沢登りガイド

2019.07.12 丹沢/葛葉川本谷エスケープルートガイド

2019年7月12日(金)雨

今日から北岳バットレス/第4尾根ガイドの予定でしたが、あいにくの天
候のために中止となってしまいました。

先週末に続いて2週連続の雨天中止です。

今年の雨はどうにかしてほしいですね。(笑)

雨でも行ける場所はやはり沢登りです。

丹沢/葛葉川本谷に行く事になりました。

P7120002

丹沢/葛葉川本谷は駐車場からすぐに沢に入れるお手軽ルートです。

P7120007

前半は小さい滝が連続して続いています。

P7120010

P7120011

新緑の中の苔むした沢はいい感じですね。

P7120015

簡単な滝はそのまま登ります。

P7120020

P7120021

シャワークライミングをするにもいい季節になりました。

P7120023

P7120026

この滝からザイルを使用します。

P7120029

P7120030

P7120033

次々と大きな滝を越えていきます。

P7120037

ここが一番難しい滝で右側を登ります。

P7120047

逆層で濡れているので慎重に。

P7120050

P7120051

この滝を越えるとエスケープルート終了点の橋の下。

P7120055

今日はお1人参加でかなりいいペースだったため、もう少し登って引き返
す事にしました。

P7120061

ここから先は小さい滝が続きます。

P7120064

P7120069

P7120072

P7120080

この辺りから登って来た沢をそのまま下って下山。

林道から登山道でも下れますが、クライミング慣れしている方の場合は
沢を下ることが多いです。

P7120081

巻道からクライムダウン。

P7120086

P7120088

今日はバットレスから転身となりましたが沢登りを楽しんでいただきまし
た。

明日は今日に引き続き、湯河原/幕岩でクライミング講習会の予定です。

今日はお疲れ様でした。

P7120090

バナー1

バナー3

2019.07.02 丹沢/水無川/モミソ沢ガイド

2019年7月2日(火)雨

今日は湯河原/幕岩でクライミング講習会の予定でしたが雨のために沢登りに変更となりました。

今年の梅雨は例年より雨が多いようで、なかなか予定通りにクライミング講習会を開催することができません。

今日は丹沢/水無川/モミソ沢ガイドに変更となりました。

車を停めて少し下ればすぐにモミソ沢の入口です。

P7020002

入口にある懸垂岩。

ここでウォーミングアップをしてから入渓するのもいいですね。

P7020003

ここからモミソ沢が始まります。

P7020004

モミソ沢は小ぶりの沢で幅の狭いゴルジュが続きます。

P7020006

P7020007

前半は小さい滝が連続。

P7020008

P7020009

P7020010

ここからザイルを使います。

P7020011

P7020016

P7020018

P7020023

P7020026

この滝は抜け口が少しかぶっています。

P7020027

P7020028

P7020031

P7020040

P7020043

2段の滝で下段は簡単ですが、上段は水流中を登ると少し悪いです。

P7020044

P7020047

P7020051

ゴルジュも段々と狭くなってきました。

P7020052

P7020053

P7020057

P7020062

P7020065

P7020066

P7020071

ここは倒木の下をくぐりながら滝を登ります。

P7020075

モミソ沢最後の核心になる大棚。

P7020080

抜け口が核心で逆層になっていますがハンガーボルトを1本打ってあるので思い切って登れば大丈夫です。

P7020082

P7020084

P7020085

最後の核心。

P7020093

P7020095

P7020098

大棚の上部を詰めれば堀山の家に出ますが、今日はトラバースをして尾根を下ります。

P7020100

P7020102

この尾根を忠実に下れば水無川に出ます。

P7020104

水無川で水浴びをしてサッパリ!!(笑)

P7020109

P7020112

河原を少し歩いて登って行けば懸垂岩に出て終了となります。

P7020116

梅雨時はクライミングはなかなか厳しいですが、沢登りは雨でも関係ないので今日も楽しんでいただけました。

次回はクライミングができるといいですね。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.07.01 丹沢/葛葉川本谷ガイド

2019年7月1日(月)雨

今日は小川山でクライミング講習会の予定でしたが雨のために沢登りに変更となりました。

しかし今年の梅雨は雨が多いですよね。

今日の沢登りは丹沢/葛葉川本谷エスケープルートです。

P7010001

駐車場から2分ほどですぐに沢登りがスタート。

P7010003

前半は小さい滝を越えていきます。

P7010004

P7010007

P7010008

シャワークライミングも少しだけ。

P7010009

P7010013

P7010014

P7010017

P7010019

段々と滝も大きくなってきました。

P7010022

P7010027

ここは右岸から巻きます。

P7010028

P7010029

P7010030

高巻き中。

P7010031

小さい沢ですが登りやすい滝がたくさんあって楽しいですよ。

P7010032

P7010035

P7010038

P7010040

P7010043

ここは水流の横を登ります。

P7010045

P7010048

P7010039

P7010053

ここはシャワークライミング。

P7010056

P7010058

真夏なら左側をシャワークライミングしますが、今日は水流が多いので右側を登ります。

P7010060

P7010061

後半になると大き目の滝が続きます。

P7010063

P7010066

ここが一番難しい滝で右側の壁を登ります。

P7010067

上部のホールドが細かいので要注意。

P7010068

P7010069

最後はチョット苦戦。

P7010071

もう少しでエスケープルートは終了です。

P7010075

最後の3段の滝。

P7010077

P7010081

ここもシャワークライミング。

P7010084

P7010087

P7010088

この橋の下でエスケープルートは終了です。

この先は小さな滝が続いて最後は三ノ塔に登りますが、最後の詰めが急な登りで下山も二ノ塔経由になるので時間がかなりかかります。

エスケープルートは楽しい滝だけ登ってサクッと下山できるのでおススメです。(^^)

P7010091

P7010092

登って来た沢を下降もできますが、今日は林道に出てから登山道で下山します。

P7010094

この看板を見逃さないように。

P7010096

最後はスタート地点のすぐ近くに下山。

P7010097

水を汲みに来る人がたくさんいる葛葉の泉。

P7010098

小川山でクライミングができなかったのは残念でしたが、丹沢/葛葉川本谷を楽しんでいただけたようでよかったです。

やっぱり梅雨時は沢登りが多くなりますね。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.06.09 丹沢/葛葉川本谷エスケープルートガイド

2019年6月9日(日)雨

今日は広沢寺でトップロープクライミング講習会の予定でしたが
雨予報のために丹沢/葛葉川本谷エスケープルートに変更となりました。
昨日の三ツ峠に引き続き2日連続の沢登りです。

丹沢/葛葉川本谷は駐車場から沢までのアプローチは数十秒。

P6090001

この堰堤の先からスタートです。

P6090002

前半は沢の幅も狭く小さい滝が連続して続きます。

P6090005

P6090007

P6090011

P6090015

P6090017

P6090020

P6090024

ここは右側を登ります。

P6090026

小さいですが3段の連瀑。

P6090028

P6090029

積極的に水の中を進みます。

P6090033

P6090034

P6090037

P6090043

この滝からザイルを使用。

P6090047

P6090046

シャワークライミングに挑戦。

P6090048

水量も多くはないので快適。

P6090049

P6090052

次はここでシャワークライミング。

P6090053

P6090054

P6090056

P6090059

お二人とも楽しそうです。(^^)

P6090061

P6090068

この滝は右側の壁を直登。

P6090074

P6090075

最後がチョット悪いので要注意。

P6090076

P6090082

P6090086

ここを越えたら終了点も近いです。

P6090091

最後の3段の滝。

P6090094

P6090099

P6090101

P6090103

林道の橋の下で終了です。

P6090105

登っていると楽しくて時間があっという間に過ぎていきます。

P6090107

林道に上がって登山道でも下れるのですが
今日は登って来た沢を下る事にしました。

簡単な滝はクライムダウン。

P6090110

P6090112

大きな滝は巻道を使います。

P6090117

登山道を下るよりも沢を下れば2倍楽しめますね。

最後は釜で水浴びです。(笑)

P6090120

お二人とも沢登りは初体験でしたが喜んでいただけました。
次回はもう少し難しい沢に挑戦しましょう。
今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.06.08 丹沢/水無川本谷エスケープルートガイド

2019年6月8日(土)雨

今日は三ツ峠でマルチピッチクライミング講習会の予定でしたが
あいにくの雨のために中止となり沢登りに変更となりました。

今日の沢は戸沢から丹沢/水無川本谷を書策新道まで登ります。
P6080001

駐車場からすぐに沢に入って林道を少し歩きます。

P6080004

鎖をつかって堰堤を高巻き。

P6080005

ここから本格的に沢登りがスタート。

P6080008

P6080010

最初は小さい滝が続きます。

P6080012

P6080017

P6080022

そして大きなF1。

P6080024

ここからザイルを使用します。

P6080026

P6080032

F1を登ったらすぐにF2。

P6080033

ここは滑りやすいので要注意。

P6080037

P6080046

ここは左岸をトラバース。

P6080047

今にも崩れそうな大岩。

昔はここを人工登攀で登っていました。

P6080049

P6080052

ドンドン登って行きます。

P6080057

小さい滝の連爆。

P6080065

F3は通常は左岸をトラバースして行くのですが
私達は滝の右側を直登します。

P6080068

P6080069

釜を腰までつかって取付いたらシャワークライミング。

P6080071

P6080076

確保にはリングボルトとハーケンを使用。

P6080077

P6080078

ここはナメ滝なので滑らないように。

P6080082

P6080093

P6080098

今日最後のF5が出てきました。

ここは左岸の鎖を使って登るのが普通ですが
私達は滝の右側を登ります。

P6080101

P6080102

P6080103

H原さんには直登はちょっと難しいので鎖のルートから。

P6080106

P6080109

お2人は直登ルートへ。

P6080110

登るにつれてかぶってくるので難しくなります。

P6080113

P6080115

P6080118

P6080120

無事に登り切りました。

F5のすぐ上に書策新道があるのでここが今日の終了点です。
書策新道は廃道になっていて崩壊している所もあるので要注意。

P6080124

P6080125

いいペースで登って来ました。

P6080126

下山は書策新道を使って戸沢へ向かいます。

P6080128

梅雨時はクライミングができないので
沢登りに変更になる機会が増えてきますね。
しかし、当然、雨の強い時には沢登りも中止になります。

沢登りの後はラーメンでランチタイム。

001

002

003

日本酒の好きな方のご要望で私がいつも行く酒屋にご案内しました。

004

地酒がたくさん置いてあります。

005

今回は地元、神奈川県の地酒を購入。

丹沢山、松みどり は大井松田のお酒です。

006

007

今日は沢登り&ラーメン&日本酒と盛りだくさんに楽しんでいただきました。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

ギャラリー
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
  • 第32回全日本MTB選手権大会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ