積雪季アルパインクライミングガイド

2022.04.13 八ヶ岳/阿弥陀岳/北稜ガイド

2022年4月13日(水)晴れ

今日はお二人をご案内して八ヶ岳/阿弥陀岳/北稜ガイドです。

赤岳山荘の駐車場まで来るまで来ましたが林道は雪は全く無くなっていました。

駐車場もガラガラ。

準備して07:30に出発。

RIMG6647

林道に残っていた雪も割れて水が流れています。

RIMG6648

南沢を登って行くと段々雪が多くなってきました。

RIMG6649

RIMG6650

横岳方面。

RIMG6651

阿弥陀岳/北西稜。

RIMG6652

太陽が当たると暑いくらいです。

今日は下界では25℃になると言っていましたね。

RIMG6654

南沢では誰にも会わず行者小屋に来ても誰もいません。

こんなに静かな八ヶ岳は初めてです。

RIMG6657

補給して準備します。

RIMG6659

左端がこれから登る阿弥陀岳/北稜。

RIMG6660

行者小屋の周辺はかなり雪が多いですね。

RIMG6662

準備完了。

RIMG6663

出発~!!

RIMG6664

北稜の第2岩峰が良く見えています。

RIMG6666

阿弥陀岳への分岐の標識はこんなに埋まっていました。

RIMG6667

分岐を少し登ってから北稜へ。

RIMG6670

RIMG6671

樹林地帯を抜けると第2岩峰が見えてきます。

RIMG6672

RIMG6673.1

RIMG6673

RIMG6674

RIMG6677

傾斜が急になってくる前にロープを繋ぎます。

RIMG6679

RIMG6680

最初の急雪壁。

RIMG6681

RIMG6683.1

RIMG6683

気持ちのいい登りですね。

RIMG6684

第2岩峰手前の急雪壁が近づいてきました。

RIMG6686

RIMG6689

RIMG6691

RIMG6692

ここからかなり急傾斜になるので慎重に。

RIMG6693

RIMG6695

遠くに富士山が見えています。

RIMG6696

北アルプスの山並みもいい感じ。

RIMG6697

第2岩峰が近づいてきました。

RIMG6698.1

RIMG6698

RIMG6704.3

RIMG6703

早速、登って行きます。

RIMG6704.1

RIMG6704.2



RIMG6704

RIMG6705

RIMG6706

次は第1岩峰の登り。

RIMG6712

ここを越えたら山頂まで一息です。

RIMG6715

RIMG6718

RIMG6719

RIMG6721.1

最後は雪壁を登って阿弥陀岳山頂へ。

RIMG6721

赤岳をバックに。

RIMG6723

行者小屋から約2時間で阿弥陀岳に到着。

RIMG6726

今年は雪が多いので標識が半分以上埋まっています。

RIMG6727

RIMG6730

権現岳方面。

RIMG6731

南アルプス。

RIMG6732

広い山頂には誰もおらず貸切です。

RIMG6734.1

景色を眺めながらランチタイム。

RIMG6734

RIMG6735

RIMG6736

ちょっと霞んでいますが、諏訪湖と北アルプス。

RIMG6739

一休みしたら下山開始。

RIMG6741

RIMG6742

雪が多いので登山道はほとんど埋まっていて急雪壁の下りになります。

RIMG6747

雪もグサグサなので慎重に。

雪も安定しているのでコルからは沢筋を下山します。

RIMG6750

RIMG6752

RIMG6753

RIMG6755

RIMG6764

行者小屋は半分埋まっています。

RIMG6765

RIMG6767

RIMG6768

RIMG6769

ここまできたら一安心。

RIMG6772

南沢の登山道は2/3は雪があって歩きやすいです。

今日の行動は全時間で約8時間。

雪が深くて柔らかいので何度も踏み抜いて体力を消耗する事もありました。

今日の行動の中で登山者に会ったのは2人だけ。

いつもは平日でもかなりの登山者で賑わっているのに、こんな静かな八ヶ岳は始めてでしたね。

天候もなんとかもってくれて初めての雪山バリェーションルートを楽しんでいただけました。

今日はお疲れ様でした。

RIMG6773

バナー1

バナー3

2021.12.11 八ヶ岳/阿弥陀岳/北稜ガイド

2021年12月11日(晴れ)

今日はお二人をご案内して八ヶ岳/阿弥陀岳/北稜ガイドです。

諏訪から美濃戸口へ向かう途中にある八ヶ岳の絶景ポイント。

雲一つ無い空に太陽が登り始めています。

今日は快適なクライミングになりそうです。

RIMG1927

赤岳山荘の駐車場に車を停めて出発。

放射冷却でかなり冷え込んでいます。

RIMG1931

雪は深めですがしっかりとトレースが付いているので歩きやすいですよ。

RIMG1933

横岳、小同心、大同心。

RIMG1934

左の尾根がこれから登る阿弥陀岳/北稜。

RIMG1936

太陽が当たるとポカポカ~。(^^)

RIMG1941

RIMG1943

RIMG1947

約2時間で行者後やに到着。

RIMG1949

RIMG1951

RIMG1952

赤岳の肩から太陽が昇ってきました。

RIMG1955

阿弥陀岳をバックに。

いざ出陣!!

RIMG1959

RIMG1961

ここから阿弥陀岳方面へ。

RIMG1963

トレースはしっかりとついています。

RIMG1964

RIMG1965

クリスタルタワー遠望。

もう少しで繋がりそうですね。

RIMG1966

先行パーティが北稜の取付きを間違えて1本奥の枝尾根から取付いていました。

RIMG1968

RIMG1969

RIMG1971

RIMG1972

RIMG1973

RIMG1975

途中からトラバースして北稜へ戻ります。

RIMG1978

横岳の稜線。

RIMG1980

北稜に戻って登り直し。

RIMG1983

RIMG1984

RIMG1985

RIMG1988

先行パーティが見えました。

RIMG1989

RIMG1990

RIMG1991

RIMG1997

第1岩峰手前の急雪壁が始まりました。

RIMG1998

RIMG2000

RIMG2001

RIMG2003

RIMG2005

先行パーティが第1岩峰の取付きにいたので、追い越すために正面の雪壁を登って第1岩峰の上に出ます。

RIMG2004


RIMG2008

第1岩峰横の急な草付きを登りました。

RIMG2009

RIMG2010

先行パーティを抜いたので先に第2岩峰へ。

RIMG2011

RIMG2012

第2岩峰は雪は付いていますが難しくはありません。

RIMG2013

RIMG2014

第2岩峰上の雪稜。

横岳の稜線をバックに。

RIMG2015

RIMG2016

富士山も綺麗に見えていますよ。

RIMG2018

阿弥陀岳を目指して最後の登り。

RIMG2019

阿弥陀岳山頂で記念撮影。

RIMG2049

RIMG2034

左から富士山、権現岳方面、南アルプス。

RIMG2037

RIMG2039

北岳、甲斐駒ヶ岳、千丈岳。

RIMG2041

阿弥陀岳南稜の上部。

RIMG2042

360度の絶景を楽しんだら下山開始。

RIMG2050

赤岳。

RIMG2051

RIMG2054

下山途中のつづら折りの急斜面でM園さんがアイゼンを引っ掛けて転倒して登山道から転落。

ショートロープで歩いていたので瞬時に止めて事なきを得ました。

もしロープが無かったら遙か下まで転落していた所です。

この一瞬のためにガイドしています。

ガイド料金は高いと言うクライマーも時々いますが、命を預かっているハイリスクハイリターンの仕事なんですよね。

一歩間違えば自分の命も落としてしまいますから。

下ってきた阿弥陀岳からの登山道。

RIMG2055

雪が安定しているので先行パーティが中岳のコルから下っていました。

RIMG2061

途中から北稜へ回り込んで登ってきた踏み跡をたどって行者小屋へ。

八ヶ岳ブルーが素晴らしい絶景。

RIMG2062

RIMG2066

RIMG2065

一休みしてから南沢を下山。

やっぱり雪が付いていると歩きやすくていいですね。

今日はちょっと危ない場面もありましたが無風快晴の絶好のクライミング日和で、北稜、景色を堪能していただいて本当に喜んでいただけました。

やっぱり山に登るならこんな日に限りますね。

さぁ次はアイスクライミング講習会が始まります。

今日はお疲れ様でした。

RIMG2064

バナー1

バナー3

2021.06.10 立山/龍王岳/東尾根ガイド

2021年6月10日(木)晴れ

今日も昨日に引き続き室堂にやってきました。

無風快晴で今日も暑いくらいです。

Mさんと一緒に龍王岳/東尾根へ向かいます。

RIMG6200

RIMG6203

まずは一ノ越まで。

先月はここはホワイトアウトになっていました。

RIMG6204

RIMG6209

雪は安定していてアイゼンは必要ありませんでした。

RIMG6211

龍王岳/東尾根をバックに。

RIMG6214

RIMG6215

雪渓を下って取付きへ。

RIMG6217

遠くに槍ヶ岳が見えています。

RIMG6219

アプローチの雪渓もアイゼン無しでOK。

RIMG6221

RIMG6222

あともう少しで取付き。

RIMG6226

RIMG6227

コンテとショートローピングを交えて登って行きます。

RIMG6229

出だしの岩場。

ホールドは大きいので簡単です。

RIMG6230

RIMG6231

青空に向かって岩稜を登って行きます。

RIMG6233

RIMG6234

RIMG6235

RIMG6238

RIMG6240

剱岳。

何度か山頂からショートスキーで滑降したことがあります。

RIMG6242

この辺りが中間点。

RIMG6244

RIMG6245

雪渓も安定していたのでアイゼン、ピッケルも無しで登りました。

RIMG6246

RIMG6247

RIMG6248

岩と雪のコントラストがいいですね~。(^^)

RIMG6250

RIMG6251

RIMG6253

RIMG6254

RIMG6255

この雪渓を越えたら山頂は直ぐです。

RIMG6257

RIMG6259

RIMG6260

RIMG6261

RIMG6263

剱岳が大きく見えるようになってきました。

RIMG6265

雄山山頂。

RIMG6266

最後の雪渓もアイゼン、ピッケルは必要ありません。

RIMG6270

RIMG6271

取付きから約1時間30分で山頂に到着。

360度の大展望を楽しめました。

RIMG6272

RIMG6276

RIMG6280

RIMG6285

一休みしてから下山開始。

RIMG6286

龍王岳。

RIMG6287

帰りは一ノ越までは行かずに途中から雪渓に入ってショートカット。

RIMG6293

ここはスキーがあったら楽しいですね。

RIMG6294

RIMG6295

RIMG6300

RIMG6301

大雪原を歩いて室堂へ。

RIMG6302

12:45に室堂に到着。

かなりいいペースでした。

M崎さんはこれからスキーを楽しむと言う事で室堂で解散となりました。

今日も素晴らしい天気でのクライミングとなって大満足していただきました。

また次回もよろしくお願いいたします。

今日はお疲れ様でした。

RIMG6304

バナー1

バナー3

2021.04.16 八ヶ岳/阿弥陀岳北稜ガイド

2021年4月16日(金)曇り~雪

本当なら今日から開通したアルペンルートを通って立山に向かっているはずでしたが、天候が下り坂のために予定が変更になって八ヶ岳/阿弥陀岳北稜に行く事になりました。

車で美濃戸へ向かっていると赤岳山頂に笠雲がかかっていてかなり強い風が吹いていることが分かります。

天気予報では今日一日はなんとかもちそうなので状況を見ながら登る事になりました。

美濃戸口の駐車場はガラガラでほとんど登山者はいないようです。

赤岳山荘の駐車場に車を停めて08:00に出発。

K岡さんは山を歩くのは久しぶりだそうなので頑張ってもらいましょう。(^^)

RIMG4451

南沢の登山道は上部半分は残雪が残っていて雪が硬くなっている所も多くチェーンスパイクが欲しくなりました。

稜線上には雪はほとんど残っていないようです。

RIMG4456

RIMG4459

阿弥陀岳の右側が北西稜、左側が北稜。

RIMG4461

行者小屋にはテントが1張りあったのみで他には誰もいません。

稜線は雲で隠れてきましたが風も収ってきたようなので予定通り出発。

RIMG4462

RIMG4463

ここから阿弥陀岳方面へ少し登って北稜の下部の樹林地帯を登ります。

RIMG4464

雪は硬くしまっているので歩きやすいです。

RIMG4466

雲の間から山頂が見えてきました。

RIMG4467

RIMG4469

晴れていると気持ちのいい雪稜なんですが今日はガスの中。

RIMG4470

最初の岩壁までの下部はちょっと急な斜面が続きます。

RIMG4472

RIMG4473

RIMG4474

RIMG4475

さてここから簡単な岩壁クライミング。

RIMG4477

ホールドはたくさんあります。

RIMG4478

RIMG4479

RIMG4482

2ピッチ目。

RIMG4483

RIMG4484

最後は岩稜。

この頃から雪が強くなってきました。

RIMG4486

RIMG4487

RIMG4490

最後は雪壁を少し登れば阿弥陀岳山頂。

RIMG4491

ちょっと天候が心配でしたが行者小屋から2時間で登り切りました。

RIMG4494

RIMG4497

RIMG4499

展望が全く無いのが残念でした。

写真撮影が終わったらすぐに下山開始。

RIMG4500

行者小屋で一休みしてから赤岳山荘へ下山。

RIMG4501

今日は1日歩いても登山者とは3人にしか会いませんでした。

これだけ静かな八ヶ岳は初めてです。(笑)

今日の行動時間は7時間となりました。

展望はありませんでしたが春の雪稜を楽しんでいただけた様です。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2020.03.07 八ヶ岳/阿弥陀岳/北稜ガイド

2020年3月7日(土)晴れ

冬はアイスクライミング講習会の依頼が多いため久しぶりに八ヶ岳のバリェーション入門の阿弥陀岳/北稜を日帰りでガイドすることになりました。

ホテルのロビーで待ち合わせして出発。

途中で阿弥陀岳が綺麗に見えていました。

RIMG2322

赤岳山荘までの林道も雪はほとんど無くなっていてノーチェーンで大丈夫でした。

RIMG2324

出だしは雪はあまり無かったですが段々と雪が増えてきました。

RIMG2333

約2時間で行者小屋に到着。

左側の黒い稜線がこれから登る北稜です。右側は北西稜。

RIMG2339

一休みしてから出発。

RIMG2343

この分岐から北稜へ。

RIMG2346

先行パーティがかなり登っているのでトレースはしっかりと付いていました。

RIMG2350

樹林帯を抜けると雪稜になってきます。

RIMG2355

北稜の岩壁を目指します。

RIMG2361

いい感じの雪稜になってきました。

RIMG2365

RIMG2369

真ん中の氷瀑がクリスタルタワー。

今年は登れそうですね。

RIMG2370

岩壁が段々大きくなってきました。

すでに何パーティかが登っています。

RIMG2371

ここはクラスとしていて固い雪面。

RIMG2373

RIMG2374

岩壁は大渋滞しています。(笑)

RIMG2375

待っているとどれぐらい時間がかかるか分からないので雪壁を直登することにしました。

RIMG2376

トレースは付いていなかったのでステップをしっかりと作りながらショートローピングで登ります。

RIMG2378

RIMG2380

RIMG2381

RIMG2382

雪壁を登り切って先行パーティを全部抜きました。

RIMG2387

後は阿弥陀岳山頂までは一息です。

RIMG2390

行者小屋から1時間半で阿弥陀岳に着きました。

標識の 阿 だけが見えていましたよ。(笑)

RIMG2393

阿弥陀岳/南稜。

RIMG2399

権現岳、旭岳方面。

RIMG2400

赤岳をバックに。

今日は北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山と全て見えていました。

無風快晴で暑いくらいでした。

RIMG2403

絶景を楽しんでから下山開始。

RIMG2404

来年は赤岳主稜ですね。(^^)

RIMG2409

RIMG2411

雪も安定しているので最短コースで行者小屋へ向かいます。

RIMG2417

行者小屋~阿弥陀岳/北稜~行者小屋は2時間半でした。

RIMG2419

ここからも景色をじっくりと楽しみます。

RIMG2420

RIMG2425

大同心、小同心は雪が全くないですね。

RIMG2427

赤岳山荘を7時に出発して13時には戻ってきました。

時間も早いのでJ&Nで次の山の打ち合わせをしながらランチタイム。

ポークカレーが美味しかったです。

89549262_2694550210657987_6747752419288940544_n

今日は先日の白毛門岳に続き、好条件の中で登ることができて満足していただけたようです。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

ギャラリー
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
  • 2022年5月26日(木)三重県四日市市/居酒屋/いま屋(日本酒講習会)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ