MTBレース

2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね

2019年12月22日(日)曇り

今日はJapan Super Masters Seriesでゆぶね森林公園まできました。

去年は全レース出場してシリーズチャンピオンになりましたが、今年はまだ1レースも走っていないので今日が初戦になります。

今年最後のレースなので頑張らないと。。。(笑)

バイクは10月に納車したばかりの S-WORKS HT

DSC_2869

今日のコースは今までとはずいぶんと変わっていて、スタートして舗装路のヒルクライムが延々と続きます。

S-WORKS HTは超軽量なのでヒルクライムになるのはありがたいですね。(笑)


今回はレース中の写真はありませんので簡単なレポートのみです。

スタートは全部のクラスが同じ出走で約40人ぐらい。

招集はランキング順になるので、今年参戦していない私は最後尾。

今日はかなり冷え込んでいてスポーツバルムのレッド3を塗り込みました。(笑)


そしてスタート!!

レースは約4kmのコースを4周回。

シングルトラックに入るまでに前に出て行かないと渋滞にはまるのは確実なのでダッシュ。

舗装路のヒルクライムで前の選手をすり抜けながらドンドンと前に出て行きます。

短い下りになるところで頑張って先頭に出ました。

次の登りで若手選手が前に出て行き、総合では6位ぐらいでシングルトラックへ。

シングルトラックへ入ってもまだきつい登りが続きます。

途中で1人抜かして5位で50歳代ではトップで2周目へ。


若手選手が追いついてきたのでしばらく抜きつ抜かれつのバトル。

若手は元気がいいので先行して行きました。(笑)

後続選手は見えないし周りに選手はいないので単独で周回を重ねて行きます。


やっぱりバトルにならないとモチベーションは上がりませんね。(笑)

淡々と走りきって総合6位、50歳代1位でゴールしました。

今年最後のレースを優勝で締めくくれてホッとしました。(^^)

3月の最終戦は多分出られないのでJapan Super Masters Seriesはこれで終了です。

DSC_2872

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様、お疲れ様でした。

DSC_2874

レース後のランチはいつもの狸のお店でうどん。

DSC_2876

DSC_2877

いつもならもう一泊してどこかで日本酒を飲むのですが、今日は時間も早いので帰宅しました。

Japan Super Masters Series の優勝クリスタルトロフィーは5個になりました。

DSC_2884

次のレースは2月に山形県東根市で開催される東根雪まつりシクロクロス。

シクロクロスと言っても99%がMTBです。(笑)

この冬は暖冬なので雪があるかどうかが心配ですが。。。(笑)

バナー1

バナー3


2019.11.10 CJ-1京都ゆぶね

2019年11月10日(日)晴れ

今日は京都ゆぶねでCJシリーズの最終戦です。

昨日は岐阜に泊まったので試走に間に合うように早めに出発。

今日はニューマシンのデビュー戦です。

000

001.1

コースはこんな感じで、後半がいつもと逆走をする感じになっていて登りが増えていますね。

001.2

まずは試走へ。

先週は連日の仕事でレース前の休養ができなかったのと風邪がまだ治っていないし、一人ロングドライブであまり寝ていないと言うこともあって最初の登りから体が重くて思うように登れません。(笑)

ニューマシンは軽いんですけどね。(笑)

コースが変わっているのでとりあえず2周しましたが、体調的にはもうレースはいいかな?と言う感じ。。。

あまりにも頭が重いので、試走が終わってからエナジードリンクを買いにセブンイレブンまで行きました。(笑)

これで少しはスッキリ。(笑)

招集が始まって2列目に並びましたが、最前列はユースの選手が並んでいます。

同時スタートと言うことで結果的に3列目。

そして11:10にスタート。

レースは3周回。

最初の舗装路でダッシュしたかったのですが、コースが狭いのでなかなか前に出ることができません。

そのまま最初のシングルトラックの急な登りへ。

ユースの選手2人が止ってしまい前を塞がれて先頭集団にかなり出遅れました。

001

シングルトラックもかなり狭いので抜きどころがなかなか無く、また何度か前を塞がれました。

002

1周目の後半の沢沿いの緩い登りで追い上げていき塩見さんを抜いて後半の登りへ。

003

しかし2周目になると得意の登りでパワーが出なくなってきて後続の選手に抜かれて行きます。

004

とにかく最終戦なので、焦って怪我をしないように慎重に。。。

005

途中で塩見さんに抜き返されてしまい最終ラップへ。

006

沢沿いの登りでまた塩見さんの背中が大きくなってきました。

追いつけるかな?と思いましたがやっぱり足が回らず。。。

007

マスターズ50では取ってはいけない4位でゴールしました。

酒居さんは総合3位でゴール。さすがです。

結局、今年は一度も酒居さんには勝てませんでした。

来シーズンは鍛え直して出直してきます。

008

1年間バトルありがとうございました。

009

マスターズ集合写真。(^^)

010

今シーズンの年間結果は

マスターズ総合 8位/114名

マスターズ50 2位/ 42名

となりました。

しかしマスターズ50も人数が増えましたね。

今年は力不足で優勝が一度も無かったのが悔しいです。

また鍛え直しておきます。

来年は55歳以上のクラスに変わると言う噂もチラホラありますがどうなるんだろう?

今年も冬山の仕事を優先してシクロクロスは出ないと思いますのでレースは冬眠にはいります。(笑)

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様、1年間お疲れ様でした。

怪我も無くシーズンを終了することができてホッとしています。

マスターの皆様、また来シーズンもよろしくお願いします。

しかし、今日は青空が綺麗でした。

DSC_1830

レースの後は信楽のいつものお店へ。

DSC_1831

ぶっかけうどんと鶏天でランチタイム。

DSC_1832

DSC_1833

DSC_1834

月曜日は神戸で仕事があるので、今夜は奈良市内で泊まります。

レースも終わったので地酒をたっぷりと堪能しますよ~。(笑)

バナー1

バナー3


2019.09.29 CJ-U深坂国際

2019年9月29日(日)晴れ~曇り

去年の下関は台風接近で大雨警報が出たために中止になってしまいました。

帰りの飛行機も飛ばなかったため帰れなかった選手もたくさんでしたね。

今年も台風が毎週のように接近してきたので心配していましたが、なんとか天候は持ってくれました。

当初の天気予報では雨だったので喜んでいましたが、レース当日は晴れて暑いくらい。。。

それでもマスターズスタートの時間には曇ってきて少しは助かりました。(笑)

さぁマスターズスタートです。

今回もなんとか最前列。

001

002

スタートしてからしばらく舗装路の登りが続きます。

003

スタートダッシュも決まって3番手でシングルトラックへ。

そのまま行けるかなと思いきや、最初の沢渡りの渡りきったところで後ろから接触されてバランスを崩して沢側へ転倒。

すぐに立ち直って再スタートしましたが酒居さんと数名が前に出て行きました。

また抜き返しながら走って行きオフィシャルフィードの直線で酒居さんをパス。

しかしその先の登りでまた抜きかえされました。

それから酒居さんの背中を追いかけていきます。

004

005

2カ所目の沢渡りは試走では登れていましたが、本番になると焦ってしまい途中から押しに。。。

006

1周目は最初の落車の影響もあって焦ってしまい、テクニカルな途中の下りで木に体をぶつけてしまったりしてグタグタ。(笑)

2周目に入って最初の沢渡りでまたミス。

その隙にシマウマとポテトの選手に抜かれました。

007

008

その後、前が詰まっていてなかなか抜くタイミングが無く酒居さんとの距離が開いていきます。

009

2周目のゴール手前の舗装路に出るあたりでシマウマとポテトの選手を抜きました。

現在、総合4位でマスター50は2位。

あとはひたすら見えない酒居さんを追いかけます。

010

011

012

013

014

015

後ろの選手も見えなくなりました。

総合3位の選手が見えてきたので追いかけます。

016

017

018

しかし最後まで届かずに総合4位、マスター50は2位でゴールしました。

久しぶりに酒居さんとのバトルでしたがまた勝てませんでした~。

残念無念。

今年はパンク、泥詰まりなどなどトラブルが多かったためにレース成績はいまいちです。

最終戦のCJ-1湯船ではもっと頑張らないとだめですね。(笑)

70127460_3093050060768131_6617828030792335360_n

レース後半戦に入ってからだんだんと調子も上がってきているので最終戦は頑張ります。

DSC_1004

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様、お疲れ様でした。

レースも終わったので今夜は地酒を思う存分飲めますね。(笑)

さて今夜はどこまで行こうかな?(笑)

バナー1

バナー3

2019.09.22 CJ-U妙高

2019年9月22日(日)晴れ

今日はCJ-U妙高で久しぶりのMTBレースに参戦です。

7月の田沢湖の全日本以来なので2ヶ月ぶりですね。

トレーニングは舗装路の半原越えばかりなのでオフロードを走るのも2ヶ月ぶり。

試走で走ればすぐに感覚は戻ってくるのでOKです。

朝の試走で1週走ってウォーミングアップ。

今日は10:00とスタートがいつもより早いです。

001

最前列からスタート。

002

この年になるとダッシュは辛くなってきてスロースタート。

003

舗装路ダッシュしてからダブルトラックへ。

004

最初の下りはちょっと出遅れましたが登りであげていきます。

写真の左端に少し写ってます。(笑)

006

007

登りで順位を上げて275のマスター50の選手とバトルが始まりました。

008

009

毎周回、抜きつ抜かれつつで周回を重ねて行きます。

010

最後の最後までバトルが続いて

011

012

013

最後の下りに入る前に前に出た方が有利。

微妙に追いつかずにそのまま下りへ。

ゴール前の直線が長ければスプリントできるのですがスプリントする距離がないのでそのまま真後ろでゴール。

今日のレースは3位で終わりました。

DSC_0864

まだまだ修行が足りませんね。

マスター50もどんどん若手の50代が上がってくるので毎年辛いレースになってきます。

私ももうすぐ58才。

マスター60ももうすぐですね。まだまだ頑張らないと。(^^)

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様、お疲れ様でした。

来週末はCJ-U下関と連戦になります。

また来週もよろしくお願いします。


レースの後は定番の信州蕎麦のお店へ。

お腹いっぱいで帰路につきました。

DSC_0866

バナー1

バナー3

第32回全日本MTB選手権大会

2019年7月21日(晴れ)

今週末はいよいよ全日本MTB選手権大会。

去年は運よく優勝することができました。できることなら今年も優勝して
2連覇を達成できれば嬉しいのですが。。。

場所は秋田県の田沢湖スキー場。

遠いので金曜日に出発して秋田市内で宿泊しました。

土曜日にコースの試走へ。

コースは去年までの大会と大きく変わっていてスタート、ゴールがコース
の最高地点にあります。

通常はスタートして上り坂が続くコースが多いのですが、ここは一気に下
って登りかえします。

金曜日の夕方にゲリラ豪雨があってコースはまだ滑りやすい状態でノー
マルタイヤで走ったらかなり滑ったのでセミマッドタイヤに交換。

シングルトラックとダブルトラックが交互に出てくる感じです。

3周走って試走は終了。

会場からすぐのロッジで宿泊しました。


そしてレース当日。

レースに向けてのトレーニングも順調、体調も問題なし、バイクのメンテナ
ンスも万全。

暑さに弱い私に取ってはただ心配なのは、やっぱり晴れて気温が上がる
こと。

過去に2回、無理をしすぎて熱中症で倒れて運ばれ数日間寝込んだこと
があるのでこれだけが不安要素。(
笑)

しかし今日は雲もほとんど無く快晴で、気温も一気に上昇してきました。

かなり辛いレース展開になりそうです。

今年のマスタークラスのゼッケンは年代別になっているので、レースで混
走していてもどのクラスに抜かれたか一目瞭然。

これは自分の順位を把握するが簡単になるのでありがたいです。

000.0

少しでも暑さを和らげるために一番薄いワンピースで。

000.1

会場から遠くに田沢湖が見えます。

000.2

最初にクラスのレースが始まりました。

000.3

スタート&ゴールはこんな感じの場所です。

000.4

000.5

マスタークラスの招集開始。私は7番コールで最前列。

001

各クラス一斉にスタート。

今年の全日本チャンプを決める戦いが始まりました。
002

私はなんとか無難なスタート。

003

マスター50では塩見さんに続いて2番手で最初の下りへ。

004

後ろから浅井さんが追い上げてきています。

005

ダブルトラックが始まってすぐに右折するロックセクションがあるのですが
ここは昨日の試走で落車が続出してドクターヘリまで来る状態になったた
め、スタート直後の1周目だけはカットしてダブルトラックをそのまま下るこ
とになりました。

塩見さんを抜いて前に出ると、今度は浅井さんが前に出て行きました。

シングルトラックは抜きどころがないので追いかけていきます。

キャンバーの斜め登りを過ぎるとフィードエリア。

最初はボトルを取る余裕も無く浅井さんを追いかけます。

またシングルトラックとダブルトラックが交互に出てきて最低地点から長い
登りが始まりました。

ここは無風快晴で一気に気温が上昇するところで暑すぎ。。。

浅井さんを追いかけますがいつものスピードが出ません。

それでもフィードの手前で振り切って先頭にでました。

006

後ろからは塩見さんが追いかけてきています。

007

008

フィードではチームメイトの小嶋くんに冷水ボトルをもらって体にかけてク
ールダウン。

これで生き返るはず??ですが体温が上がりすぎているのかいまいち調
子が上がりません。

登りもシングルトラックとダブルトラックの連続。

登り切ってマスター50でトップ通過。

塩見さんとは約20秒差。

2周目から塩見さんとのバトルが始まりました。


最低地点からの登りでも抜きつ抜かれつが続きます。

さすがにオーバーヒート気味になってきて力が入りません。。。

登りフィードの手前で塩見さんを抜いて先にシングルトラックへ。

しかしスピードが上がらなくなってまた抜かれました。

この頃から先行スタートして行ったクラスの遅い選手が混じってきます。

塩見さんを視界に収めながら追いかけます。

009.1

009

010

そして塩見さん先行で3周目の最終周回へ。

タイム差は今度は逆の約20秒。

この頃から熱中症気味になってきて意識がもうろう。。。

最初のダブルトラックの下りから右折するロックセクションを1周目と同じ
様に真っ直ぐ走ろうとしてしまいました。

直前でフルブレーキング。

そのままロックセクションに入って行ったため見事に落車。

運よく何もない所に転んだので怪我はありませんでした。

後ろからはマスター40の大橋さんが来ていて「ARIさん落ち着いて」と声
をかけてくれながら先行して行きます。

ハンドルが曲がっているのを落ち着いて直してから今度は大橋さんを追
いかけます。

この落車でかなりのタイムロス。

落ち着いて、落ち着いてと言い聞かせながら大橋さんの背中を追います。

キャンバーの斜め登りを登り切ったらフィードを過ぎた塩見さんが見えま
した。

012

タイム差は40秒ぐらいか??

今度は下りフィードで冷水のかけ水をしてなんとか最低地点まで下り。。。

013

そして最後の炎天下の登りが始まりました。

さすがにもう体が限界にきてしまったようで脚が全く回りません。。。

ここでリタイアを考えたほど頭がクラクラしてきました。

もうフラフラしながらペダリングをしている状態。

登りが始まってしばらくするとマスター50のゼッケン255の選手に抜かれ
ました。

014

これで現在3位。。。

このまま頑張れば表彰台には立てますが、開けた所で後ろを振り返ると
後続集団が迫ってきています。

とにかく走っているのがやっとの状態なのでスピードアップはできません。

もうすぐゴールが近いと言うシングルトラックでやっぱりマスター50の澤田
さんがやってきました。

015

抜かれてもなすすべもなくゆっくりゴールを目指すだけ。。。

最後の登りで振り返るとマスター50の羽鳥さんの姿が見えました。

さすがにゴール直前で抜かれる訳にはいかないので全力を振り絞ってゴ
ールラインを抜けました。

もう意識もうろうでフラフラです。

今日のレースは3周回だったので助かりましたが、もう1周回あったらここ
でリタイアしていたのは確実でした。

バトルしていた塩見さんが今年のマスター50チャンピオンが決まりました。

お互いの健闘をたたえ合って固い握手。

塩見さん、優勝おめでとうございます。

ワキタソフトのタイム&順位グラフを50代クラスの1~4位で比べてみると、
今回のたれ具合はグラフの通りです
。(笑)

順位は年代ではなく総合で表示されています。

順位、タイム

ゴールしてから冷水を目一杯かぶってやっと復活しました。

016.0

順位は総合13位、マスター50で4位となり表彰台は残念ながら逃がして
しまいました。

016.1

さすがにここに立てなかったのは悔しかったですがこれもレースです。

この悔しさがまた来年の全日本につながって行きます。

016

久しぶりに一緒にレースを走った浅野さん。(^^)

017

牧野さんは今年2回目のレース。

DSC_2008

今日は秋田市では32℃ぐらいあったそうです。

今年は残念な結果となってしまいましたが、レースに向けての準備は万全
で心おきなく全日本に望むことができたの
で悔いはありません。

ただ、連日の梅雨空がレースの週末だけ晴れてしまい、私にとっては運が
ありませんでした。

良いときがあれば悪いときもあるのがレースです。悪いときにいかにリカバ
リーするかが必要ですね。

8月の白馬は出られないので9月の妙高から始まる後半戦に向けて仕切り
直します。

今回もたくさんの応援ありがとうございました。弱っている時には本当に力
になります。

フィードで冷水を渡してくれた小嶋くんには本当に感謝です。

あの冷水ボトルが無ければ絶対に完走はできませんでした。

そして炎天下の中で撮影していただいた伊東さんにブログ用に写真をいた
だきました。

いつも本当にありがとうございます。

全日本参加の皆様、炎天下のレースお疲れ様でした。

また次回のレースもよろしくお願いします。(^-^)

バナー1

バナー3

ギャラリー
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.22 Japan Super Masters Series 2019 ゆぶね
  • 2019.12.21 三重県四日市市(居酒屋/とよのあかり)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ