山岳ガイド

2022年9月7日(水)山岳気象講習会

今日はMTB講習会の予定でしたが雨のために中止。

溜った事務仕事をしていると、常連のお客様2人から天気図の読み方の講習をしてほしいと以来がありました。。。

特に公募をして気象講習会をやっている訳では無いので資料とかも無いため、ネットで見る事の出来る各種専門天気図などの読み方や気象の基礎を解説することにしました。

そして、各種データを使っての天気予報の出し方などを勉強していただきました。

305666367_5295261707253478_9128715079732744224_n

まずは気象庁のホームページで見られる各種データの解説をして、高層天気図など各種専門天気図を使っての山岳地帯の予報の出し方の手順を見てもらいました。

305620347_5295261813920134_3399638030342280711_n

気象の基礎からしっかりと勉強していかないと、天気予報はそう簡単には自分で出す事はできません。

まずは気象に興味をもっていただいたので、これから少しずつ勉強していって下さい。

バナー1

バナー3
 

2022年9月4日(日)八ヶ岳/小同心クラックガイド

今日は8月31日(水)に引き続き、今週2回目の八ヶ岳/小同心クラックガイドです。

昨日の雷雨も収って朝には素晴らしい天気になりました。

八ヶ岳に向かう途中での景色。

蓼科山から北八ヶ岳方面。

 DSC_1475

富士見パノラマ方面。

DSC_1476

甲斐駒ヶ岳から鋸岳方面。

DSC_1477

八ヶ岳全景。

PXL_20220903_213731540.MP

赤岳山荘の駐車場は満杯だったので1段下の小屋の駐車場へ。

07:40に出発。

RIMG9719

樹林地帯の苔が綺麗です。

RIMG9721

トリカブトがたくさん咲いています。

RIMG9722

北沢。

RIMG9724

RIMG9725

大同心、小同心が見えてきました。

RIMG9726

1時間ちょっとで赤岳鉱泉に到着。

休憩は無しでそのまま大同心稜へ。

RIMG9727

一度、大同心沢に入ってから大同心稜を登って行きます。

RIMG9729

RIMG9730

樹林地帯を抜けると大同心、小同心が大きくなってきました。

RIMG9731

阿弥陀岳と中岳。

RIMG9733

ここでちょっと一休み。

RIMG9734

阿弥陀岳北稜。

RIMG9735

これから登る小同心。

RIMG9737

大同心雲稜ルートを登っているパーティがいました。


RIMG9739

RIMG9741

大同心の基部をトラバース。

RIMG9744

小同心クラックの取付きに着いた時には2パーティが待機中でした。

私たちの前のパーティが先を譲ってくれたので先行することになりました。

ありがとうございました。

このパーティの次に登ります。

RIMG9748

RIMG9749

準備して登攀開始。

RIMG9750

RIMG9751

ビレーポイントは広いので先行パーティと並んでビレー。

RIMG9754

RIMG9756

RIMG9758

RIMG9759

RIMG9760

1ピッチ目終了点。

RIMG9761

2ピッチ目は凹角を登りますが残置支点は1本のみ。

RIMG9762

RIMG9764

RIMG9765

2ピッチ目の終了点。

RIMG9767

もう少しで小同心の頭。

RIMG9768

RIMG9769

RIMG9770

小同心の頭はガスの中。

RIMG9771

ザイルをまとめて少し歩いて最終ピッチ取付きへ。

先行パーティがフィックスロープを張っていたので右側のラインから登ります。

RIMG9772

RIMG9774

簡単ですが残置支点は無いので要注意。

RIMG9775

雲の合間から青空が見えてきました。

RIMG9777

小同心の頭からの稜線。

RIMG9778

あともう少しで横岳山頂。

RIMG9779

11:30頃に横岳山頂に到着。

かなりいいペースでしたね。

RIMG9781

RIMG9783

雲の合間から景色が少し見えました。


RIMG9784

RIMG9785

RIMG9786

硫黄岳方面に少しくだってから大同心稜を下ります。


RIMG9787

RIMG9789

クライムダウンを交えながら。


RIMG9790

1カ所だけ懸垂下降。

RIMG9792

大同心南稜を登るパーティ。

このパーティは途中で登れなくなって救助要請し翌日に救助されたそうです。

RIMG9796

そんな状況になっているとは知らなかったので大同心の基部を通過して下山。

RIMG9798

RIMG9799

大同心の基部からは、登ってきた大同心稜を下山します。

RIMG9800

お二人とも健脚なので、赤岳山荘に下山したのは13:40分頃とかなり早いペースでした。

ガスが多かったですが予定通り小同心クラックを登る事が出来ました。

今度は冬ですね。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2022年8月31日(水)八ヶ岳/小同心クラックガイド

今日はお二人をご案内して八ヶ岳/小同心クラックガイドです。

最近は天候がかなり微妙な日が続いていて、今日も北には前線、南には台風とかなり不安定な天候になっています。

しかし丁度、八ヶ岳周辺は雲の切れ間になる感じで朝までは雨ですが日中は晴れ間も出そうな感じです。

甲府までは雨は降っていませんでしたが小淵沢から富士見あたりまではかなり強い雨。。。

しかし八ヶ岳山荘に着いた時には少し青空も見えていました。

雨を避けるために、出発をかなり遅らせて09:00頃に赤岳山荘の駐車場を出発し赤岳鉱泉へ。

 RIMG9616

トリカブトがたくさん咲いています。

RIMG9617

最初は稜線は雲の中で全く見えませんでしたが、段々と雲も上昇してきました。

RIMG9620

赤岳鉱泉で一休みしてから小同心を目指して出発。

RIMG9623

苔が綺麗ですね。

RIMG9624

ここから大同心稜へ。

RIMG9625

大同心の基部まではかなりな急登が続きます。

RIMG9627

雨が多かったのでキノコも多いですね。(笑)

RIMG9629

樹林地帯を抜けると大同心(左)、小同心(右)が見えてきました。

RIMG9636

今日はここを登ります。

RIMG9639

大同心の基部をトラバースして小同心へ。
RIMG9645

この辺りにもトリカブトがたくさん。

RIMG9647

大同心。

RIMG9648

RIMG9650

赤岳山荘をスタートして約3時間で小同心クラックの取付きに到着。

ルートはクラックと言うよりもチムニーと言った感じです。

RIMG9651

準備をして登攀開始。

ホールドも大きいのでアプローチシューズでOK。

RIMG9652

RIMG9654

浮き石に注意しながら登っていきます。

RIMG9655

RIMG9657

難しくはありませんが高度感が凄いです。

RIMG9658

H原さん。

RIMG9660

M崎さん。

RIMG9661

途中にもビレーポイントはありますが、ここまでロープを伸ばして1ピッチ目が終了。

RIMG9662

2ピッチ目は右に回り込んで凹角を登っていきます。

残置支点はほとんど無いので要注意。

RIMG9664

RIMG9665

2ピッチ目のビレーポイント直下。

RIMG9669

RIMG9671

RIMG9673

3ピッチ目のここが核心。

かなり被っていますがホールドはたくさんあるので慎重に登れば大丈夫。
RIMG9666

核心を越えたところ。

RIMG9674

3ピッチ目の上部。

RIMG9675

ここを登る切ると小同心の頭に出ます。

RIMG9677

RIMG9678

奥が横岳山頂。

沢山の一般登山者が手を振って声援を送ってくれました。(^^)

ここからロープを持って最終ピッチの基部まで踏み跡をたどって歩いて行きます。

RIMG9680

時々、雲がかかってきて視界が無くなりますが雨は大丈夫。

RIMG9683

いよいよ最終ピッチを登ります。

RIMG9684

簡単な登りですが残置支点はほとんど無いので慎重に。

RIMG9685

最後は横岳山頂のポールを使って確保します。

RIMG9687

RIMG9689

取付きから約1時間半ちょっとで横岳山頂に到着。

RIMG9691

やっぱり山頂に直接登れるルートは楽しいですね。

RIMG9692

山頂に着いたら雲が切れてきました。

さっきまでいた小同心の頭。

RIMG9693

横岳山頂で一休みしてランチタイム。

RIMG9694

下山は硫黄岳への稜線を少し歩いてから大同心稜を下ります。

RIMG9698

この先は足場が悪いので滑らないように要注意。

RIMG9700

このルンゼをクライムダウンを交えて下って行きます。

RIMG9703

慣れたクライマーならクライムダウンも出来ますが、ちょっと急傾斜なのでここだけ懸垂下降。

RIMG9704

最後は大同心の基部を回り込んでアプローチで登ってきた大同心稜を下ります。

RIMG9709

この辺りは浮き石が多いので上から落とさない様に。

RIMG9711

この辺りで雨がぱらっと来ました。

南アルプス方面は雨雲がかかってますね。

RIMG9714

キノコがたくさんありましたが全くキノコの知識は無いので採れないのが残念。(笑)

RIMG9717

RIMG9718

赤岳鉱泉で一休みしてから赤岳山荘へ下りました。

今日はタイミング良く雨の隙間をついて小同心クラックを登る事ができて本当に良かったです。

H原さんは前回は雨で中止になったのですが、これでやっと登れました。

M崎さんは関西の方で八ヶ岳を登るのは初めてだそうで、初八ヶ岳登頂が小同心クラックからになりました。

今週末はまた小同心クラックガイドの予定ですが、晴れる事を祈りたいと思います。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2022年8月21日(日)丹沢/葛葉川本谷エスケープルートガイド

今日は3人にご参加いただいて湯河原/幕岩でクライミング講習会の予定でしたが、残念ながら雨予報のために中止。

O沼さんが沢登りに変更していただけると言う事で丹沢/葛葉川本谷エスケープルートに行くことになりました。

 RIMG9476

雨の影響もあっていつもよりも水量が少し多いです。

RIMG9478

RIMG9481

RIMG9484

RIMG9487

RIMG9489

RIMG9491

ここはいつもは水はかからないのですが水量が多いのでいい感じでシャワークライミングになりました。

RIMG9496

小さい滝が連続して続いていて楽しいです。

RIMG9497

RIMG9499

RIMG9501

RIMG9502

RIMG9503

RIMG9505

RIMG9506

RIMG9507

RIMG9510

どこかの沢登りツアーが来ていました。

抜いてお先に登ります。

RIMG9511

RIMG9513

RIMG9515

RIMG9518

RIMG9520

核心の滝は左岸を登ります。

RIMG9521

RIMG9523

抜け口が核心。

RIMG9525

RIMG9526

RIMG9527

RIMG9528

エスケープルート最後の3段の滝。

RIMG9534

ここはかなり強めのシャワークライミングになりました。(笑)

RIMG9541

林道が出てきてエスケープルートは終了。

今日はお一人参加なのでペースも速かったです。

RIMG9542

RIMG9543

最後はここから林道へ出ます。

RIMG9545

やっぱり暑い日はシャワークライミングが気持ちいいですね。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2022年8月20日(土)三ツ峠マルチピッチクライミングガイド

今日は八ヶ岳/小同心クラックガイドの予定でしたが、予想よりも雨雲の接近が早くなったために中止して三ツ峠マルチピッチクライミングガイドに変更となりました。

朝は八ヶ岳もしっかりと見えていたので登れそうな気もしましたがアプローチ途中で雨になりそうな雰囲気がありました。

三ツ峠は昨日に引き続き2日連続です。

昨日は富士山は雲隠れしていましたが今日は良く見えています。

 RIMG9435

ルートは昨日と同じルートです。

RIMG9436

H原さんは三ツ峠は2回目、O沼さんは初めてです。

RIMG9437

土曜日ですが岩場はガラガラで数パーティいただけでした。

RIMG9438

1ピッチ目。

RIMG9439

2ピッチ目をリード中。

このピッチが核心です。

RIMG9440

2ピッチ目のH原さん。

RIMG9443

O沼さん。

RIMG9445

2ピッチ目終了点。

RIMG9452

3ピッチ目。

RIMG9454

今日は富士山がずっと見えていていい景色です。

RIMG9455

富士山をバックにクライミング。

RIMG9456

RIMG9457

4ピッチ目の最終ピッチ。

RIMG9458

RIMG9461

RIMG9463

ここを登り切ると天狗の踊り場です。

RIMG9467

無事に完登しました。(^^)

RIMG9468

RIMG9470

最後は三ツ峠山頂へ。
RIMG9472

山頂は土曜日と言う事もあって結構賑わっていました。

RIMG9474

八ヶ岳方面は完全に雲の中でアメダスを見ても雨になっていたので三ツ峠へ転身で正解でした。

RIMG9475

八ヶ岳/小同心クラックが登れなかったのは残念ですが、富士山を見ながらの快適クライミングが出来たのでOKです。

またリベンジしましょう。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3
ギャラリー
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
  • 2022年10月2日(日)湯河原/幕岩トップロープクライミング講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ