MTBレース

第32回全日本MTB選手権大会

2019年7月21日(晴れ)

今週末はいよいよ全日本MTB選手権大会。

去年は運よく優勝することができました。できることなら今年も優勝して
2連覇を達成できれば嬉しいのですが。。。

場所は秋田県の田沢湖スキー場。

遠いので金曜日に出発して秋田市内で宿泊しました。

土曜日にコースの試走へ。

コースは去年までの大会と大きく変わっていてスタート、ゴールがコース
の最高地点にあります。

通常はスタートして上り坂が続くコースが多いのですが、ここは一気に下
って登りかえします。

金曜日の夕方にゲリラ豪雨があってコースはまだ滑りやすい状態でノー
マルタイヤで走ったらかなり滑ったのでセミマッドタイヤに交換。

シングルトラックとダブルトラックが交互に出てくる感じです。

3周走って試走は終了。

会場からすぐのロッジで宿泊しました。


そしてレース当日。

レースに向けてのトレーニングも順調、体調も問題なし、バイクのメンテナ
ンスも万全。

暑さに弱い私に取ってはただ心配なのは、やっぱり晴れて気温が上がる
こと。

過去に2回、無理をしすぎて熱中症で倒れて運ばれ数日間寝込んだこと
があるのでこれだけが不安要素。(
笑)

しかし今日は雲もほとんど無く快晴で、気温も一気に上昇してきました。

かなり辛いレース展開になりそうです。

今年のマスタークラスのゼッケンは年代別になっているので、レースで混
走していてもどのクラスに抜かれたか一目瞭然。

これは自分の順位を把握するが簡単になるのでありがたいです。

000.0

少しでも暑さを和らげるために一番薄いワンピースで。

000.1

会場から遠くに田沢湖が見えます。

000.2

最初にクラスのレースが始まりました。

000.3

スタート&ゴールはこんな感じの場所です。

000.4

000.5

マスタークラスの招集開始。私は7番コールで最前列。

001

各クラス一斉にスタート。

今年の全日本チャンプを決める戦いが始まりました。
002

私はなんとか無難なスタート。

003

マスター50では塩見さんに続いて2番手で最初の下りへ。

004

後ろから浅井さんが追い上げてきています。

005

ダブルトラックが始まってすぐに右折するロックセクションがあるのですが
ここは昨日の試走で落車が続出してドクターヘリまで来る状態になったた
め、スタート直後の1周目だけはカットしてダブルトラックをそのまま下るこ
とになりました。

塩見さんを抜いて前に出ると、今度は浅井さんが前に出て行きました。

シングルトラックは抜きどころがないので追いかけていきます。

キャンバーの斜め登りを過ぎるとフィードエリア。

最初はボトルを取る余裕も無く浅井さんを追いかけます。

またシングルトラックとダブルトラックが交互に出てきて最低地点から長い
登りが始まりました。

ここは無風快晴で一気に気温が上昇するところで暑すぎ。。。

浅井さんを追いかけますがいつものスピードが出ません。

それでもフィードの手前で振り切って先頭にでました。

006

後ろからは塩見さんが追いかけてきています。

007

008

フィードではチームメイトの小嶋くんに冷水ボトルをもらって体にかけてク
ールダウン。

これで生き返るはず??ですが体温が上がりすぎているのかいまいち調
子が上がりません。

登りもシングルトラックとダブルトラックの連続。

登り切ってマスター50でトップ通過。

塩見さんとは約20秒差。

2周目から塩見さんとのバトルが始まりました。


最低地点からの登りでも抜きつ抜かれつが続きます。

さすがにオーバーヒート気味になってきて力が入りません。。。

登りフィードの手前で塩見さんを抜いて先にシングルトラックへ。

しかしスピードが上がらなくなってまた抜かれました。

この頃から先行スタートして行ったクラスの遅い選手が混じってきます。

塩見さんを視界に収めながら追いかけます。

009.1

009

010

そして塩見さん先行で3周目の最終周回へ。

タイム差は今度は逆の約20秒。

この頃から熱中症気味になってきて意識がもうろう。。。

最初のダブルトラックの下りから右折するロックセクションを1周目と同じ
様に真っ直ぐ走ろうとしてしまいました。

直前でフルブレーキング。

そのままロックセクションに入って行ったため見事に落車。

運よく何もない所に転んだので怪我はありませんでした。

後ろからはマスター40の大橋さんが来ていて「ARIさん落ち着いて」と声
をかけてくれながら先行して行きます。

ハンドルが曲がっているのを落ち着いて直してから今度は大橋さんを追
いかけます。

この落車でかなりのタイムロス。

落ち着いて、落ち着いてと言い聞かせながら大橋さんの背中を追います。

キャンバーの斜め登りを登り切ったらフィードを過ぎた塩見さんが見えま
した。

012

タイム差は40秒ぐらいか??

今度は下りフィードで冷水のかけ水をしてなんとか最低地点まで下り。。。

013

そして最後の炎天下の登りが始まりました。

さすがにもう体が限界にきてしまったようで脚が全く回りません。。。

ここでリタイアを考えたほど頭がクラクラしてきました。

もうフラフラしながらペダリングをしている状態。

登りが始まってしばらくするとマスター50のゼッケン255の選手に抜かれ
ました。

014

これで現在3位。。。

このまま頑張れば表彰台には立てますが、開けた所で後ろを振り返ると
後続集団が迫ってきています。

とにかく走っているのがやっとの状態なのでスピードアップはできません。

もうすぐゴールが近いと言うシングルトラックでやっぱりマスター50の澤田
さんがやってきました。

015

抜かれてもなすすべもなくゆっくりゴールを目指すだけ。。。

最後の登りで振り返るとマスター50の羽鳥さんの姿が見えました。

さすがにゴール直前で抜かれる訳にはいかないので全力を振り絞ってゴ
ールラインを抜けました。

もう意識もうろうでフラフラです。

今日のレースは3周回だったので助かりましたが、もう1周回あったらここ
でリタイアしていたのは確実でした。

バトルしていた塩見さんが今年のマスター50チャンピオンが決まりました。

お互いの健闘をたたえ合って固い握手。

塩見さん、優勝おめでとうございます。

ワキタソフトのタイム&順位グラフを50代クラスの1~4位で比べてみると、
今回のたれ具合はグラフの通りです
。(笑)

順位は年代ではなく総合で表示されています。

順位、タイム

ゴールしてから冷水を目一杯かぶってやっと復活しました。

016.0

順位は総合13位、マスター50で4位となり表彰台は残念ながら逃がして
しまいました。

016.1

さすがにここに立てなかったのは悔しかったですがこれもレースです。

この悔しさがまた来年の全日本につながって行きます。

016

久しぶりに一緒にレースを走った浅野さん。(^^)

017

牧野さんは今年2回目のレース。

DSC_2008

今日は秋田市では32℃ぐらいあったそうです。

今年は残念な結果となってしまいましたが、レースに向けての準備は万全
で心おきなく全日本に望むことができたの
で悔いはありません。

ただ、連日の梅雨空がレースの週末だけ晴れてしまい、私にとっては運が
ありませんでした。

良いときがあれば悪いときもあるのがレースです。悪いときにいかにリカバ
リーするかが必要ですね。

8月の白馬は出られないので9月の妙高から始まる後半戦に向けて仕切り
直します。

今回もたくさんの応援ありがとうございました。弱っている時には本当に力
になります。

フィードで冷水を渡してくれた小嶋くんには本当に感謝です。

あの冷水ボトルが無ければ絶対に完走はできませんでした。

そして炎天下の中で撮影していただいた伊東さんにブログ用に写真をいた
だきました。

いつも本当にありがとうございます。

全日本参加の皆様、炎天下のレースお疲れ様でした。

また次回のレースもよろしくお願いします。(^-^)

バナー1

バナー3

2019.06.30 CJ-U富士見

2019年6月30日(日)雨

今日はCJ-U富士見の本番です。

ここ数年の富士見は晴れて暑いレースばかりで、暑さに弱い私は毎年暑
さにやられて辛いレースが続いていました。

しかし、今年の富士見は土曜日からの雨で気温も低く私にとっては絶好
のコンディション。

スタートも5番コールの最前列。

申し分のない条件のレースとなりましたが。。。

MTBはスペシャの S-WORKS のフルサスでタイヤはFast Trakよ
り少しノブが高めのアデントレースにしました。

S-WORKS には去年から乗っていてすべての雨レースで、この組み
合わせで一度も苦戦したことがなかったため迷わずにこのセッティングに
しましたが。。。

しかし、ここ数年雨で荒れた富士見のレースが無かったため、雨になった
時のコース状況がどうなるかと言う事をすっかりと忘れていました。(笑)

土曜日の試走の時はまだ雨が降っておらずコースは完全なドライ。

せめて試走がマッドコンディションだったらコースが田んぼ状態になると
言うのを思い出したんですけどね。(笑)

結果的に、この選択がせっかくのレースを台無しにしてしまいました。

DSC_2239

マスターズは11:00スタートで周回数は4周回。

DSC_2238

※ 写真は伊東さんはじめたくさんの方にいただきました。いつもありがと
  うございます。

招集がかかってスタート位置へ向かいます。

去年の全日本選手権でゲットしたチャンピオンジャージを着るのは今日が
着治めです。

今年の全日本選手権までの期間限定ジャージなんですよね。

今年も取りたい所ですが強豪選手がマスター50に上がってくるので厳し
い所です。

FB_IMG_1561950751570

いよいよスタート。

FB_IMG_1561953615525

FB_IMG_1561953619564

スタートダッシュも決まっていい感じでスタートできました。

FB_IMG_1561953622510

FB_IMG_1561953626908

ゲレンデのジグザグ登りを登って
最初のシングルトラックへは10番手ぐらい。

この下りは荒れていないのでスムーズに走れますがこの先が凄い状態。

FB_IMG_1561953650577

小さなジャンプを跳んでUターンした後の直線が無茶苦茶滑って、右肩を
思いっきり木にぶつけてしまい鎖骨が心配になったほど。。。(笑)

直線が終わった後の下りがまた滑る滑る。

その後の駐車場上の直線は木の根っこが滑るので少しある路肩の芝の
上を走ると少しはましでした。

一番下まで下って駐車場の横から登りが始まります。

今年は更に一段下の下り&登りはカットされていました。

テーブルトップまでの緩い登りはかなり田んぼ状態ですがなんとか乗って
行けました。

その後のジグザグ登りは普通に走れます。

一度、ゲレンデに出てから大岩へ。

大岩の入口の障害物を越えてから右へ曲がって大岩へ行くのですが、こ
こが木の根っこなどがあって滑りやすいので要注意。

1周目の大岩の手前でクリートが外れてしまい、大岩までの距離が短いの
でクリートがはまらず。。。

さすがにクリートをはめずに大岩下りはできないので押して下りました。

後続の塩見さん、酒居さんすみませんでした~。

FB_IMG_1561953650578

大岩を抜けてからの急な登りから乗れなくなったので押しが始まりました。

ここはマッドタイヤなら乗って行けたのに。。。(笑)

ゲレンデに出る手前の下りも田んぼ状態。

ゲレンデに出てからシングルトラックへ入る所もツルツル。。。


アップダウンのシングルトラックを抜けてゲレンデの芝生の下りへ。

その後のシングルトラックも滑りやすいので要注意。

出口で酒居さんがはまっていたので先行。

バンクエリアを抜けてゲレンデの激坂を登って下ったら1周終了。

FB_IMG_1561953845543

FB_IMG_1561953845544

そして2周目へ。

最初のシングルトラックからタイヤとフレームの間に泥が詰まり始めて抵
抗が多くなり登りのスピードが一気に落ちてきました。

時々、止まって泥をかき出しますがクリアランスが狭いのですぐに詰まっ
てしまいます。

FB_IMG_1561953724481

昨日の夜が蒸し暑かったのでエアコンを入れて寝たらお腹が冷えたのか
明け方からトイレを何往復も。。。

朝食もろくに食べられなかったので2周目の登りからパワーが出なくなっ
てしまい、おまけに泥づまりで最悪のコンディションになってしまいました。

FB_IMG_1561953770676

この状態で無理をして怪我でもしたら元も子もないので、今日のレース結
果は求めずに怪我無く走り切る事だけを目的にしました。

2周目の大岩はタイミングが合わなかったのでエスケープルートへ。

FB_IMG_1561953775680

FB_IMG_1561953826243

FB_IMG_1561953831146

FB_IMG_1561953852182

3周目終了直前のオフィシャルフィードでストップし水をもらって泥にかけて
落とそうとしましたが、そう簡単には取れません。

無駄なあがきでした。(笑)

そして3周目。

後はドンドン抜かれるのみ。

3周目は大岩の手前もスムーズに通過し大岩も下りました。

FB_IMG_1561954693503

だんだんと埴輪状態になって行きます。(笑)

あとはもう修行ですね。(笑)

FB_IMG_1561954697994

4周目に入る前にトップの國井さんがゴールしたので、私は3周でレースが
終了~。

結果は68人中、45位でした。

マスターで走り始めてからの最低順位となってしまいましたが、怪我もなく
レースが終わったので一安心。

自営業の山岳ガイドなので怪我をしてしまったら仕事ができなくなってしま
いお客様にご迷惑をかけてしまうので怪我だけはしないように気を付ける
様にしています。

今回のレースはセッティングの判断ミスで痛恨の結果となってしまいました
が、これを教訓にして今月末の全日本選手権に臨みたいと思います。

雨の中、たくさんの応援ありがとうございました。

かなり辛い時に声援をいただけると本当に頑張れます。(^^)

泥レース参加の皆様、お疲れ様でした。

全日本選手権もよろしくお願いします。

バナー1

バナー3

2019.06.15 CJ-1白山一里野(その2)

2019年6月16日(日)雨

いよいよレース当日。朝からどしゃ降りの雨が降り続いています。

去年の下関のレースでは台風の影響で大雨警報が発令されてレース
が中止になってしまったので今日はどうなるか心配です。

第1レースが始まる頃になってとうとう大雨警報が出ました。

しかし今回は中止にならずレースは続行されるそうです。

これで一安心。ここまで来て中止は辛いですから。(笑)

001.2

宿の窓からはコースが良く見えるのでレース観戦ができます。

この下りコーナーはかなり滑るようで派手に落車している選手がいました。

001.3

女将さんにお願いして宿の物置を使用させてもらってローラーでアップ。

これでじっくりと体を温めることができました。

001.4

レース会場に行くと昔、一緒に練習していたY崎さんに声をかけられて
ビックリしました。

まさかここでお会いできるとは思ってもいませんでした。仕事で一里野の
すぐ近くで勤務しているそうです。

001.5 (1)

そしてスタート位置へ。

普通なら5番コールだと最前列なのですがここはコースが狭いため
2列目になってしまいました。

001.5

雨のために周回数が減ってマスタークラスは3周回。

001

スタートダッシュを決めるつもりでいたのに残念。。。

そしてスタート!!

002.0

狭いので前に出ることができずそのまま最初の激坂登りへ。

002.1

002

003

塩見さんに続いて6番手。

004

005

私は体重があるので激坂はスピードが乗りません。(笑)

006

軽量の大橋さんはドンドン行ってしまいます。

007

008

50代では酒居さんに続いて2番手。後ろから澤田さんが来ています。

009

最初のシングルトラックの登りで前が詰まっていて酒居さんとの距離が
少し開いてしまいました。

左後ろのボケているのが私です。

010

1周目は酒居さんに続いて2番手で通過。

2周目の登りで澤田さんに先行されましたがピッタリ後ろについて行きます。

011

酒居さんとの距離が1周目よりも近くなりました。

このまま追いつけるか。

012

そして奥のシングルトラックで澤田さんに追いついて

ゲレンデの下りコーナーで抜き返しました。

そして最終周回の3周目。

013

014.1

3周目も酒居さんとの距離はまったく変わらず。差は30秒ほど。

同じスピードで周回しています。

014

体の軽い澤田さんは登りが速いので登りでまた抜かれました。

015

しかし、もう最終周回。このままでは終われません。

016

017

奥のシングルトラックで追いかけます。

018

段々と背中が大きくなってきました。

019

020

021

またシングルトラックの出口で追いついて
下りコーナーで抜き返しましたが。。。

4image

突っ込みすぎて滑って吹っ飛びそうになりましたがなんとかリカバリ。。。

そのまま逃げ切って総合7位、

50代では酒居さんに続いて2位でゴールしました。

023

今回も酒居さんに追いつけませんでした~。

しかしタイム差は約30秒なのであともう少しですね。

次回の富士見はもっと頑張らねば。(笑)

久しぶりに埴輪になりましたよ。

64320902_2180668455379501_1298619821922975744_n

3位の澤田さんが表彰式に遅れたので酒居さんと2人で表彰台へ。

DSC_1943

DSC_1945

DSC_1947

今年のレース戦績は

熊本   4位 パンク
朽木   3位
八幡浜 2位
一里野 2位

となっていてまだ優勝がありません。

今年の酒居さんは全勝しています。次回こそは。(^^)


今日もたくさんの方の応援ありがとうございました。

写真を撮影していただいた伊東さん他の方々ありがとうございました。

参加の皆様、泥レースお疲れ様でした。


エリートクラスで走る箭内くんを見送って帰路につきました。

箭内くんはずいぶんと速くなりましたよ。(^^)
DSC_1948

帰り道の途中にある鶴来町の菊姫酒造で買い出し。

DSC_1949

DSC_1950

そして富山港近くにある田尻酒店へ。

DSC_1951

これ全部日本酒です。凄いですね。

目的の有名な 勝駒 はやはり入手困難なようでありませんでした。

その代り 林 の一升瓶が1本残っていたのですかさず購入しました。

林 もそのうち入手困難になりそうですね。

DSC_1952

今夜は富山市内のいつものホテルへ宿泊します。

バナー1

バナー3

2019.06.15 CJ-1白山一里野(その1)

2019年6月15日(土)曇り

今日はCJ-1白山一里野の試走です。

朝はゆっくりと9時頃にホテルを出発。

天気が良ければ部屋の窓から八ヶ岳がよく見えるのですが
今日は曇っていてダメでした。

DSC_1913

白山スーパー林道がまだ開通していないため
松本から安房トンネルを抜けて富山へ。

富山インター近くで立山蕎麦と鱒ずしでランチタイム。

DSC_1914

北陸道を白山まで走って一里野温泉を目指します。

途中で地酒の仕入れも忘れずに。(笑)

DSC_1915

天気予報では雨と言っていましたが青空が出ていて暑いくらいです。

DSC_1916

受付を済ませてさっそく試走へ。

DSC_1917

コースは去年とは前半がほんの少し変わっていましたがほぼ同じ。

DSC_1918

コースは完璧にドライ。

明日のレース当日は大雨が予想されているので
今日のコンディションでの試走は全くあてにはなりませんね。(笑)


DSC_1919

明日のスタートは5番コール。

DSC_1920

マスターズ男子は11:25スタートです。

DSC_1921

コースはこんな感じ。

DSC_1922

コースを2周と一番奥のシングルトラックを何周か走って試走終了。

温泉にはいってからさっそくいただきます。(笑)

DSC_1923

夕食は今夜の宿の岩間山荘名物のジビエ料理。

地酒は天狗舞の純米大吟醸。

DSC_1925

山菜に猪肉、熊の心臓。

DSC_1928

鱒の刺身。

DSC_1929

熊鍋。

DSC_1930

熊肉と山菜の煮物。

DSC_1931

山菜の天麩羅。

DSC_1932

フキご飯。

DSC_1933

クマの手と煮こごり。

トロトロになるまで煮込まれていました。コラーゲンたっぷり。

DSC_1934

宿の旦那さんと息子さんが狩猟もやっているので
食材は全部自家調達だそうです。

これで明日のレースは熊パワーで爆走できるかな??(笑)

バナー1

バナー3

2019.05.26 CJ-U八幡浜国際

2019年5月26日(日)晴れ

今日はいよいよCJ-U八幡浜国際のレース本番です。

天気予報では気温は30℃以上の予想。
マスタークラスのスタートは09:45と
いつもより1時間早くなっています。

おかげで少しは気温が低いかな??と思いましたが
スタート前には雲がなくなってカンカン照りに。。。
辛いレースになりそうですね。

気合いを入れていざ出陣!!

DSC_1597

DSC_1598

マスタークラスは4周回。

DSC_1596

招集開始。

000

私は7番目コールなので最前列。

このコースは最初のシングルトラックへなるべく早く入らないと
途中で渋滞にはまる可能性があるのでスタートダッシュが重要です。

001

スタート!!

002

クリートも1発で入ってダッシュ。

003

スタートも決まって2番手で舗装路へ。

004

005

先頭3人はマスター30の若手選手。
最初のシングルトラックへは4番手で入って途中で1人抜いて
グランドに登って来た時には3番手。

006.0

006.01

調子は悪くないのですが後半の暑さでどうなるか??

006.02

後半の激坂はかなりきついです。
1周目は大橋さんとバトル。

006.2

今の所、脚はよく回ってくれてています。

006.21

006.3

大橋さんとバトル。

006

スタートで少し出遅れた酒居さんが2周回目で追い上げてきました。

007

最初のシングルトラックの激下り。ここは毎回左側を下りました。

008.1

今度は大橋さん、酒居さんと三つ巴のバトル。

008.2

マスター30の若手2人はかなり先行していてまったく見えません。

013

続いて、2周目の後半で総合3位大橋さん。

008

4位酒居さん。

009

5位に私で3人でバトル中。

010

少し離れて6位で塩見さんと続いています。

012


3周目に入って最初のシングルトラックの手前の舗装路で
大橋さん、酒居さんが並んで走っていたので
シングルトラック入口手前で2人を抜いてシングルトラックへ先行。
現在総合3位。

グラウンドの手前の登りで大橋さんに抜かれて
桜坂の最初の登りきった所で酒居さんに抜かれたりと
激しいバトルの連続。

3周目は酒居さん、大橋さん、私の順番で最終周回へ。

015

016

017

018

さすがに気温も上昇してきて
登りになると熱気が体にこもってパワーダウンしてきました。
ボトルに入れてきた氷水を体にかけてクールダウンしますが。。。

最終周回で最初のシングルトラック入口で大橋さんを抜いて先行。
その後、また抜き返されて順番は変わらず。

酒居さんが少し離れて先行しています。

背中は見えていますが、暑さでパワーダウンしているので
登りでスピードが上がらずジワジワと離されていきます。

019

020

途中でマスターの5分後にスタートした
アドバンスの選手を何人か抜きました。

021

022

その後は最後まで順番は変わらず。

024

025

026

027

028

029

これを下ったらまもなくゴール!!

030

031

最後は1人スプリントで無事にゴールしました。

032

総合5位、マスター50では酒居さんに続いて2位となりました。
私の前にゴールした大橋さんはマスター40で優勝。
塩見さんはマスター50で3位、浅井さんは5位。

033

そして表彰式。
しかし塩見さんは大きいですよね~。

034

035

今年も悔しい2位で銀メダル。
来年こそは金メダルを噛みます!!(^^)

036

DSC_1601

今シーズンのレース成績は
第1戦 CJ-1 熊本吉無田 4位 ※パンク
第2戦 CJ-1 びわ湖高島 3位
第3戦 CJ-U 八幡浜     2位
と少しずつ調子が上がってきましたがまだ優勝がありません。

これから暑い季節になって更に厳しいレースが続きますが
優勝目指して半原越えインターバルを頑張ります。(笑)

今日もたくさんの応援ありがとうございました。
参加の皆様お疲れ様でした。

レースの後に1人で1000kmのロングドライブで買えるのは辛いの
で岡山あたりで宿泊して地酒を楽しむ予定です。(^^)

バナー1

バナー3
ギャラリー
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
  • 2019.09.19 広沢寺セルフレスキュー講習会(3日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ