セルフレスキュー講習会

2021.05.08 【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会(1日目)

2021年5月8日(土)晴れ

今日は3人にご参加いただいて【クライマー虎の穴】でクライミングセルフレスキュー講習会を開催。

じっくりと学びたいと言う事で今日と明日の2日間でみっちりと練習することになりました。

今日の内容はトップが墜落したときのロープの仮固定、そしてテンションからの脱出、続けてトップのビレーポイントまでの回収方法を反復練習します。

まず最初に一通りの流れの説明から。

RIMG5092

ロープの仮固定のミュールノット。

RIMG5093

テンションからの脱出でテンションのかかったロープの荷重をビレーポイントに移します。

RIMG5094

バックアップも忘れずに。

RIMG5095

そしてトップのビレーポイントまでの回収。

RIMG5097

講習会の合間にイソロクをかわいがってもらいました。

ちょっと緊張気味??(笑)

RIMG5098

午後からはクライミングボードを使って実際の墜落からの手順を反復練習します。

RIMG5114

トップが墜落したらまずはミュールノットでロープの仮固定。

RIMG5115

これで両手がフリーになりました。

RIMG5116

RIMG5117

次はテンションのかかっているロープにマッシャノットをセットしビレーポイントに荷重を移します。

まずはマッシャノットをセットしビレーポイントのメインカラビナに連結。

RIMG5118

ミュールノットを解除してビレーデバイスを外しビレーポイントに荷重を移動。

マッシャノットのロープが流れても停止するようにバックアップをセット。

これで体がフリーになりました。

RIMG5119

次はぶら下がっているトップをビレーポイントまで回収します。

トップの意識がある場合はマッシャノットを緩めてロープを出してトップを降ろします。

降ろしながらテンションのかかっていないロープを引っ張ります。

RIMG5120

トップにテンションのかかっていないロープのヌンチャクを外してもらいフリーの状態にします。

RIMG5121

トップがビレーポイントからかなり離れている所にぶら下がっている場合は、引っ張るロープに1/3システムをセット。

RIMG5122

セットが完了したらマッシャノットを緩めてトップを降ろしていきます。

RIMG5123

RIMG5124

そして1/3システムでトップをビレーポイントに引っ張ります。

RIMG5125

RIMG5126

RIMG5127

これを繰り返して行く。

RIMG5128

ロープを出していくとバックアップでロープが一杯になるので、その前にバックアップを付け替えます。

RIMG5129

そして同じ手順を繰り返し、トップをビレーポイントまで回収できました。

RIMG5130

RIMG5131

マッシャノットからビレーポイントまでの距離が遠い場合はミュールノットをセットして長さを調整しロープをビレーポイントのメインカラビナに連結します。

RIMG5148

今日はこの手順を1人2回ずつ練習していただきました。

今日の内容は下記のとおりです。

1 トップが墜落した場合
 (1)テンションからの脱出
   ① ミュールノットでザイルを仮固定
   ② テンションからの脱出
 (2)墜落したトップをテラスまで収容する方法
   ① パートナーがテラスの上で中吊りの場合
   ② パートナーがテラスの下で中吊りの場合

明日の予定は

2 セカンドが墜落して負傷した場合
 (1)下のテラスまで下す場合
   ① ジジ、ルベルソなどのビレーデバイスからの安全なテンションの抜き方
   ② テラスまでの下し方
 (2)テラスまで引き上げる場合
   ① 1/3引上げ
   ② 1/5引上げ
3 中吊りからの自己脱出
 (1)墜落して中吊りになった場合
 (2)懸垂下降からの登り返し
 (3)自己脱出でのバックアップの取り方
 (4)自己脱出からの懸垂下降
4 半マストの使用方法
 (1)確保方法
 (2)懸垂下降
 (3)ミュールノットでのザイルの仮固定

となります。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2021.04.02 【クライマー虎の穴】セルフレスキュー講習会

2021年4月2日(金)晴れ

今日は3人にご参加いただいてセルフレスキュー講習会を開催です。

そのうち2人の方は今日と明日の2日間でご参加いただきます。

講習内容は全てのメニューの中から下記の内容を選んでいただいて実施することになりました。

【2】トップの確保
1 トップの確保方法
 (1) ATCなどの器具
 (2) 半マスト
 (3) トップが墜落した場合のテンションからの脱出、ザイル固定
 (4) 墜落したトップをビレーポイントまで収容する方法

【3】セカンドの確保
1 ジジ、マスタープロなどの確保器具
 (1) セカンドの確保方法
 (2) セカンドが墜落した場合のザイルの出し方
2 ムンター(半マスト)
 (1) セカンドの確保方法
 (2) セカンドが墜落した場合のザイルの固定

【6】懸垂下降準備
1 捨て縄のセットとザイルの通し方
2 ザイルの投げ方
3 ザイルを投げると絡む恐れのある下降ルートの場合
 (1) ザイルをザックで背負っての下降
 (2) ザイル袋の使用
 (3) ザイルを肩にかけての下降

【7】懸垂下降
1 シングルザイルの場合
 (1) ATCなどの器具
 (2) エイト環(逆の輪を使用)
 (3) ムンター(半マスト)
2 ダブルザイルの場合
 (1) ATCなどの器具
 (2) ムンター(半マスト)

3 制動力の強い懸垂下降法
 (1) カラビナでの制動

【11】引き上げ用アンカーのセット
1 アンカーの作成
  (1) 支点での流動分散
  (2) 細い立木での流動分散
2 器具の使用
  (1) ミニトラクション
  (2) ジジ、マスタープロなどの確保器具
3 器具なしの場合
 (1) ガルーダ
 (2) カラビナ2枚+マッシャ

【12】負傷者の引き上げ
1 負傷者一人の引き上げ
2 負傷者と救助者二人同時の引き上げ
3 引き上げ方法
(1)1/3
(2)1/5 

【13】負傷者の引き下ろし
1 確保方法
 (1) ATCなどの器具を使用
 (2) ムンター(半マスト)
2 負傷者一人の引き下ろし
3 負傷者と救助者二人同時の引き下ろし
4 ザイルの結び目の通過
 (1) マリナーノットを使用
5 アンカーが全く取れない時の引き下ろし
6 バックアップの取り方(マッシャを使用)

【14】負傷者と救助者同時の懸垂下降
1 背負う
2 吊り下げ(垂壁の場合)
3 カウンターラッペル

【15】中吊りからの脱出
1 シュリンゲの使用
2 アッセンダーの使用
3 バックアップのとり方
4 登高器から下降器に切り換えての懸垂下降
5 懸垂下降器から登高器へ切り換えての登り

最初の内容はトップが墜落した時の仮固定。

RIMG4061

ミュールノットで仮固定します。

RIMG4063

RIMG4064

次はテンションをビレーポイントに移すテンションからの脱出。

RIMG4067

RIMG4070

トップの加重をビレーポイントに移してフリーになります。

RIMG4072

そして可能な状況であれば墜落したトップをビレーポイントに回収。

オーバーハングのルートなどでビレーポイントの下で宙づりになっている場合は1/3引き上げシステムを使用します。

RIMG4075

半マストでのビレーと仮固定。

RIMG4079

懸垂下降のセット方法。

流動分散でロープを直接セット。

RIMG4080

カラビナ1枚でセット。

RIMG4081

カラビナ2枚でセット。

RIMG4082

RIMG4086

ロープの投げ方。

絡まずにまっすぐに飛ばす方法野練習。

RIMG4088

ロープを方に振り分けて保持しての懸垂下降。

RIMG4092

RIMG4093

ザックにロープを入れての懸垂下降。

RIMG4096

RIMG4099

懸垂下降中の仮固定。

RIMG4104

半マストでの懸垂下降。

RIMG4108

1/5引き上げ。

RIMG4111

ロックンロール、タイブロック、プーリーを使った1/3引き上げ。

RIMG4112

ガルーダノット。

RIMG4116

カラビナ2枚とマッシャを使ったアンカーセット。

RIMG4117

ビレーデバイスからのテンションの抜き方。

RIMG4120

半マストでの引き降ろし。

RIMG4121

RIMG4122

半マストでの引き降ろしでバックアップをセットした場合。

RIMG4123

負傷者を背負っての引き降ろしのセット方法。

RIMG4126

負傷者を背負っての懸垂下降のセット方法。

RIMG4128

ハーネスに吊り下げての懸垂下降のセット方法。

RIMG4131

シュリンゲで簡易ハーネスを作成しての引き降ろし。

RIMG4134

懸垂下降中のロープを引いてのバックアップ。

ロープを引けば手を離しても停止します。

RIMG4135

懸垂下降中の仮固定。

RIMG4137

仮固定からの自己脱出。

RIMG4148

自己脱出からの懸垂下降。


RIMG4149

RIMG4151

空中懸垂の場合の制動力の強い懸垂下降。

RIMG4154

写真はごく一部だけですが、かなり濃い内容の講習会となりました。

レスキュー技術は普段使わない技術が多いのでしっかりと身につけて下さい。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2020.10.18 【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会

2020年10月18日(日)晴れ

今日も先週に引き続き【クライマー虎の穴】でクライミングセルフレスキュー講習会です。

T田さんは2回目のご参加です。

まずは練習用ビレーポイントで手順の練習。

トップが墜落したときの対処方法。

ミュールノットでのロープの仮固定。

RIMG7460

続いてテンションからの脱出。

RIMG7462

セカンドが墜落した時の安全なビレーデバイスのロック解除方法と降ろし方。

RIMG7468

セカンドが墜落した場合の1/3での引き上げ。

タイブロック&プーリーの場合。

RIMG7470

マッシャノット&カラビナの場合。

RIMG7471

20cmシュリンゲを使っての流動分散。

RIMG7473

次にクライミングボードでぶら下がった状態でのトップの回収練習。

RIMG7474

トップが墜落したらマリナーノットで仮固定。

RIMG7477

RIMG7478

ビレーポイントにトップの加重を移してフリーになります。

RIMG7479

RIMG7482

RIMG7483

マッシャノットを緩めてトップを少しずつ降ろします。

RIMG7485

トップは加重のかかっていないロープのランニングを回収。

RIMG7487

加重のかかったロープを出しながら1/3引き上げシステムでビレーポイントに引っ張りトップを回収。

RIMG7490

交代して練習。

RIMG7497

RIMG7499

RIMG7501

RIMG7503

次は懸垂下降からの仮固定。

RIMG7509

手順はトップが墜落した場合と同じです。

RIMG7511

マッシャノットをセットして体重の移動。

RIMG7514

ビレーデバイスへのテンションが抜けました。

RIMG7515

オーバーハンドノットでバックアップの作成。

RIMG7516

ビレーデバイスの解除。

RIMG7518

そして自己脱出で登っていきます。

RIMG7521

今度は自己脱出から懸垂下降への移行。

ビレーデバイスとミュールノットのセット。

これはちょっとしたコツがいります。

RIMG7524

マッシャノット&カラビナから加重を抜いてビレーデバイスに荷重移動。

RIMG7526

自己脱出用のマッシャノットを回収。

RIMG7528

ミュールノットを解除して懸垂下降。

RIMG7529

RIMG7530

RIMG7548

かなり技術の内容も濃いために一度で完璧に覚えるのは難しいですが、少しずつ身につけていっていただければと思います。

今日はお疲れ様でした。

バナー1


バナー3

2020.10.13 【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会

2020年10月13日(火)晴れ

今日は3人にご参加いただいて【クライマー虎の穴】でクライミングセルフレスキュー講習会を開催します。

T田さんは実際にマルチピッチクライミングも仲間と登っている方で、セルフレスキューも簡単な技術は知っているそうです。

S本さんご夫妻は初めて覚える技術になります。

今日の講習会の内容は下記のとおりです。

1 トップが墜落した場合
 (1)テンションからの脱出
   ① ミュールノットでザイルを仮固定
   ② テンションからの脱出
 (2)墜落したトップをテラスまで収容する方法
   ① パートナーがテラスの上で中吊りの場合
   ② パートナーがテラスの下で中吊りの場合
2 セカンドが墜落して負傷した場合
 (1)下のテラスまで下す場合
   ① ジジ、ルベルソなどのビレーデバイスからの安全なテンションの抜き方
   ② テラスまでの下し方
 (2)テラスまで引き上げる場合
   ① 1/3引上げ
   ② 1/5引上げ
3 中吊りからの自己脱出
 (1)墜落して中吊りになった場合
 (2)懸垂下降からの登り返し
 (3)自己脱出でのバックアップの取り方
 (4)自己脱出からの懸垂下降
4 半マストの使用方法
 (1)確保方法
 (2)懸垂下降
 (3)ミュールノットでのザイルの仮固定



まずはトップが墜落したときのロープの仮固定から。

T田さんが知っている方法でやってもらいました。

かなり手間がかかり複雑です。

RIMG7328

次は私の講習会でのやり方。

簡潔明瞭で安全です。

RIMG7329

次はトップの加重をビレーポイントに移すテンションからの脱出。

RIMG7332

RIMG7333

加重をビレーポイントに移すと加重のかかる方向が変わるので支点は流動分散にしておかないと一本の支点だけに墜落したトップの加重がかかってしまいます。

なのでアルパインクライミングでのビレーポイントの作成では固定分散は不可です。

RIMG7335

RIMG7336

次はセカンドが墜落したときの引き上げ方法。

ロープは横に向いていますが実際には下方向です。

タイブロック、プーリーを使った1/3の引き上げ。

RIMG7337

マッシャ結びとカラビナでの1/3の引き上げ。

これは抵抗が大きいので引き上げには力が必要です。

RIMG7338

RIMG7339

1/5の引き上げ。

引く方向が反対になるのでテラスが狭い場合にはできません。

RIMG7340

墜落したセカンドをビレーデバイスのテンションを抜いて降ろす方法。

加重がかかりすぎてビレーデバイスが動かない場合は体重を利用して緩めます。

RIMG7341

セカンドが垂直の壁で落ちた場合や宙づりになっている場合は必ずマッシャでバックアップを取ってからビレーデバイスを緩めます。

アックアップが無ければ一気にロープが出て行きセカンドが墜落してしまう可能性があります。

RIMG7342

アルパインルートでよくありがちな貧弱なボルトやハーケンでのビレーポイントの作成。

RIMG7344

次は実際にクライミングボードで墜落したトップへの対処をします。

RIMG7346

まずはロープの仮固定。

RIMG7347

RIMG7348

テンションからの脱出。

マリナーノットを使って長さを調整した場合。

RIMG7349

環付カラビナヌンチャクで素早く固定した場合。

RIMG7350

マリナーノットを解いてビレーポイントにテンションを移します。

RIMG7351

RIMG7352

テンションを移す前にバックアップを取るのを忘れずに。

RIMG7354

通常はここまでで終了です。

次にテンションがかかっていないランニングビレーを外して回収しますが、これをやれるのは絶対に墜落しない自信と技術のあるトップクライマーだけです。

詳しいやり方は省略します。

RIMG7356

テンションがかかっているマッシャー結びを引いてトップを降ろしてきます。

RIMG7357

次にテンションがかかっていないロープに半マストをセットして引っ張ります。

RIMG7358

ビレーポイントから離れている場合や、オーバーハングで宙づりになってビレーポイントより下にトップがいる場合には1/3の引き上げをセットして引っ張ります。

RIMG7360

RIMG7363

ロープを出しながら引っ張ると宙づりのトップをビレーポイントに回収できます。

RIMG7364

これができるのは出て行っているロープが半分以下の場合。

半分以上出ている場合は更に複雑な技術を使えばトップを回収できますが、説明は省略します。

RIMG7366

次は懸垂下降での各種技術。

RIMG7367

懸垂下降中の仮固定。

RIMG7369

ミュールノットで。

RIMG7371

仮固定からの自己脱出。

RIMG7372

マッシャーノットのカラビナに加重を移動。

RIMG7373

RIMG7374

オーバーハンドでバックアップ。

RIMG7375

ビレーデバイスを解除。

RIMG7376

足用のマッシャノットを作ります。

RIMG7377

RIMG7378

RIMG7379

そして自己脱出で登っていきます。

RIMG7380

RIMG7381

RIMG7382

マッシャーノットを緩めての下降。

RIMG7383

自己脱出の途中から懸垂下降への移行。

まずはビレーデバイス&ミュールノットのセット。



RIMG7384

マッシャノットのカラビナを外します。

RIMG7385

ビレーデバイスに加重を移動。


RIMG7386

RIMG7387

自己脱出のマッシャノットを回収。

RIMG7388

マリナーノットの解除。

RIMG7389

RIMG7390

そして懸垂下降。

RIMG7391

S本ご夫妻には懸垂下降の仮固定と自己脱出を練習していただきました。

RIMG7392

RIMG7393

RIMG7394

RIMG7395

RIMG7396

RIMG7397

RIMG7398

RIMG7399

RIMG7405

RIMG7413

RIMG7414

RIMG7415

今日はかなり濃い内容の講習会でしたが、しっかりと復習をして身につけて欲しいです。

アルパインクライマーには必要な技術です。

興味のある方は是非、受講して技術を身につけて下さい。

今日はお疲れ様でした。

RIMG7421

バナー1

バナー3

2020.08.29 【クライマー虎の穴】クライミングセルフレスキュー講習会

2020年8月29日(土)晴れ

今日は4人にご参加いただいて【クライマー虎の穴】でクライミングセルフレスキュー講習会を開催です。

クライミングセルフレスキュー講習会はアルパインクライミングルートに行く上で必要最低限なレスキュー技術になります。

内容は下記のとおりです。

1 トップが墜落した場合
 (1)テンションからの脱出
   ① ミュールノットでザイルを仮固定
   ② テンションからの脱出
 (2)墜落したトップをテラスまで収容する方法
   ① パートナーがテラスの上で中吊りの場合
   ② パートナーがテラスの下で中吊りの場合
2 セカンドが墜落して負傷した場合
 (1)下のテラスまで下す場合
   ① ジジ、ルベルソなどのビレーデバイスからの安全なテンションの抜き方
   ② テラスまでの下し方
 (2)テラスまで引き上げる場合
   ① 1/3引上げ
   ② 1/5引上げ
3 中吊りからの自己脱出
 (1)墜落して中吊りになった場合
 (2)懸垂下降からの登り返し
 (3)自己脱出でのバックアップの取り方
 (4)自己脱出からの懸垂下降
4 半マストの使用方法
 (1)確保方法
 (2)懸垂下降
 (3)ミュールノットでのザイルの仮固定

今日も日差しが強くあついですが、テラスのしたの日陰で講習ができるので快適です。

RIMG6038

セカンドが墜落した場合の1/3引き上げ。

RIMG6039

RIMG6052

RIMG6042

セカンドが墜落して登れなくなった場合、ビレーデバイスのテンションを抜いて下のテラスまでの引き下ろし。

RIMG6044

RIMG6055

RIMG6056

クライミングボードで1/3引き上げを使っての引き上げと引き下ろし。

RIMG6057

RIMG6058

半マストでの確保、引き下ろしとミュールノットでの仮固定。

RIMG6060

RIMG6062

RIMG6073

トップが墜落した場合の仮固定とテンションからの脱出。

RIMG6076

手順の練習をしてからクライミングボードでトップが墜落した状況で練習します。

RIMG6115

RIMG6117

RIMG6118

RIMG6120

RIMG6123

RIMG6124

RIMG6125

RIMG6126

墜落したトップをビレーポイントまで回収。

RIMG6128

懸垂下降中の仮固定。

RIMG6146

自己脱出から懸垂下降への移行。

RIMG6147

懸垂下降の仮固定からの自己脱出。

RIMG6151

RIMG6156

RIMG6157

RIMG6158

RIMG6165

RIMG6167

今日はかなり暑い日でしたが、皆さん真剣に受講していただきました。

内容も盛りだくさんでしたので、復習をしっかりとお願いいたします。

今日はお疲れ様でした。

バナー1


バナー3
ギャラリー
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ