2020年07月

2020.07.19 CJ-1菖蒲谷

2020年7月19日(日)晴れ~曇り

今日はCJシリーズの開幕戦でCJ-1菖蒲谷を走ります。

7月17日(金)に出発して京都で1泊して地酒を楽しんでから菖蒲谷へ。

18日(土)はコースの試走。久しぶりに迷彩ジャージで走りました。

DSC_0977

試走が終わってからは姫路で1泊。

レース前の燃料補給で播磨の地酒を堪能しました。(笑)

京都と姫路の夜の詳細は後ほど。(笑)

今回のコースはかなりタフでテクニカルなコース。

下りは慎重に下らないとコースアウトや前転は確実なのでオーバースピードに要注意。

登りも北壁はかなりの激坂で、乗って登るためにはパワーとペダリングスキルが必要です。

今回は32名が出走。

私の今年のゼッケンは207で招集は2列目。

スタートは11:45。

薄日が差してきて気温も30度近くあって湿度もかなり高く、暑いのが苦手な私にとっては超厳しいコンディションです。

周回数はスタートループ+5周とかなりの長丁場のレース。

DSC_0978

あの激坂の北壁を5回も登ると思うと憂鬱になってきます。(笑)

スタートはダブルトラック。

002

003

この歳になるとスタートダッシュは苦手なので7~8番手ぐらいで湖畔のコースへ。

50歳代でトップを走っている酒居さんの背中を追いかけます。

004

緩い登りと下りで湖畔へ戻り、ここから長い登り。

激坂を登り切って心拍数が上がっている所でテクニカルな激下りへ。

ちょっと焦ってしまい、ペダルが外れて危うくコースアウトしそうになりましたがなんとかリカバリー。

ロックセクションやジャンプ台が何カ所かありますが、飛んでもタイムはほとんど変わらないし、失敗した時のリスクが高いので全てエスケープ。

怪我をしたら体資本の仕事に差し支えますから。。。(笑)

005

006

007

スタート地点まで下ってまたまた登り。

ここは比較的短めです。

奥まで登ったら緩やかな下りの左コーナーでいきなり激坂。

激坂が見えないのでシフトチェンジを忘れると登れなくなります。(笑)

登り切ったらまたテクニカルな激下り。

降り口で木の根っこがあるので侵入角度を間違えて滑ったら下まで転がって行きます。

おまけに激坂でS字コーナーになっていて、ブレーキングをしっかりとやらないとコースアウトは確実。

008

009

010

すぐに前を走っていた大橋さんが突っ込みそうになりましたがなんとかリカバリー。

しかし次のコーナーで勢い余ってコースアウトしてしまいました。

ぶつからずにかわして前に出ました。

下りきったら林道を横切って最後のシングルトラックへ。

ジャンプ台の横をすり抜けたらスタート地点へ戻ってスタートループが終了。

ここから本コースの5周が始まります。

林道を上っていくとチームフィードがあるので奥さんから冷水を受け取りまずは飲みましたが、焦って飲んだので気管に入って呼吸困難に。。。(笑)

残りは掛水にして水浴び。

林道の途中から下りが始まり、バンクやジャンプのあるジグザクコースを抜けるとまた林道に出ます。

この出口に側溝があって蓋がないのでジャンプして上手くかわさないとパンクします。

今度は太陽の当たる林道のヒルクライム。

そしてシングルトラックへ入ったらすぐに北壁の激坂ヒルクライム。

ラインを上手く取ってタイヤが空回りしないようにペダリングしないと止ってしまいます。

もう熱気がたまっていて汗だくで頭もクラクラ。

登り切ってジャンプ台のある激下って林道から湖畔のシングルトラックへ。

赤坂さんが前を走っているので背中を追いかけます。

50歳代でトップの酒居さんはもう見えなくなりました。

私は50歳代では現在2位。

ミスも無く走りきって2周目へ。

フィードの掛水で熱い体を冷やすと生き返ります。

今度はゆっくと水を飲んで。。。(笑)

ダブルトラックで大橋さんが追いついてきました。

澤田さんも追い上げてきています。

011

ダブルトラックを大橋さんと話しをしながら登っていたら、大橋さんがスローパンクしたと言っています。

林道へ出るところの側溝でやってしまったのかも?

北壁の激坂の手前で大橋さんを見送って激坂へ。

赤坂さんの背中はまだ見えているので追いかけて段々と近づいてきました。

そして3周目へ。

012

013

014

裏の林道ヒルクライムで澤田さんが追いついてきて先行されました。

今度は澤田さんを追いかけます。

登りで少し離されましたが下りで追いついて次の登りで追い抜きます。

途中で赤坂さんも抜きました。

015

いつもならこの高温多湿の条件だと、レース中盤で黄金のタレでかなりスピードダウンしてしまうのですが、Zwift練習の成果が出たのかまだ快調に足が回っています。

4周目に入った所で澤田さんにまた抜かれたのでまた追いかけていきます。

016

017

018

裏の林道の登りから北壁のあたりでさすがにペースが落ちてきて澤田さんを見送ってしまいました。

これで現在、50歳代で3位。

後は最後の1周をミス無く走りきるだけ。

途中の登りで足が攣って止っている選手が何人かいました。

この暑さと激坂では仕方ないですね。

019

5回目の北壁の激坂は歩きたいぐらい辛かった。。。(笑)

激下りもミスをしないように慎重に。

そして長かったレースも終わってゴール!!

総合7位/50歳代3位入賞です。

021

いや~本当に暑くて辛いレースでした。

タイムは1時間32分。

普通のレースなら1時間で終わるのですが1.5倍は走りましたよ。

そして表彰式。

久しぶりの表彰台です。

マスク着用になりました。(^^)

022

023

リザルト

今回の気温の高さでは、いつもなら途中で大幅にペースダウンしてしまって絶対に表彰台には立てないのですが、今回はそれほどタレる事も無く最後まで走り切れたので自分でもビックリしています。

5月末からコロナの影響でZwiftを始めて外を走ることはすっかり無くなってしまいました。

レースの前に外でMTBに乗ったのは1ヶ月ぐらい前になります。

Zwiftでは暑さに体を慣らすためにエアコンは使わずに扇風機だけ。

かなり熱気が溜まってくるのでZwiftマットに汗の大きな水たまりができます。

1時間前後の登りの多いコースのレースを2日間走って1日休養の繰り返しでトレーニングをやっていました。

おかげでずいぶんと暑さに体も慣れてきたようです。

やはりレースペースで練習していると暑くても粘りのある走りができる様になりますね。

これからもZwiftが中心のトレーニングを続けて行きたいと思います。

次回のレースは9月末の下関ですが、こんなご時世なのでどうなるか??ですね。

もう還暦まで1年半となりましたがまだまだ頑張りますよ!!(笑)

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

暑い中でフィードをやってくれた奥様にも大感謝です。

レース参加の皆様、お疲れ様でした。

また次回もよろしくお願いいたします。(^^)

今夜は近江八幡で泊まって近江の地酒を攻めます。(笑)

バナー1


バナー3

2020.07.16 【クライマー虎の穴】トップロープクライミング講習会

2020年7月16日(木)曇り

今日は奥多摩の越沢バットレスでクライミング講習会の予定でしたが、明け方まで雨だったため【クライマー虎の穴】に変更となりました。

G藤さんとN野さんは【クライマー虎の穴】は2回目です。

1回に2本登ってもらって練習開始。

DSC_0910

DSC_0911

DSC_0912

小さい壁ですがホールドは約300個着いていてルートは27本設定してあります。

DSC_0913

DSC_0914

DSC_0915

ウォーミングアップが終わったら少しずつグレードを上げていきます。

DSC_0916

DSC_0917

DSC_0918

DSC_0919

DSC_0920

DSC_0921

DSC_0922

DSC_0923

DSC_0924

DSC_0925

G藤さんには最後にルートを1本設定してもらいました。

DSC_0926

DSC_0927

なかなか外岩が登れませんが、来週こそは梅雨明けして岩場に行きたいですね。

今日はお疲れ様でした。

DSC_0928

バナー1


バナー3

2020.07.15 【クライマー虎の穴】マルチピッチクライミング(中級)講習会

2020年7月15日(水)雨

今日は広沢寺でマルチピッチクライミング(中級)講習会の予定でしたが雨のために【クライマー虎の穴】に変更となりました。

今月のクライミング講習会は8回目ですが、そのうち6回が【クライマー虎の穴】での開催となっています。

雨での講習会ができるのは本当に助かります。

今日の参加は先週にマルチピッチクライミング(初級)講習会を受講された方です。

ロープワークの復習をしてクライミングボードを2ピッチで登ります。

まずはロープの結び方の順番。

RIMG4851

ビレーポイントを作成してセカンドの確保。

作成はどんな状態のビレーポイントにも対応できる様に安全確実でシンプルに。

RIMG4854

ここからボードへ移ります。

RIMG4858

6mのボードですが2ピッチで登ることができます。

ビレーポイントではハンギングビレーになります。

ハンギングビレーではボルト1本にぶら下がるのは厳禁(抜けたら終わりです)なので必ず2本から均等にセルフビレーを取ります。

その後、流動分散でビレーポイントをセットし加重を移し替えます。

RIMG4859

セフルビレーはメインロープで。

デイジーチェーンなどはテンションがかからないようにバックアップにします。

RIMG4860

セカンドが登ってきます。

RIMG4861

今回はオールリードなので、セカンドにロープを渡してまたリードします。

RIMG4862

ボード上部のテラスでビレー。

RIMG4863

RIMG4864

意外と景色がいいですよ。(笑)

RIMG4865

次は同ルートの懸垂下降手順。


RIMG4868

RIMG4869

2ピッチで懸垂下降することもできますが、今日は1ピッチで。

RIMG4870

チェーンなどで繋がっていないこのようなケミカルボルトの場合での懸垂下降は、必ずボルト2本にロープをセットします。

RIMG4872

最後にもう一度、ビレーポイントでのロープワークの復習。

RIMG4876

RIMG4877

最後にボードでルートを登ってもらいました。

RIMG4878

細かいホールドが多いので意外と難しいです。

RIMG4879

RIMG4881

腕がパンプするまで登っていただきました。

次回は三ツ峠でマルチピッチクライミング講習会の予定です。

いい加減に梅雨明けしてスッキリ晴れて欲しいですね。

今日はお疲れ様でした。

RIMG4883

バナー1


バナー3

2020.07.12 丹沢/葛葉川本谷 沢登りガイド

2020年7月12日(日)曇り

今日は3人にご参加いただいて、今年最初の沢登りガイドとなりました。

何度か計画はしていましたが連日のあめで増水しているため全て中止。

今日は久しぶりに雨も止んで晴れ間も見えています。

早速、準備をして出発。

RIMG4738

沢のスタート地点は駐車場から2分ほど。

RIMG4739

ずっと雨が降っているため水量は通常よりもちょっと多めですが、沢登りするには問題ありません。

RIMG4741

S木さんは沢登り初体験。

RIMG4744

女性お二人は2年前に水無川本谷をガイドしています。

RIMG4749

RIMG4750

RIMG4756

いつもなら水がかからない場所ですが、今日は水量が多いのでシャワークライミング。

RIMG4757

RIMG4759

RIMG4760

RIMG4763

この滝は通常なら水流の中を登るのですが今日は無理。(笑)

RIMG4765

RIMG4768

RIMG4769

RIMG4773

ここは左岸の岩壁を登ります。

RIMG4779

抜け口が滑りやすいので要注意。

RIMG4781

RIMG4785

RIMG4787

林道下の3段の滝。

RIMG4790

ここもかなりのシャワークライミングです。

RIMG4791

エスケープルートはここから林道に上がって登山道を下山しますが、今日は最後まで遡行して三ノ塔へ向かいます。

RIMG4798

まだまだ滝は続きますよ。

RIMG4801

RIMG4805

RIMG4807

RIMG4811

富士型の滝。

RIMG4814

RIMG4815

ここは高さはありますが簡単です。

RIMG4817

RIMG4819

水も少なくなって沢の遡行ももうすぐ終了。

RIMG4826

RIMG4828

RIMG4829

RIMG4832

ここから沢を離れて右岸の尾根を登っていきます。

RIMG4835

RIMG4836

RIMG4838

仕事道がしっかりと付いているので歩きやすいです。

RIMG4840

RIMG4841

急登を登り切ったら登山道に出るので三ノ塔へ向かいます。

RIMG4843

三ノ塔では雲がかかっていて下界は少しだけしか見えませんでした。

久しぶりに来たら、避難小屋が新築されてトイレもできていてビックリ!!

RIMG4844

秦野方面の市街地が見えてきました。

RIMG4847

下山は二ノ塔まで行って二ノ塔尾根を下ります。

RIMG4848

ニノ塔までは全て階段。

RIMG4849

皆さん、トレイルランナーなので小走りで二ノ塔尾根はあっという間に下山しました。(笑)

登りも早かったので全行程で4時間はかかりませんでしたよ。

RIMG4850

今日は快適な沢登りを楽しんでいただけました。

梅雨明けして暑くなったらまた登りに行きたいですね。

今日はお疲れ様でした。

バナー1


バナー3

2020.07.11 【クライマー虎の穴】トップロープクライミング講習会

2020年7月11日(土)曇り~雨

今日は広沢寺でトップロープクライミング講習会の予定でしたが雨予報のために【クライマー虎の穴】に変更となりました。

今月は【クライマー虎の穴】での講習会は5回目になります。

梅雨時なので仕方ないですね。(笑)

E先さんは【クライマー虎の穴】は初めてです。

簡単な所から練習開始。

RIMG4722

RIMG4724

RIMG4725

RIMG4726

調子よく登っているところで雨が降り出してきました。

途中でゲリラ豪雨に。。。

タープを張って登っていましたが突風が吹いてきて一度外れてしまいました。

107916613_2995003640612641_693821385156655377_o

補強してタープを張り直して練習を続行。

RIMG4727

RIMG4729

今度は風にも負けず外れることはありませんでした。

RIMG4730

RIMG4732

RIMG4733

RIMG4734

RIMG4735

RIMG4736

梅雨明けもまだ先になりそうですね。

【クライマー虎の穴】の講習会もまだまだ続きそうです。

今日はお疲れ様でした。

バナー1



バナー3
ギャラリー
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ