2011年03月

ご近所トレイルBエリア・NO.2

さて
 
第1ステージに続いて第2ステージへ移動。
 
10分ほど走ればすぐに第2ステージ入口だ。
 
出だしは快適な登りが続く。。。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
しばらく走ると
 
さっそく階段が出てきたので担ぎだ。(笑)
 
 
イメージ 11
 
 
コースの2/3は走れるが
 
後半はほとんど急斜面の担ぎになる。
 
 
イメージ 12
 
 
しのちゃんもずいぶんとお疲れ気味。(笑)
 
 
イメージ 13
 
 
渡辺さんはフルリジットで器用に根っこ地帯を登っていく。
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
さて
 
この急傾斜を登ったら終了だ。
 
 
イメージ 16
 
 
終了地点からはこんないい景色を眺められる。
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
登りのあとは
 
お楽しみ??の下りが始まる。(笑)
 
さすがにこの急傾斜の根っこ地帯は押しが入るけどね。。。
 
 
イメージ 3
 
 
このあたりは快適に下れているが。。。
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
今回、初めて下ったこの先のコースは
 
転倒したらどこまで転がっていくか分からないぐらいの急傾斜が出てきた。
 
さすがに写真を撮る余裕はないので後半の写真のみ。。。
 
ここは下りの度胸とテクニックを磨くのには最適だ。
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
最後に電気鹿柵を通過してBエリア第2ステージが終了。
 
 
イメージ 9
 
 
ここから第3ステージまでは5分ぐらいなので
 
続いて第3ステージへ向かって走っていく。
 
この山々がさっき走ってきた第2ステージ周辺。
 
 
イメージ 10
 
 
(第3ステージ)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 


ご近所トレイルBエリア・NO.1(その2)

(その1)より。。。
 
 
またメインコースへ戻ってきたので更に先へ進む事に。。。
 
 
イメージ 1
 
 
また枝道のダウンヒルを楽しんで激坂を登ってくる。
 
 
イメージ 2
 
 
この激坂はかなり長いので疲れた脚にはかなり辛い。
 
路面もスリッピーな場所があるので
 
足を着かずに登るにはテクニックも必要だ。
 
 
イメージ 5
 
 
ここまで激坂登りの連続でシノちゃんもヘロヘロくんに大変身。(笑)
 
 
イメージ 6
 
 
こんな快適な所を走ると激坂の疲れも吹っ飛んでしまう。
 
 
イメージ 7
 
 
しかし
 
快適な走りの後には担ぎが待っている。(笑)
 
また水戸黄門の歌が。。。(笑)
 
 
イメージ 8
 
 
この階段は急傾斜でかなり長い。
 
 
イメージ 9
 
 
そしてメインコースを引き返してスタート地点へ向かう。
 
行きは快適に下った激坂は
 
帰りには辛い上りになる。(笑)
 
ここは最後だけ押しになるんだよな~。
 
 
イメージ 10
 
 
これを登った頃には疲れてきて
 
頭の中はクルクルに。。。(笑)
 
 
イメージ 11
 
 
シノちゃんも更にヘロヘロくんに。。。(笑)
 
 
イメージ 3
 
 
最後はコースをまた少し戻って
 
オプションの尾根から下っていき
 
Bエリア第1ステージが終了!!
 
 
イメージ 4
 
 
みんな、第2ステージに行く元気はあるかな~??(笑)
 
丁度、お昼時なので
 
近くのスーパーに移動してランチタイム。
 
 
燃料補給をしたら元気が出てきた。
 
さて、午後も頑張るか~!!
 
 
(Bエリア第2ステージ)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 


ご近所トレイルBエリア・NO.1(その1)

2011年3月27日(日)晴れ

昨日に引き続き今日もご近所トレイルライド。
 
 
今日のメンバーは、俺、渡辺、北澤、篠塚の4名。
 
 
このエリアは俺の一番お気に入りのエリア。
 
テクニックがあれば階段の登り以外はほとんど乗って走れる。
 
 
尾根どおしのメインコースの途中に枝道がたくさんあって
 
移動しながら下っては登っての繰り返しができる。
 
 
なのでXCトレーニングには最適なエリアで
 
1時間30分をノンストップで集中して走ればJ1レースよりも辛い。(笑)
 
 
まず最初は担ぎで急傾斜をピークまで登っていく。
 
 
イメージ 1
 
 
ピークからは3方向に分岐があるので
 
最初にメインコースの方へ向かう。
 
 
イメージ 2
 
 
最初は気持ちのいい樹林地帯のダウンヒルで
 
一気に下り湿地帯を抜けると登りになる。
 
 
イメージ 11
 
 
この登りは出だしは少し押しになるが
 
途中からは上級者なら乗って登れる。
 
 
イメージ 12
 
 
ここはのコースはループになっているのでメインコースへ戻った。
 
 
イメージ 13
 
 
メインコースはアップダウンの連続で
 
走っていて本当に楽しい。
 
激坂や障害物もあるしね。(笑)
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
イメージ 16
 
 
途中で北澤さんがメカトラ!!
 
どうやら木の枝が引っかかってエンドが曲がってしまったらしい。
 
 
イメージ 17
 
 
応急処置でなんとか走れるようになったが
 
激しい走りをすると駄目なようだ。
 
 
途中でDNFすることになったが
 
それでも下山口までは走っていかないと。。。
 
 
イメージ 3
 
 
展望台になっているピークででちょっと一休み。
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
渡辺さんのMTBはかなり年代物で
 
まるでシクロクロスバイクのようだ。(笑)
 
 
イメージ 6
 
 
渡辺さんはスコットの29erを発注したとこのと。
 
納車が楽しみだ。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
イメージ 7
 
 
北澤さんを見送るために一度、麓まで降りていった。
 
 
イメージ 8
 
 
最後は階段下り。。。
 
 
イメージ 9
 
 
ショップへ行くと言う北澤さんを見送って
 
またメインコースへと戻っていった。
 
 
イメージ 10
 
 
まだまだトレーニングは続く。(笑)
 
 
(その2)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 


ご近所トレイルAエリア(その2)

(その1)より。。。
 
 
このピークの下りは木の根っこだらけ。。。
 
もう少し傾斜が無ければ乗っていけるのだが
 
この急傾斜ではちょっと無理。。。
 
 
イメージ 1
 
 
キツイ登りの後は快適なトレイルが必ず待っている。
 
人生楽ありゃ苦もあるさ~。
 
水戸黄門が頭をよぎる。(笑)
 
 
イメージ 2
 
 
とあるピークからはこんないい景色を見る事ができた。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
この辺りまでくると
 
ハイカーが多くなってくるので
 
すれ違うときには必ずスローダウンかバイクを降りる。
 
 
有名トレイルランナーがトレイルラン講習会をやっていた。
 
 
イメージ 11
 
 
そして出ました鹿柵。(笑)
 
しかし
 
この鹿柵には高圧電流は流れていなかった。(笑)
 
 
イメージ 12
 
 
この尾根を下った所でランチタイムにする予定なので
 
牧野さんは張り切っている。(笑)
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
そして丁度、お昼頃にランチタイム。
 
 
イメージ 15
 
 
お腹が一杯になったところで
 
次のトレイルへGO!!
 
 
イメージ 16
 
 
ここから先が
 
今日のAエリアの中で一番快適に走れる。
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
コースも広いし急傾斜もあまりないし
 
快適なダウンヒルの連続。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
快適なダウンヒルも終わって
 
今日のご近所トレイルライドは終了。
 
参加のみなさん、お疲れ様でした~。
 
 
明日はBエリアに出撃です。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
ではでは~。(^^)/
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 


ご近所トレイルAエリア(その1)

2011年3月26日(晴れ)

3月後半は週末勤務が外れているので
 
今週末もトレイルライドに行く事ができることに感謝。
 
 
現在、
 
俺が自分でコースを決めて走っている
 
XCトレーニング用の
 
ご近所トレイルライドのコースは
 
コースを識別するために下記のように決めてある。
 
 
Aエリア(第1~2ステージ)半日コース
 
Bエリア(第1~5ステージ)1日コース
 
Cエリア(第1~2ステージ)半日コース
 
Dエリア(第1~2ステージ)半日コース
 
 
まである。
 
コースは全般的にかなりハード。(笑)
 
この各種コースを
 
練習時間やメンバーによって
 
色々なステージをつなげて走ると
 
かなりいいトレーニングになる。
 
 
今日は Team ARI MTBメンバーで
 
ご近所トレイルの Aエリア(第1~2ステージ) へ向かう事になった。
 
 
メンバーは俺、牧野、渡辺、北澤、篠塚の5名。
 
 
まずは
 
久しぶりに
 
牧野さんのアップからお楽しみ下さい!!(笑)
 
 
イメージ 1
 
 
このAエリアはご近所といってもちょっとアプローチが長い。
 
約10kmほどの林道ヒルクライムがある。
 
 
ここを走っている途中で
 
俺のスーパーフライのリアホイルから異音がし始めて
 
ギアが暴れてシフトチェンジがまともに出来なくなった。
 
 
メカトラマン隊長の牧野さんがいるのに
 
俺がメカトラか~。(笑)
 
 
仕方ないので
 
調整をしてローギア限定で使えるようにした。
 
 
フロントのギア3枚は使えるので
 
フロントのみの変速で
 
今日はギアは3変速しか使えない。。。(笑)
 
 
イメージ 2
 
 
林道アプローチでひと汗かいてアップ完了!!
 
 
まずは 
 
 
Aエリア第1ステージ
 
 
出だしから激坂トレイルを登っていく。
 
 
ここは微妙な体重移動、ペダリング、トラクション
 
全てがバランスよくできないと登れない。
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
こんな激坂が何カ所もある。
 
しかし
 
このエリアのコースは広いので走りやすい。
 
 
イメージ 12
 
 
そしてテクニカルセクションの木の根っこ地帯。。。
 
ここは段差が大きすぎて
 
途中からは登れない。
 
 
しかし
 
下りになると
 
ドロップオフ対策のいいトレーニングになる。
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
ここがAエリアの最高到達地点。
 
かなりの距離の激坂の連続を登ってきたので脚がパンパンだ。(笑)
 
 
オプションでまだ他の場所に移動出来るが
 
今日は
 
さっき登ってきたトレイルを下っていく。
 
 
第1ステージは
 
距離があるのでダウンヒルが楽しみだ。(^o^)(^o^)(^o^)
 
 
イメージ 15
 
 
いざダウンヒルスタート!!
 
 
イメージ 16
 
 
北澤さんが
 
さっきの根っこ地帯のドロップオフで落車して
 
お尻を思いっきり強打して悶絶。。。
 
 
かなり痛そうだったがなんとか復帰。(笑)
 
 
イメージ 17
 
 
続いて今度は
 
 
Aエリア第2ステージ
 
 
少し快適なシングルトラックを走る。
 
激坂や根っこがあちこちにあって
 
いいトレーニングになる。
 
 
そして何カ所かピークを越えていくので
 
担ぎ区間が出てきた。
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
登っては下っての繰り返し。
 
 
イメージ 5
 
 
またまた登り。。。
 
 
イメージ 6
 
 
登ったあとは快適なシングルトラック!!
 
 
イメージ 7
 
 
そしてまた担ぎで登り。。。(笑)
 
 
イメージ 8
 
 
今度は階段の急斜面の下りになったので
 
さすがに乗車しては下れない。
 
 
イメージ 9
 
 
担ぎも適度にあるし
 
この第2ステージは
 
総合的にカラダを鍛えられるので
 
マニアックライダー向きかな。(笑)
 
 
(その2)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 


ギャラリー
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
  • 2019.10.17 沖縄クライミングツアー(1日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ