雪上技術講習会

クライマーのための雪上技術講習会

この雪上技術講習はクライマーが安全に雪山登攀するために

各種技術を学んでいただくための講習会です。


【講習案内】

(日程) ご希望の日程で1泊2日
  ※ ご希望があれば1日の夜行日帰りでも実施しますが料金は変わりません。

(場所) 立山/室堂~雷鳥沢周辺

(時期) 4月下旬~6月中旬
  ※ 年によって残雪量が変わりますので雪がある時期まで開催します。

(対象) 雪山でのクライミングに興味のある方。
      これから始めてみたい方。
      雪山経験者でさらなるレベルアップをしたい方。     
  ※ 山岳会などグループ単位での貸切講習も実施しています。

(料金) 5万円 (1名) + 6万円 (ガイド諸経費/交通費、宿泊費、食費など)
  ※ ガイド諸経費は参加者の人数割りでいただきます。

(人数) 最大4名
  ※ 最低2名から実施しますが、どうしてもお1人での参加をご希望される方は
     2名分の料金で実施いたします。



【講習内容】

講習はかなり濃い内容となっていますので2日間での講習となります。

1 雪上歩行
 (1)キックステップ、アイゼン
   (登行、斜上、トラバース、下降)

2 滑落停止
 (1)各種体勢からの停止
   (頭上、頭下、前転、後転)

3 スノーバー、デッドマンの使用方法

4 確保 
 (1)セルフビレー(ピッケル、デッドマン、スノーバー)
 (2)スタンディングアックスビレー
 (3)腰からみ
 (4)肩からみ

5 登攀
 (1)スタカット
 (2)コンテニュアンス

6 コンテで雪庇やクレバスに墜落したときの対処方法 
 (1)引き上げ(1/3)
 (2)自己脱出

7 雪壁での懸垂下降
 (1) ピッケルを使い、下降後に回収する。
 (2) ピッケル、バイルを使い、下降後に回収する。
 (3) ペグ、ベニア板の使用。
 (4) スノーボラード
 (5) 不安定雪面で確保しながらの懸垂

8 ショートローピング
 (1) 登行
 (2) 斜上
 (3) トラバース
 (4) 下降
 (5) ロープの持ち替え
 (6) 2人の場合
 (7) 2人以上の場合

9 スタカットで雪壁を登攀

9  負傷者をツェルト梱包しての搬出方法


今回ご紹介する写真は

以前に開催した講習会での古い写真なので

私もまだ髭がありません。(笑)




まずは雪上歩行から

雪上訓練と言えば滑落停止が定番になっていて

かなり重点的に練習しているのを見かけますが

滑落停止よりも重要なのが

絶対に転倒しないための確実な歩行技術です。

転倒した場合には瞬間的に滑落停止の態勢を取らなければ

まず止まることはありません。

そのためにもしっかりとした歩行を学んでいただきます。




そして各種滑落停止。


どんな体勢からでも

滑落停止の態勢が取れるようになっていただきます。




ピッケル&バイルでのアンカーの作成方法。








スノーバーでのアンカー作成方法。




デッドマンでのアンカー作成方法。




アンカーを作成したら

メインザイルでセルフビレーを取ります。




スタンディングアックスビレー方法。




雪庇での滑落やクレバスへの墜落を止めて引き上げるための

コンテニュアンス方法。




トップのクライマーには

実際に雪の壁を飛び降りてもらいます。(下部は飛び降りても安全な場所です)




態勢を整えて衝撃を吸収し

ピッケルでアンカーを作成します。




アンカーができたら

トップの加重をアンカーに移します。




そしてバイルなどを使用して

引き上げ用のアンカーのセットをします。




ミニトラクションなどを使用して

1/3引き上げシステムを作成し

滑落した先頭クライマーを引き上げます。




この技術では

雪質に合わせて

いかにアンカーを確実に作るかにかかっています。


いい加減に作った手抜きアンカーでは

簡単に抜けてしまいます。








せっかくここまで引き上げたのに

トップのクライマーはこのような事になります。(笑)






ピッケル、バイルを使用した懸垂下降方法。




懸垂下降をした後にピッケルバイルを回収する方法。






今まで学んできた技術を全て使って

2人1組でコンテで雪壁を登って行き

最後に垂直の雪壁を登ります。












途中でセカンドに滑落してもらい

スタンディングアックスビレーで止めます。




そして最後の課題は

ちょっとオーバーハングした雪壁のクライミング。




ピッケル、バイル、スノーバー、シュリンゲなど

手持ちの装備を駆使しながら登って行きます。


登っているのは私です。








失敗しても下は柔らかい雪なので大丈夫です。(笑)




オーバーハング気味の雪壁を無事に登り切りました。






最後の総仕上げの雪壁クライミングで

この雪上技術講習会は終了です。


これからクライマーを目指す方、

現役クライマーで更にレベルアップしたい方がいらっしゃいましたら

各種技術を細かく指導いたしますので

是非、講習会にご参加ください。





クライマーのための雪上技術講習会(2日目)

2017年6月14日(水)晴れ


昨日に引き続き

今日もクライマーのための雪上技術講習会です。

今日は日帰り参加の方と合流して

雷鳥荘周辺で実施します。


イメージ 1


山々をバックに

まずは各種雪上歩行から。


イメージ 2


イメージ 3


一通り実施した後に

色々な雪面を上り下りしてもらいます。


イメージ 4


急な雪面でのキックステップやピッケルワーク。


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


万が一失敗して落ちても

雪が柔らかいし下部の傾斜は緩いので安全です。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


急斜面のトラバース。


イメージ 11


続いて滑落停止。

まずはお尻で滑ってからの停止。


イメージ 12


イメージ 13


次は前のめりに倒れてからの停止。


イメージ 14


イメージ 15


続いて前転してからの停止。


イメージ 16


イメージ 17


一休みしてから

各種ギアを使用しての確保方法。


イメージ 18


デッドマンでのアンカーの作り方。


イメージ 19


スノーバーのセット方法。


イメージ 20


イメージ 21


全体重をかけても抜けなければOK。


イメージ 22


次は急雪壁の真下までリードして

スタンディングアックスビレー。


イメージ 23


イメージ 24


スノーバー2本を使用して確保支点を作成して

ジジでセカンドの確保。


イメージ 25


スノーボラードでの懸垂下降。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


ピッケルでの懸垂下降。

下降後にザイルを引いてピッケルを回収します。

しかし、上からピッケルが降ってくるので要注意です。


イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32


クレバスや雪庇から墜落した時の

停止方法と引き揚げ方法。


イメージ 33


トップに垂直の雪壁から飛び降りてもらいます。


イメージ 34


かなりの衝撃がくるので

衝撃を吸収して引きずり込まれないように踏ん張ります。


イメージ 35


仮固定用のアンカーを作ってザイルを仮固定し

引き上げ用のアンカーを作成します。


イメージ 36


引き上げ用のアンカーができたら

仮固定用のアンカーを抜き

バックアップアンカーに作り替えます。


イメージ 37


そして1/3引き上げシステムをセット。


イメージ 38


それでも重ければ

1/5引き上げシステムをセットして引き上げます。


イメージ 39


今度はトップとのザイルの間隔を少し短めにして

垂直の雪壁を飛び降りてもらいました。


イメージ 40


ザイルの伸びが少ないので

かなり引っ張られます。


イメージ 41


引きづりこまれないように

さっきの手順で引き上げ用アンカーをセットします。


イメージ 42


イメージ 43


今回は1/3引き上げシステムで上がってきました。

この講習ではミニトラクション、タイブロック、プーリーを使用しましたが

持っていなければ手持ちの装備で

アンカーはガルーダ結び、マッシャ+カラビナで引き上げシステムを作ります。

ただし抵抗が大きいので引き上げにはかなりの労力が必要です。


イメージ 44


最後にショートローピング。

急な雪壁を上り下りします。


下りでスリップしても確実に止めます。


イメージ 45


これで今回のクライマーのための雪上技術講習会は全て終了しました。

2日間とも最高の天気に恵まれて

日差しが痛いぐらいでしたが

素晴らしい景色の中で十分にトレーニングしていただくことができました。


イメージ 46


今回は遠い所まで来ていただきましてありがとうございました。

本当にお疲れ様でした。


クライマーのための雪上技術講習会に興味のある方は

こちらをご覧いただいてお申込み下さい。



立山もまだ残雪がかなり多いので

まだしばらくは開催することができます。


室堂に向かう途中で雷鳥が出迎えてくれました。(^^)

雷鳥沢と命名されていることもあり

今回は数えきれないぐらいの雷鳥を見ることができました。


イメージ 47


剱岳も綺麗に見えましたよ。(^^)

左側の稜線は早月尾根です。


イメージ 48


イメージ 49


イメージ 50

クライマーのための雪上技術講習会(1日目)

2017年6月13日(火)晴れ


今回はクライマーのための雪上技術講習会を

立山の雷鳥沢周辺で開催します。


当初は先週の予定でしたが雨のために1週間延期となりました。

5人参加の予定でしたが延期になったこともあり

今回は3名で開催です。


1日目~2日目の通し参加は2名で

2日目に1名が日帰りで参加となります。


私は立山から入山して室堂を目指します。

立山では曇り空で今にも雨が降り出しそうでした。


イメージ 2


ライブカメラを見てみると

室堂周辺は雲海の上で素晴らしい青空が広がっています。



イメージ 1


ケーブルカーからバスに乗り継いで室堂へ。

雪の大谷ではまだまだ高い雪壁が残っていました。


イメージ 3


室堂は青空が広がっていて

雪の照り返しで暑いくらいです。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


集合までに時間があったので

立山蕎麦で腹ごしらえ。(^^)


イメージ 7


今回参加のご夫婦は扇沢から入山されて

無事に合流しました。


イメージ 8


立山の景色を楽しみながら

雷鳥沢へ向かいます。


そしてさっそく雪上技術講習会開始。


まずは雪上歩行のキックステップから。



イメージ 9


直上、下降、斜上、斜下などを

スムーズに歩けるようになるまで繰り返します。


イメージ 10


イメージ 11


最後はちょっと急な雪壁での歩行練習。


イメージ 12


続いて滑落停止。


イメージ 13


今回はアイゼンを付けていないので

足も含めてからだ全体で制動をかけます。


イメージ 14


これぐらいの雪質なら

ピックを刺すよりも

ピッケル全体で雪を押さえた方が制動がかかります。


イメージ 15


そしてスタンディングアックスビレー。


イメージ 16


イメージ 17


ピッケル、バイルをアンカーにして流動分散で確保支点を作ります。


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


スノーボラードでの懸垂下降。


イメージ 21


自作アンカーでの懸垂下降。

小さくてもこれぐらいの雪質なら

しっかりと埋めれば抜けることはありません。


イメージ 22


イメージ 23


最後にピッケルでの懸垂下降。


イメージ 24


懸垂下降の降り始めは

ピッケルが抜けないように姿勢は低く。


イメージ 25


最後にザイルを引いてピッケルを回収します。


イメージ 26


最後にショートローピング確保。


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


この内容の講習を繰り返して練習してもらいました

今夜の宿は雷鳥沢ヒュッテです。


イメージ 30


イメージ 31


平日と言うこともあって

今日は3人で貸切でした。(笑)

温泉で疲れをとってから夕食です。


イメージ 32


夕食の後はここで宴会が始まりました。(笑)

明日に響かない程度に。。。(笑)


イメージ 35


2日目に続きます。


イメージ 33


イメージ 34




クライマーのための雪上技術講習案内

この雪上技術講習はクライマーが安全に雪山登攀するために

各種技術を学んでいただくための講習会です。


【講習案内】

(日程) ご希望の日程で1泊2日
  ※ ご希望があれば1日の夜行日帰りでも実施しますが料金は変わりません。

(場所) 立山/室堂~雷鳥沢周辺

(時期) 4月下旬~6月中旬
  ※ 年によって残雪量が変わりますので雪がある時期まで開催します。

(対象) 雪山でのクライミングに興味のある方。
      これから始めてみたい方。
      雪山経験者でさらなるレベルアップをしたい方。     
  ※ 山岳会などグループ単位での貸切講習も実施しています。

(料金) 4万円 (1名) + 6万円 (ガイド諸経費/交通費、宿泊費、食費など)
  ※ ガイド諸経費は参加者の人数割りでいただきます。

(人数) 最大4名
  ※ 最低2名から実施しますが、どうしてもお1人での参加をご希望される方は
     2名分の料金で実施いたします。



【講習内容】

講習はかなり濃い内容となっていますので2日間での講習となります。

1 雪上歩行
 (1)キックステップ、アイゼン
   (登行、斜上、トラバース、下降)

2 滑落停止
 (1)各種体勢からの停止
   (頭上、頭下、前転、後転)

3 スノーバー、デッドマンの使用方法

4 確保 
 (1)セルフビレー(ピッケル、デッドマン、スノーバー)
 (2)スタンディングアックスビレー
 (3)腰からみ
 (4)肩からみ

5 登攀
 (1)スタカット
 (2)コンテニュアンス

6 コンテで雪庇やクレバスに墜落したときの対処方法 
 (1)引き上げ(1/3)
 (2)自己脱出

7 雪壁での懸垂下降
 (1) ピッケルを使い、下降後に回収する。
 (2) ピッケル、バイルを使い、下降後に回収する。
 (3) ペグ、ベニア板の使用。
 (4) スノーボラード
 (5) 不安定雪面で確保しながらの懸垂

8 ショートローピング
 (1) 登行
 (2) 斜上
 (3) トラバース
 (4) 下降
 (5) ロープの持ち替え
 (6) 2人の場合
 (7) 2人以上の場合

9 スタカットで雪壁を登攀

9  負傷者をツェルト梱包しての搬出方法


今回ご紹介する写真は

以前に開催した講習会での古い写真なので

私もまだ髭がありません。(笑)


イメージ 1


まずは雪上歩行から

雪上訓練と言えば滑落停止が定番になっていて

かなり重点的に練習しているのを見かけますが

滑落停止よりも重要なのが

絶対に転倒しないための確実な歩行技術です。

転倒した場合には瞬間的に滑落停止の態勢を取らなければ

まず止まることはありません。

そのためにもしっかりとした歩行を学んでいただきます。


イメージ 2


そして各種滑落停止。


どんな体勢からでも

滑落停止の態勢が取れるようになっていただきます。


イメージ 3


ピッケル&バイルでのアンカーの作成方法。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


スノーバーでのアンカー作成方法。


イメージ 7


デッドマンでのアンカー作成方法。


イメージ 8


アンカーを作成したら

メインザイルでセルフビレーを取ります。


イメージ 9


スタンディングアックスビレー方法。


イメージ 10


雪庇での滑落やクレバスへの墜落を止めて引き上げるための

コンテニュアンス方法。


イメージ 31


トップのクライマーには

実際に雪の壁を飛び降りてもらいます。(下部は飛び降りても安全な場所です)


イメージ 32


態勢を整えて衝撃を吸収し

ピッケルでアンカーを作成します。


イメージ 33


アンカーができたら

トップの加重をアンカーに移します。


イメージ 34


そしてバイルなどを使用して

引き上げ用のアンカーのセットをします。


イメージ 35


ミニトラクションなどを使用して

1/3引き上げシステムを作成し

滑落した先頭クライマーを引き上げます。


イメージ 36


この技術では

雪質に合わせて

いかにアンカーを確実に作るかにかかっています。


いい加減に作った手抜きアンカーでは

簡単に抜けてしまいます。


イメージ 28




イメージ 29


せっかくここまで引き上げたのに

トップのクライマーはこのような事になります。(笑)


イメージ 27


イメージ 30


ピッケル、バイルを使用した懸垂下降方法。


イメージ 11


懸垂下降をした後にピッケルバイルを回収する方法。


イメージ 12


イメージ 13


今まで学んできた技術を全て使って

2人1組でコンテで雪壁を登って行き

最後に垂直の雪壁を登ります。


イメージ 15


イメージ 14


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


途中でセカンドに滑落してもらい

スタンディングアックスビレーで止めます。


イメージ 19


そして最後の課題は

ちょっとオーバーハングした雪壁のクライミング。


イメージ 20


ピッケル、バイル、スノーバー、シュリンゲなど

手持ちの装備を駆使しながら登って行きます。


登っているのは私です。


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


失敗しても下は柔らかい雪なので大丈夫です。(笑)


イメージ 24


オーバーハング気味の雪壁を無事に登り切りました。


イメージ 25


イメージ 26


最後の総仕上げの雪壁クライミングで

この雪上技術講習会は終了です。


これからクライマーを目指す方、

現役クライマーで更にレベルアップしたい方がいらっしゃいましたら

各種技術を細かく指導いたしますので

是非、講習会にご参加ください。


イメージ 37


イメージ 38

一般雪上技術講習会(富士山)

2016年12月4日(日)晴れ


今回は

12月に集中して

しっかりと雪上技術を学びたいと言う方の

一般雪上技術講習会を

富士山で実施しました。


富士吉田口の馬返しから佐藤小屋を目指して登ります。


イメージ 1


遠くに見える八ヶ岳は

稜線が真っ白でした。


イメージ 2


2時間弱で佐藤小屋に到着。


イメージ 3


小屋周辺に雪があるのを期待したのですが

残念ながら6合目ぐらいまで登らないと

雪がありません。


イメージ 4


佐藤小屋の前で一休みしてから

雪上技術講習ができる場所まで登って行きます。


イメージ 6

イメージ 5


6合目ぐらいの登山道から少し外れた所に

ちょうどいい雪渓があったので

ここで実施することにしました。


今日の講習内容は下記のとおりです。



 (1) 登山靴での各種雪上歩行

 (2) アイゼンでの各種雪上歩行

 (3) 歩行時のピッケル操作法

 (4) 体制を崩した時の滑落防止方法

 (5) 滑り出した時の滑落停止
   ① やわらかい雪面での滑落停止
   ② 固い雪面での滑落停止

 (6) 周辺の雪面を利用した各種歩行練習



まずはキックステップからです。

直登、直角降、トラバース、左斜登、右斜登、左斜降、右斜降、方向転換。


雪面がかなり固いので

しっかりと靴のエッジを食い込ませていかないと

安全に登れません。


イメージ 7


イメージ 8


場所は雪渓の末端で

土手のように土壁ができているので

万が一滑落しても安全です。


イメージ 9


足を滑らせてしまった時の対処方法。

この雪の方さでは

滑り出したら絶対に止まらないため

滑る前に止めなければなりません。


イメージ 10


瞬間的にピックを雪面に刺して

滑りだす前に止める練習です。


イメージ 11


何度も繰り返して反復練習していただきます。


イメージ 12


今度は更に固い雪面に移動して

再度、キックステップの練習です。

そしてピッケルでのカッティング練習。


イメージ 13


富士山の山頂までは

固い雪面が延々と続いています。


山頂で滑落したら

確実にここまで滑ってきますね。


イメージ 14


しかし

今日は暖かいですね。

この場所では風もほとんどないので

快適に練習で着ます。


イメージ 15


続いてアイゼン歩行練習です。

アイゼンの置き方、足さばき、方向転換方法など

アイゼンワークとピッケルワークを

しっかりと学んでいただきました。


イメージ 16


イメージ 17


滑落停止は

これだけ雪が固いと怪我をする恐れがあるので

スピードは出さずにフォームのみを実施しました。


最後にザックを背負ってアイゼンを装着し

危なくない雪面を先に歩いてもらい

後ろから悪い個所を指摘して直していただきました。


あちこちと雪渓をたくさん歩いていただいて

今日の一般雪上技術講習会は終了です。


イメージ 18


今日は視界がいいので

南アルプスや北アルプスの雪山が良く見えていました。


イメージ 19


丹沢方面の山並みも。


イメージ 20


佐藤小屋に戻った頃に

ヘリが1機飛んできて

何かを捜索しているように飛んでいたので

事故でもあったのかと思いましたが

ニュースにはなっていなかったので

何事もなかったのでしょうか??


イメージ 21


馬返しに下山してから

コーヒー豆をその場で挽いた

トリップコーヒーをごちそうになりました。

やっぱり煎れたては美味しいですね。

ありがとうございました。(^^)


イメージ 24


今回で、雪上歩行などの基礎技術を学んでいただきましたので

次回は雪山で実践トレーニングの予定です。


一般雪上技術講習会の受講をご希望の方がいらっしゃいましたら

HPで詳細をご覧いただいて

お申し込みをお願いいたします。


イメージ 22


イメージ 23
ギャラリー
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
  • 2019.11.16 広沢寺アイゼン&ドライツーリング講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ