドコンディションはかなり苦手らしい。


宿舎下の舗装路の手前の急な登りで

バイクを押し始めたので

横から抜いて俺がまたトップに立った。


しかし、

舗装路の登りになるとまた抜き返される。


タイヤを見るともう空気は半分以下になっていて

ギャップがあるとリム打ちするようになってきた。


タイヤはチューブレスなので

一気に空気が抜けてしまう事はないのがまだましだが。。。


柵沿いの長い登りでは全くスピードが出ずに

かなり離されてしまった。


くそ~!!


登り切ったところで後を振り返ってみたが

まだ3位の影○選手はまったく見えない。

しかし

これ以上タイヤの空気が抜けると

追いつかれてしまうのは確実だ。


なので

シングルトラックでは限界ギリギリまで攻めていく。


途中で舗装路に出る手前で

スリッピーな激下りがあるのだが

ここで空気圧の少なくなったタイヤがよれてしまって落車。


激下りなので

勢いがついたまま右側にある立木に激突して止まった。

その時に

右脇腹を強打してしまい


しばらく悶絶。。。(泣)


これであばらにヒビが入ってしまったかも。。。

それぐらい痛い。。。


痛いのを耐えながらバイクを起こして再スタート!!


しかし


こんなところでモタモタしている訳にはいかない。

脇腹はかなり痛いがペダリングは出来る!!


BMXコースの入口のシングルトラックの終わり辺りで

高倉さんが応援してくれている。


「パンク~!!」


と叫びながら通過。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/b/c/bc619e4a.jpg


トップの選手はかなり前を走っている。

空気圧さえ正常ならすぐに追いつけるのに。。。


ここでたらればの話をしてもしょうがない。

現在の状況での最善の走りをするだけだ。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/1/f/1f87cb6e.jpg


まだ微妙に空気が残っているが

ギャップがあるとゴリゴリとリムにあたっているのがよく分かる。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/a/5/a5f929d7.jpg
 リヤタイヤはパンクしてこんな状態。(笑)


BMXコースの外周の対面通行で

3位で走っている影○さんとまたすれ違った。

ほんの少しだけ追いついて来ている。


外周道路の登りになると

悲しいぐらいスピードが出ない。


なんとかホームストレートに戻ってきた。


このまま走ったらリムが壊れてしまう可能性もある。

普通ならここでリタイヤするだろう。


しかし3位の影○選手には2~3分の差を付けているし、

4位以降の選手には5分以上の差を付けているかも。


このまま走ればなんとかなるか??


しかし

さっき落車でぶつけたあばらはかなり痛いし。。。

高価なリムを壊してしまう可能性もあるし。。


ホームストレートに入って

リタイヤするかそのまま走るかの選択に迫られた。


しかし


強気の俺が

弱気の俺をたたきつぶした。


「GO!GO!GO!」


残り1周なら行くしかない。

これくらいの逆境で負けているようではダメだ。


(その3)へ続く。。。


(レース参戦記録) 
2008年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2008.race.html
2007年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2007.race.html
2004~2006年 http://www.big.or.jp/~arimochi/race.kiroku.html



J2 XCO 修善寺(その1)

2009年10月25日(日)雨



今日は今年最後のJシリーズレースのJ2修善寺に参戦。


修善寺では

去年の10月にスポーツクラスでJシリーズを走り始めて

3回目のレースで優勝した場所だ。


コースは結構テクニカルで面白いし走りがいがある。


できることなら

今年も修善寺で優勝して

エキスパート最後のレースを締めくくりたい。


早朝に出発して約1時間半でサイクルスポーツセンターに到着。


天気は雨でパラパラ程度だったが

だんだんと風も強く雨も強くなってきた。


06:30から試走なので

朝一で受付をすませて試走へ向かう。


コースはロードコースの逆回りで直線を走り

樹林地帯へと入っていく。


シングルトラックはあちこちがヌカルミ状態になっている。


エキスパートの前にスポーツクラスのレースがあるので

俺たちが走る事にはヌカルミが凄い状態になっているかも。。。


途中で何度か外周道路を少し走り

最後は新しくできたMBXのコースを一回りして

スタート地点へと戻ってくる。


BMXコースはかなり大きいギャップの連続で

体重移動とペダルの踏み込むタイミングを

しっかりしないと速く走れない。


俺は昔バイクでモトクロスをやっていたので

この手のコースは走り慣れているので

いい感じで走れた。


一度、洗車をしてから車に戻る。


すると風が強くなって横殴りの雨が降り出した。

寒さに強い俺には恵みの雨だ。(笑)

これで今日は爆走できる!!(^o^)(^o^)(^o^)


横殴りの雨の中

自販機の前の通路の屋根の下で

軽くローラーを回しておく。


ここでは10人ぐらいがローラーを回していた。(笑)


そこに高倉さんと小田島さんが登場!!

高倉さんは今日は応援団。

小田島さんはエリートで参戦だ。


10:20からエキスパートの招集開始なので

少し前に監視塔脇に行くが

かなり寒い。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/e/7/e791bfec.jpg


冷たい雨が降っているし

メッシュのインナーからラッシュガードに着替えることにした。

手脚と腹回りにレッド3をたっぷりと塗り込んでおく。


招集が始まって4番目に呼ばれた。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/9/2/92344700.jpg


今日も最前列を確保だ。(^o^)(^o^)(^o^)


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/0/8/08df947b.jpg


今日のマークする選手は

俺の前に呼ばれた3人と

オンザロードの景○選手。


呼ばれてからスタートまでまだ10分もある。。。

俺は半袖ジャージにレーパンだけだから

じっとしていると寒すぎ。(泣)


回りを見渡してみると

ウィンドブレーカーを着ていたり

レッグ&アームウォーマーを付けている選手ばかりだ。(笑)


しばらく寒さに耐えて

10:30にスタート!!


最初はロードコースの逆回りの直線をエンドまで走り抜ける。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/1/a/1ad6d56c.jpg


少し出遅れたら

2列目に並んでいた景○さんが横から上がってきた。

とにかく向かい風が凄い!!


団子状態で直線を突っ走っていく。


シングルトラックに入る手前が少し登りになっている。

ここで集団のスピードが一瞬落ちた。


「なにくそ!!」


ここが踏ん張り所だ。

気合いを入れてアタック!!


おかげで3番目にシングルトラックに入る事ができた。


俺はこのシングルトラックに入る前に

ギアをインナーに落としておく。


2番手にいた選手が

ギア選択を間違えて突っ込んでしまったようで

登りはじめの短い激坂でストップ。


横をすり抜けて2番手でシングルトラックを登っていく。


登りはスリッピーな場所もあるが

路肩の草がある付近を走ればすんなりと登っていける。


登り切ったら下りと水平道。

ヘアピンの登りを登ってから水平道を走ると

スリッピーな登りが続いている。


ここは去年までは樹林地帯だったが

木が切り倒されていて見晴らしがよくなった。


舗装道路に出る手前が粘土質でかなり滑りやすい。

舗装道に出て登っていくと

ちょっと長めの激坂だ。

ここは以外とトラクションが効くので

一気に駆け上る。


次は

道幅は広いが長い登りがしばらく続く。

1番手の選手が20mほど先に見えている。


この登りで一気に距離を詰めていった。

3番手の選手はもうかなり引き離している。


ここを登り切ったら

今度はヌカルミ状態になった下りだ。

タイトコーナーが多くバランスをとるのが難しい。


途中で短いがスリッピーな登りがあり

ここで1番手の選手が登れずにストップ!!


その横をすり抜けて俺がトップに立った。


前には邪魔になる選手がいないので

思いっきり走っていけるのでガンガン攻める。


途中の激下りの後の激登りのところで

どうもタイヤが回らないなと思ったら

リアタイヤとフレームの間に泥が詰まって固まっていた。


慌てて泥を掻き出して再スタート!!


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/8/e/8ee5df33.jpg


アップダウンを繰り返しながら

2回舗装道路を少し走って

BMXコースに入ってきた。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/c/f/cfae6b78.jpg


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/1/7/17537f79.jpg


この手のコースは得意なのでガンガン攻めていく。


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/7/8/78f4ce30.jpg


BMXコースを走り終えてから

BMXコースの外周を走り


https://livedoor.blogimg.jp/js1ktr/imgs/b/e/be2693bd.jpg


ヌカルミ状態のシングルトラックのタイトコーナーの連続を下る。


下りきった所の溝に木の板を渡してあるが

この木の板の上でブレーキをかけたら

スリップするのは確実なので要注意だ。


ここを抜けたらロードコースの横まで登り

少し下ったら

監視塔の下のトイレの横まで登る。


そしてホームストレートに戻ってくる。


1周約5km。


1周目は俺がトップ通過!!


ハッキリと覚えていないが

タイムカウンターでは1周目は22~23分ぐらいだったかな??


2位の選手との差は約30秒と小田島さんが教えてくれた。

3位の選手は相当引き離していているようだ。


(その2)へ続く。。。


(レース参戦記録) 
2008年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2008.race.html
2007年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2007.race.html
2004~2006年 http://www.big.or.jp/~arimochi/race.kiroku.html



J2 XCO 修善寺速報!

今日は

Jシリーズの最終戦を走ってきた。

風が強く

横殴りの雨の中をスタート!

スタートダッシュが決まり

1周目は2位に30秒差をつけてトップ通過!

2周目は2位だった選手とバトルをしながら3周目に突入!

Jシリーズの最後は優勝で締めくくれるかと思ったら甘かった。

3周目で痛恨のパンク!

それでも2位で最終周に突入!

空気がまったくなくホイルをゴリゴリ言わせながら

約7km走ったが

2人に抜かれてしまい

結局、4位でゴール!

表彰台を逃がしてしまった。

残念無念!

まぁこんなこともあるさ~。

レポートはしばらくお待ち下さい。

ではでは~!(^-^)/

コメントについて!

このブログへのコメントについてですが

批判的コメントを書く場合には

チーム名、氏名を書いた上でコメントをお願いします。


そして


今回のような事実を確認してもいない憶測での

一方的な批判コメントはご遠慮下さい。


ブログ荒らしと思われるようなコメントの場合には

即削除いたします。


このブログの読者の中には

今回のように反Team ARIの方もいらっしゃると思います。


何かご意見がある場合には

ブログでの争いではなく

レース会場などででも直接、私にご意見を下さるようにお願いします。


以後

このブログを訪問された方々が気分の悪くなるようなコメントはお控え下さい。


よろしくお願いいたします。


ではでは~!(^-^)/
ギャラリー
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
  • 2020.07.17 京都市(日本酒バー/たかひとり)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ