2019年03月

2019.03.20 谷川岳/西黒尾根

2019年3月20日(水)晴れ

今日は谷川岳を西黒尾根から登ります。
天気予報では気温も高く風もないとのこと。
絶好の雪山日和です。

DSC_1876

指導センターの裏からすぐに急な雪壁登りが始まります。

DSC_1879

鉄塔まで登ると傾斜が落ちてくるので一息つけます。

DSC_1880

DSC_1883

途中に雪洞を掘った後がありました。

DSC_1884

尾根の樹林地帯を登って行くと谷川岳山頂が見えてきました。

DSC_1887

DSC_1890

太陽が照りつけて雪の照り返しもあって暑いくらいですね。

DSC_1893

尾根の南側には雪庇ができています。

DSC_1894

DSC_1899

DSC_1903

傾斜が急になってきた所でロープで確保。

DSC_1908

雪庇の右側を歩いて行きます。

DSC_1910

山頂がだんだんと近づいてきました。

DSC_1912

DSC_1915

去年はこの下の雪庇で滑落した登山者がいました。

DSC_1920

白毛門岳方面。

DSC_1924

西黒尾根の上部にあるザンゲ岩が見えてきました。

DSC_1925

DSC_1929

傾斜も強くなってきましたが
今日は雪質がいいので登りやすいです。
これがカリカリになっているとかなり危険な場所です。

DSC_1933

DSC_1936

ザンゲ岩まであとひと登り。

DSC_1937

山頂付近には大きな雪庇ができています。

DSC_1940

DSC_1941

DSC_1942

DSC_1945

左側の岩がザンゲ岩。
この横を登りきると傾斜が落ちてきます。

DSC_1946

DSC_1948

DSC_1950

DSC_1952

この尾根を登って来ました。

DSC_1953

稜線まであともう少し。

DSC_1956

右がオキの耳。

DSC_1959

ここまで来たら山頂はもうすぐです。

DSC_1968

約3時間40分で山頂に到着。

DSC_1969

山頂は無風快晴で暑いくらいです。
360度の絶景を楽しめました。

DSC_1974

DSC_1976

DSC_1979

DSC_1984

週末なら大勢の登山者が連なっている天神尾根も
今日はガラガラです。

DSC_1985

DSC_1986

今日は雪のコンディションも良く
スキーがあれば最高ですね。(笑)

DSC_1988

この穴の中に避難小屋の入口があります。

DSC_1991

西黒沢の下部。

DSC_1995

右側の稜線が今日登った西黒尾根。

DSC_1998

DSC_1999

DSC_2001

山頂から1時間ちょっとで天神平に到着。
ここからロープウェイで下山しました。

DSC_2002

今日は天気に恵まれて素晴らしい雪山を堪能することができました。
やっぱり山はこんな日に登りたいですね。(^^)

バナー1

バナー3

2019.03.18 西穂高岳(ピラミッドピーク)ガイド

2019年3月18日(月)晴れ

今日はS原さんをご案内して
マンツーマンで新穂高ロープウェイから西穂高岳ガイドを日帰りでガイドします。

昨日も雪が降っていたおかげで
松本から新穂高温泉へ向かう道路はアイスバーンが続いて危ない状況でした。
稜線も雪で真っ白です。

S原さんが都合で到着が遅れてしまったため新穂高ロープウェイの出発が11:00。
この時間では西穂高岳までは無理なので行ける所まで行く事になりました。

DSC_1870

新雪がかなりつもっていて積雪量も多いです。

DSC_1872

DSC_1873

西穂高岳の稜線が見えてきました。
ここから見ると結構遠いですね。

DSC_1875

DSC_1880

新穂高ロープウェイ駅から西穂山荘までは約50分。
なかなかいいペースです。

DSC_1881

DSC_1883

乗鞍岳。

DSC_1889

西穂山荘では休憩することなく
装備を付けて出発。
まずは丸山への登り。

DSC_1891

DSC_1894

青空が本当に綺麗です。

DSC_1895

DSC_1896

奥に見えるとがったピークがピラミッドピーク。

DSC_1897

笠ヶ岳。

DSC_1898

ピラミッドピークをバックに。

DSC_1900

手前が独標、奥がピラミッドピーク。

DSC_1903

遠くに白山が見えます。

DSC_1905

焼岳と乗鞍岳。

DSC_1906

S原さんが去年登った独標まで来ました。

DSC_1907

DSC_1909

DSC_1913

左が奥穂高岳~吊り尾根~前穂高岳。

DSC_1917

前穂高岳。

DSC_1918

遠くに富士山も見えました。

DSC_1923

上高地~大正池。

DSC_1924

飛行機雲が一直線。

DSC_1927

時間はもう13:00なので、
そろそろ引き返さないとロープウェイの最終に乗れなくなります。
独標で引き返しても良かったのですが
S原さんが頑張るのでピラミッドピークまで行きたいとのこと。
手前のピークがピラミッドピークです。

DSC_1908

引き返すタイムリミットを14:00にして独標を出発。
ここからは悪路が続きます。
後ろが独標。

DSC_1928

なんとかピラミッドピークまで登りました。
後ろには西穂高岳が見えています。
予定通りの時間に出発できていれば西穂高岳まで登れたのですが
今日はここで引き返します。

DSC_1930

DSC_1935

独標を目指してクライムダウン。

DSC_1938

安全地帯まで降りてきて一安心。

DSC_1940

西穂山荘からロープウェイ駅までは30分で下山。
最終の20分前には余裕で到着しました。
ロープウェイから見える西穂高岳。

DSC_1941

槍ヶ岳も見えました。

DSC_1942

ロープウェイの乗り換えをしようとしたら
下のロープウェイで何かを撒かれて警察が現場検証をしていて
運行停止しているとのこと。。。
40分ほど待たされてバスが迎えにきました。

DSC_1943

DSC_1944

ロープウェイ乗り場では警察、消防、救急車、報道陣、取材ヘリが数機飛んでいて
騒然としていました。

どうやらお客がもっていたクマよけスプレーが噴射してしまったらしいです。

DSC_1945

おかげでかなり下山が遅れてしまいました。
今夜は茅野のホテルに宿泊です。
いつもの行きつけのお店が定休日だったため
初めてのこのお店へ行く事に。。。

DSC_1947

まずは乾杯。

DSC_1948

モツの味噌煮。

DSC_1949

炙りしめ鯖。

DSC_1950

今夜は長野の地酒をいただきます。

DSC_1951

牡蠣のベーコン巻。

DSC_1952

イワシの刺身。

DSC_1953

ツクネ。

DSC_1954

DSC_1955

DSC_1956

お店へ入るのが遅かったため1時間しか飲めなかったのが残念でした。
〆はやっぱりラーメンですね。
ホテルの近くにある一風堂へ。

DSC_1957

DSC_1960

DSC_1958

今日は朝も早かったためホテルでゆっくりと就寝です。
快晴の素晴らしい青空の下での雪山登山で
S原さんも大満足していました。
来年は西穂高岳まで登りましょう。
今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.03.16 広沢寺クライミング基礎講習会

2019年3月16日(土)晴れ

今日は広沢寺でクライミング基礎講習会を開催です。
今回参加のお2人は北岳バットレスを登るのが目標で
クライミングを基礎からしっかりと学びたいとのことです。
まずはクライミング基礎講習会で
クライミングのイロハを学んでいただきます。

まずは各種クライミングギアの説明。

P3160001

ザイルの結び方各種。

P3160004

P3160006

P3160009

安全なセルフビレーの取り方。
こんな1本のボルトに全体重をかけるのは絶対にダメです。
抜けたら終わりですね。

P3160012

トップのビレー、トップロープのビレー、ロワーダウンが
確実にできるようになるまで反復練習をします。

P3160015

リードのビレー中にロープが絡んだ場合の治し方。

P3160017

ビレーする顔も真剣ですね。

P3160024

懸垂下降の手順。

P3160029

実際に垂直の壁での墜落を止めてもらいます。
色々な場面を想定して手の位置を変えながら
絶対にやってはいけないビレーを学んでもらいます。

P3160031

最後にトップロープをセットしてクライミング練習です。

P3160033

お互いの安全確認は確実に。

P3160035

ビレーもお互いにやってもらいます。

P3160036

P3160039

P3160040

ロワーダウンの姿勢もしっかりと。

P3160043

P3160046

P3160048

P3160053

P3160055

P3160057

P3160059

今度は少し難しい壁でクライミングの練習。

P3160067

P3160069

P3160071

これから秋の北岳バットレスを目指して
各種講習会で技術を学んでいただきます。
次の講習会までに今日の内容の復習をお願いします。

今日はお疲れ様でした。

P3160072

バナー1

バナー3

2019.03.15 広沢寺リードクライミング講習会

2019年3月15日(金)曇り

今日はお広沢寺でリードクライミング講習会です。

この講習会はゲレンデでリードしてトップロープをセットし
回収するまでの手順を身に付けます。

まずはビレーポイントの作成方法。
固定分散と流動分散のメリット、デメリットを覚えてもらい
適切なビレーポイントを作成します。
支点が1本抜けた場合のシュリンゲの伸び方を比較。

P3150001

流動分散では固定分散より伸びます。
と言って固定分散が絶対に良いとは限りません。

P3150002

固定分散は支点が抜けた後の事を考えて作成しますが
流動分散は支点が抜けないようにすることを考えて作成します。
当然、支点が貧弱な場合、又はトップロープをセットして登るラインによって
墜落した時の荷重がかかる位置が変わる可能性があるときなどは
流動分散にして均等に荷重がかかるようにするのが優先です。

トップロープをセットし多時に岩角にザイルが当たる場合などは
シュリンゲの長さを変えて調整します。

P3150003

オーバーハンドノットの固定分散。

P3150007

インクノットの固定分散。

P3150010

木や枝などを使った流動分散。

P3150012

リードの手順などを細かく練習をしてから
簡単なルートで実際のリードをやります。

P3150017

トップロープのセット。

P3150027

ハンガーボルト&チェーンの支点で
ロープの掛け替えでの回収。

P3150030

P3150031

P3150033

P3150034

次はルートを変えて実施します。

P3150077

P3150081

P3150086

P3150087

P3150091

ハンガーボルト&リングが2個の支点でのロープの回収。

P3150092

よくリング1個で下降しているクライマーを見かけますが
必ず2個のリングにロープを通さなければなりません。
1個では抜けたら終わりです。

P3150093

P3150094

DSC_1849

今日はリードでの手順を一通り学んでいただきました。
あとは反復練習をお願いします。
今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3


2019.03.14 八ヶ岳/南沢大滝アイスクライミング講習会

2019年3月14日(晴れ)

今日は3人にご参加いただいて
南沢大滝でアイスクライミングガイドです。
数日前に降った雪で赤岳鉱泉前もこんな状態です。

DSC_1777

気温もかなり下がっていて2月の厳冬期並みになっています。
南沢に向かっていると日本カモシカが登山道にいました。

DSC_1781

南沢大滝への分岐からは膝のラッセル。

DSC_1782

大滝の下部も雪に覆われていました。

DSC_1784.1

雪もこんなに深いですよ。
3月中旬とは思えないです。

DSC_1784.2

DSC_1784

DSC_1786

さっそくリードしてトップロープをセット。
気温が低くて指の感覚がなくなって大変です。(笑)

DSC_1789

まずはG藤さんから。

DSC_1791

DSC_1795


DSC_1796.2

DSC_1796.0

DSC_1796

N村さん。

DSC_1799

DSC_1801

DSC_1802

DSC_1803

DSC_1806

DSC_1810

N野さん。

DSC_1811

DSC_1814

DSC_1830

みなさん無事に完登しました。

DSC_1834

1人2回ずつ登って終了しました。

寒くて指が痛くなりみなさん大変だったようです。(^^)

DSC_1835

これで今シーズンのアイスクライミングは終了しました。
また来年が楽しみですね。
今日はお疲れ様でした。

DSC_1836

DSC_1837

八ヶ岳も真っ白になっていました。

DSC_1842

帰る途中でSTUMPでステーキタイム。(^^)

DSC_1844

バナー1

バナー3


ギャラリー
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ