登山

北海道アイスクライミングツアー(9日目最終日)定山渓

2019年2月18日(月)晴れ


今日はいよいよ北海道アイスクライミングツアー最終日です。

最終日はG藤さん、K上さんをご案内します。


G藤さんの飛行機が早めなため

場所は、近場の定山渓にしました。


この氷柱は車を停めた所からすぐに終了点になるので

あらかじめトップロープをセットしてから

この氷柱を懸垂下降して取付くパーティがほとんどです。


しかし私はリードできるところは

リードして登る主義なので

橋の反対側から下降して取付きに向かいます。


緩い傾斜の雪壁と氷壁を懸垂下降。


イメージ 2


さっそくリードしてトップロープをセット。

今日はもう1パーティいるので交代で登ります。


イメージ 1


隣のパーティにいた女性クライマーと話をしていると

1月に八ヶ岳の角木場の氷柱で

隣で登っていた人と言うことが分かってビックリ。


関東圏内で遭遇するならまだしも

北海道で、それもあまり知られていないアイスエリアで

遭遇するなんて凄い確率ですよね。


ザイルが干渉しないようにセットして練習開始です。


イメージ 3


イメージ 4


G藤さんはいつもの安定した登り。


イメージ 5


イメージ 6


K上さんはアイスクライミング2回目なので

登る前に基礎をしっかりと練習してもらいました。


イメージ 7


なかなかバイルが上手く刺さらないため

お疲れ気味です。(笑)


イメージ 8


なんとか要領はつかめたので

笑顔で練習開始です。(笑)


イメージ 9


イメージ 10


1本目はこの少し上でギブアップ。


イメージ 11


イメージ 12


G藤さんは右端のかぶったラインへ。


イメージ 13


イメージ 14


K上さんも順調に登っています。


イメージ 15


イメージ 16


何度かテンションはかかりましたが

何とか登り切りました。(^^)


イメージ 17


これでスッキリして帰れますね。(^^)

お昼過ぎに終了して撤収しました。


イメージ 18


北海道最後のラーメンは

先日来た 純連 です。

郊外の店舗と言うのもあるし

お昼時を外れているので

並ばずにすぐに入れました。


イメージ 19


油の膜でおおわれた熱々の味噌チャーシューメン。


イメージ 20


お2人を札幌駅に送ってから

私も千歳空港へ向かいます。


帰りはファーストクラスの設定のある便だったため

8000円でファーストクラスへ変更。

これで荷物の超過料金を取られずに済みました。(笑)


行きは超過料金が9600円だったので

ファーストクラスに変更した方が安いんです。

荷物も45kgぐらいまでは無料です。


イメージ 21


銘酒が飲み放題なのですが

羽田空港からは車なので

飲めないのが残念です。。。(笑)


イメージ 22


夕食もしっかりと出ます。


イメージ 23


関東地方は天気も良かったので

夜景も綺麗に見えました。(^^)


イメージ 24


9日ぶりに秘密基地に帰宅。

やっぱりホテル暮らしよりは自宅の方が落ち着きますね。(^^)


イメージ 25


今年の北海道は前半が天気が荒れて

予定通りのクライミングができませんでしたが

臨機応変に予定を変えて

色々と楽しんでいただきました。


今回ご参加いただいたのはは7人で

延べ人数は17人となりました。


また来年も企画しますので

是非、ご参加ください。

来年は更にご参加いただく方が増えそうです。(^^)


北海道アイスクライミングツアーご参加の皆様、

本当にお疲れ様でした。


イメージ 26


イメージ 27

北海道アイスツアー(7日目)渚ブライダルベール

2019年2月16日(土)晴れ


今日は北海道に来てから7日目にして

やっと安定した天候となりました。

今年の北海道は荒れた天候が続いている日が多いですね。


朝になって

K岡さんが体調が良くないと言うことで

ホテルで待機することになってしまいました。

連日の仕事の疲れと旅の疲れが出てしまったようです。


天気がいいだけに本当に残念ですが

N村さん、G藤さんと渚ブライダルベールへと向かいました。

札幌から約1時間20分ほどで到着。


出発地点には旭川ナンバーの車が1台停まっています。

ちょっと出遅れてしまったみたいですね。(笑)

アプローチは海岸沿いの旧道を10分ほど歩きますが

傾斜は全くないのであっという間に到着。


先行パーティに2人組がすでに登っていました。


イメージ 1


先行パーティは

一番簡単な真中のラインを登っていたので

我々は左端の一番難しいラインを登ることにしました。


イメージ 2


途中で氷質が変わる可能性もあるし

水氷になるとアルミでは刺さらなくなってしまうため

アイススクリューはアルミとステンレスの2種類を準備しています。

ビレーポイントの作成もあるのでチョット多めに持っていきます。


イメージ 3


左側のラインは出だしから垂直もしくは少しかぶり気味です。

氷は粘りがあってほとんど割れることがないので

ピックが刺さってしまえば安定しています。


イメージ 4


途中にはオーバーハングも出てきます。


イメージ 5


イメージ 6


登っている途中に取付きを撮影。


イメージ 7


トップロープをセットするので

約30m登ってビレーポイントをセットしました。

この上のオーバーハングも楽しそうですが

今回は登りません。


イメージ 8


イメージ 9


隣にいた先行パーティは

何かトラブルがあったようで

ちょっと苦戦していました。

このルートは氷のスタンスがたくさんあるので

比較的登りやすいです。


イメージ 10


トップロープをセットして練習開始。

最上部まで登ると約70mあります。


イメージ 11


今日は氷に穴は開いていないため

バイルのピックをしっかりと刺さないと登れません。


バイルを1発で決めないと

傾斜も強いので

腕力がどんどんと消耗していきます。

お二人とも苦戦していました。


イメージ 12


イメージ 13


渚ブライダルベールは

名前の通り海沿いの崖にあります。


イメージ 14


G藤さんはなんとか登り切りました。


イメージ 15


次はN村さん。


イメージ 16


今日は風もほとんどなく

日差しもあるのでポカポカです。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


N村さんも苦戦しながら登り切りました。(^^)


イメージ 23


次は更に難しくして

一番左の氷の切れたオーバーハングに挑戦。


イメージ 24


G藤さんは

テンション交じりですが何とか登りましたよ。


イメージ 25


先に見えるトンネルの手前からアプローチが始まります。


イメージ 26


海岸の岩も凍り付いていました。


イメージ 27


昔、旧道が走れた頃は

今は入口を塞いでトンネルを通って

渚ブライダルベールの取付きまで車で来ることができました。


イメージ 28


お二人とも腕がパンプアップしたので

今日は終了となりました。


この海岸沿いの景色、氷瀑のスケール、グレードに

大満足していただけたようです。(^^)


今度来るときには

マルチピッチで上まで抜けたいですね。


イメージ 29


イメージ 30


充実感に浸りながら車へと向かいます。


イメージ 31


ホテルに戻って一休みしてから

夜の札幌をご案内します。


K岡さんは

体調は良くなってきたそうですが

まだ食欲がないと言うことで

N村さん、G藤さんと行く事になりました。

昨日は海鮮炙りのお店でしたので

今日は海鮮のお店へ。


イメージ 32


イメージ 33


お通しの鮪カツはホント美味しかったです。

お通しを食べればお店の味が分かりますよね。


イメージ 34


今夜も厚岸の生牡蠣。


イメージ 35


刺身の盛り合わせ。


イメージ 36


イメージ 37


日本酒は二世古の特別純米から。

北海道の酒米の彗星を使っています。


イメージ 38


特大のホッケ焼き。


イメージ 39


肉厚で絶品でした。(^^)


イメージ 40


初日に千歳で飲んだ

北斗随想の純米吟醸。

これも美味しいです。


イメージ 41


次は十一州。


イメージ 42


日本酒をたくさん飲んでいるのでと

サービスでイカの塩辛を出してくれました。(^^)


イメージ 43


最後は国稀の鬼ころしを熱燗でいただきました。


イメージ 44


今夜も北海道の料理と地酒でした。

最後の〆はやっぱりラーメン。


人気店のすみれにご案内しましたが

夜遅いと言うのに大行列。。。


相当待たされそうだったため

たまたま見つけたこのお店に入りました。


イメージ 45


飛び込みで入ったお店ですが

意外と美味しかったです。


イメージ 46


明日はK岡さん、N村さんは帰宅するので

近場の定山渓でアイスクライミングの予定です。


イメージ 47


イメージ 48

北海道アイスツアー(6日目)

2019年2月15日(金)曇り


昨日まで荒れていた日本海側の天気も

今日から回復傾向になってきました。

今日は昨日到着したK岡さんと雄冬岬方面へ向かいます。


K岡さんは北海道は初めてと言う事でしたので

レンタカーで色々とご案内することにしました。


先日、ホワイトアウトで敗退した道路も

視界があると広くて走りやすいです。(笑)


前回、引き返す直前に入ったコンビニ。

景色が全く違いますね。(笑)


イメージ 1


路面の雪も少なくなってきています。

正面が雄冬岬方面。


イメージ 2


イメージ 3


氷瀑の名所 白銀の滝へ来ました。

ここはちょっと登るには適していないですね。(笑)


イメージ 4


イメージ 5


海岸にあるテトラポットも凍てついていました。


イメージ 6


次はアイスクライミングができる氷柱の偵察。

キャンディの氷柱


イメージ 7


ババロアの氷柱。


イメージ 8


両方ともアプローチは急斜面で深い雪のラッセルになりそうですね。

丁度、お昼も過ぎたので海鮮ラーメンを食べに行きました。


イメージ 9


イメージ 10


色々な海の幸がたくさん入っています。

見えませんが麺の中にも埋もれています。(笑)

和風だしの塩味で美味しかったです。


イメージ 11


店主の話では

北海道で一番最初に海鮮ラーメンを出したお店だそうです。


次に渚ブライダルベールの偵察。

路肩に車を停めて約10分ほど旧道を歩くと

約70mの圧倒的な氷瀑が見えてきます。

イメージ 13


ちょっと発達が悪いですが登れそうですね。

明日はここでアイスクライミングの予定。


イメージ 12


夕方にN村さんが札幌に到着したので

N村さん、K岡さんと一緒に海鮮料理を食べに行く事にしました。

今夜はここにご案内。


イメージ 14


まずはビールで乾杯。


イメージ 15


イメージ 16


色々な海鮮と北海道牛を

店員さんが焼いてくれます。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


私達は焼けるのを待って食べるだけ。

ホタテ。


イメージ 20


タラバガニ。


イメージ 21


日本酒がほとんどないのが残念。。。


イメージ 22


ツブ貝。


イメージ 23


大きなホッケ。


イメージ 24


これは熱燗でいただきました。


イメージ 25


北海道牛のステーキ。


イメージ 26


野菜のチーズ焼き。


イメージ 27


イメージ 28


最後はデザート。


イメージ 29


今日のお店はこんな建物でした。

今日も美味しかったです。(^^)


イメージ 30


最後の〆はやっぱりラーメン。

ホテルのすぐ近くにあって気になっていたので行ってきました。


イメージ 31


小さいお店でお客はほとんどいませんでしたが

白湯で出汁も良く効いていておいしかったです。(^^)

やっぱり〆のラーメンはやめられませんね。

今日2杯目のラーメンでした。(笑)


イメージ 32


明日は天気もよさそうなので

渚ブライダルベールでアイスクライミングの予定です。


イメージ 33


イメージ 34

北海道アイスクライミングツアー(5日目)

2019年2月14日(木)曇り~雪


今日はS原さんと

大雪山の冬山登山ガイドへ行く予定でしたが

悪天候のためにショートスキー講習会に変更となりました。


先日は札幌テイネスキー場に行ったので

今日は札幌国際スキー場へ。

札幌から約1時間ちょっとで行く事ができます。


イメージ 1


ゴンドラで上まで上がると約2kmちょっと滑ることができるので

ロングライドを楽しめます。


イメージ 2


まずはゴンドラで山頂へ。


イメージ 3


最初は初級コースで

アップを兼ねて基礎の反復練習です。


イメージ 4


コースは全面パウダーで雪質は最高です。


イメージ 5


イメージ 6


慣れてきた所で上級者コースへ。

コブもありますが傾斜がそれほどきつくなく

アイスバーンも全くないので滑りやすいですね。


イメージ 7


午後からは風も強くなって

地吹雪状態になってきました。(笑)


イメージ 8


寒い日はこれが一番。(笑)


イメージ 9


地吹雪がかなり強くなってホワイトアウトになってきたので

少し早めに切り上げて小樽の日帰り温泉に行く事にしました。

定山渓にある湯の花と同じ系列の温泉でした。


イメージ 10


S原さんは4日間の北海道が終わって帰宅するので

最後のラーメンを食べに行きました。(笑)


イメージ 11


豚骨醤油ラーメンはかなりこってりです。


イメージ 12


S原さんを札幌駅に送って行くと

入れ違いでK岡さんが札幌駅に到着。

丁度いいタイミングでお迎えできました。(笑)


イメージ 13


ホテルにチェックインしてもらってから

夜の札幌をご案内。

今夜は海鮮が中心のお店へ。


イメージ 14


イメージ 15


まずは乾杯!!

K岡さんはお酒は飲めないので

今日の日本酒は控えめに。(笑)


イメージ 16


お通しは日本酒に合いそうな物ばかり。。。(笑)


イメージ 17


北海道サーモンの刺身。


イメージ 18


かなり大きなアサリバター。


イメージ 19


北海道の牡蠣と言えば厚岸の牡蠣。


イメージ 20


最初の日本酒は

男山の純米吟醸生原酒から

季節限定の立春朝搾りです。


イメージ 21


イメージ 22


続いて厚岸の牡蠣フライ。

厚岸の牡蠣は大きくて身がたっぷりです。


イメージ 23


アスパラバター焼き。


イメージ 24


2杯目は店長お勧めの北の勝。

わざわざお酒の説明に来てくれました。(笑)

地元でしか飲めないそうです。


イメージ 25


鮭のハラス焼き。


イメージ 26


今夜は北海道の料理と、地酒を満喫しました。(^^)

明日は雄冬岬方面の予定です。


イメージ 27


イメージ 28

北海道アイスクライミングツアー(4日目)定山渓

2019年2月13日(水)晴れ


今日は海側は相変わらず天候が悪いため

天候の影響の無い定山渓でアイスクライミングをすることになりました。

氷柱とは反対側を簡単な懸垂下降で河原に下降します。


イメージ 1


先行パーティがいましたが

丁度、撤収するところでした。


イメージ 2


早速、リードしてトップロープをセットします。


イメージ 3


イメージ 4


傾斜は垂直~すこし前傾していますが

たくさん登られていて穴が空いるので

それほど難しくはありません。


イメージ 5


上から見下ろした所。


イメージ 6


イメージ 7


まずはS原さんから登ります。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


順調に登って行きます。


イメージ 13


イメージ 14


無事に完登しました。


イメージ 15


アイスクライミング2回目のN野さんには

登る前にバイルの振り方、登り方の講習。


イメージ 16


その後に登り始めます。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


穴が空いている所があるので

フッキングで登ると比較的登りやすくなります。


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


氷柱は貸切だったため

交代で何度も登ってもらいました。

アイスクライミングの後は

札幌市内にもどってラーメンで暖まりました。(^^)


イメージ 24


純連のラーメンは

冷えないように表面に油の膜が貼ってあるので

かなり熱いです。

猫舌の人には辛いかも。。。(笑)


イメージ 25


イメージ 26


ラーメンの後は近くにあった酒屋へ行って

北海道の地酒を仕入れてから

N野さんは今夜帰宅するので札幌駅まで送りました。


夜はS原さんと

すすきのにある北海道の地酒専門の日本酒バーへ。


北海道内の地酒を全て置いてあります。

種類をたくさん飲みたいので

全て飲み比べセットでいただきます。


イメージ 37


イメージ 38


おつまみはもつ煮込。


イメージ 27


おつまみの盛り合わせ。


イメージ 28


北海道と言えばザンギ。


イメージ 29


北海道焼酎もありましたよ。


イメージ 30


北海道産紫芋焼酎。


イメージ 31


地元でしか飲めない地酒をいただきます。


イメージ 32


イメージ 33


にごり酒も。(^^)


イメージ 34


上川大雪の米違いの純米酒の飲み比べ。


イメージ 39


最後は国稀の大吟醸で〆ました。(笑)


イメージ 40


酒粕アイスクリームが濃厚で絶品でした。


イメージ 41


飲んだ後は酔い覚ましも兼ねて

美味しいラーメン屋を探してスノーハイク。(笑)


イメージ 42


イメージ 43


このお店に決定。


イメージ 44


私は味噌ラーメンに海苔増し。


イメージ 45


S原さんはトマトラーメン。


イメージ 46


このお店は去年に本厚木から札幌に移転してきたとのことで

近所にお店があったなんてビックリでした。


食後は地吹雪の中をまたスノーハイクです。(笑)


イメージ 47


明日はS原さんのご希望で

札幌国際スキー場でショートスキー講習会の予定です。


イメージ 35


イメージ 36

ギャラリー
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
  • 2021.11.28 CJ-1湯船
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ