積雪季アルパインクライミングガイド

2020.03.07 八ヶ岳/阿弥陀岳/北稜ガイド

2020年3月7日(土)晴れ

冬はアイスクライミング講習会の依頼が多いため久しぶりに八ヶ岳のバリェーション入門の阿弥陀岳/北稜を日帰りでガイドすることになりました。

ホテルのロビーで待ち合わせして出発。

途中で阿弥陀岳が綺麗に見えていました。

RIMG2322

赤岳山荘までの林道も雪はほとんど無くなっていてノーチェーンで大丈夫でした。

RIMG2324

出だしは雪はあまり無かったですが段々と雪が増えてきました。

RIMG2333

約2時間で行者小屋に到着。

左側の黒い稜線がこれから登る北稜です。右側は北西稜。

RIMG2339

一休みしてから出発。

RIMG2343

この分岐から北稜へ。

RIMG2346

先行パーティがかなり登っているのでトレースはしっかりと付いていました。

RIMG2350

樹林帯を抜けると雪稜になってきます。

RIMG2355

北稜の岩壁を目指します。

RIMG2361

いい感じの雪稜になってきました。

RIMG2365

RIMG2369

真ん中の氷瀑がクリスタルタワー。

今年は登れそうですね。

RIMG2370

岩壁が段々大きくなってきました。

すでに何パーティかが登っています。

RIMG2371

ここはクラスとしていて固い雪面。

RIMG2373

RIMG2374

岩壁は大渋滞しています。(笑)

RIMG2375

待っているとどれぐらい時間がかかるか分からないので雪壁を直登することにしました。

RIMG2376

トレースは付いていなかったのでステップをしっかりと作りながらショートローピングで登ります。

RIMG2378

RIMG2380

RIMG2381

RIMG2382

雪壁を登り切って先行パーティを全部抜きました。

RIMG2387

後は阿弥陀岳山頂までは一息です。

RIMG2390

行者小屋から1時間半で阿弥陀岳に着きました。

標識の 阿 だけが見えていましたよ。(笑)

RIMG2393

阿弥陀岳/南稜。

RIMG2399

権現岳、旭岳方面。

RIMG2400

赤岳をバックに。

今日は北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山と全て見えていました。

無風快晴で暑いくらいでした。

RIMG2403

絶景を楽しんでから下山開始。

RIMG2404

来年は赤岳主稜ですね。(^^)

RIMG2409

RIMG2411

雪も安定しているので最短コースで行者小屋へ向かいます。

RIMG2417

行者小屋~阿弥陀岳/北稜~行者小屋は2時間半でした。

RIMG2419

ここからも景色をじっくりと楽しみます。

RIMG2420

RIMG2425

大同心、小同心は雪が全くないですね。

RIMG2427

赤岳山荘を7時に出発して13時には戻ってきました。

時間も早いのでJ&Nで次の山の打ち合わせをしながらランチタイム。

ポークカレーが美味しかったです。

89549262_2694550210657987_6747752419288940544_n

今日は先日の白毛門岳に続き、好条件の中で登ることができて満足していただけたようです。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2019.05.13 立山/龍王岳東尾根ガイド

2019年5月13日(月)晴れ

今日もアルペンルートで室堂へ。
今日は龍王岳東尾根ガイドです。
月曜日と言うこともあってケーブルカーも空いていました。
室堂から一ノ越へ向かいます。

P5120147

P5120148

P5130151

この季節は登りも楽ですね。

P5130152

室堂から35分で一ノ越へ到着。

P5130158

龍王岳東尾根の全景。
左端から登ります。

P5130160

準備をして取付きを目指へ。

P5130165

P5130169

P5130174

稜線の岩には全く雪が無かったので雪壁から登り始めました。

P5130173

稜線の右側の雪壁を登ります。

P5130175

P5130177

だんだんと傾斜がきつくなってきました。

P5130178

この雪壁を上まで登ります。

P5130179

P5130183

更に傾斜がきつくなってきます。

P5130184

P5130187

雪壁を登り切って尾根に出ました。

P5130192

遠くには槍ヶ岳も見えています。

P5130193

雪の無い岩稜と雪壁のミックス。

P5130194

P5130201

P5130204

P5130210

山頂が近づいてきました。

P5130212

P5130213

P5130214

P5130215

P5130219

P5130223

あともう少し。

P5130225

これを登り切ったら山頂です。

P5130226

P5130228

無事に到着しました。
まだ昼前。結構早かったですね。

P5130232

ピックの先が剣岳。

P5130234

P5130237

P5130239

山頂直下の雪壁には滑った後があります。
出だしがちょっと急ですが楽しそうな斜面ですね。

P5130240

下山中。

P5130242

P5130244

雪があるので一ノ越へは行かずショートカット。

P5130246

P5130247

P5130248

12時頃には室堂に到着しました。
今回の立山ツアーは3日とも天候に恵まれて連日快晴でした。
クライミングも夜も楽しんでいただけたようです。
また来年も企画しますのでご参加ください。
参加の皆様お疲れ様でした。

バナー1

バナー3

谷川岳/東尾根ガイド

2018年3月11日(日)曇り~晴れ


今日は女性がお1人参加で

谷川岳/東尾根のガイドです。


05:00に指導センターを出発。

雨が降って気温が下がったため

雪は固くしまっていて夏道と変わらないタイムで

一ノ倉沢出会いに到着。


もうたくさんのパーティが出発準備をしていました。

一ノ倉沢は雪崩のデブリでこんな感じです。


イメージ 1


こんな大きなブロックの塊も。。。


イメージ 2


このデブリの隙間を縫いながら一ノ沢出会いまで。


イメージ 3


一ノ沢も雪崩れのデブリで埋まっていました。

かなりの人数のクライマーが先行で登っています。

今日は大渋滞する予感が。。。(笑)


イメージ 4


イメージ 5


左方カンテもよく氷結しており

アイスクライマーで賑わっていました。


イメージ 6


傾斜が急になる前にザイルで確保して登ります。


イメージ 7


シンセンのコル手前が急斜面で

カリカリのアイスバーンになっていて

ちょっと緊張します。


イメージ 8


さて、ここから東尾根がスタート。

先行パーティがいるので追いかけます。


イメージ 9


イメージ 10


第1岩峰では少し順番待ち。


イメージ 11


このころからガスが出てきて視界が無くなりました。

晴れていると素晴らしい雪稜の写真が撮れるのですが。。。


イメージ 12


かなり急な雪壁が続きます。


イメージ 13


この辺りも晴れていれば最高の景色なのですが

真っ白ですね。(笑)

私のバイル&ピッケルは

昔のクェーサーコンパクト。

長さは40cmほどなので

急雪壁にシャフトを刺しやすくていいです。


イメージ 14


少し雲が切れて

雪稜のナイフエッジと青空がチラ見できました。


イメージ 15


途中に雪壁が大きく割れている所があります。

先行パーティはここを右から雪壁を行きましたが

私たちは左側の雪稜から登りました。

そのおかげで10人ほどを一気に抜きました。(^^)


イメージ 16


雪稜を登って行くと第2岩峰が見えてきます。


イメージ 17


ここでも10人ほどが大渋滞。

女性がフォローで登っていたのですが

何度も落ちて全く登れません。


イメージ 18


全員通過まで待っていたら何時間待たされるか分からないので

右側に回り込んだ岩壁を登ろうとしましたが

少しオーバーハングしているので

ゲストの方がフォローで苦戦すると予想できたので

岩壁からトラバースして

垂直に近い急雪壁を巻いて登りました。


イメージ 19


イメージ 20


これで見えていた先行パーティは全部抜いたことになります。(^^)

登るにつれてガスが薄くなって明るくなってきました。

最後も急雪壁が続きます。


イメージ 21


イメージ 22


そして見上げると終了点の雪庇が見えてきました。

雪庇はもう切り崩されています。


イメージ 23


最後の雪庇を抜ける所です。

登り切ったらオキの耳の看板の真横に出るので

たくさんの登山者がビックリしていましたよ。(笑)

写真もたくさん撮られました。(笑)


ここから見下ろすと東尾根の雪稜が迫力満点で見えるのですが

今日は残念ながら見えません。


イメージ 24


5時に指導センターをスタートして

10時40分頃にオキの耳に登頂しました。


イメージ 25


雲の切れ間から山々が見えてきました。


イメージ 26


奥の人がたくさんいるのがトマの耳です。


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


トマノ耳を目指して登ります。

今日は日曜と言うこともあって

登山者が無茶苦茶多いです。(笑)


イメージ 31


トマの耳に到着。

写真撮影は順番待ちでした。(笑)


イメージ 32


トマの耳からオキの耳を見た所。

昔は、オキの耳からマチガ沢へ

ショートスキーで何度も滑降していました。


イメージ 33


下記の写真は昔、オキの耳からマチガ沢へドロップする直前のものです。

奥のピークはトマの耳。


イメージ 41


私もずいぶんと老けましたね。(笑)


イメージ 34


イメージ 35


下山は天神尾根を下りました。


イメージ 36


奥に見えているピークがオキの耳で

右側の稜線が東尾根です。


手前の稜線は西黒尾根。


イメージ 37


ロープウェイに乗って

駐車場に着いたのは12時半頃でした。

今回参加の女性の方は体力がかなりあって

スムーズに登ることができたので

順調に登攀することができました。


下山後は あしま園 でランチタイム。


雪山の後はカレーの山です。(笑)


イメージ 38


今日はお疲れ様でした。

明日は八ヶ岳/赤岳主稜ガイドの予定ですが

伊豆/城山南壁に変更となりました。


イメージ 39


イメージ 40

広沢寺マルチピッチクライミング(初級)講習会

2017年9月21日(木)晴れ


今日はマンツーマンで

広沢寺の岩場で

マルチピッチクライミング講習会です。


まずはマルチピッチの手順の解説。


イメージ 1


セカンドでのザイルワーク、安全確保を

しっかりと覚えてもらいます。


イメージ 2


ザイルの束ね方。


イメージ 3


今日は青空が綺麗です。

もうすっかり秋空ですね。


イメージ 4


岩場は貸きり。


イメージ 5


50mを3ピッチで上部まで登ります。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


懸垂下降は2ピッチで

安全に早くできる手順を覚えてもらいます。


イメージ 10


ルートを変えてまた3ピッチで上部まで。


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


出だしで少し苦戦。


イメージ 14


なんとか越えました。


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


今日は3ピッチを2回で

6ピッチの反復練習ができました。

次回は三ツ峠でマルチピッチクライミングの予定です。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 18


イメージ 19

前穂高岳/北尾根(日帰りガイド)

2017年9月8日(金)曇り~晴れ


今日は前穂高岳/北尾根の日帰りガイドです。

前日まで雨が降っていて

予報では翌日も雨。

アタックできるのは金曜日だけです。


参加のお二人は健脚の持ち主。

お二人とも

クライミング講習会にも参加していただいている方で

オレンジシャツの方は

トライアスロンのアイアンマンにも出ている強者なんです。


沢渡からタクシーで上高地入りして

05:30に涸沢に向けて出発しました。


イメージ 1


途中に猿の群れに出くわしましたが

かんり人馴れしているらしく

まったく逃げたり襲ったりする気配はありませんでした。


イメージ 2


長い林道が終わってやっと登山道の入口。。。(笑)


イメージ 3


雲が切れてきて屏風岩が見えてきました。


イメージ 4


本谷橋下の沢はかなり増水していました。


イメージ 5


イメージ 6


約3時間半と

かなり速いペースで涸沢ヒュッテに到着。


イメージ 7


準備を整えて5・6のコルへ出発。


イメージ 8


雲もだいぶ少なくなってきて

青空も見えてきました。

最初は雪渓あるきから。


イメージ 9


北尾根のⅥ峰から前穂山頂への北尾根を見上げています。


イメージ 10


イメージ 11


Ⅵ峰(左)とⅤ峰(真中)


イメージ 12


10:22 に5.6のコルに到着。

上高地をスタートして約4時間50分。

予定よりも速いペースです。


イメージ 13


まずはⅤ峰の登りから。


イメージ 14


イメージ 15


高度感がいいですね。


イメージ 16


浮石が多いので要注意。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


北穂高岳山頂は雲の中。


イメージ 21


次に登るⅣ峰が近づいてきました。


イメージ 22


どこでも登れそうなので

ルートファインディングに要注意。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


Ⅳ峰の途中から見たⅤ峰。


イメージ 26


Ⅳ峰の上部。


イメージ 27


遥か下に涸沢が小さく見えます。

高度感が凄い!!


イメージ 28


イメージ 29


Ⅳ峰から見たⅢ峰とⅡ峰。


イメージ 30


バックの二人が立っているのははⅣ峰のピーク。


イメージ 31


Ⅲ峰の取付き。


イメージ 32


スタートはここから左に巻いて行きます。


イメージ 33


ホールドも大きいので

快適にグイグイ登れます。


イメージ 34


この凹角を直登。


イメージ 35


Ⅱ峰の登りは少し難しいラインから。


イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38


Ⅱ峰の登り。


イメージ 39


懸垂下降ポイント。


イメージ 40


約10mほどの懸垂下降。


イメージ 41


ザイルをしまってしばらく登ると前穂高岳山頂です。

5・6のコルから約2時間半。


なかなかいいペースです。

残念ながら雲の中で展望は全くありませんでした。


イメージ 42


紀美子平にむかって下山を始めたら大空が。。。


イメージ 43


イメージ 44


雲がいい感じでした。


イメージ 45


重太郎新道を下っているとトリカブトが咲いていました。

この辺りはお花畑が綺麗です。


イメージ 46


前穂高岳山頂から約3時間で上高地に下山。

今年は河童橋を渡るのは何回目かな~??


イメージ 47


スタートからちょうど11時間で

今年2回目の

前穂高岳/北尾根(日帰りガイド)が終了しました。


イメージ 48


週末は激混みの北尾根ですが

足並みがそろっていれば

日帰りの時間差アタックで

サクッと登れます。


体力に自信のある方で

日帰りアタックにチャレンジしてみたい方がいらっしゃいましたら

遠慮なくお問い合わせください。


今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 49


イメージ 50
ギャラリー
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
  • 2020.09.28 六甲山/堡塁岩トップロープクライミング講習会
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ