無雪季アルパインクライミングガイド

2019.09.10-11 北岳バットレス/第4尾根ガイド

2019年9月10日(火)曇り

今日は北岳バットレス/第4尾根ガイドです。

バットレスは7月に2回、8月に1回、9月に1回計画していましたが全て雨で中止となりました。

今回も台風の影響で前日が雨、11日も雨予報となっていたため、雨の隙間を狙ってのアタックとなりました。

N村さんは6月に錫杖岳前衛壁/左方カンテ、F井さんは5月に谷川岳/一ノ倉沢/中央稜を登っていて、今年2回目のアルパインクライミングになります。

乗り合いタクシーに乗って06:00頃に広河原に到着。

山頂付近には雲がかかっています。天気予報では午後から雷雨になると言っているのでスピーディな行動が必要です。

予定では広河原から日帰りの予定ですが、バスの時間が16:40と意外と早いので、間に合わない場合には白根御池小屋に泊まります。

batch_P9100001

batch_P9100003

吊り橋を渡ってスタート。

batch_P9100005

batch_P9100006

二俣に着いた時には北岳は完全に雲の中。

batch_P9100012

鳳凰三山方面は雲がありません。

batch_P9100018

二俣までは約2時間。

一休みしてからバットレスへ。

batch_P9100022

batch_P9100024

気温はかなり高くて汗が噴き出してきます。

batch_P9100027

雪渓から流れてくる冷風が気持ちいい。

batch_P9100029

batch_P9100032

Bガリーと第4尾根、奥は中央稜。

ここへ向かう踏み跡が付いているので間違って登っている登山者がいました。

batch_P9100036

さらに八本歯のコル方面に登って行きます。

batch_P9100038

広河原から約3時間でバットレス下部岩壁に到着。

batch_P9100042

今日は5尾根枝稜を登ります。

batch_P9100043

雲の中のクライミングですが雨は大丈夫そうです。

batch_P9100045

準備をして09:45に登攀開始。

batch_P9100046

岩は難しくはありませんが残置ハーケンはほとんどありません。

batch_P9100048

batch_P9100051

50m目一杯伸ばしてピッチを切ります。

batch_P9100052

batch_P9100058

2ピッチ目は右側のカンテを回り込んで行きます。

batch_P9100061

batch_P9100063

登り切ったら広いテラス。

batch_P9100066

batch_P9100068

ルンゼをもう1ピッチ登ったら横断バンドに出ます。

batch_P9100071

横断バンドは崩壊しているところがあるのでザイルを使って慎重に。

batch_P9100075

第4尾根は横断バンドを渡ってすぐの所から登り始めます。

1ピッチ目はブッシュ混じりの凹角。

batch_P9100078

濡れていて逆層の所もあるので慎重に。

50m一杯でバンドに出るので左に少し行くとビレーポイントがあります。

batch_P9100079

2ピッチ目はⅣ+ぐらいの岩を登るとまたビレーポイント。

batch_P9100082

batch_P9100084

3ピッチ目は簡単な岩とブッシュ。

batch_P9100085

ルート図で第4尾根の取付きになっているクラックのあるテラスに到着。

下部岩壁も含めるとここまで6ピッチで約2時間です。

batch_P9100087

第4尾根はこのクラックからスタート。

batch_P9100088

batch_P9100089

雲が切れて大樺沢が見えてきました。

batch_P9100090

ザイルを目一杯伸ばして2ピッチをまとめて登りました。

batch_P9100095

batch_P9100097

batch_P9100101

次も2ピッチをまとめて登って上部の核心部の下でピッチを切ります。

batch_P9100098

核心を一気に超えて行きます。

batch_P9100103

その後は懸垂ポイントまでリッジ登り。

batch_P9100105

Dガリー奥壁。

batch_P9100106

batch_P9100108

batch_P9100109

マッチ箱のコルまで懸垂下降。

batch_P9100111

batch_P9100113

さぁここから最後の仕上げですよ。

batch_P9100114

batch_P9100115

枯れ枝のあるテラスでピッチを切ります。

batch_P9100120

batch_P9100124

batch_P9100125

この上が崩壊した場所です。

岩が薄くなっている所をトラバースしますがあまり気持ちよくありませんね。

batch_P9100126

batch_P9100128

batch_P9100129

batch_P9100130

最終ピッチの真下でビレー。

batch_P9100131

少し被り気味の凹角を一気に超えて行きます。

batch_P9100132

最後はハイマツ登り。ここが以外ときつかった。(笑)

batch_P9100133

batch_P9100134

下部完璧取付きから約4時間半で終了点へ到着。

batch_P9100135

最後は山頂までのきつい登りが待っています。

batch_P9100137

batch_P9100141

batch_P9100142

雲は多めですが雨はまだ大丈夫そうですね。

batch_P9100151

北岳山頂が見えてきました。

batch_P9100156

batch_P9100157

15:00に北岳山頂に到着。広河原から8時間45分。

batch_P9100158

batch_P9100159

少し休んでから下山開始。

batch_P9100161

batch_P9100162

batch_P9100165

八本歯のコルへ。

batch_P9100168

長い梯子がたくさんあるので滑らないように要注意。

batch_P9100181

沢の水は美味しい。(^^)

batch_P9100183

このまま広河原に下ってもバスの最終には間に合わないので白根御池小屋へ向かいます。

鳳凰三山方面は雷雲が出ているので急がないと雨が降り出してきます。

batch_P9100187

batch_P9100194

batch_P9100195

山頂から約2時間の17:15に到着。

今日は11時間行動となりました。

batch_P9100198

待ちに待った生ビールで乾杯。

batch_DSC_0699

batch_DSC_0700

食事を食べてから焼酎のボトルを1本空けたのは内緒です。(笑)

2019年9月11日(水)雨~晴れ

夜は雷雨になっていて朝方まで雨が残っていました。

batch_DSC_0703

雨のやんだ06:00過ぎに小屋を出発。

batch_P9110199

batch_P9110201

batch_P9110202

batch_P9110204

batch_P9110205

広河原山荘に1時間5分で到着しました。

batch_P9110206

batch_DSC_0704

早く下山してきたのにバスが10:00にならないと発車しないと言われがっくり。。。(笑)

仕方ないので9人乗りの乗り合いタクシーを3人で借り切って芦安へ向かいました。

batch_DSC_0708

無事に下山して温泉の一番風呂で汗を流しました。

batch_DSC_0709

北岳方面は雲の中で今日のバットレスは厳しいですね。

batch_DSC_0710

雨の隙間の晴れ間を狙って予定通りガイドができて一安心です。

2日間お疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.08.25-26 剣岳/源次郎尾根ガイド

2019年8月25日(日)晴れ~曇り

今日から剱岳/源次郎尾根ガイドに出発。

立山駅でK岡さんと待ち合わせをして室堂へ。

今回はもうお1人参加の方がいらっしゃいましたが都合により不参加となり、K岡さんとマンツーマンガイドとなりました。

P8250001

まずは雷鳥沢へ向かいます。

P8250002

P8250003

この標高から雷鳥沢まで降りて登りかえすのはもったいないですね~。(笑)

P8250005

別山乗越へひたすら登ります。

P8250008

意外と風があって稜線に近くなると寒くなってきました。

P8250010

剣御前小屋に到着。

P8250014

剱岳は雲の中。

P8250015

室堂から約3時間で剣山荘に到着。

いつもは剣沢小屋に泊まるのですが、団体ツアーで満員でこちらになってしまいました。

P8250020

入れ替え制の2番目で夕食。

昨日は結構飲んだので今夜は禁酒です。(笑)

P8250021

夕食の時間には雨が降り出してどしゃ降りに。。。

明日は晴れる予報なので期待して就寝。


2019年8月26日(月)晴れ

夜中にドアを閉める音などで頻繁に目が覚めてあまり熟睡はできませんでした。

02:30起床の04:00出発。

小屋を出ると星空が綺麗です。今日は快適クライミングになりそう。

P8260022

剣沢小屋へ向かう登山道を少しあるいて分岐を左折し剣沢の雪渓を目指します。

P8260023

途中は藪漕ぎに近い場所が多く、昨日の雨で濡れているのでレインウェアーを着用。

P8260025

アイゼンを付けて雪渓を下り源次郎尾根の取付きを目指します。

P8260027

段々と夜が明けて明るくなってきました。

P8260028

平蔵谷を見上げると剣岳が見えます。

P8260033

明るくなった頃に源次郎尾根の末端に到着。

P8260034

出だしから急斜面を登って行くと。

P8260035

最初の核心部の岩場へ到着。

少しかぶっているので慎重に。

P8260037

どんどん登って行きますよ。

P8260039

P8260040

太陽もずいぶんと登って来ました。

P8260042

さぁここから木登りの始まりです。(笑)

P8260043

P8260044

木登りが終わると2つ目の核心の岩場。

P8260045

難なく通過。

P8260046

一番奥の山並みは後立山。

P8260050

P8260051

岩稜登りも気持ちいい~。

P8260054

Ⅰ峰のピークが見えてきましたよ。

P8260058

P8260060

P8260065

剣沢をバックに。

P8260066

たくさん実がなっていました。

P8260067

絶景の連続で笑顔が絶えません。(^^)

P8260068

影クライミング。

P8260070

左の尾根は八ッ峰の末端でその下が真砂。

P8260072

剣山荘が見えてきました。

P8260074

剱岳山頂。

P8260077

八ッ峰上半。

P8260079

Ⅱ峰と剱岳。

P8260083

高度感満点。

P8260084

Ⅰ峰をバックにⅡ峰を登っています。

P8260085

Ⅱ峰から見た剱岳。

P8260090

P8260096

剱岳の右側が長次郎のコル。

P8260097

八ッ峰下半。

P8260101

Ⅱ峰の懸垂下降ポイントへ向かいます。

P8260105

30mの懸垂下降。

60mザイルなので1回でOK。

P8260108

P8260109

八ッ峰上半をバックに一休み。

P8260113

さぁ剱岳山頂まで一気に登りますよ。

P8260116

Ⅱ峰。

P8260117

Ⅱ峰と同じ高さまで登って来ました。

P8260119

お花畑。

P8260121

P8260122

P8260123

P8260124

バックは剣沢。

P8260125

山頂まであと一息。

P8260129

剱岳山頂に到着。

P8260131

剣山荘を出発して丁度、5時間の09:00に完登しました。

P8260133

早月尾根。

去年は源次郎尾根を登って早月尾根を下りました。

P8260140

今年は別山尾根を下って室堂を目指します。

P8260142

P8260143

下山開始。

P8260144

丁度、おり始めるころに別山尾根からたくさんの登山者が登って来ました。

P8260147

登頂が早かったのでカニの横ばいでの渋滞もありません。

P8260148

コネクトアジャストを付け替えながら鎖場を通過。

P8260151

P8260152

カニの縦ばいは登る人で渋滞していました。

P8260153

その奥の剣岳南壁を登っているクライマーがいます。

P8260154

P8260156

さっき登って来た源次郎尾根。
P8260158

急な鎖場が何か所もあるので慎重に。

P8260161

だんだんと雲がわいてきました。

P8260164

トリカブトの群生地。

P8260165

前剱岳の急な下りを降りて一安心。

P8260167

剣山荘が見えてきました。あと少し。

P8260170

P8260172

P8260174

約2時間で剣山荘まで下山。

P8260176

剣沢小屋経由で室堂を目指します。

P8260178

P8260179

剣沢小屋へご挨拶。

P8260182

別山乗越へ登るころには剣岳は雲の中でした。

P8260184

別山乗越からの下り。

P8260187

途中で登ってくる方に声をかけられて、誰かと思ったら花谷さんでした。

超お久しぶりです。明日は八ッ峰へ行くとのことでした。

P8260189

雷鳥沢へ到着。さすがにK岡さんもお疲れ気味です。

P8260190

室堂までの階段登りがダメ押しで効いてきます。(笑)

順調に立山駅まで帰ってきて白エビうどんで遅いランチタイム。

P8260191

今日はK岡さんが頑張って登ってくれたおかげで出発して約10時間行動で室堂に到着。

今年は雨に散々やられてアルパインクライミングルートのガイドが何度中止になったか分からないぐらいでした。

しかし、雨の合間の素晴らしい天候の中で源次郎尾根を登ることができて最高の1日となりました。

今夜は富山の地魚&地酒で打ち上げです。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.06.21 錫杖岳/前衛フェース/左方カンテガイド

2019年6月21日(金)曇り

今回、ご参加いただいた方は5月末に谷川岳/一ノ倉沢でのクライミング
を計画していましたが、残念ながら雨のために中止となってしまいました。

今回も微妙な天気で夕方からは雨の予想もされていましたが、なんとか
雨が降る前に下山できると判断して予定どおり行く事にしました。

槍見館の横の登山口を06:00にスタート。

最初はチョット急な所もあります。

P6210002

途中で沢の徒渉。今回は靴を脱がずに通過。

P6210006

P6210009

約1時間ちょっと登ると前衛フェースが見えてきました。

P6210011

登山道を外れて錫杖沢を登って行きます。

P6210015

P6210019

岩小屋の横を通過。

P6210020

取付きまでもう少し。

P6210021

取付きでは1パーティが準備中で、もう1パーティが取付いていました。

取付きにいたパーティが私たちを先行させてくれたので先に登攀開始。

P6210024

凹角を登って行きます。

ハーケン類は無いのでカムでプロテクションを取ります。

P6210025

1P目終了点。

P6210027

2P目を登ります。

ちょっと被りぎみの所もありますがホールドは大きいです。

P6210032

2P目終了点。

高度感が出てきて気持ちいいです。

P6210035

P6210037

バックは西穂高~奥穂高の稜線。

P6210038

3P目は真中にハーケンがありますが、左側のクラックにカムをセット
して登ります。
P6210033

P6210040

P6210041

シュリンゲの残置があるのでこれにヌンチャクをセット。

P6210042

3P目の終了点から。

P6210044

4P目は歩いて行けます。

先行パーティがルートを間違えて左側の凹角を登ったらしく、懸垂下降し
て降りてきました。

ここで私たちが先頭に出ました。

P6210045

5P目はこの凹角を直登。

P6210046

途中にカムの残置があります。

傾斜はありますがホールドは豊富なので難しくありません。

P6210047

P6210048

P6210049

P6210050

5P目の終了点から。

P6210052

6P目のフェイス。

P6210054

ハーケンが1本ありますが、ここまでかなりランナウトします。

その上もランナウトしてカムをセット。

P6210056

P6210058

P6210060

6P目終了点から。

右側の凹角に入らずに直登しましたが残置支点もなくカムも使えないので
かなりのランナウトで立木でビレー。

ビレーポイントは5mほど上の回り込んだ所にありますが、写真を撮りたか
ったのでここでビレー。

P6210063

P6210064

歩いて少しだけ移動して広いテラスへ。

P6210067

核心の8P目。

出だしはハンガーボルトがあります。

出っ張った岩を抱えながら登るのが核心。(笑)

P6210068

P6210069

その後はクラックを使いながら。

P6210070

途中はバック&フットを使ったり。

カムの残置が右側の壁にあります。

P6210071

左側のカンテに抜けて少しかぶったところを直登。

8P目の終了点から。

P6210074

P6210076

P6210077

P6210078

お二人とも難なく核心を抜けてきました。

この上はフェイスを少し登って草付になるのでここから懸垂下降。

P6210081

懸垂下降5回で取付きへ。

P6210084

P6210085

懸垂下降でザイルが引っかかることも無くスムーズに取付きへ。

約3時間50分で取付き~終了点~取付きへ戻りました。

P6210091

槍見館を06:00にスタートして下山したのが14:00です。

お2人に頑張って登っていただいたおかげでかなり早く行動することがで
きました。

帰路について平湯辺りで雨が降り出してきましたが素早い行動で雨に打
たれることも無く下山できて一安心です。

また次の目標を目指して頑張って下さい。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.05.30 谷川岳/一ノ倉沢/中央稜ガイド

2019年5月30日(晴れ)

今日は谷川岳/一ノ倉沢/中央稜ガイドです。

気温はちょっと低めで早朝で10℃以下と冷え込んでいましたが
お天気は青空が広がって最高です。

谷川岳ロープウェイ駐車場から一ノ倉沢出会まではMTBを使用。
これならゆっくり走っても20分もかかりません。

P5300002

新緑の林道を走るのは超気持ちいいです。

P5300005

一ノ倉沢出会いに到着。

テールリッジを見ると数パーティが登っています。

私達と同じように自転車で来ているパーティもいました。(笑)

P5300006

やっぱり一ノ倉沢は迫力がありますね。

P5300008

P5300009

いざ出発!!

P5300011

すぐに雪渓が出てくるのでチェーンスパイクを装着。

P5300015

今年の雪渓はあまり荒れていなくて歩きやすいですね。

P5300017

P5300022

テールリッジもほとんど埋まっています。やっぱりこの季節のアプローチが
一番楽でいいですね。
ここからザイルを付けます。

P5300024

P5300027

大迫力の衝立岩。
人工登攀のルートがほとんどです。
以前に、ここのルートは全部登りました。
ルート開拓も1本。(^^)

P5300028

テールリッジを登り切ったら中央稜の取付きです。
中央稜1P目の全景。

P5300036

P5300037

衝立岩の右端がダイレクトカンテ。
ダイレクトカンテは今でも登る人は多いですね。

P5300038

中央稜の1P目登攀開始。

P5300040

P5300044

1P目のビレーポイント直下。

P5300047

ビレーポイントのボルトは2本なのですが、そのうちの1本がこんな状態。
いつ破断してもおかしくないですね。

P5300048

1P目終了点のビレーポイント。

P5300050

南稜方面。

P5300052

2P目。

P5300054

2P目終了点。
ここには1本ハンガーボルトを打ってありました。

P5300057

3P目は岩壁を右に回り込んでから直登。
浮石は多いし、結構ランナウするので気を使いますね。

P5300059

4P目はそのまま直登。

P5300062

P5300063

先行パーティが核心部を登っています。

P5300065

P5300067

P5300070

さぁこれから5P目の核心部へ。

P5300072

垂直の凹角ですがスタンスをよく探せばそれほど難しくありません。
凹角の中に入りすぎるとザックが引っかかりますね。(笑)
5P目終了点のビレーポイント。

P5300073

核心部を抜けてきました。

P5300075

P5300077

6P目はブッシュ交じり。

P5300078

P5300079

7P目

P5300081

P5300082

P5300083

このピッチが岩が固くて展望もいいし一番快適なピッチです。

P5300085

P5300086

P5300089

P5300091

ここから衝立の頭までは簡単な登りになるのでここから懸垂下降すること
にしました。

P5300094

烏帽子沢奥壁。

P5300095

南稜。

P5300096

3ルンゼ。

P5300097

第3スラブ周辺。

P5300098

懸垂下降開始。

P5300099

P5300103

かなりザイルが引っかかりやすいルートなので
50mシングルで懸垂下降して行きます。

P5300107

最後のピッチだけはダブルロープで懸垂下降。

P5300109

P5300110

無事に取付きまで下降してきました。(^^)

P5300115

後は最後まで気を抜かずにテールリッジを下降します。

P5300116

チェーンスパイクを付けて雪渓を下降。

P5300117

P5300120

振り返って登攀の余韻に浸りながら。。。(^^)

P5300121

P5300125

最後は足取りも軽く。(笑)

P5300127

出合からの下りはMTBなので10分程度であっと言う間に下山です。

P5300128

今日は素晴らしいコンディションで1日快晴でした。
こんなに条件のいい一ノ倉沢は珍しいです。
しかし、明日は南稜ガイドの予定ですが
雨予報なので中止が確定しました。

今日登ったお2人は超ラッキーでした。
今日はお疲れ様でした。(^^)

バナー1

バナー3

2018.07.24 八ヶ岳/小同心クラックガイド

2018年7月24日(火)晴れ


今日はお二人をご案内して八ヶ岳/小同心クラックガイドです。

今年は谷川岳/一ノ倉沢や小同心クラックなどを何度も計画していましたが

全て雨で中止になってしまいました。


今回はやっと晴れてくれて快適クライミングを楽しんでもらえそうです。

美濃戸から南沢の林道をMTBでアプローチします。

急な登りや路面もかなりあれていて苦戦する場所もありましたが

頑張って登れば帰りはかなり楽になります。(笑)




堰堤の広場にMTBを置いて赤岳鉱泉を目指します。

沢が本当に綺麗でした。

奥にはこれから登る小同心が見えています。




左が大同心、右が小同心。




赤岳鉱泉で一休みして

大同心稜からアプローチします。

青空が本当に綺麗ですね。




このロープの先が大同心稜。




途中からかなりの急登になります。






大同心が大きく見えてきました。




こちらはこれから登る小同心。




大同心の奥からトラバースしてアプローチ。




左側が小同心クラックです。

ルートはクラックと言うよりもチムニーと言った方がいいですね。




10:40頃から登攀開始。

私はアプローチシューズで。






岩壁の途中に花が咲いていたので

思わず撮影。(笑)






しばらくハーケンなどはないのでランナウトになりますが

ホールドは大きいのでそれほど難しくはありません。




かなり登って来ました。




約30mほどでピッチを切ります。




お二人は快調に登ってきています。








1ピッチ目のビレーポイントで。






2ピッチめはこの凹角を登ると核心部になります。



核心部を抜けた上部。




思わず笑顔が。(笑)




2ピッチ目終了点。




3ピッチ目は少し登ってから横岳直下まで歩きます。

ここが最終ピッチ。

登りきると横岳山頂です。



小同心の頭。




最終ピッチを登るころにはガスも切れてきました。






横岳山頂です。

お疲れ様でした。(^^)

取付きから約1時間半で到着です。




Hさんからいただいたミカンゼリー。

絶景を見ながら食べると美味しかったです。






下山は大同心稜。




コマクサが咲いていました。




素晴らしい青空ですね。




何か所か急なクライムダウンがあります。




ここはクライムダウンできないこともありませんが

安全のために懸垂下降で。




ここを下ったら一安心。




さっき登った小同心。




大同心雲稜ルートの取付き。




いつかは登りましょう。(^^)




小同心を見ながら下山。




右端が小同心クラック。




遠くに赤岳。




下界はかなり暑いですが

稜線には心地よい風が吹いていました。(^^)

今日は約6時間半行動となりました。

今日もお疲れ様でした。




ギャラリー
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
  • 2019.11.30 東京都町田市(酒蔵/初孫)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ