無雪季登山

2018.10.08 上高地~岳沢~ジャンダルム~奥穂高岳日帰りガイド(その2)

(その1)より。。。

奥穂高岳山頂から見たジャンダルム方面。




岳沢から上高地。




前穂高岳から明神岳。




今日は無風快晴のためのんびりと休憩して

岳沢へ向けて出発。




涸沢の紅葉も見頃ですね。




前穂高岳北尾根。




岳沢周辺の紅葉が素晴らしいです。




右端が前穂高岳山頂。




紀美子平で一休みしてから

重太郎新道を岳沢へ下ります。




西穂高岳の稜線をバックに。




下りはじめの鎖地帯。

足元の岩がツルツルに磨かれているので

スリップに要注意。




重太郎新道から見た岳沢。




岳沢小屋周辺の紅葉が凄い。




前穂高岳から明神岳の稜線付近で事故があったようで

ヘリでビックアップしていました。

下山後に知ったのですが

今日、参加していただいた方の知り合いと言うことでビックリしました。




見事な赤です。




紅葉に見とれてしまってなかなか下山が進みません。(笑)




こんな長い梯子もあります。

青空と紅葉がいいですね。




もうすぐ岳沢小屋。




奥穂高岳山頂から岳沢小屋まで約2時間40分でした。




重太郎新道方面。




天狗のコル方面。




岳沢小屋。




上高地方面。




時間もあるのでゆっくりと休んでから上高地へ下ります。




岳沢小屋方面を見上げた所。

稜線の真中が天狗のコル。




西穂高岳の稜線。




上高地に到着。

出発してから約11時間でした。

去年は同じコースを9時間で回りました。

その時はガスがかかっていて休憩はほとんど取らなかったのですが

今回は景色が良すぎて写真撮影休憩が多かったので

ずいぶんと時間がかかりました。(笑)




上高地周辺の紅葉はあともう少しといった感じです。






お二人とも体力抜群で

予定通りの行動ができました。




バスターミナルに向かっていると

バス待ちの行列が数百メートルできていました。

最後尾の人がバスに乗れるのは3時間はかかると言っていました。




私たちはタクシー乗り場へ向かいましたが

ここも大行列。。。

しかし応援のタクシーや大型タクシーが何台も出ていたので

30分ほどで乗ることができてラッキーでした。

この季節の上高地は大混雑ですね。


下山後は松本市内のスーパー銭湯で汗を流してから

予約してあったホテルへチェックイン。


目をつけていたお店へ向かいましたが

連休最終日と言うこともあって全てお休み。。。

しかたなくこのお店へ。

まずはビールで乾杯!!




予想に反して地酒や地元の料理がたくさんありました。

まずは馬刺し。




野沢菜の天麩羅。

初めて食べましたがゴボウのような触感で美味しかったですよ。




地酒は夜明け前。






最後に串焼き。




〆はラーメンよりも信州蕎麦にしました。




今日は朝も早かったしハード山行だったので早めに就寝しました。

今日はお疲れ様でした~。(^^)




2018.10.08 上高地~岳沢~ジャンダルム~奥穂高岳日帰りガイド(その1)

2018年10月8日(月)晴れ


今日は男性お二人参加でジャンダルムの日帰りガイドです。

ルートは下記のとおり。

上高地~岳沢~天狗のコル~ジャンダルム~奥穂高岳~紀美子平~岳沢~上高地

去年も同じルートをガイドしましたが

ガスがかかっていて肝心の景色を見ることができませんでした。

その代りあまりのんびりとはしなかったため

全行程を9時間で行動することができました。


今日は天気予報でも1日快晴となっているので

素晴らしい景色を望むことができますね。


04:30に沢渡に集合してタクシーで上高地入り。

05:15頃に上高地をスタートしました。




ここから岳沢へ向かいます。




段々と空が明るくなってきました。




この辺りの紅葉は丁度見頃です。






西穂~奥穂の稜線。

右側のコルがこれから登る天狗のコル。




約1時間20分ほどで岳沢に到着。

かなりいいペースです。




天狗のコルへの登りが始まります。




一番奥が乗鞍岳。






青空が本当に気持ちいいですね。

太陽が昇ってくると一気に暑くなってきました。




明神岳の稜線から昇る朝日。




天狗のコルへの登りの核心部。




かなりガラガラなルートを登ります。








上高地から約3時間で天狗のコルに到着。




ここからはショートローピングで確保。




正面には笠ヶ岳。




手前から西穂の稜線、焼岳、乗鞍岳。




偶然にも

クライミング講習会やガイドに参加していただいているHさんと遭遇。

去年も上高地で遭遇したことがあるので

何か縁がありますね。(笑)

涸沢~奥穂~ジャンダルム~岳沢~上高地で行動中とのことでした。




鎖場のあるルンゼで順番待ち。




ここは落石が来たら避けられないので

右側のリッジから登った方がよさそうです。




岳沢から上高地、大正池方面。




奥のピークは西穂高岳。




影と共に登ります。(^^)



さぁいよいよジャンダルム。




コブ尾根の頭からコブ尾根を見下ろした所。




左から前穂吊り尾根、前穂、明神の稜線と続きます。




コブ尾根の頭からコルに下降してジャンダルムの登りへ。




左へトラバースしてからジャンダルムのピークへ。




槍ヶ岳、遠くには立山の雄山も見えました。




ジャンダルムの天使とともに記念撮影。




これから登るロバの耳~馬の背~奥穂高岳。




上高地から約4時間50分でジャンダルムに到着しました。




ジャンダルムの基部をトラバース。




ロバの耳への下降。




ジャンダルムをバックに。




ここからが核心部。

かなり急な下りが続きます。






鎖はありますが慎重に。




ロバの耳とジャンダルム。




これから登る馬の背。

奥のピークは奥穂高岳。




槍ヶ岳の左奥の山は立山の雄山と龍ヶ岳。

来週は龍ヶ岳東尾根をガイド予定です。(^^)




馬の背基部で順番待ち中。




ジャンダルムをバックに馬の背を登っています。




馬の背を越えたら奥穂高岳まではすぐ。




上高地から約6時間で奥穂高岳山頂に到着。

本当に素晴らしい景色と青空ですね。




(その2)へ続く。。。




2019.01.14 丹沢/鍋割山(鍋焼きうどんツアー)

2019年1月14日(日)晴れ


3連休3日目は

当初は谷川岳/西黒尾根を予定していましたが

寒気が入ってきているため

国境稜線には雲がかかっていると予想できました。


登るからには景色を楽しみたいので西黒尾根は中止にして

丹沢の鍋割山で鍋焼きうどんツアーに変更しました。(^^)


後日にいただいた

当日の谷川岳から国境稜線の写真です。

私の予想通り国境稜線から北に雲がかかっていました。




鍋割山へは

県民の森の駐車場に車を停めて08:00に出発。


まずは林道を登山口まで登って行きます。




やっと太陽が昇ってきました。




今日の青空は素晴らしいですね。




登山口からは急登が始まりました。






稜線に出たら鍋割山へ。




ここからも急登が続きます。




太陽に輝いた相模湾が見えてきました。




時間が早いので登山者はほとんどいません。




富士山も綺麗に見えています。




最後の急登を登ったら鍋割山山頂に到着。

県民の森から約1時間45分でした。

山頂からは木で富士山が隠れているんですよね。(笑)






雪がうっすらと残っています。




富士山も登り頃ですね。




さぁ目的の鍋焼きうどんです。

去年まで1000だったのですが1200円に値上がりしていました。




富士山を見ながらの

アツアツの鍋焼きうどんは最高ですね。(^^)




相模湾。




お腹がいっぱいになったところで下山開始。

この時間になるとたくさんの登山者が登ってくるので

すれ違いが大変です。(笑)


なので登山者のほとんどいない南尾根を

寄方面に下って

くぬぎ山から県民の森に下ります。

その代り急登が待っています。(笑)




くぬぎ山はススキが綺麗でした。




ここから県民の森へ下山します。






登山道は分岐がたくさんありますが

道標がしっかりと立っているので迷うことはありません。




一度、林道を横切って樹林地帯の登山道へ。




このルートはチョット遠回りになりますが

登山者はいないので静かな山歩きができます。


下山後はコメダコーヒーでランチタイム。




ハンバーガーがマックより1回り以上大きくてビックリ。

美味しかったですよ。




名古木交差点から

少し入った所にある豆腐屋で買い出しをしてから帰りました。




今日は天候にも恵まれて最高の鍋焼きうどん登山となりました。






ギャラリー
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
最新コメント