2012年05月

バイシクルクラブ!!

先日、取材していただいた記事が
 
バイシクルクラブに掲載されました。
 
弥生さんが2ページに渡って掲載されていました。(^^)(^^)(^^)
 
興味のある方は是非ご覧ください。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓

第18回たつがねMTB大会(その3)

(その2)より。。。
 
さて次は俺のレース。
 
一緒に走るのは
 
エリート男子、エキスパート男子、エキスパート女子、スポーツ女子。
 
 
スポーツ女子ではチームメイトのクミさんが走る。
 
ソロXCは今回が初めて。
 
 
いつものように最前列の真ん中に陣取った。(笑)
 
 
イメージ 1
 
 
そしてスタート!!
 
 
イメージ 2
 
 
舗装路を少し走ってからコースへ入っていく。
 
今回のレースには
 
Jシリーズエリートクラスの石黒さんが参戦している。
 
 
石黒さんがトップ、続いて俺の順番でコースへ入っていった。
 
最初は小さいループを回ってゴール地点へ戻ってきたところから
 
周回カウントを開始する。
 
エリート男子は約4kmを5周回。
 
 
ルールを回って石黒さんがトップで周回カウント開始。
 
それに俺が続いていく。
 
 
最初は芝生の広いコースのダウンヒルで
 
そのあとに短い急傾斜の登り。
 
続いてシングルトラックが延々と続いていく。
 
 
途中でもう一人に前に出られたが
 
すぐに抜き返して前に出る。
 
 
中盤はシングルトラックのアップダウンだが
 
かなりテクニカルで面白い。
 
急な下りのヘアピンカーブが終わると
 
ダブルトラックの登りに入っていく。
 
 
ここで石黒さんを追い越して俺がトップに立った。
 
途中で一度シングルトラックへ入って
 
またダブルトラックへ。
 
 
ダブルトラックの登りはかなり長い。
 
後ろに見えるのが石黒さん。
 
 
イメージ 3
 
 
そしてトップでゴール地点を通過して
 
2周目に突入。
 
 
最初のダウンヒルから登りに入ったところ。。。
 
 
イメージ 4
 
 
チームメイトのクミさんも頑張って走っている。
 
 
イメージ 5
 
 
2周目のダブルトラックで
 
石黒さんと抜きつ抜かれつのバトル。
 
 
そして2周目は石黒さんがトップで通過。
 
そしてすぐ後ろを俺が追いかけていく。
 
 
イメージ 6
 
 
3周目のシングルトラックの下りで
 
周回遅れの選手が詰まってしまって抜くことができずに
 
その間に石黒さんとの差が結構開いてしまった。
 
 
しかしガンガンと追いかけていく。
 
 
トップの石黒さん、じゃなかったmanakenさん。
 
 
イメージ 7
 
 
続いて俺。
 
 
イメージ 8
 
 
周回遅れの選手がかなり出てきたので
 
声をかけながら追い越していく。
 
 
しかし
 
結局、追いつくことができずに
 
そのまま2位でゴール!!
 
 
イメージ 9
 
 
残念賞。。。
 
 
レース後に石黒さんと
 
お疲れ様でした。(^^)(^^)(^^)
 
やっぱりバトルをしながらレースが進んで行くと楽しい。
 
楽しいバトルをありがとうございました。
 
 
イメージ 10
 
 
なんか白髪が増えてきたな~。(笑)
 
 
イメージ 11
 
 
レース後は
 
特産品のワカメがたっぷりと入ったワカメ汁のサービス。
 
 
イメージ 12
 
 
味つけも2種類あって本当においしかった。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 13
 
 
一緒にエリートクラスを走ったmanakenさんと
 
お疲れ様でした。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 14
 
 
最初のダウンヒルと遠くに見える太平洋。
 
 
イメージ 15
 
 
さて
 
次はスポーツクラスの早瀬さんの出番だ。
 
どんな走りをしてくれるんだろうか?
  
(その4)へ続く。。。
  
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 
 

第18回たつがねMTB大会(その2)

(その1)より。。。
 
まず最初は
 
奥さんがエントリーしている
 
ビギナークラスからスタート。
 
奥さんはビギナーレディスで
 
テクニカルな箇所をカットしてあるショートコースを2周回。
 
 
そうそう
 
奥さんのゼッケンが
 
偶然にも
 
俺のJシリーズの固定ゼッケン番号と同じになっていた。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
スタートはメンズとレディスの一斉スタートだが
 
結構な人数がいる。
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
そしてスタート!!
 
ガンバ!!(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 6
 
 
何人か抜かしていい感じで走っているぞ!!
 
 
イメージ 7
 
 
5~6位ぐらいで最終周回へ突入。
 
 
イメージ 8
 
 
もう少し抜いていけば入賞だ。
 
ガンバレ。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 9
 
 
結構、急なダウンヒル。
 
 
イメージ 10
 
 
そしてゴール地点へ戻ってきた。
 
 
イメージ 11
 
 
お疲れ様~。
 
 
イメージ 3
 
 
9位でゴール。
 
途中のギャップで転んだ時に
 
ボトルケージが外れてかけてしまって。
 
直している間に3~4人に抜かれてしまったらしい。(笑)
 
 
とにかく怪我もなく
 
初XCレースが終了。
 
これで来週末のルイガノカップのいい練習になったかな?
 
また頑張ろう。(^^)(^^)(^^)
 
 
(その3)へ続く。。。
 
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓

第18回たつがねMTB大会(その1)

2012年5月13日(日)晴れ

しばらくJシリーズが続いていたが
 
今回は久しぶりの市民レース。
 
場所は東北の南三陸町。
 
震災の復興イベントとして開催される大会だ。
 
 
前日の雨もすっかりとあがって青空が綺麗だ。
 
 
イメージ 1
 
 
今回は奥さんが初XCに参戦する。(笑)
 
山形の雪中シクロを走ったことはあるが
 
本格的なXCレースは初めて。
 
 
イメージ 2
 
 
東北道は横風がものすごく強く車があおられるぐらい。。。
 
 
イメージ 9
 
 
走っているとワゴン車が横に並んできた。
 
何事かと思ったら。。。
 
車の窓をあけて
 
「自転車がキャリアから外れていますよ」
 
と教えてくれた。
 
 
突風であおられた時に
 
ルーフキャリアに積んであったエピックのフロントタイヤが
 
ずれてしまっていた。
 
わざわざ教えていただいた方
 
本当にありがとうございました。
 
 
安達太良SAで少し遅いランチタイム。
 
 
イメージ 10
 
 
福島名産の桃のジュースもおいしかった。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 11
 
 
今夜は古川駅の近くのホテルで宿泊。
 
ここも風が強くて気温も10℃以下で
 
冬に舞い戻ったみたいだった。
 
 
夕食は近くの居酒屋。
 
特に珍しい名物料理もなかった。
 
浪江焼きそばぐらいかな。
 
 
イメージ 15
 
 
デザートは100円ミスドで。(笑)
 
 
イメージ 12
 
 
そして
 
日曜日の早朝に出発して南三陸町を目指して走っていく。
 
 
途中で立ち寄った道の駅になんか見覚えがあると思ったら。。。
 
 
イメージ 13
 
 
以前、水戸から八戸まで夜通し走ったマゾグルメライドで立ち寄ったところだった。
 
この辺りを通過したのは深夜だったのだが
 
この自販機でジュースを買ったのを覚えている。(^^)(^^)(^^)
 
いや~なつかしい。
 
 
ここから少し走ると
 
震災の津波で被災した傷跡が。。。
 
カメラを向ける気にもならないぐらい悲惨な状態だった。
 
奥さんはずっと涙が止まらなかった。。。
 
 
あの状態の中でも少しずつ復興が進んでいた。
 
 
そして南三陸町の少し奥にあるレース会場の たつがね山 に到着。
 
復興イベントと言うこともあって
 
例年の倍ぐらいの選手がエントリーしているとのことだった。
 
 
イメージ 14
 
 
受付をすませて
 
さっそく試走へ向かう。
 
XCコースが初めての奥さんは
 
スタート直後にある急なダウンヒルにかなり怖がっていた。(笑)
 
 
イメージ 16
 
 
気持ちのいいシングルトラックが延々と続いている。
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
そして最後はダブルトラックの登りがが2km弱はあったかな。
 
ここで脚力の差がでるだろう。
 
 
そして開会式。
 
チームメイトの早瀬さんとクミさんとも合流。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
まず最初は
 
奥さんが走るビギナーレディスから。
 
 
(その2)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓

J1(朽木) びわ湖高島大会(その4)

(その3)より。。。
 
さて次はやっと俺の出番がやって来た。スタートは14:30にずれ込んでいる。
 
タイヤはマッドタイヤに決めたが空気圧をいくらにするか?
 
余り上げすぎると砂利道が不安定になるしね。
 
あちこち走ってみて1.3ぐらいに決定。
 
 
ローラーで軽くアップしてから召集場所へ向かう。
 
エリートは68人がスタートリストに乗っている。俺は最後尾から2列目に並んだ。
 
今さら緊張してもしょうがないので気軽に構える。
 
スタート前になったら黒雲が迫ってきて雷までなり出した!
 
しかし、雨はまだ降ってこない。
 
 
そしてスタート!
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
短いストレートん走るとすぐに登りが始まる。
 
 
ここで前の選手が落車したお陰で少し出遅れてしまった。
 
そして登りで一気に乳酸が溜まってくる。
 
 
呼吸を整えて深呼吸。こうすると乳酸が抜けるのが早い。
 
登りの次は砂利道の下り。
 
余りスピードを出しすぎて落車したらタイムロスになるので
 
スピードは控えめに下っていく。
 
 
イメージ 3
 
 
今日はブロックの大きなマッドタイヤだしね。
 
 
イメージ 4
 
 
そして激坂の長い登りに突入!
 
 
イメージ 5
 
 
試走では乗って登りきったので乗って行こうと思ったが、
 
やはり脚力の消耗が激しいので途中から押して登ることにした。
 
 
イメージ 6
 
 
しかし押しても辛い。
 
やっと登りきって砂利道のダウンヒル。
 
下りきってオーバースピードにならないように慎重に。
 
 
そしてまた登りがはじまる。
 
みんな苦しいので辛いなんて言っていられない。
 
そしてゲレンデの一番奥のシングルトラックに入っていく。
 
 
ぬかったアップダウンがあるがなんとか乗ってクリア。
 
シングルトラックの抜け口は押した方が速いので押して行く。
 
更に少し登るとやっと折り返し地点だ。
 
ここにオフィシャルフィードがある。
 
 
そしてやっぱり下りが始まった。
 
これで脚が休められる。
 
下りはシングルトラックなので前の選手を抜くのは難しい。
 
無理して抜きにかかるとコースアウトしてしまってタイムロスになる可能性がある。
 
 
まず最初にスイッチバックコーナーへ。
 
最初のコーナーは乗ってクリアしたが
 
二つ目のコーナーはリスクが高いので押してダッシュ!
 
 
次は石だらけの下りだったが3レース目なので
 
トレースができてずいぶんと走りやすくなっていた。
 
続いて高いドロップオフ!
 
 
石の間をすり抜けたりアップダウンのテクニカルな場所があるので
 
ギアを適正に選択してスピードが落ちないようにして
 
後はコースアウトしないように慎重に。
 
 
ウォッシュボードとバンクコーナーを抜けるとスタート地点へ戻ってきた。
 
一周約4.1km
 
順位は5253位ぐらいらしい。
 
 
さて、どこまで順位を上げていけるかな?
 
エリートは5周回なので足切りまでに何周できるか?
 
 
2周目は補給を受けずに走っていく。
 
 
前後の選手との距離はあまり変わらない。
 
しかしミスをしたらすぐに抜かれてしまうので慎重に走っていく。
 
 
やはり長い激坂は押しても辛い。
 
ここでダッシュができればずいぶんと順位も上がるだろうが
 
まだまだ修行が足りない。
 
それでも何人かの選手を抜いていき順位が上がってきた。
 
 
スイッチバックコーナーではコースアウトして崖から落ちている選手がいた。
 
 
そして3周目へ突入!
 
トップ選手のスピードにもよるが
 
もしかしたら3周で足切りされる可能性もあるので気合いを入れて走らないと。
 
フィードで奥さんからファンタをもらう。
 
これで元気100倍!
 
 
激坂の登りで誰かが47位だと教えてくれた。
 
そして沢山の声援をもらって激坂を頑張って登って行く。
 
 
ダウンヒルの後の登ると前の選手を追いかけていると
 
シフトが出来なくなってしまった。
 
またチェーンが切れたか?
 
停まって見てみるとチェーンがスプロケの内側に落ちて食い込んでいた。
 
 
無理して踏み込んでチェーンが切れなくてよかった。
 
しかし、チェーンが食い込んでいるのですぐには外れない。
 
外しているうちに34人の選手に抜かれてしまった。
 
 
ヤバイ!下りに入る前に抜き返さないと。
 
ダッシュをしてなんとか抜き返していったが1人だけ抜ききれなかった。
 
残念!
 
 
下りではコースが狭いので前の!がミスでもしない限り抜けない。
 
 
この周回で足切りされる可能性があるので
 
なるべく距離を詰めておかないといけない。
 
しかし3周回では足切りされずに4周目に突入!
 
 
まだ行ける!
 
でもまたあの激坂を登るのか~。
 
 
もしかしたら完走ができるかもしれない?
 
そんなに甘くはないかな?
 
 
ミスをしないように走って行く。
 
激坂ではいい加減に疲れてきて後半で2名に先行されたが
 
次の登りで抜き返した。
 
 
シングルトラックを抜けて一番奥のオフィシャルフィードを過ぎたあたりで
 
トップ選手にラップされた。
 
これでこの周回で終わりだ。
 
 
少しでも順位を上げておかないと。。。
 
前の選手を追いかけてすぐ後ろに張り付いたが
 
 
コースが狭すぎて抜くタイミングがつかめない。
 
無理に突っ込んでコースアウトしたら元も子もないしね。
 
 
順位は変わらずそのままレース終了。。。
 
順位は68人中で49位。
 
ほとんど最後尾からスタートしたので
 
完走はできなかったが4周できたからまずまずかな。(笑)
 
いやいやまだ上を目指さなきゃね。
 
 
次はJ1八幡浜。
 
今度は40位以内を目指そう。
 
レース参戦の皆様、お疲れ様でした。(^^)(^^)(^^)
 
 
ではでは~!(^_^)/
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
    ↓↓
 
 
ギャラリー
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年12月9日(金)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ