2017年08月

剱岳/源次郎尾根ガイド(1/2)

2017年8月19日(土)曇り~雨~時々晴れ


今月は明神東稜、小同心クラック、前穂北尾根に引き続き

4回目のアルパンクライミングルートで

剱岳源次郎尾根ガイドとなりました。


天候が微妙で、昨日は雨、

今日の予報は晴れになっていましたが

不安定なのでどうなるか分かりません。


夜中に空を見てみると星空も見えていたので

少しは期待できるかも。。。(笑)


出発時に雨の場合は

待機して様子を見る予定でしたが

曇り空で雨は降っていなかったので

予定通りの 04:00 少し前に出発。


別山尾根には

沢山のヘッドライトの明かりの行列ができています。


イメージ 1


真砂方面に下って行って

雪渓に出た所でチェーンアイゼンを装着。

これは超簡単で重宝します。


イメージ 2


先行パーティが1組いましたが

長次郎雪渓方面に向かっていきました。


振り返ると後続パーティが2~3組います。


イメージ 3


まだ暗いですが

取付きでザイルをセットして登攀開始。


イメージ 4


すぐにツルツルの垂直の岩が出てきます。

お助けザイルがかかっているので

これを利用して越えますが

岩が濡れているので慎重に。


その後は延々と木登りが続きます。


空も明るくなってきて

少しずつ視界も開けてきました。


イメージ 5


途中で少し悪い岩場があって

ゲストのお一人が少し苦戦しましたが

なんとか通過。


イメージ 6


雲も上がってきているので晴れるのか??

と期待していましたが。。。


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


途中で雨が降り出してきたので

レインウェアーを着て登攀を継続します。


イメージ 10


岩が濡れているのですが

花崗岩なのでフリクションが良く効きます。


イメージ 11


この凹角を直登。

ホールドは大きいので難しくはありません。


イメージ 12


雨も強くなったり弱くなったり。。。


イメージ 13


イメージ 14


途中の花に癒されます。(^^)


イメージ 15


Ⅰ峰のピークには 07:36 に到着。

剣沢小屋から約3時間半です。


イメージ 16


イメージ 17


稜線を少し歩いてⅡ峰への下りへ。


イメージ 18


ガスがかかっているⅡ峰へクライムダウン。


イメージ 19


イメージ 20


岩とハイ松の境界線を登って行きます。


イメージ 21


イメージ 22


傾斜はありますが難しくはありません。


イメージ 23


ピナクルの右側を通過して岩稜を通過。


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


鎖とシュリンゲがたくさんかかった懸垂下降ポイントに到着。

鎖を使って丁度30mの懸垂下降。

60mザイルなのでぴったり地上に着きます。


イメージ 27


イメージ 28


ここまで来たら

まずは一安心。


イメージ 29


後続パーティも懸垂下降を始めました。


イメージ 30


イメージ 31


雲の切れ間から八ッ峰も見えます。

熊の岩にはテントが数張り。


イメージ 32


ここから山頂までは約1時間の登りです。


イメージ 33


(2/2)へ続く。。。


イメージ 34


イメージ 35

前穂高岳/北尾根日帰りガイド(2/2)

(1/2)より。。。

Ⅲ・Ⅳのコルで一休み。

足が攣ってしまったのストレッチ。


イメージ 1


さて、ここから核心のⅢ峰のクライミング開始です。


イメージ 2


取付きから左側に回り込んでグイグイと登って行きます。


イメージ 3


Ⅲ峰から見たⅣ峰の下り。


イメージ 4


登り切ったところから右側へ回り込んで

凹角を直登します。


イメージ 5


涸沢ヒュッテとテント村。


イメージ 6


Ⅱ峰のピークへはここを直登もできますが

右側から巻いていくこともできます。


イメージ 7


イメージ 8


Ⅱ峰の懸垂ポイントに到着。


イメージ 9


ここからは約10mほどの懸垂下降。

慣れているクライマーならクライムダウンもできます。


イメージ 10


イメージ 11


さぁ、あともう少しで前穂高岳山頂です。


イメージ 12


さっき懸垂下降したⅡ峰ピーク。


イメージ 13


そして 15:00 に前穂高岳山頂に到着。

上高地をスタートしてから 9時間25分。

予定通りの行動です。


時間差アタックのおかげで

北尾根はまったく渋滞することもなく

Ⅴ・Ⅵのコルから前穂高岳まで

3時間で登り切りました。


イメージ 14


イメージ 15


明神岳の主稜がよく見えます。


イメージ 16


前穂高山頂から岳沢までは

鎖場や梯子ががくさんある難所です。

最後まで気を抜かずに下山しましょう。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


ゴール地点の上高地が見えてきました。


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


前穂高岳から丁度2時間で岳沢小屋に到着。


イメージ 24


ここまで下山すればもう安全地帯。

ここでゆっくり休んで燃料補給しました。


お一人は岳沢小屋に宿泊されるので

固い握手で分かれて

私たちは上高地へと向かいます。


イメージ 25


もう一人の方は

かなり歩きなれている方なので

早歩きで下山して

約50分で上高地に到着しました。


イメージ 26


上高地到着が18:25。

05:35に上高地をスタートしてから

12時間50分で前穂高岳/北尾根日帰りガイドが終了です。


夜からは雨になってきたので

貴重な好天の日帰りアタックとなりました。


参加した方は

目標だったルートを

悪天候の合間を縫って

好条件で無事に完登できて

本当に喜んでいただけました。


今日は1日お疲れ様でした。


イメージ 27


イメージ 28

前穂高岳/北尾根日帰りガイド(1/2)

2017年8月14日(月)曇り


今日は間へ穂高岳/北尾根のガイドです。


今月は 明神岳/東稜、八ヶ岳/小同心クラックと続いて

3回目のアルパインクライミングルートガイドになります。


丁度、お盆休みと言うこともあって

涸沢を早朝に出発しても

北尾根が大渋滞することが予想されます。


酷い時にはⅢ峰の取付きで2時間待ちとか

時間待ち敗退したりするパーティもいます。


そのため時間差アタックをかけることにして

少しタフな行程になりますが

上高地から涸沢を素通りして

初日に北尾根をアタックすることにしました。


その後、岳沢に下山して

お一人の方は岳沢小屋泊、

もう一人の方は上高地まで日帰りで下山する計画です。


ただし釜トンネルの閉鎖の時間があるので

釜トンネルが閉まる前に下山しなければならないと言う

時間制限があります。


今回参加していただくお二人は

何度もクライミング講習会や

アルパインクライミングルートガイドに参加していただいている方で

技術、体力ともに問題ありません。


河童橋でお決まりの写真撮影をして 05:35 にスタートです。

下界は雲がかかっていますが

稜線は見えているので徐々に雲も撮れてくると思います。


イメージ 1


イメージ 2


途中の池に鴨の親子がいました。


イメージ 3


横をまで一気にあるいてトイレ休憩して

すぐに涸沢に向けて出発です。


イメージ 4


以前に何度も登った屏風岩が見えてきました。

昔は、お盆と言えばかなりのクライマーで賑わっていましたが

今日は1パーティが登っていただけです。


イメージ 5


本谷橋は凄い人数の登山者で賑わっていました。


イメージ 6


上高地から4時間25分で 10:00 に涸沢ヒュッテに到着。

だいたい予定通りの行動です。


イメージ 7


いつもクライミング講習に来ていただいている方と

偶然にもお会いしてビックリ。

9月にはこの方と北尾根を登る予定です。(^^)


イメージ 9


大休止&燃料補給をしてから北尾根へ出発。


イメージ 8


北穂東稜のゴジラの背が良く見えています。


イメージ 10


正面左が前穂、真中が吊り尾根、右が奥穂です。


イメージ 11


スタートは雪渓を少し登ってⅤ・Ⅵのコルへ向かいます。


イメージ 12


綺麗な花がたくさん咲いていました。


イメージ 13


イメージ 14


しばらく雪渓を登ってから

しっかりとしたトレースを登ります。


イメージ 15


真中がⅤ・Ⅵのコル。

あともう少し。


イメージ 16


Ⅴ・Ⅵのコルでハーネス等を装着して

11:56にⅤ峰の登攀開始。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


Ⅴ峰の登りは少し急な所もありますが

しっかりとしたトレースがついています。


イメージ 20


真中に奥又白池が見えますね。


イメージ 21


Ⅳ峰が近づいてきました。


イメージ 22


イメージ 23


時々、雲がかかってきます。


イメージ 24


イメージ 25


ここでも花に癒されました。(^^)


イメージ 26


どこでも登れそうな感じはしますが

しっかりとルートファインディングをしながら

真中のリッジ周辺を登って行きます。


イメージ 27


イメージ 28


上部は涸沢側に少し回り込んで

ここを登りました。


イメージ 29


少し一休み。


イメージ 30


結構な傾斜ですがホールドは大きいので

慎重に登れば問題ありません。

しかし大きな浮石もあるので要注意。


イメージ 31


Ⅳ峰上部。

左下に涸沢ヒュッテとテント村が見えます。


イメージ 32


Ⅳ峰を越えたら

核心のⅢ峰が見えてきました。


イメージ 33


(2/2)へ続く。。。


イメージ 34


イメージ 35

広沢寺クライミング基礎講習会

2017年8月10日(木)曇り~雨


今日は4名参加でクライミング基礎講習会を開催です。

男性お一人は

昨日の地図&コンパス講習と

トップロープクライミング講習に参加いただいていて

2日連続の参加です。


女性お一人は

わざわざ長野から講習に参加していただきました。


天気予報では曇りだったのですが

小雨が降ったりやんだりの状況です。


基礎講習会はほとんどが技術講習のため

雨の当たらない木陰で実施します。


まずは各種ギアの説明。


イメージ 1


そしてザイルの結び方を各種。


イメージ 2


イメージ 3


細かい注意点をメモを取りながら。


イメージ 4


ビレーポイントでのセルフビレーの取り方。


イメージ 5


各種ビレー方法を反復練習します。


イメージ 6


イメージ 7


そして実際の墜落を止めます。


イメージ 8


状況を変えながら墜落を止めます。


イメージ 9


そしてビレーポイントで懸垂下降に移る手順。


イメージ 10


昼過ぎまでかけて

技術講習をミッチリと実施しました。


午後からは30m岩壁でクライミング練習です。


イメージ 11


雨が降ったりやんだりしていますが

岩場は木陰になっていて

岩が少し湿っている程度なので

登るのには全く支障はありませんでした。


イメージ 12


お互いにビレーをしながら

登り方の練習を繰り返します。


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


50m岩壁は

かなり濡れてきていましたので

残念ながら登れませんでした。


その代り

ご質問のあった引き上げなどの技術を

色々と説明しました。


イメージ 24


安全面や細かい技術まで

色々と覚えていただきましたので

皆様には講習に満足していただけたようです。


今日は1日お疲れ様でした。(^^)


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27

広沢寺トップロープクライミング講習会

2017年8月9日(水)晴れ


午前の地図&コンパス講習会が終了してから

広沢寺の岩場へ移動して

トップロープクライミング講習会を開催です。


午前に参加していただいたお二人と

もう一人が追加参加で三人でとなりました。


トップロープクライミング講習会では

細かい技術講習ではなく

とにかく登りだけを集中して練習していただきます。


イメージ 1


この岩場は

午前中はかなり太陽が当たりますが

午後からは日陰になるので

気温は高いですが

登るのにはちょうどいい感じでした。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

イメージ 13


あちこちと登っていただいて

最後はこの凹角です。


イメージ 8


ホールドが細かいので

皆さん、ちょっと苦戦していました。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


ムーブをよく考えながら登ってもらうと

なんとか最後まで登りきることができました。


イメージ 14


イメージ 15


今日の岩場は貸切だったので

心置きなくたくさん登っていただきました。


今日は朝から暑い中お疲れ様でした。(^^)


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18
ギャラリー
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
  • 2020.09.18 広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ