2017年06月

一般登山者&クライミング基礎講習会

2017年6月15日(木)晴れ


昨日の立山で雪上技術講習会が終わってから

帰宅したのが01:00頃。。。

少し仮眠してから広沢寺で講習会となりました。

さすがに眠いですね。(笑)


今日は午前中に

一般登山者が登山道の危険個所を安全に通過するための講習会

午後からはクライミング基礎講習会

を開催します。

午前、午後とも2名づつにご参加いただきました。


まず最初に午前の講習会から実施します。

ザイルの結び方は8の字だけを確実に覚えていただいて


イメージ 1


その後は登山靴でのクライミングです。

まずは低い位置で足の置き方、

フリクションのかけ方などを覚えていただきます。


イメージ 2


しっかりと足さばきができるようになってから

ザイルで登っていただきました。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


続いてフィックスロープの安全な通過方法。

岩場の上部までフィックスされているザイルを

デイジーチェーンで安全確保をしながら

上まで登っていただきます。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


ここはちょっとした危険な登山道よりも

緊張感があります。


イメージ 9


50m岩壁の最上部で記念撮影。


イメージ 10


午後からはクライミング基礎講習会を実施します。

ザイルの結び方、各種確保方法をたっぷりと時間をかけて

確実にできるまで反復練習をします。


イメージ 11


イメージ 12


そしてトップの墜落の衝撃体験。


イメージ 13


これをやると確保の大切さを

身を持って分かっていただけます。


イメージ 14


次は30m岩壁にトップロープをセットして

クライミングトレーニングです。


イメージ 15


イメージ 16


確保する目が真剣です。(^^)


イメージ 17


ロワーダウンも安全にできるようになりました。


イメージ 18


イメージ 19


最後は50m岩壁を上まで登っていただきます。


イメージ 20


今日は空いているので快適クライミングです。(^^)


イメージ 21


高い所も慣れてきて笑顔が出てきました。(^^)


イメージ 22


さて、次は初懸垂下降です。


イメージ 23


懸垂下降は手順さえ確実に覚えれば

登りよりも怖くありません。(^^)


イメージ 24


イメージ 25


覚えることが盛りだくさんですが

しっかりと身に着けていただきたいです。(^^)

今日はお疲れ様でした。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28

MTB未経験者講習会

2017年6月20日(火)晴れ


今日はMTBがまったくの未経験で

自転車はママチャリしか乗ったことの無いかたの

MTB未経験者講習会です。


今週末にアドベンチャーレースに参加されるようで

その時にMTBに乗るために

とりあえず基礎を学んでおきたいという依頼でした。(^^)


まずMTBに乗るためには

シフトチェンジがしっかりとできなければなりません。

最初の1時間は平地、下り、登りでの

シフトチェンジの方法やタイミングをしっかりと体で覚えていただきました。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


その後は広場に移動して

基礎的な各種動きをじっくりとやっていただきます。


イメージ 4


内容は下記のとおりです。

【 基礎技術講習項目 】
 1 ポジション            (安全に走るためのバイクのセッティング)
 2 スタンディング          (乗車中に足を地面につかない一時停止方法)
 3 ボトル拾い            (乗車中のバランス感覚養成)
 4 スラローム           (障害物をすり抜ける方法)
 5 8の字走行            (コーナーリングのライン取りとバランス感覚の養成)
 6 ブレーキング
   (1)ポジション         (ブレーキング時の体の動き)
   (2)ブレーキの握り方、かけ方 (安全なブレーキの握り方タイミング、前後のバランスと強度など)
   (3)コーナーでのブレーキング  (コーナーリング中での安全なブレーキの掛け方)
   (4)下りでのブレーキング    (オーバースピードにならないためのブレーキング方法)
 7 コーナーリング          (路面の状況に応じた各種コーナーリング方法)
   (1)リーンウィズ
   (2)リーンイン
   (3)リーンアウト
 8 激坂登り、下り        (急な坂を安全に登ったり下ったりする練習)
 9 体験走行          


イメージ 5


イメージ 6


まだ乗りなれていないので

かなり苦戦している項目もありましたが

今日はマンツーマン講習ですので

なっとくするまで反復練習をやっていただきました。


イメージ 7


技術的にできない項目もありましたが

なんとかMTBに乗れるようになってきました。


最後は簡単なトレイルの体験走行です。


イメージ 8


新緑が綺麗ですね。


イメージ 9


下りは順調でしたが

登りはまだかなり緩い坂しか登れませんでした。


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


次は階段で担ぎの練習です。(^^)


イメージ 15


トレランをかなりやられている方なので

こっちの方が速かったかもですね。(笑)


イメージ 16


簡単な木の根っこも下ってもらいます。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


体験走行は距離は短いですが

MTBの走行感覚を体験していただきました。


イメージ 20


アドベンチャーレースまであと数日ですが

レースのご検討をお祈りいたします。(^^)


イメージ 21


またじっくりと走りにいらしてください。(^^)

今日はお疲れ様でした。


イメージ 22


イメージ 23





















CJ-1 石川/白山一里野温泉(その2)

(その1)より。。。

2017年6月11日(日)晴れ


土曜日はかなりのどしゃ降りになっていたので

コースの路面状況がかなり気になります。


しかしレース当日は朝から快晴で風も吹いているので

かなり乾きが早く

マスターのレースの頃にはほぼドライ状態となっていました。


マスターでは牧野さんが走っているので応援に。


イメージ 1


昨日のレースで頑張りすぎたせいか

かなりお疲れ気味でした。


イメージ 2


午後からはエリートクラスのレースです。

今回はロード&ローラーを持ってきているので

じっくりと回してアップ完了!!


タイヤはマッドタイヤをセッティングしていましたが

マスタークラスの状況を見てドライタイヤに変更しました。


マッドタイヤは専用ホイルについているので交換は簡単です。(^^)


そしてエリートの招集が始まりました。

エントリーは70人弱とかなり人数が多いです。

私は60番目のコールなので

最後尾から2列目。。。

なかなか厳しいスタート位置となりました。


そしてスタート!!

最初は舗装路ですが

オフロードに入る手前が狭くなっていて

タイヤが接触する音があちこちで。。。

しかしさすがエリートクラスだけあって

落車することはありませんでした。

みなさん走りがうまいです。


最初の激坂の登りはほぼ最後尾。。。

登り切ったら1周目はスタートループコースになっているので

そのままゲレンデを登って行きます。


傾斜の落ちた登りで一気に順位を上げて行きました。


芝生の登りはかなり蒸し暑くなりますが

今日は風が吹いているのでそれほど暑くありません。


一番奥のシングルトラックは

少しぬかっている所もありましたが

ドライタイヤでも全く問題ありませんでした。


1周目は頑張って抜いて行ったので

53番手で計測ラインを通過しました。


イメージ 3


2周目からもペースを落とさずに

前の選手を追いかけて行きます。

周回を重ねるごとに順位が上がって行きました。


イメージ 4


今日は風があって涼しいおかげもあり

調子は悪くありません。

そして4周目で足切りになりそうなので

最後のラストスパートでスピードアップ!!


イメージ 5


更に前の選手を抜いて行って

最後は46位でレースが終了しました。


イメージ 6


ほとんど最後尾からスタートして

この順位まで上がれたし

後半でスピードアップできたので

今日は自分としては上出来なレース展開となりました。


レース後に息子のような箭内くんと一緒に。(^^)


今日もたくさんの応援ありがとうございました。

レース参加の皆様、お疲れ様でした。


イメージ 7


今日は福井市で宿泊予定なので

裏道を走って福井へ向かいました。


福井駅前のホテルへチェックイン。

ホテルの窓からは大きな夕日が見えていました。


イメージ 8


福井駅前には大きな恐竜が動いています。。。


イメージ 9


地酒の看板に釣られて入店。


イメージ 10


まずはビールで乾杯~。


イメージ 11


ビールのおつまみはやっぱり鶏のから揚げですね。(笑)


イメージ 12


続いて地魚の刺身盛り合わせを注文。


イメージ 13


日本酒のつまみにはやっぱりこれでしょう。(^^)


イメージ 14


イメージ 15


地酒は 梵 をいただきました。


イメージ 16


イメージ 17


永平寺ゴマ豆腐も追加注文。


イメージ 18


地酒もツマミもおいしかったですよ。


そして〆はやっぱりラーメン。

北陸のチェーン店の8番ラーメンへ。


イメージ 19


チェーン店なので味はいまいちかな?と思っていましたが

意外と美味しかったです。

明日は福井観光の予定。


(その3)へ続く。。。


イメージ 20


イメージ 21

CJ-1 石川/白山一里野温泉(その1)

2017年6月9日(金)晴れ


今回は一ヶ月ぶりにCJシリーズに参戦です。

場所は石川県の一里野温泉。


去年までは秋に開催されていましたが

何故か今年は6月に開催です。


ホテルキャラバンにBMCとローラー用のロードを搭載して出発。


イメージ 1


八ヶ岳PAで一休みしてから

塩尻インターで中央道を降りて

安房トンネルを抜けて

平湯温泉経由で富山を目指します。


イメージ 2


富山を抜けた頃に丁度日没。


イメージ 3


日本海側の夕日は本当に綺麗ですね。


イメージ 4


今夜は金沢市内でホテルキャラバン泊。(笑)

さっそく金沢の美味しい物を食べに出撃。


すぐ近くに良さそうなお店を発見。

少し並びましたがここに入ることにしました。


イメージ 5


まずはビールで。

今日もお疲れ様でした~。


さすがに1人でロングドライブは疲れましたよ。(笑)


イメージ 6


地魚の刺身盛り合わせ。


イメージ 7


豚の角煮ですが

甘辛く煮てあるのではなく

塩味でよく出汁が効いていておいしいですよ。


イメージ 8


イメージ 9


地酒は 加賀鳶 あらばしり純米吟醸生原酒 をいただきました。


イメージ 10


次はやっぱりラーメン!!

人気店なのが混んでいます。


イメージ 11


あっさり味の中華そばで

飲んだ後にはちょうどいい感じです。


イメージ 12


最後にちょっと気になった立ち飲み屋へ!!


イメージ 13


値段はかなり安くてリーズナブル。

今夜は

酎ハイと焼ギョーザで〆ました。(笑)


イメージ 14


2017年6月10日(土)晴れ~雨


今日は一里野で タイムトライアル があります。


会場入りすると牧野さんが登場。(笑)

久しぶりにアップで。


イメージ 15


イメージ 16


ヒデさんも到着。


イメージ 17


試走に行こうと思ったら

ヘルメットが無い。。。


クライミングの装備の準備をしていたら

自転車のヘルメットを忘れてしまったみたい。。。


仕方ないので試走はクライミングヘルメットで。(笑)


イメージ 18


言われなければ違和感は無いでしょう。(笑)


イメージ 19


箭内くんも到着~。


イメージ 20


牧野さんは今夜はここで寝るそうですよ。


イメージ 21


幸せそうな笑顔ですね~。(笑)


イメージ 22


今日はタイムトライアルを走る予定でしたが

ヘルメットを忘れてしまったのでDNSすることにしました。


ヘルメットはJCF指定の物でないとダメなので

クライミングヘルメットで走って後々、ゴタゴタになるのも嫌なので。。。


と言うことで午後からは小松市内の観光へ。


まずは地元の有名ラーメン屋へ。


イメージ 23


猪出汁のラーメンがあったので注文。


イメージ 24


意外とあっさり味で麺も変わった触感でした。


イメージ 25


ランチの後は小松空港の近くにある 航空プラザ へ。

ここには航空自衛隊で使用されていた飛行機が展示されています。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33


イメージ 34


機数は少なかったですが見応えがあります。


そして YS-11 の本物のフライトシュミレーターを発見!!

ANAで実際にパイロット訓練で使用していたもので

500円で操縦できます。(^^)


まさかここで YS-11 のコックピットに座れるとは思わなかったので

大感激です。(^^)


イメージ 35


イメージ 36


私が搭乗していた YS-11 とは少し違いますが

計器の配置などはほとんど同じです。(^^)


イメージ 37


15分間だけですが

小松空港周辺のフライトを楽しみました。(^^)

教官は元航空自衛隊のパイロットでした。


イメージ 38


下記は実際の YS-11 のコックピットです。

2014年に用途廃止になったため

記念行事の最終フライトの前に撮影した

最後の写真になります。


イメージ 44


イメージ 46


イメージ 45


ちょっと昔を思い出しながら

今夜のホテルへ。


イメージ 39


このホテルからは街までちょっと遠いので

今夜はスーパーで買い出しをして

簡単に済ませました。(^^)


イメージ 40


イメージ 41


(その2)へ続く。。。


イメージ 42


イメージ 43

クライマーのための雪上技術講習会(2日目)

2017年6月14日(水)晴れ


昨日に引き続き

今日もクライマーのための雪上技術講習会です。

今日は日帰り参加の方と合流して

雷鳥荘周辺で実施します。


イメージ 1


山々をバックに

まずは各種雪上歩行から。


イメージ 2


イメージ 3


一通り実施した後に

色々な雪面を上り下りしてもらいます。


イメージ 4


急な雪面でのキックステップやピッケルワーク。


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


万が一失敗して落ちても

雪が柔らかいし下部の傾斜は緩いので安全です。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


急斜面のトラバース。


イメージ 11


続いて滑落停止。

まずはお尻で滑ってからの停止。


イメージ 12


イメージ 13


次は前のめりに倒れてからの停止。


イメージ 14


イメージ 15


続いて前転してからの停止。


イメージ 16


イメージ 17


一休みしてから

各種ギアを使用しての確保方法。


イメージ 18


デッドマンでのアンカーの作り方。


イメージ 19


スノーバーのセット方法。


イメージ 20


イメージ 21


全体重をかけても抜けなければOK。


イメージ 22


次は急雪壁の真下までリードして

スタンディングアックスビレー。


イメージ 23


イメージ 24


スノーバー2本を使用して確保支点を作成して

ジジでセカンドの確保。


イメージ 25


スノーボラードでの懸垂下降。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


ピッケルでの懸垂下降。

下降後にザイルを引いてピッケルを回収します。

しかし、上からピッケルが降ってくるので要注意です。


イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32


クレバスや雪庇から墜落した時の

停止方法と引き揚げ方法。


イメージ 33


トップに垂直の雪壁から飛び降りてもらいます。


イメージ 34


かなりの衝撃がくるので

衝撃を吸収して引きずり込まれないように踏ん張ります。


イメージ 35


仮固定用のアンカーを作ってザイルを仮固定し

引き上げ用のアンカーを作成します。


イメージ 36


引き上げ用のアンカーができたら

仮固定用のアンカーを抜き

バックアップアンカーに作り替えます。


イメージ 37


そして1/3引き上げシステムをセット。


イメージ 38


それでも重ければ

1/5引き上げシステムをセットして引き上げます。


イメージ 39


今度はトップとのザイルの間隔を少し短めにして

垂直の雪壁を飛び降りてもらいました。


イメージ 40


ザイルの伸びが少ないので

かなり引っ張られます。


イメージ 41


引きづりこまれないように

さっきの手順で引き上げ用アンカーをセットします。


イメージ 42


イメージ 43


今回は1/3引き上げシステムで上がってきました。

この講習ではミニトラクション、タイブロック、プーリーを使用しましたが

持っていなければ手持ちの装備で

アンカーはガルーダ結び、マッシャ+カラビナで引き上げシステムを作ります。

ただし抵抗が大きいので引き上げにはかなりの労力が必要です。


イメージ 44


最後にショートローピング。

急な雪壁を上り下りします。


下りでスリップしても確実に止めます。


イメージ 45


これで今回のクライマーのための雪上技術講習会は全て終了しました。

2日間とも最高の天気に恵まれて

日差しが痛いぐらいでしたが

素晴らしい景色の中で十分にトレーニングしていただくことができました。


イメージ 46


今回は遠い所まで来ていただきましてありがとうございました。

本当にお疲れ様でした。


クライマーのための雪上技術講習会に興味のある方は

こちらをご覧いただいてお申込み下さい。



立山もまだ残雪がかなり多いので

まだしばらくは開催することができます。


室堂に向かう途中で雷鳥が出迎えてくれました。(^^)

雷鳥沢と命名されていることもあり

今回は数えきれないぐらいの雷鳥を見ることができました。


イメージ 47


剱岳も綺麗に見えましたよ。(^^)

左側の稜線は早月尾根です。


イメージ 48


イメージ 49


イメージ 50

ギャラリー
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
  • 2022.01.26 山形市/山形うまいものと地酒/母屋(日本酒講習会)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ