MTB

2022.02.01 MTBパンク修理講習会

2022年2月1日(火)晴れ

今日はMTBのパンク修理講習会の依頼がありましたのでマンツーマンで学んでいただきます。

まずはホイルの外し方から。

外す前にシフトチェンジをしてチェーンが真っ直ぐになる位置へ移動します。

このMTBはフロントがシングルなのでリアは一番手前にセット。

レンチでスルーアクスルを緩めて外す。

RIMG3654

RIMG3655

ディレイラーを動かしチェーンを緩めてからホイルを外す。

RIMG3656

RIMG3657

バルブを緩めて空気を抜く。

RIMG3660

タイヤのビートを落とす。

RIMG3662

レバーを使ってタイヤの片方のビートをホイルから外していく。

RIMG3664

ある程度ビートが外れたらレバーを動かして一気にビートを外す。

RIMG3665

バルブを曲げないように気をつけながら外してチューブを外す。

RIMG3666

RIMG3668

外したチューブに空気を入れる。

RIMG3669

水に入れて穴の位置を確認。

RIMG3671

RIMG3672

サンドペーパーで穴の空いた周辺を磨く。

RIMG3673

パッチの大きさに合わせてゴム糊を付ける。

RIMG3675

薄らと乾いてきたらパッチを貼る。

RIMG3676

RIMG3677

こすったり叩いたりしてパッチを圧着。

RIMG3678

RIMG3679

パッチ表面のフィルムを剥がす。

パッチがちゃんと圧着されていない場合には端っこのオレンジの箇所が剥がれてくるので要注意。

RIMG3681

水に浸けて空気漏れが無いか確認。

RIMG3683

チューブに少しだけ空気を入れ、チューブを拭いてバルブを入れる。

RIMG3684

RIMG3686

RIMG3688

タイヤの中にチューブを押し込んでいく。

RIMG3689

RIMG3690

チューブを入れたらビートをホイルに入れていく。

RIMG3692

柔らかめのタイヤならレバーを使わずにビートが入りますが、入らない場合はレバーを使ってビートを入れる。

その時にチューブを挟み込まないように要注意。

RIMG3694

RIMG3695

ビートが上がるまで空気を入れる。

RIMG3698

タイヤとリムの隙間を見ながらビートが全部上がったら終了。

RIMG3700

ビートが上がるまで空気を入れて高気圧になっているので適正気圧に調整しホイルをMTBにセット。

RIMG3701

ディスクブレーキのローターがずれないように要注意。

最期にスルーアクスルを入れてレンチで固定して終了。

RIMG3703

必要最低限なMTBライドで携行するパンク修理セット。

RIMG3704

確実に出来るまで何度も練習をしていただきました。

走っていてもパンクしない時は1年以上もパンク無しの年ももあるのでやらないとすぐに忘れてしまいます。

慣れるまでは定期的に練習する必要があります。

これで安心してMTBライドを楽しむ事が出来ますね。

今日はお疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2022.01.05 MTB初ライド

2022年1月5日(水)晴れ

今日はナベさんとMTBで初ライド。

ほとんどZwiftばかりなのでMTBライドに行くのは超久しぶりです。

場所は近所の低山へ。

富士山が真っ白で綺麗ですよ。

RIMG2678

RIMG2680

神奈川県ですが市街地を出るとすぐにこんな景色が広がっています。

RIMG2681

ここに前に来たのは1年以上前かな?(笑)

青空が素晴らしいです。

RIMG2682

RIMG2683

畑の向こうに見えるのは大山と丹沢の山々。

RIMG2684

横浜方面。

RIMG2686

RIMG2688

畑の中を登って行きます。

RIMG2689

菜の花が満開でしたよ。

RIMG2690

RIMG2692

RIMG2694

RIMG2695

RIMG2697

最初はテクニカルな急傾斜の登り。

落ち葉で滑りやすくなっているので難易度が高いです。(笑)

RIMG2700

ここからは快適なシングルトラック。

RIMG2703

ここでちょっと一休み。

RIMG2704

今年の安全ライドの祈願も忘れずに。

RIMG2705

狭いシングルトラックですがテクニカルなコースでなかなか楽しい。

何回が周回して反復練習。

ハイカーはまず来ない所なので安心して走れます。

RIMG2706

奥のエリアへ。

RIMG2708

RIMG2709

この辺りは広くて走りやすいです。

RIMG2710

RIMG2711

RIMG2712

シングルトラックを走って満足した所で帰路につきます。

RIMG2713

RIMG2714

川沿いの気持ちのいい道路。

RIMG2716

RIMG2718

この方面に来たらいつも立ち寄るお店が休業中だったので丸亀製麺へ。

RIMG2720

RIMG2721

お腹がいっぱいになった所でナベさんと分かれて村へ。

大山が綺麗ですね。

RIMG2722

里山の風景が最高。

RIMG2723

近場のライドでしたが久しぶりのお山は楽しかったです。

また時間を見つけて走りに行きたいですね。

バナー1

バナー3

2021.11.28 CJ-1湯船

2021年11月28日(日)晴れ

今日は京都の湯船森林公園で開催されるCJシリーズの最終戦。

※写真は伊東さんにいただきました。いつもありがとうございます。

朝方はかなり冷え込んでコースの木の橋が凍結している所もあって約30分ほどスタート時間が延期になりました。

ウェアも今日は冬用のスーツにしました。

去年のこのレースは酒居さんにコンマ何秒差で勝って優勝したので今回も勝ちたい所です。

最前列に酒居さんと並んでスタート位置へ。

001

002

そして11:22にスタート!!

スタートしてしばらくは川沿いの長い直線を走ってシングルトラックへ。

003

マスターズ30、40の3人が先行。

004

4番手で私。

005

酒居さんと同じチームの松尾さんが追いかけてきています。

酒居さんはその2人後。

006

007

そして田林さんも続いています。

008

009

010

1周目の後半のつづら折りのダウンヒル。

マスターズ50は私、松尾さん、酒居さん、田林さんが僅差のバトル。

011

012

013

1周目はトップで通過。

後ろからは酒居さんが迫ってきています。

2周目のつづら折りダウンヒル。

014

015

総合4位で私。

016

017

018

019

そして酒居さん。

020

021

松尾さん。

022

田林さん。

023

そのまま2周目もトップ通過して3周目へ。

3周目に入ってから酒居さんに抜かれて背中を追いかけて行きます。

頑張りましたがなかなか背中が大きくなりません。

024

025

026

027

松尾さんと田林さんはかなり後方へ。

028

029

そのまま酒居さんに追いつく事が出来ず総合5位、マスターズ50は2位でゴールしました。

3位は松尾さんです。

勝てなかったのは悔しいですがミスも無く苦し楽しく走れたので良しとします。(^^)

そして表彰式。

030

DSC_1275

マスターズ50最後のレースで表彰台に立てたのは嬉しいです。

今年のCJシリーズは全てのレースで表彰台に立てました。

マウンテンポテトの皆さんは早いので来年のマスターズ50はポテトチームが表彰台を独占しそうです。(^^)

酒居さん、松尾さん、田林さん、今日は楽しいバトルありがとうございました。

DSC_1278

DSC_1279

コースはこんな感じです。

かなり整備されていて登りの嫌らし木の根っこが無くなっていたり、コースが広くなったりと、去年よりもずいぶんと走りやすくなっていました。

031.1

リザルト

これで今年のレースは終了です。

シクロクロスは出ないので来年の4月の開幕戦までは修行に励みたいと思います。

来シーズンはマスターズ60。

早いですね~。

マスターズ100目指してまだまだ走りますよ~。(^^)

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様お疲れ様でした。

バナー1

バナー3

2021.11.21 第34回全日本自転車競技選手権大会MTB

2021年11月21日(日)曇り~晴れ

今年はコロナの影響でレースがほとんど中止や延期になって、超久しぶりの登録レースになります。

全日本選手権も本当なら秋田県の田沢湖で開催される予定でしたが八幡浜に変更となりました。

PCR検査結果の提出などいつものレースとはちょっと違った所もありますが、安全に開催してくれる主催者に感謝です。

マスターズクラスは10:35にスタートで約4kmのコースを4周回します。

コースはかなり整備されていてスピードコースになっているので1周は約14~15分ぐらいの約1時間のレースになります。

スタートは5番目にコールされて最前列へ。

スタート前15秒の緊張感はいつもどおり。

そしてスタート。

100

クリートが1発で入らず少し遅れ気味。

101

前回の八幡浜のレースではスタートダッシュが決まって3番手でシングルトラックへ入ったので、せめて5番手以内ぐらいでシングルトラックに入りたい所。

102

舗装路に入ってから少しずつ前に出て行ってスピードが乗ってきたところで右の直角コーナー。

103

ガムシャラに追い上げていたので直角コーナーのライン取りをミスして柵に突っ込みそうになりました。

瞬間的にフルブレーキングして後輪をかなり滑らせてドリフト。

間一髪で柵への激突&落車は回避しましたがこれでかなり順位を落としました。

そして大渋滞のシングルトラックへ。

シングルトラックへ入って下りが始まるまで何人か抜かしましたが後は抜かす場所がほとんどありません。

マスターズ50の酒居さんは遙か彼方へ。

追い上げるのは厳しそう。

001

田林さんも前にいます。

002

大橋さんも含めて何人か視界に入っているので追いかけるのみ。

003

004

005

ドロップオフ手前のタイトコーナー。

006

007

マスターズ60の増田さん。

来年は一緒にバトルすることになります。

008

009

010

周回を重ねるごとに少しずつ前に詰めて行きます。

012

013

014

ドロップオフ。

015

3周目で田林さんの背中がかなり近くなってきましたが4周目でペースアップしたらしくなかなか追いつけません。

そのままマスターズ50の3位でゴールしました。

優勝は酒居さん。

念願のチャンピオンジャージゲットですね。

おめでとうございます。

レース使用後。(^^)

DSC_1225

来年一緒に走るマスターズ60の面々。

DSC_1227

そして表彰式へ。

DSC_1232

今日のレースはスタートで大きなミスをして最後まで響いてしまいましたが、マスターズ50最後の全日本選手権大会で表彰台に乗れたので良しとします。

酒居さんチャンピオンおめでとうございます。(^^)

DSC_1237

全日本選手権で年齢別のマスターズクラスができたのは2018年から。

毎年参加してきたレース結果は

2018年 優勝
2019年 4位
2020年 3位
2021年 3位

となって初代チャンピオンになれました。

DSC_1239

DSC_1241

来年からはマスターズ60になるので更に精進していきたいと思います。

今日も沢山の応援ありがとうございました。

参加の皆様、お疲れ様でした。

レースの後は前から気になっていた八幡浜市内の大介うどんへ。

DSC_1242

DSC_1243

今夜は松山市内で宿泊するので愛媛県の地酒と郷土料理で一人打ち上げの予定です。(^^)

バナー1

バナー3

2021.11.03 第15回ジンギスカップIN磐梯高原

2021年11月3日(水)曇り~晴れ

今日は福島県猪苗代町南ヶ丘牧場で開催されるジンギスカップ当日。

試走の時間が早いのでちょっと早めに郡山を出発して会場入り。

雲がかかっていて風も出てきて体感気温も下がって結構寒いですよ。

ジンギスカップはCJシリーズでは無く市民レースです。

私はエリートクラスでエントリー。

しかしエントリーリストを見てみるとCJシリーズの若手エリートライダーがたくさん。。。

息子より若い選手ですね~。

親子対決みたいですよ。(笑)

私はCJシリーズでは2017年まではエリートクラスで走っていましたが、2018年からはマスターズクラス。

エリートライダーと一緒にレースを走るのは4年ぶり。(笑)

どうなることやら。。。

しかし全力で走るのみ。(^^)

奥に見えているのは磐梯山。

素晴らしいロケーションでのレースです。

芝生の一番奥がスタートで、最初に芝生の激坂を登ってシングルトラックへ入ります。

000

エリートクラスでは私が最高齢。(笑)

さぁどこまで上がれるかな??

0001

12:45にスタート。

クリートがなかなか入らずズルズルと後退して芝生の激坂を登り切ったらビリから2番目。(笑)

先が思いやられるレース展開。

0002

TKキャニオンのジャンプ台。

スピードがあると結構飛べるので気持ちいい~。(^^)

0003

0004.1

順位は分かりませんがとにかく隙があれば前の選手を抜いていきます。

ロックセクションが終わったら右に直角に曲がるのでライン取りが重要。

0004

0005

0007

3つのドロップオフが連続する3熊ドロップは楽しい。

0006

0008

0009

1周目のロックセクションの登りは前の選手が詰まってしまったのでランニングで通過。

0010

芝生の激坂を登って前の選手を追いかけて行きます。

001



0011

0012

0014

0015.1

2周目のシングルトラックで何人か抜いて前へ前へ!!

そして教会の登りでI黒さんを抜いてゲレンデへ。

前を走っている選手がいなくなったので、ここから一気にスピードアップ。

少しずつ離して行きました。

0015

5位で3周目へ。

0016

その後は周りに選手がいなくなったのでとにかく追いつかれない様に全力走行。

0017.1

後続の選手をかなり引き離しました。

0017

0018

そして4周目の最終周回。

ロックセクションの手前の登りで1人抜いて4位まで順位を上げました。

あとはゴールまでひたすら逃げるだけ。

ビリから2番目でスタートしたレースでしたが4位でゴール出来ました。

0019

3位までの若手選手は別格でかなりのタイム差がありますが、まさか4位でゴール出来るとは思ってもいなかったので自分でもビックリしています。

やっぱりZwift効果は絶大ですね。

0020.1

そして磐梯山をバックに表彰式。

5位までが入賞です。

0020

0022

東北のレースではいつも一緒になるS野さんと。

お酒もいただきありがとうございました。(^^)

60860

午前中にはチームメイトの横山くんがスポーツクラスを走りました。

DSC_1139

DSC_1149

DSC_1155

なかなかいい走りでしたよ~。(^^)

かなりお疲れ気味です。

DSC_1170

DSC_1171

猪苗代の紅葉も真っ盛りで素晴らしい景色が広がっていました。

DSC_1174

DSC_1175

DSC_1176

DSC_1177

コロナの影響でCJシリーズや市民レースも全て中止、延期になってしまい4~5ヶ月ぶりのレースとなりました。

市民レースですがメンバーがCJシリーズのエリートライダーだらけなのでCJを走っている気分の緊張感がありました。(笑)

おかげで最後まで頑張ることが出来ました。

今日も沢山の応援ありがとうございました。

そしてレースを開催していただいたスタッフの皆様、本当に楽しいレースをありがとうございました。

レース参加の皆様、お疲れ様でした。

2週間後には全日本MTB選手権が愛媛県八幡浜で開催されます。

そのトレーニングとして本当にいいレースとなりました。

今シーズンは残すところ2レースしかありませんが全力で頑張ってきます。(^^)

バナー1

バナー3
ギャラリー
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
  • 2022年6月26日(日)沖縄県那覇市/沖縄居酒屋/抱瓶(地酒万歳)
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ