無雪季登山

2019.01.14 丹沢/鍋割山(鍋焼きうどんツアー)

2019年1月14日(日)晴れ


3連休3日目は

当初は谷川岳/西黒尾根を予定していましたが

寒気が入ってきているため

国境稜線には雲がかかっていると予想できました。


登るからには景色を楽しみたいので西黒尾根は中止にして

丹沢の鍋割山で鍋焼きうどんツアーに変更しました。(^^)


後日にいただいた

当日の谷川岳から国境稜線の写真です。

私の予想通り国境稜線から北に雲がかかっていました。




鍋割山へは

県民の森の駐車場に車を停めて08:00に出発。


まずは林道を登山口まで登って行きます。




やっと太陽が昇ってきました。




今日の青空は素晴らしいですね。




登山口からは急登が始まりました。






稜線に出たら鍋割山へ。




ここからも急登が続きます。




太陽に輝いた相模湾が見えてきました。




時間が早いので登山者はほとんどいません。




富士山も綺麗に見えています。




最後の急登を登ったら鍋割山山頂に到着。

県民の森から約1時間45分でした。

山頂からは木で富士山が隠れているんですよね。(笑)






雪がうっすらと残っています。




富士山も登り頃ですね。




さぁ目的の鍋焼きうどんです。

去年まで1000だったのですが1200円に値上がりしていました。




富士山を見ながらの

アツアツの鍋焼きうどんは最高ですね。(^^)




相模湾。




お腹がいっぱいになったところで下山開始。

この時間になるとたくさんの登山者が登ってくるので

すれ違いが大変です。(笑)


なので登山者のほとんどいない南尾根を

寄方面に下って

くぬぎ山から県民の森に下ります。

その代り急登が待っています。(笑)




くぬぎ山はススキが綺麗でした。




ここから県民の森へ下山します。






登山道は分岐がたくさんありますが

道標がしっかりと立っているので迷うことはありません。




一度、林道を横切って樹林地帯の登山道へ。




このルートはチョット遠回りになりますが

登山者はいないので静かな山歩きができます。


下山後はコメダコーヒーでランチタイム。




ハンバーガーがマックより1回り以上大きくてビックリ。

美味しかったですよ。




名古木交差点から

少し入った所にある豆腐屋で買い出しをしてから帰りました。




今日は天候にも恵まれて最高の鍋焼きうどん登山となりました。






丹沢/鍋割山(鍋焼きうどんツアー)

2019年1月14日(日)晴れ


3連休3日目は

当初は谷川岳/西黒尾根を予定していましたが

寒気が入ってきているため

国境稜線には雲がかかっていると予想できました。


登るからには景色を楽しみたいので西黒尾根は中止にして

丹沢の鍋割山で鍋焼きうどんツアーに変更しました。(^^)


後日にいただいた

当日の谷川岳から国境稜線の写真です。

私の予想通り国境稜線から北に雲がかかっていました。


イメージ 29


鍋割山へは

県民の森の駐車場に車を停めて08:00に出発。


まずは林道を登山口まで登って行きます。


イメージ 1


やっと太陽が昇ってきました。


イメージ 2


今日の青空は素晴らしいですね。


イメージ 3


登山口からは急登が始まりました。


イメージ 4


イメージ 5


稜線に出たら鍋割山へ。


イメージ 6


ここからも急登が続きます。


イメージ 7


太陽に輝いた相模湾が見えてきました。


イメージ 8


時間が早いので登山者はほとんどいません。


イメージ 9


富士山も綺麗に見えています。


イメージ 10


最後の急登を登ったら鍋割山山頂に到着。

県民の森から約1時間45分でした。

山頂からは木で富士山が隠れているんですよね。(笑)


イメージ 11


イメージ 14


雪がうっすらと残っています。


イメージ 12


富士山も登り頃ですね。


イメージ 13


さぁ目的の鍋焼きうどんです。

去年まで1000だったのですが1200円に値上がりしていました。


イメージ 15


富士山を見ながらの

アツアツの鍋焼きうどんは最高ですね。(^^)


イメージ 16


相模湾。


イメージ 17


お腹がいっぱいになったところで下山開始。

この時間になるとたくさんの登山者が登ってくるので

すれ違いが大変です。(笑)


なので登山者のほとんどいない南尾根を

寄方面に下って

くぬぎ山から県民の森に下ります。

その代り急登が待っています。(笑)


イメージ 18


くぬぎ山はススキが綺麗でした。


イメージ 19


ここから県民の森へ下山します。


イメージ 20


イメージ 21


登山道は分岐がたくさんありますが

道標がしっかりと立っているので迷うことはありません。


イメージ 22


一度、林道を横切って樹林地帯の登山道へ。


イメージ 23


このルートはチョット遠回りになりますが

登山者はいないので静かな山歩きができます。


下山後はコメダコーヒーでランチタイム。


イメージ 24


ハンバーガーがマックより1回り以上大きくてビックリ。

美味しかったですよ。


イメージ 25


名古木交差点から

少し入った所にある豆腐屋で買い出しをしてから帰りました。


イメージ 26


今日は天候にも恵まれて最高の鍋焼きうどん登山となりました。


イメージ 27


イメージ 28


上高地~岳沢~ジャンダルム~奥穂高岳日帰りガイド(その1)

2018年10月8日(月)晴れ


今日は男性お二人参加でジャンダルムの日帰りガイドです。

ルートは下記のとおり。

上高地~岳沢~天狗のコル~ジャンダルム~奥穂高岳~紀美子平~岳沢~上高地

去年も同じルートをガイドしましたが

ガスがかかっていて肝心の景色を見ることができませんでした。

その代りあまりのんびりとはしなかったため

全行程を9時間で行動することができました。


今日は天気予報でも1日快晴となっているので

素晴らしい景色を望むことができますね。


04:30に沢渡に集合してタクシーで上高地入り。

05:15頃に上高地をスタートしました。


イメージ 1


ここから岳沢へ向かいます。


イメージ 2


段々と空が明るくなってきました。


イメージ 3


この辺りの紅葉は丁度見頃です。


イメージ 4


イメージ 5


西穂~奥穂の稜線。

右側のコルがこれから登る天狗のコル。


イメージ 6


約1時間20分ほどで岳沢に到着。

かなりいいペースです。


イメージ 7


天狗のコルへの登りが始まります。


イメージ 8


一番奥が乗鞍岳。


イメージ 9


イメージ 10


青空が本当に気持ちいいですね。

太陽が昇ってくると一気に暑くなってきました。


イメージ 11


明神岳の稜線から昇る朝日。


イメージ 12


天狗のコルへの登りの核心部。


イメージ 13


かなりガラガラなルートを登ります。


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


上高地から約3時間で天狗のコルに到着。


イメージ 17


ここからはショートローピングで確保。


イメージ 18


正面には笠ヶ岳。


イメージ 19


手前から西穂の稜線、焼岳、乗鞍岳。


イメージ 20


偶然にも

クライミング講習会やガイドに参加していただいているHさんと遭遇。

去年も上高地で遭遇したことがあるので

何か縁がありますね。(笑)

涸沢~奥穂~ジャンダルム~岳沢~上高地で行動中とのことでした。


イメージ 21


鎖場のあるルンゼで順番待ち。


イメージ 22


ここは落石が来たら避けられないので

右側のリッジから登った方がよさそうです。


イメージ 23


岳沢から上高地、大正池方面。


イメージ 24


奥のピークは西穂高岳。


イメージ 25


影と共に登ります。(^^)

イメージ 26


さぁいよいよジャンダルム。


イメージ 27


コブ尾根の頭からコブ尾根を見下ろした所。


イメージ 28


左から前穂吊り尾根、前穂、明神の稜線と続きます。


イメージ 29


コブ尾根の頭からコルに下降してジャンダルムの登りへ。


イメージ 30


左へトラバースしてからジャンダルムのピークへ。


イメージ 31


槍ヶ岳、遠くには立山の雄山も見えました。


イメージ 32


ジャンダルムの天使とともに記念撮影。


イメージ 33


これから登るロバの耳~馬の背~奥穂高岳。


イメージ 34


上高地から約4時間50分でジャンダルムに到着しました。


イメージ 35


ジャンダルムの基部をトラバース。


イメージ 36


ロバの耳への下降。


イメージ 37


ジャンダルムをバックに。


イメージ 38


ここからが核心部。

かなり急な下りが続きます。


イメージ 39


イメージ 40


鎖はありますが慎重に。


イメージ 41


ロバの耳とジャンダルム。


イメージ 42


これから登る馬の背。

奥のピークは奥穂高岳。


イメージ 43


槍ヶ岳の左奥の山は立山の雄山と龍ヶ岳。

来週は龍ヶ岳東尾根をガイド予定です。(^^)


イメージ 44


馬の背基部で順番待ち中。


イメージ 45


ジャンダルムをバックに馬の背を登っています。


イメージ 46


馬の背を越えたら奥穂高岳まではすぐ。


イメージ 47


上高地から約6時間で奥穂高岳山頂に到着。

本当に素晴らしい景色と青空ですね。


イメージ 48


(その2)へ続く。。。


イメージ 49


イメージ 50

上高地~岳沢~ジャンダルム~奥穂高岳日帰りガイド

2017年10月10日(火)曇り


今回は、急遽ガイドの依頼があって

日帰りで上高地~岳沢~ジャンダルム~奥穂高岳~岳沢~上高地の

ガイドに行く事になりました。


まだ薄暗い上高地を 05:30 に出発。


イメージ 1


紅葉はまだまだ楽しめます。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


涸沢の紅葉も綺麗ですが

岳沢の紅葉も素晴らしいです。


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


1時間半ほどで岳沢に到着。

これから登る稜線にはしっかりと雲がかかっています。

天気予報では風がかなり強いとの事。。。


天狗のコルまで登ってみて

ジャンダルムに向かうかどうかの判断をします。


イメージ 8


天狗のコルへ向かう途中も紅葉が楽しめます。


イメージ 9


イメージ 10


上の方はもう終わっていますが

下の方はまだまだ綺麗です。


イメージ 11


イメージ 12


雲の境目まで登って来ました。

この感じだと今日は雲は取れなさそうですね。


イメージ 13


天狗のコルに出ると風がかなり強いですが

雨は降っていません。


イメージ 14


しっかりとウェアを着こんで防寒対策。

09:00 に天狗のコルを出発しました。

上高地から3時間半。


イメージ 15


岩は場所によっては濡れている所もありますが

だいたいは乾いています。


イメージ 16


相変わらずのガスで

展望がないのが残念。


イメージ 17


ジャンダルムの登り。


イメージ 18


前回同様に視界は全くありませんでした。

でも登れただけでもOKですね。


イメージ 19


次の難所のロバの耳へ向かいます。


イメージ 20


ジャンダルム直登ルート。

うっすらと見えています。


イメージ 21


ロバの耳周辺は急な鎖場がたくさんあります。

岩が濡れている所もあるので要注意。


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


最後の登り 馬の背 までやってきました。


イメージ 25


晴れていると高度感が凄いのですが

今日は何も見えません。(笑)


イメージ 26


雷鳥を発見。

もう冬毛が出てきていますね。


イメージ 27


11:30頃に奥穂高岳に到着。

上高地から約6時間。


イメージ 28


風下で少し休憩してから

吊り尾根経由で重太郎新道で岳沢へ下山開始。


イメージ 29


高度を下ろしていくと視界が開けてきました。

下界は晴れているようです。


イメージ 30


岳沢の紅葉が素晴らしいです。


イメージ 31


明神岳主稜。


イメージ 32


重太郎新道を下るのは今年3回目。

相変わらず悪いですね。


イメージ 33


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38


奥穂から約2時間で岳沢に到着。

紅葉が見事!!


イメージ 39


イメージ 40


上高地に下山する頃には青空が出てきました。


イメージ 41


イメージ 42


イメージ 43


14:30 に上高地に到着。

スタートから約9時間でした。


イメージ 44


今年のうちに宿題のルートを登れて良かったと

喜んでいただけました。


今年は穂高周辺のガイドが多く何回上高地に来たのか??です。

来月は雪の西穂高ガイドの予定です。


今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 45


イメージ 46

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高岳ガイド

2017年9月10日(日)晴れ


9月8日(金)に前穂高岳/北尾根ガイドを終了して

10日(日)~11日(月)の西穂高岳~奥穂高岳ガイドに備えて

9日(土)は松本市内で滞在して完全休養。


今日は西穂山荘でゲストの方と集合なので

午後から新穂高ロープウェイに乗って

西穂山荘を目指しました。


今日までは本当にいい天気です。


イメージ 1


西穂山荘前は

たくさんの登山者で賑わっていました。


イメージ 2


先に到着していたゲストの方お一人と合流して

とりあえず乾杯!!(笑)

イメージ 3


愛媛県から来た女性の方とも合流。

翌朝は3時起床なの早めに就寝しました。


2017年9月11日(月)曇り~雨


04:00 頃に西穂山荘を出発。


イメージ 4


月曜日と言うこともあって

登山者はそれほど多くはありません。

順調にピークを踏んでいきます。

イメージ 5


独標の登りからザイルで確保。

イメージ 6


まだ日の出には時間があります。


イメージ 7


西穂へ向かうヘッドランプ。


イメージ 8


だんだんと東の空が明るくなってきました。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


登山者が少ないので渋滞もなく

順調に進んで行きます。


イメージ 12


イメージ 13


スタートから約2時間で西穂高岳に到着。

この頃にはガスに覆われてきました。


イメージ 14


まだなんとか視界がありますね。

次は間ノ岳を目指します。


イメージ 15


イメージ 16


アップダウンが多いので

登ったり、降りたりと忙しいですね。(笑)


イメージ 17


バックは西穂高岳。


イメージ 18


かなり急な鎖場の下降。


イメージ 19


イメージ 20


雲海が少し見えています。


イメージ 21


イメージ 22


まだまだ先は長い。。。


イメージ 23


遠くに岳沢小屋が見えています。


イメージ 24


間ノ岳が近づいてきました。


イメージ 25


イメージ 26


間ノ岳に到着~。


イメージ 27


岩稜はまだまだ続きます。


イメージ 28


あちこちに鎖場があります。


イメージ 29


天狗のコルに着いた頃に

ゲストの方1人が調子悪くなってきました。

エスケープルートは天狗のコルしかないので

チョット考えました。


顔色を見てみると

まだまだ大丈夫そうでしたので

ゲストの方の荷物を私のザックに移して

先に進むことにしました。


この先にジャンダルムがあります。


イメージ 30


雷鳥の夫婦を発見。


イメージ 31


荷物が軽くなったせいか

スピードが速くなってきました。(^^)


イメージ 32


ガスの向こうにジャンダルムが見えてきました。


イメージ 33


ジャンダルムに到着。

ガスの中と言うのが残念でした。


イメージ 34


ジャンダルムの先は

ロバの耳、馬の背と難所が続きます。


イメージ 35


奥穂から来たらここをまっすぐ登れば最高ですね。


イメージ 36


かなりの急斜面をクライムダウン。


イメージ 37


ロバの耳には何か所も鎖場があります。


イメージ 38


最後の難関、馬の背。


イメージ 39


視界があると

かなりの高度感があって緊張する場所ですが

今日は何も見えません。


イメージ 40


スタートから約8時間で奥穂高岳に登頂。


イメージ 41


ガスのために絶景を望むことができなかったのが残念です。

この頃になって雨がパラバラと降ってきました。


奥穂山荘へ向かい一休み。


イメージ 42


奥穂高岳から岳沢経由で上高地へ下山する予定でしたが

雨が降ってきたために

より安全は涸沢経由で下山することになりました。


涸沢では紅葉が始まっています。


イメージ 43


イメージ 44


イメージ 45


イメージ 46


今夜は涸沢ヒュッテに宿泊するゲストのお二人と別れて

私は上高地へ向かいました。

途中で猿に遭遇。

まったく逃げる気配がありません。


イメージ 47


横尾から上高地への林道は

長くて何度歩いても嫌になりますね。(笑)


辛さ沢を 14:00 に出発して

上高地に着いたのはこの時間でした。


イメージ 48


今回は核心部を抜けるまで

雨に降られずに行動できたのがラッキーでした。

ゲストの方には

「数年越しの夢がかなってうれしいです」

と言っていただきました。

私も、少しでもお手伝いができて良かったです。


今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 49


イメージ 50
ギャラリー
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
  • 2022年6月30日(木)具志頭ボルダー(沖縄クライミングツアー4日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ