MTBレース

2019.05.05 CJ-1びわこ高島

2019年5月5日(日)晴れ

今日はCJシリーズ第2戦、CJ-1びわこ高島のレース本番。
ジャージにゼッケンをつけて早めに出発。
長浜に宿泊したのでレース会場までは1時間ちょっとかかります。

000.1

まずはローラーを20分まわしてウォーミングアップ。
あまり走りすぎても疲れるので軽く坂道を登って終了。

000.2

左からマスター40、マスター50、マスター50、マスター60です。
今日は酒居さんとどこまでバトルできるか?

000.3

準備万端、行ってきます。(^^)

000

ジュニアがスタートして2分後にマスターがスタート。
レースは4周回。
私は左端の2列目。
スタートしてすぐにコミさんが急にスローダウン。
危うく突っ込みそうになりましたがなんとかかわしてダッシュ。
後で聞いたらペダルからシューズが外れたそうです。

001

002

少しずつ前へ。

003

004

先頭集団で最初の登りへ入って行きました。

005

マスター30の若手はあっという間に消えていきます。

006

そして酒居さんとバトルが始まりました。
私が先行して去年と同じパターンです。

007

008

009

010

國井さんが後ろから迫っています。

011.1

途中の登りで酒居さんに抜かれて10秒差ぐらいの8位で2周目へ。
2周目の最初の登りで國井さんに抜かれました。
すぐ前にいるのはジュニアの選手。

011

012

013

014

酒居さんを追いかけますが段々と差が開いて行きました。

015.1

015.2

後ろからは澤田さんが追い上げてきています。

015

016

017

018

019

3周目の奥のシングルトラックの登りでミスをしてしまい
その隙に澤田さんに抜かれてしまいました。
これでマスター50で3番手。

020

澤田さんにピッタリとくっついて追いかけます。

021

022

今度は後にシングルギアのフルリジットのマスター40の吉元さんがいます。

023

この最後の登りを登り切ったら後は下るだけ。

024.1

このまま吉元さんからは逃げ切って総合9位でゴールしました。
澤田さんには追いつけず。。。悔しい3位となりました。
マスター50では去年は優勝しているだけに余計に悔しいですね。

024

レースのデータを見てみると2周目以降は1分以上タイムが落ちています。
去年は落ちても30秒程度。
2~4周までのタイム差はあまりありませんが1周目からのタイム落ちは
30秒以内に収めないとダメです。
今年は仕事が忙しく、今年の冬は去年の半分の練習量で
走行距離も多くて1ヶ月に200km程度。
1回の練習の負荷は高いとはいえ、やっぱり練習不足は裏切りませんでした。(笑)

033

まずは全日本選手権を目指して練習量を増やしていかないとダメですね。
ゴール後に酒居さんとツーショット!!
今日はまったく追いつけませんでした~。
次戦の八幡浜までにはもっと仕上げていきます。(^^)

025

それからFB知り合いの馬場さんがわざわざ応援に来てくれました。
差し入れまでいただきましてありがとうございました。<m(__)m>

026

そして表彰式。なんとか3位でお立ち台。

027

マスター60のレジェンド橋本さん。
私もあと3年でマスター60です。
私が同じクラスになるまで頑張って走っていほしいです。(^^)

028

エリートでバリバリ走っている箭内くん。
CJシリーズはデフで走っていますがTeam ARI メンバーです。
エリートで表彰台に乗る日も来ることでしょう。

029

今日もたくさんの応援ありがとうございました。
参加の皆様、お疲れ様でした。(^^)

レースの後は昨日の居酒屋のご主人に教えてもらった彦根の酒屋へ。
色々と仕入れをしてきました。

030

高知の地酒でこんなのがありましたよ。
Team ARIカラーです。(笑)

031

彦根名物のチャンポンを食べて帰路に着きました。

032


バナー1

バナー3

2019.04.14 CJ-1くまもと吉無田(その2)

2019年4月14日(日)曇り~雨

今日はいよいよCJシリーズ開幕戦。

天気予報では夕方から雨になると言っていますが
マスターは12時スタートなので大丈夫かな??
と思っていたらレース30分前になったら本降りに。。。
今日のメンバーからすると酒居さん、塩見さんとバトルになりそう。

※ 今回の写真は伊東さんにいただきました。いつもありがとうございます。

001

私は期間限定の全日本チャンピオンジャージで。
7月の全日本選手権までは着れます。(^^)

002

レースは約4kmチョットのコースを5周回。

003

そしてスタート!!

004

塩見さんが先頭で最初の下り坂へ。

005

30代の若手マスター2人があっという間に前に出て行ってすぐに姿が小さくなりました。
まぁ2人ともエリートで走っていても余裕の選手なので追いつけません。
各年代が一斉スタートですが、とにかくマスター50で競うので気にしなくてもいいです。
最初の登りで予想どおり酒居さん、塩見さんが前に出て行ったのでそれに続きます。
とにかく最初の登りが長いですね。(笑)

007

シングルトラックに入る前に塩見さんを抜いて酒居さんに続き2番手に。
シングルトラックは難しくはありません。雨の影響もまだ無し。
アップダウンを繰り返して長い下りへ。
ここはコースアウトしないように要注意。

008

009

バンクもあって楽しい下りです。

010

011

恐竜コーナー。(笑)

012

013

014

1周目はマスター50では酒居さんに続き2番手で通過。
そして2周目へ。
登りで酒居さんを追いかけますが、なぜかスピードが上がりません。
少しずつ距離が開いて行きました。
どうやらスローパンクしているようで少しずつ空気が抜けているような。。。
2周目は総合7位、マスター50は2位で通過してレースが進んでいきます。
4周目までは前の選手の背中を追いかけて頑張っていたのですが
前に4人見えているので追い抜きたい所ですがスローパンクのせいで
路面抵抗が大きくなってきてさすがにスピードが上がりません。


016

そして最終周回の5周目へ。
最初の下りを下って登りに入った所で一気にタイヤの抵抗が大きくなりました。
停まって確認してみるとかなり空気が抜けていますがなんとか走れそう。。。
そのかわりもうスピードが出ません。
後ろから追いついてきたシマウマの選手もスローパンクをしているようで
スローパンク同士の争いになりました。(笑)

017

スピードが出ないのでシングルトラックを抜けた後の登りで塩見さんに抜かれました。

023

これでマスター50で3位。
このまま最後までもつか???

019

020

シマウマの選手はクラスが違います。

021

022

後半で込山さんにも抜かれました。

024

タイヤがここまでつぶれてしまいました。
あまり無理をするとビートが外れてしまうのでスピードダウンするしかありません。

025


021

そして最後のダメ押しで、ゴール数百メートルの所で
マスター50の浅井さんに追いつかれてしまいました。
これで表彰台は無くなりました~。

022

そしてマスター50は4位でゴール!!
これはチョット悔しすぎですね。(笑)
酒居さんはそのまま逃げ切って見事優勝です。
おめでとうございます。

去年のCJ開幕戦の菖蒲谷では今回と逆で酒居さんがパンク、私が優勝でした。
去年はメカトラ、パンクも全く無く1年走れたので今日はそのツケが回ってきたんですね。(笑)
しかし、これもレースなので仕方ありません。
とにかく今回はパンクした選手が多かったレースとなりました。
気を取り直して次回の高島に備えてしっかりと鍛え直しておきたいと思います。
今日もたくさんの応援ありがとうございました。参加の皆様お疲れ様でした。

今夜は大分県別府市で泊まります。
大分の地酒で反省会をしたいと思います。(笑)

バナー1

バナー3

2019.04.13 CJ-1くまもと吉無田(その1)

2019年4月13日(晴れ)

いよいよCJシリーズの開幕戦です。
第1戦目は熊本県。
九州でのレースは約10年前に鹿児島で開催されて以来になります。
初めての場所なので楽しみです。

装備を考えれば車で行きたい所ですがさすがに熊本は遠いので飛行機で行く事にしました。

DSC_1674

今日は無風快晴の絶好のフライト日和。

DSC_1675

離陸待ちでタクシーウェイが渋滞してます。

DSC_1676

遠くには雪で真っ白になった富士山も見えます。

DSC_1677

そして離陸、横浜を見下ろしながら上昇。

DSC_1678

今日は視界もよくてかなり遠くまで見えます。
谷川岳方面の上越の山々。

DSC_1681

八ヶ岳。

DSC_1683

DSC_1684

奥が北アルプス、手前が南アルプス。

DSC_1685

中央アルプス。

DSC_1686

北アルプスも一望できました。

DSC_1688

石川県の白山。

DSC_1689

右がびわ湖、奥が日本海。
5月のレースはこの真下の高島で開催されます。

DSC_1690

舞鶴湾。

DSC_1692

伯耆大山。まだ雪が残っています。

DSC_1694

福岡空港に着陸態勢に入ってもうすぐタッチダウンだと思った瞬間、ゴーアラウンド。
追い風が強かったためもう一度、着陸のやり直しになりました。

DSC_1695

試走まで時間が無いので急いでレンタカーを借りて出発。
ランチはコンビニおにぎりで済まそうかと思っていましたが、この看板に釣られてしまいました。

DSC_1698

まったく腰の無い柔らかいうどんにビックリ!!
讃岐うどんを食べ慣れているので最初は抵抗がありましたが慣れてくると意外と美味しいです。
麺がどんどん汁を吸って減って行くので追加の汁が付いていました。
かしわ飯と一緒に美味しくいただきましたよ。

DSC_1697

場所は阿蘇山の南西にある吉無田高原。
野焼きした山の上にコースを作ってあります。
受付を済ませてさっそく試走へ。

DSC_1700

スタートしていきなり長い登りが始まります。レースではこれを何回登るのか??

DSC_1701

上まで登ると展望は最高。その後シングルトラックへ。
樹林地帯なのでいきなり暗くなります。コースは難しくはなくあっと言う間に抜けてしまいました。

DSC_1702

その後は短いアップダウンの繰り返し。とにかく草を刈った後の草が曲者でハンドルが取られます。
集中して走らないと吹っ飛ぶかも。
途中で一か所ロックセクションがありましたが簡単でした。

DSC_1703

恐竜がいました。

DSC_1704

後半にバンクやテーブルトップなども出てきて楽しめます。(笑)

2周目に入った所で関東勢もチラホラ。

DSC_1705

今年からマスター50になった塩見さん。明日は一緒にバトルです。

DSC_1708

チーム登録は違いますがTeam ARI からはヒデさん、コミさんも参加。

DSC_1709

DSC_1710

午前中のジャパンマスターゲームを走ったマスター60の橋本さん。
優勝おめでとうございます。

DSC_1711

熊本の地酒編はこちらをご覧ください。

地酒万歳(2019.04.13 熊本市(無濾過生原酒専門店/醸音)

(その2)へ続く。。。

バナー1

バナー3

Japan Super Masters Series 2018 最終戦

2019年3月31日(日)晴れ

今日はJapan Super Masters Series 2018 最終戦です。
去年の8月、9月、12月の3レースが行われて全て優勝してきました。
今回の最終戦で優勝できれば完全優勝でシリーズチャンピオンが決まります。
総合ではランキング2位です。

DSC_2507

ゼッケンは2番でスタートも2番コールの最前列になります。

DSC_2508

今回はレース中の写真がありません。
前日の夜まで雨が降っていましたがレース当日はいい天気になりました。
しかし、気温がかなり低く12月のレースの時と変わらないぐらいです。
コースは1周約2.5kmのショートコース。
試走をしましたが1周10分もかかりません。
前回と比べて途中にテクニカルな下りが設定されていました。
コースは多少、水たまりもありましたがほとんどがドライで木の根っこも大丈夫です。

2番コールで最前列に並びます。
1番は30代の若手選手。
ランキング順ですべての年代の選手が並んで一斉スタートです。
周回数は5周回。
最初の激坂を5回も登るので今日も大変です。(笑)

スタート直後は舗装路の登りをもがいてシングルラックへ。
この歳になるとスタートダッシュがきついですね。(笑)
若手選手が2名先行してその後に大橋さん、そして4番手で続きます。

最初のシングルトラックの登りもドライで乗って行けます。去年は木の根っこの段差があって
嫌らしい個所が何か所かありましたが土で埋められていて簡単になっていました。
あそこはテクニックの差がでるのでそのまま残しておいてほしかったですね。(笑)

大橋さんの後ろについて走って行きます。
最初の激坂を登り切ったら木の根っこの多い下りへ。
今日はドライなので気にせずに突っ込んで行けます。
鉄塔の登りを越えたら後は下り基調。
新しい下りのコースは結構傾斜もあってタイトコーナーもあるので
コースアウトしないように要注意。

順調に周回を重ねていきます。
大橋さんから3周目ぐらいから少し離れてしまいました。
後ろには2名の選手がチラチラと見えていますが距離は少しずつ開いてきています。
周回数が4周目かな??と思ってゴールラインを通過しましたがジャンが鳴りません。
と言う事は後2周回??
後ろを走っていた選手は振り切って1人旅です。
あと1周回あると思ってゴールラインを通過しようとしたらチェッカーが振られていました。
ジャンが鳴らなかったのであと1周回あるはずだけど。。。
てっきり間違えて足切りされてしまったと思い八代さんに確認してもらった所
ちゃんと5周回していたそうです。(笑)

と言うことで最終戦は優勝で終わることができました。

DSC_2510

クリスタルトロフィーも4個揃いましたよ。

DSC_2518

そしてシリーズチャンピオンジャージももらいました。
ちょっとサイズが大きかったですが。。。(笑)

DSC_2528

これで2021年に開催される World Masters Gamses には予選なしの出場権をゲットしました。
そして世界戦には最前列で並ぶことができます。
まだ2年ありますがしっかりとトレーニングを積んでレースに臨みたいと思います。
今日もたくさんの応援ありがとうございました。参加の皆様お疲れ様でした。

DSC_2531

レースが終わってからは明日、鈴鹿/椿岩でクライミング講習会に参加する
S原さんの体験MTB走行です。
MTBは初体験とのことなのでシフトチェンジ、走り方を簡単に説明して
MTBに慣れてもらってからコースへ。

DSC_2532

簡単な場所へ行きましたがちょっと厳しそうだったため
程よく走って終了しました。
今度は、MTB講習会でしっかりと練習しましょう。(^^)

DSC_2533

今夜は名古屋で宿泊です。
夜は愛知県の地酒を楽しみたいと思います。

バナー1

バナー3


2018.07.01 CJ-1田沢湖(レース編)

2018年7月1日(日)晴れ


いよいよマスタークラスのスタートです。

期待していた雨にはならず

晴れていて気温もかなり高いです。


一里野に続いて今回もチームメイトの小嶋くんに

冷水のかけ水をお願いしてあるので

これが頼みの綱です。(笑)


マスターランキングは大橋さんに続いて2位なので

コールは2番目で最前列。

今回は元オリンピアンの竹谷さんが出場しているので

どこまでついて行けるか?

竹谷さんは今年はCJ初出場なので最後尾からのスタートですが

あっという間にトップに上がってくるのは確実です。




レースは 4.6 km x 4 Laps = 18.4 km で争われます。

11:40にスタート!!




スタートダッシュは苦手なので

ちょっと出遅れています。






最初の坂を登って一度下り

激登りの手前でトップは塩見さん。

私は6番手。






ここからゲレンデと樹林帯の長い登りが続くので

順位を上げていきます。






先頭付近がスピードダウンしていく中

スピードアップしてドンドン抜いて行きます。

シングルトラックの登りはちょっとスリッピーですが

丁寧にペダリングすれば問題ありません。


この段階でトップは平井さん、次に岡部さん、私と続いています。

そして登り切って下りが始まる直前で岡部さんを抜いて2番手。

長い下りは荒れている所もあるのでパンクと落車に注意しながら

平井さんを追いかけます。


下り切ってから少し登ってスタートラインの横を通過。

ここからコースの後半へ。


しばらくはコースの広い場所を走りますが

シングルトラックへ入ってしまったら抜くことができません。


シングルトラックへ入る前に先頭に出ておかないと

前が詰まってしまったらマイペースで走る事ができません。








先頭は平井さん、続いて私、岡部さんと続きます。


シングルトラック入口の手前は広いダブルトラックなので

全力でスピードアップして

シングルトラック入口の手前で

平井さんを抜いて先頭に出ました。


ここからはテクニカルなコースが続きます。

何度かつなぎのダブルトラックへ出ます。




後半はほとんどがシングルトラックです。

小刻みなアップダウンやスリッピーな登りなどなど。。。

1周目はトップで走っていましたが




2番手で竹谷さんが追い上げてきています。




3番手で岡部さん。




そしてシングルトラックが終わってオフィシャルフィードを過ぎたあたりで

竹谷さんに抜かれました。

1周が終わるまであと数十メートルの所。

せめて1周目はトップ通過したかったです。


竹谷さんとの距離はあっという間に開いてしまいました。


オーバーヒート気味でしたが

フィードで小嶋くんから冷水のかけ水をもらって生き返りました。(^^)

そして2周目の登りへ。


3番手の岡部さんが追い上げてきているので

抜かれないようにしなければ。。。


トップは竹谷さん。




2位は私。






3位は岡部さん。




ここは泥に入る手前に木の根っこがあって

試走の時に滑って吹っ飛んだ場所なので要注意。(笑)










4番手に澤田さん。




5番手に松本さん。




3周目に入っても順位は変わらず

岡部さんが追いかけてきています。

毎周回、岡部さんとの距離をチェックする場所で振り返ると

少し距離が詰まってきていました。


ここで力を抜くと抜かれてしまいます。

辛いのはお互い様なのでここが踏ん張りどころ。。。

小嶋くんの冷水に助けられながらスピードアップ。


シングルトラックでミスをするとあっという間に距離が詰まってしまうので

リズムをつかんで慎重に走って行きます。


CJ-U八幡浜の時は

後続をかなり引き離してトップで走っていたにも関わらず

ほんの少しのミスで大落車してしまい

3位まで落ちて悔しい思いをしているので

今回は慎重に慎重に。


そして最終周回の4周目へ。

最後まで気を抜かずに。


トップの竹谷さんの姿は全く見えません。

このまま逃げ切って2位をキープしないと。。。


4周目になって太陽が陰り雨がパラパラと降ってきました。

激登りで晴れていると暑さにやられてしまうのですが

これは助かりました。(笑)

更にスピードアップして最後の登りへ。






小嶋くんに最後のかけ水をもらって

後半のシングルトラックへ。

ミスをしないようにリズムよく慎重に。。。




3番手で岡部さん。




4番手に松本さん、5番手で澤田さんと続きます。




そして6番手で浅井さん。




岡部さんとの距離チェックポイントで振り返ると

岡部さんの姿が見えなくなりました。

かなり距離が開いたようです。


後はゴールまでミスをしないように走り切るだけ。


トップは竹谷さん。




私は2位で最後のシングルトラックの出口をミスなく登りました。










そして岡部さん。




オフィシャルフィードを通過して最後の登りを通過。

総合2位でゴールを通過しました。(^^)




竹谷さんには敵いませんでしたが

マスター50では優勝です。


2位に澤田さん、3位に浅井さんと続きました。(^^)


今回も S-WORKS が頑張ってくれました。

今シーズンはこのMTBで走り始めてから

全てのレースで表彰台に立っています。

そのうち優勝は4回。




優勝賞品には あきたこまち 5kgをいただきました。

地元の名産品は嬉しいですね。(^^)


リザルトを見ると3位の岡部さんとは40秒差がついていました。




ラップタイムを見ると

4周目は頑張ったおかげで3周目よりも速かったみたいですね。(笑)



今回は1時間20分と久しぶりに長いレースで

気温も高く辛いレースとなりましたが

小嶋くんの冷水フィードのおかげで

最後までたれることなく走り切ることができ

メカトラ、ミスもなかったため優勝することができました。


そして今日もたくさんの応援ありがとうございました。

写真もたくさん撮影していただきましてありがとうございました。

早速、ブログで使用させていただきました。


参加の皆様、お疲れ様でした。

マスター関東勢の皆様もお疲れ様でした。(^^)




レースの後は田沢湖駅でお買い物。

まずは美味しい地酒を購入。

そしてババヘラアイス。

やっぱりこれを食べないと帰れません。(笑)






明日は白河/聖ヶ岩でクライミング講習会なので

今夜は福島県白河市まで移動して宿泊します。

まずはレースで消耗した分を補給。


盛岡インター手前にある、皆さんお勧めのお店へ。




焼肉と冷麺をいただきました。

焼肉5種盛りはかなりのボリュームでした。(^^)






白河市までは400km近くあるので

到着はちょっと遅くなりそうです。

白河市のグルメ編はまたのちほど。。。(笑)




ギャラリー
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
  • 2019.05.22 広沢寺クライミングセルフレスキュー講習会
最新コメント