MTB講習会

MTB未経験者講習会

2016年10月7日(金)晴れ


今日はMTBを購入して間もない方の

MTB未経験者講習会です。


今回の講習内容は下記のとおりです。

【 基礎技術講習項目 】
 1 ポジション              (安全に走るためのバイクのセッティング)
 2 スタンディング           (乗車中に足を地面につかない一時停止方法)
 3 ボトル拾い             (乗車中のバランス感覚養成)
 4 スラローム            (障害物をすり抜ける方法)
 5 8の字走行             (コーナーリングのライン取りとバランス感覚の養成)
 6 ブレーキング
   (1)ポジション            (ブレーキング時の体の動き)
   (2)ブレーキの握り方、かけ方 (安全なブレーキの握り方タイミング、前後のバランスと強度など)
   (3)コーナーでのブレーキング  (コーナーリング中での安全なブレーキの掛け方)
   (4)下りでのブレーキング    (オーバースピードにならないためのブレーキング方法)
 7 コーナーリング           (路面の状況に応じた各種コーナーリング方法)
   (1)リーンウィズ
   (2)リーンイン
   (3)リーンアウト
 8  激坂登り、下り
 9 XCコース走行


まず最初はスタンディングの練習から。

とりあえず3~5秒程度停止できるように反復練習をします。


イメージ 1


一度停止したら移動してまたスタンディング。

これを何度も繰り返して練習します。


イメージ 2


ある程度できるようになったら

次はバイクコントロールとバランスの練習。


イメージ 3


コーンの横を通過するときに

バイクをうまくコントロールして

コーンに手を伸ばしていきます。


最初はなかなかできませんでしたが

スタンディングと合わせて30分ほどやっていると

なんとか手が伸びるようになってきました。


イメージ 4


コーンを触れるぐらいできればベストですが

初回ではなかなか難しいですね。


次はボトル拾いとボトル置き。


コーンを中心にして8の字を描きながら

ボトルを拾います。


次はボトルが倒れないように置いていきます。

これはスピード、バランス、アプローチのラインどりが

完全にそろわないとできません。


イメージ 5


拾うのは比較的簡単ですが

指定した場所に倒れずに置くのは難しいです。


イメージ 6


続いてスラロームです。

最初は5歩間隔ですが

4歩、3歩、2歩間隔とだんだん狭くなってきます。


イメージ 7


2歩間隔になると

スタンディング、ボトル置き、拾いのバランスができて

ラインどりを完璧にこなさないと

コーンを踏まずに通過することはできません。


イメージ 8


これは山の狭いトレイルで

木の根っこや障害物を避けながら

足をつかないで走って行くための練習です。


続いて平地でのブレーキングとコーナーリングの練習。

そして下りでのブレーキングと

坂の途中での停止方法。


イメージ 9


急な坂の安全な下り方。


イメージ 10


木の根っこがある場所の安全な下り方。


イメージ 11


坂の途中でのスタンディングでの停止方法。


イメージ 12


続いて

坂の下でスタンディングで停止してからの登り。

勢いをつけないので

正確な体重移動とペダリングスキルが無いと登れません。


イメージ 14


最後は今までやってきたバランス感覚を駆使して

木の回りにコーンで設定したコースを走ります。

最後まで足をつかずに走るのはなかなか難しいです。


ある程度できるようになったら

コースの幅を狭くして難易度を上げます。


イメージ 13


総仕上げは

約3kmのコースを1周流して終了です。

今までやってきたすべてのテクニックが必要なコースです。


最初はぎこちない走りでしたが

後半には安定した走りができるようになってきました。

あとは自分で反復練習すれば更に上達します。


今日はお疲れ様でした。


イメージ 15


これで基礎は学んでいただいたので

自主トレをして

次回は山サイクリングですね。(^^)


イメージ 16


講習会の後はフードコートでランチタイムです。


イメージ 17



MTB講習会をご希望の方はHPよりお申し込みください。


イメージ 18


イメージ 19

MTB実践講習会

2016年9月2日(金)晴れ


木曜日から北海道で開催される

エクステラジャパン北海道に参加する予定でしたが

台風10号の影響で会場の街が浸水する被害を受けてしまい

今年の大会は中止になってしまいました。

ニュース映像を見ているとかなりの被害の様です。

早く復興することをお祈りいたします。


そのために急遽、金曜日にMTB実践講習会を開催することになりました。

北海道のためにばらしていたMTBを組み立てて準備完了です。


イメージ 1


先週に引き続き2週連続で参加の方です。

先週は路面がぬれていてかなり難しかったですが

今日はドライコンディションなので気持ちよく走れます。


難しいラインは何度か反復練習しながら走って行きます。


イメージ 2


イメージ 3


平日なので貸切状態です。(^^)


イメージ 4


あちこち走りながら進んでいきます。


イメージ 5


途中で、燃料補給も。(笑)


イメージ 6


ちょっとテクニカルな登りコースを走って

約3時間の実践講習会が終了です。


イメージ 7


まだ若い方なので

これからの成長が楽しみですね。

まだまだうまくなると思います。


講習後のランチは

いつもの 如水 へ。


イメージ 9


今日は 鶏天釜揚げうどん の中盛りをいただきます。

ウドンの量は600gありますが

まだまだ行けます。(笑)


イメージ 8


イメージ 11


イメージ 10

MTB実践講習会


2016年8月24日(水)曇り


今日はMTBを購入前に

しっかりと技術を身に着けたいと言う方の

トレイルでの実践講習会です。

今まで2回の基礎講習会を受けて

今回はトレイルを走ることになりました。


雨は降っていませんが

路面や木の根っこが濡れている所が多く

急斜面の登りはまだ登れませんが

若いと言うこともあって

後半ではずいぶんと登れるようになってきました。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


最初は曇っていましたが

途中から太陽も出てきて

日なたにでると暑いぐらいでした。


イメージ 4


走っていて

こんなきのこを発見!!


イメージ 5


かなり大きかったです。

これがマツタケだったらよかったんですけどね。(笑)


イメージ 6


滑りやすい下りは難しいです。(笑)


イメージ 7


危ない所は無理せずに押してもらいます。


イメージ 8


講習会の後のランチは

いつものうどんの美味しいお店へ!!

中盛り600gのうどんは食べごたえ満点でした。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


山岳ガイド・クライミング講習会、MTBガイド・技術講習会、サイクリングガイドをご希望の方は
下記をクリックして詳細をご覧ください。

イメージ 12

MTB経験者講習会&山サイクリング

2016年8月8日(月)晴れ


今日はMTB経験者講習会と山サイクリングを実施します。

最寄駅で参加者をピックアップして

いつもの練習場所へ移動します。


今日の講習内容はこんな感じです。

【 講習項目 】
 1 ポジション            (安全に走るためのバイクのセッティング)
 2 スタンディング          (乗車中に足を地面につかない一時停止方法)
 3 ボトル拾い            (乗車中のバランス感覚養成)
 4 スラローム           (障害物をすり抜ける方法)
 5 8の字走行            (コーナーリングのライン取りとバランス感覚の養成)
 6 ブレーキング
   (1)ポジション         (ブレーキング時の体の動き)
   (2)ブレーキの握り方、かけ方 (安全なブレーキの握り方タイミング、前後のバランスと強度など)
   (3)コーナーでのブレーキング  (コーナーリング中での安全なブレーキの掛け方)
   (4)下りでのブレーキング    (オーバースピードにならないためのブレーキング方法)
 7 コーナーリング          (路面の状況に応じた各種コーナーリング方法)
   (1)リーンウィズ
   (2)リーンイン
   (3)リーンアウト
 8 シフトチェンジ方法とタイミング  (路面の状況、コースのアップダウンに応じたシフトチェンジ方法) 
 9 段差、丸太越え          (コース上の障害物を越えていく方法)
   (1)フロントアップ       (障害物をフロントタイヤをぶつけずに越える方法)
   (2)リアホップ         (障害物をリアタイヤをぶつけずに越える方法)
   (3)バニーホップ        (小さな障害物をジャンプして飛び越える方法)
 10 激坂登り、下り         (激坂登り降りする時のフォーム、ペダリングなど)
 11 ウォッシュボード        (小さいアップダウンの連続の越え方)
 12 キャンバー登り、下り      (坂を斜めに登り、下りする方法)
 13 バンク走行           (壁の傾斜を利用してコーナーを抜ける方法)
 14 バイクの降り方         (障害物の手前で素早くバイクを降りる方法)
 15 バイクの飛び乗り        (素早くバイクに飛び乗る方法)
 16 バイクの担ぎ方         (坂が急になって乗車できなかった時のバイクの担ぎ方)


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


なかなか運動神経のいい方で

午前中の3時間でかなり走れるようになりました。


フードコートでランチを食べてから

午後の山サイクリングへ向かいます。


イメージ 9


イメージ 10


30分ほど車で移動して

山サイクリング入門コースへ。


ちょっと急な登りになると苦戦していました。


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


下りはテクニカルになってくると

まだ押すことが多かったですが

これは慣れですからしっかりと走ってもらいましょう。


イメージ 14


今日は朝からいい天気でホント暑いです。(笑)


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


山頂への最後の登りです。

気合いが入ってますね。(笑)


イメージ 22


樹林地帯を下って山サイは終了です。


イメージ 23


イメージ 24


舗装路を走って駐車場に戻り

おまけのトレーニングコースを1周して

今日の講習会は終了しました。


イメージ 25


今日はお疲れ様でした。

次回の山サイクリングも頑張りましょう。(^^)


山岳ガイド・クライミング講習会、MTBガイド・技術講習会、サイクリングガイドをご希望の方は
下記をクリックして詳細をご覧ください。

イメージ 26

SDA王滝対策講習会

2016年6月10日(金)晴れ


今日は9月のSDA王滝に参戦される方の

王滝対策講習会です。

駐車場で出発前に

王滝本番の装備や使い方、準備についての解説を一通りすませて

いよいよ林道へ出発です。


梅雨の合間の晴れの日に当たって

朝から気持ちのいい青空が広がっています。

郊外ののどかな景色を眺めながら

林道へと向かいます。


イメージ 1


イメージ 2


舗装路を少しはしってからシングルトラックへ。


イメージ 3


そしてスタート地点の看板。

ここからダブルトラックが始まります。


イメージ 4


ここから約4mほどは

それほど悪路ではないダブルトラックの登りです。

以前は、王滝のコース並みに荒れていて

いいトレーニングになったのですが

年々整備されてかなり走りやすくなっています。


イメージ 5


林道走りは初めてなので

ペースはかなりゆっくりで登って行きます。


イメージ 6


イメージ 7


沢を渡ってここからがトレーニング本番です。(^^)


イメージ 8


まずは

急な登り、下りのコーナーリングの反復練習から。


イメージ 9


イメージ 10


ここからはコースも

王滝並みの荒れ方になっています。

最初は私の後ろを走ってもらい

コーナーリングのラインどり、体重移動などなどを見てもらい

次は私が後ろを走って

悪い所を指摘しながら走って行きます。

荒れた路面の下りは恐怖心がでるので

なかなかスピードを出すことができませんが

だんだんと走りも綺麗になってきました。


イメージ 11


イメージ 12


続いてかなり荒れた石がゴロゴロした急な登りです。

ここではラインどり、ポジション、体重移動、ペダリングが

全て同調していないとうまく登れません。


イメージ 13


最後まで足をつかずに登る事はできませんでしたが


イメージ 14


後半はかなりいい感じで登っていました。


イメージ 15


この辺りの荒れた路面のコースを

登ったり降りたりしながら

技術を磨いていきます。


イメージ 16


イメージ 17


路面の荒れた傾斜が急な複合コーナー。


イメージ 18


ここはスピードが出ていると

ラインどり、ブレーキングを確実にしないと

コースアウトしたり落車したりします。


イメージ 19


反復練習のおかげでなんとかスムーズにクリアー。


イメージ 20


その後は先頭を走ってもらい

後ろから指摘しながら最後まで下って

講習会終了です。


イメージ 21


やはり1回だけでは体が動かないので

動きが自然とできるようになるまで

自分でトレーニングが必要です。

9月まで3ヶ月あるので頑張ってください。

今日はお疲れ様でした。(^^)


山岳ガイド・クライミング講習会、MTBガイド・技術講習会、サイクリングガイドをご希望の方は
下記をクリックして詳細をご覧ください。

イメージ 22
ギャラリー
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
  • 2022年11月27日(日)岐阜県/美濃加茂の岩場(クライミングツアー3日目)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ